前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「陸羯南の日清戦争論」➁韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)

      2015/01/01

         

 


陸羯南(くが かつなん)の日清戦争論➁

韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初年から

日清(日中)外交、日朝(日韓朝)外交の年表
 『我東洋問題の起因』②


 

 羯南(くがかつなん)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%BE%AF%E5%8D%97


  『我東洋問題の起因』 【日本】明治27年11月12日号

 

 

 

  明治五年正月、上海に領事館をおきて徒杖(懲役刑のこと)以下

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427522854

 

の裁判権を付与す、同二月、少弁務使・柳原前光

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%8E%9F%E5%89%8D%E5%85%89

 

を清国に遣わし、宗城の議定を取消すことを交渉させた。李鴻章はこれに従わず。同八月、外務大丞・花房義貿を朝鮮に遣わし釜山に官吏を置く。同九月、琉球を藩となし諸外国と直接に訂約することを禁ず。

 

 無条約国たるに拘らず、上海に領事を置き裁判権を行使したのはすこぶ偉とするに足る。

 

当時、我国の清国に対する態度は欧米諸国が我国に対するが如く、一種の不平等条約を行わんとす。伊達の議定はこれに反し双方に領事裁判を容れることの現行のようなものか。

柳原をして弁理せしめたるは我れ独り裁判権を有せんがためなるに似たり。

 

明白ならざれども、その跡を見れば将来、結ぶべき条約に参考となるものが多かった。朝鮮の事といい、琉球のことといい、皆な進取の気を帯びて交渉したのであり、近年とは全く違っていたのである。

 

 ○明治六年二月、外務卿副島種臣を清国に遣わし条約の調印、交渉を行い、同時に台湾生藩が我が琉球人を剽殺したことを告げた。

 

 同三月、日清通商条約の批准は交換される。同九月、征韓の議起る(征韓論)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E9%9F%93%E8%AB%96

 

 

朝廷は将にこの議を採らんとす。岩倉大使一行、新に帰朝してこれを阻止して、ついに中止となる。

 これより先き、わが政府は太政復古万機親裁の事を韓廷(韓国朝廷)に告げて外交を復旧したいと照会したが、韓延からは返事がなく反って無礼の書を贈ってきた、

 

また江華湾

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E8%8F%AF%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

においてわれの軍艦に発砲しすこぶる粗暴の挙にでた。

 

一方においては台湾生蕃がわが琉球民を剽穀したことがあり、これまた不問に付すべきではなかった。当時、創業進為の気性がなお強く残っていたので、征韓論、討台論が起こるのは当たり前であった。

 

そのため、副島種臣を清廷に遣わして台湾蕃族の亡状を告げ、西郷隆盛は韓国の無礼を奏した、皆な当時士心の代表なり。

この時に当り岩倉具視、大久保利通以下の諸卿が新たに欧米より帰り、我が内治改良(内政改革)の一日も緩めるべからずと主張し、海外に事を興す論を非としたために(対外派兵の否定)、東洋問題がまさに起ろうとして、また寝むに(中止)になったことは後人の憾(うらみ)とする所で、且つ文勲武功の軋轢は当時実にその極に達したのである。

 

 ここで裏面の事情はいうのは避ける。表面の状況を以てこれを評せば、当時の国論は欧米に対して恐怖退縮するといえども、臥薪嘗胆の念は全く消えてはいなかった。業は勤めるによって成り、怠ればできない、小功に安んじ厚賞になれ、虚礼以て太平を装飾するときは士心たちまちち腐敗する、

 

まさに、強を捕たんと欲せば、先づ弱を払らいて体力を試みよ、

(西欧列強に対抗するには、弱国とはらって実力を試してみよ)

征韓討台はこれ好試場(チャンス)だったのである。

 

一方には最大の反対説あり、実力を養いてその後に動くべし、国内統一の制度が未だできておらず、民衆はもまだ新政府に服していない、戦いを開くのは不可という。

確かにそうではあったが、国論は抑得ることができず、見よ翌年のことを。事件が続発したではないか。

      

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(110)日本兵はなぜ「バンザイ突撃」「玉砕」「餓死」など 「死んでも戦った」のか。その秘密は日本兵残酷物語「戦陣訓」と「内務班」にある②

                                        …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』★『 新型コロナ、大災害多発、世界大恐慌の襲われる地球世界(上)』★『米国の感染者は330万人を突破、なぜ、アメリカが最悪なのか』★『米中新冷戦のエスカレート』 

 新型コロナ、大災害多発、世界大恐慌の襲われる地球世界(この分析は7月 …

no image
日本メルトダウン(1001)<チャイナリスク高まる>ー『宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開戦」なのか?』★『トランプ「一つの中国政策、堅持する必要ない」』●『日本、中国に厳重抗議 「空自機が妨害」との中国国防省発表に』●『インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑』●『カメラの前で泣けと――中国の人権派弁護士ら拘束から1年 安否気遣う家族』●『中国・李克強氏の「内通者非難」発言がネット流出した背景』●『「文明」外交術でエジプトに接近する中国 “対等な立場”で近づきアラブ世界への影響力を拡大』

   日本メルトダウン(1001)-チャイナリスク高まる 宮古沖で日本を挑発する …

『オンライン講座・ウクライナ戦争の経過』★『ジェノサイド・ロシアの末路(上)』★『ロシアのウクライナ侵攻から2ヵ月』★『プーチン大統領の「核使用発言」』★『歴史は人類の犯罪と愚行と不幸の記録以外の何物でもない』

  ウクライナ戦争・ジェノサイド・ロシアの末路(上) 前坂俊之(ジャー …

no image
世界/日本リーダーパワー史(915)-『米朝首脳会談(6月12日)で「不可逆的な非核化」 は実現するのか(下)

世界/日本リーダーパワー史(915) 一方、日本の対応と、日中のパワーバランスの …

no image
『オンライン/75年目の終戦記念日/講座②』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

      2017/07/09&nbs …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208 )』★『サウジ主導で中東3カ国がカタールとの外交断絶-湾岸危機深刻化 』●『トランプは、中東でサウジを中心としたスンニ派連合を再結成して、イランを中心とするシーア派連合と対峙する古典的な戦略をとる様です。』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(208)』 サウジ主導で中 …

『Z世代のためのオープン自由講座』★『日中韓500年東アジア史講義②』★『世界的権威ベルツの日韓衝突の背景、歴史が一番よくわかる解説』★『明治天皇のドイツ人主治医・ベルツ(滞日30年)の『朝鮮が日本に併合されるまでの最後の五十年間の経過を語る』

2019/08/15  記事再録 『ベルツの『日本・中国・韓国』五百年 …

『オンライン現代史講座/2・26事件の原因の1つは東北凶作による女性の身売りが激増』③『アメリカ発の世界恐慌(1929年)→昭和恐慌→農業恐慌→東北凶作ー欠食児童、女性の身売り問題→国家改造/超国家主義/昭和維新→5・15事件(1932)→2・26事件(1936)、日中戦争、太平洋戦争への道へと転落した』

昭和七年(1932) 悲惨、娘身売りの残酷物語ー売られ行く娘たち  凶作地の惨状 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(55)記事再録/<日本外交大失敗の「三国干渉」歴史に学ぶ」『「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)せよという」-三宅雪嶺のインテリジェンス』ー 現在の超難関を突破するため、『坂の上の雲』の 知恵と勇気の古典に学ぶ①

   2012/03/06  <国難日本 …