前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

歴史秘話「上野の西郷さんの銅像はこうして作った」「西郷さんと愛犬」の真相ー彫刻家・高村光雲が語る。

   

111111111「上野の西郷さんの銅像はこうして作った」-彫刻家・高村光雲が語る。

 銅像「西郷さんの愛犬」の真相はーー

 「小樽新聞」(1936年(昭和9)1月7日付)

犬を引っ張って上野の山から東京中をにらみまわしている西郷さんの銅像は、お江戸名物の筆頭株に位するものだが、あの銅像が出来上ったのは明治27年頃で現帝室技芸員帝国美術院会員、高村光雲翁(82)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%91%E5%85%89%E9%9B%B2

が壮年時代、大山厳、松方正儀、樺山資紀、西郷従道らの薩摩出身のそうそうたる面面に、榎木武揚らも加って銅像建設委員合が設けられ、その委嘱によって光雲翁が前後三年の苦心を払って完成したもの。

-ザヅト四十余年を春風秋雨、文字通りお山の大将として頑張っている訳だが戌年にちなんで光雲翁のロから「犬をつれた西郷どん」 の由来を聞いてみる。‥何しろ昔の話でくわしい事は忘れてしまったが、製作には相当苦しんだものだ、あのポーズにしてからが西郷さんという人は謹厳な人で和服の時は袴を放さなかったんだという様な非難も聞いている、どんな服装をさせるかということにも散々、頭をひねってね、御維新当時の服装でやってみたりしたが.一向に西郷さんの感じが出ない。

委員の間にも堅苦しくない、磊落な所がよからうという意見が出て結局、西郷さんが閑(ひま)を見てはよく出掛けた兎(うさぎ)の山狩のあの構図に決まった次第で、これには榎本武揚さんなんか大いに賛成してくれた。

あれを犬を連れて散歩しているんだなどという人があるが大間違いだよ、その証拠には、腰にはわなを作る縄の束がぶら下っているし、

小さな刀を差しているが、これも山狩の時、いばらや篠竹を切り倒すにのに使うものだ。あの犬は兎追いの犬で桜島産の独特の小さいが悧巧な奴で西郷さんもよく可愛がっていたものだそうだ。構図はさて決まったが、写真があるわけではなし顔には弱った。

人によっては西郷さんは目玉がらんらんと大きくて非常に恐ろしい顔つきをしている、にらまれるとすくみ上る様な顔だったというし、ある人は目の切れの長い聡明な顔で眉毛がこく口元は一文字に引締ってむしろ可愛らしい顔つきで笑うととても柔和だったともいうし、つまり御機嫌のいい時と悪い時の相違だったんだろうが、これ等の人の印象をまとめて、ああいう風に仕上げたのだが、次には身丈がどの位あったかという点で、また行きづまってしまった。

陸軍で調べてもらっても一向分らんし、西郷さんのきていた軍服や長靴、晴子などを取り寄せてもらって調べて見たところズボンはわたしの胸まで来るし、長靴はももまでもはいるという代物、帽子のあご革は西郷さんの汗や脂で、真っ黒になっていたが、これまたわたしの顔を一ト回り半もする長いものでとにかく非常に大男だったことは、はっきりしたわけだ。

結局身の丈を六尺(1m80)ときめ銅像はその倍の一丈二尺〔3m60㎝〕に作り上げることになった。その後出来る銅像は殆ど丈

二尺又は一丈六尺と極まってしまった様だが、あの銅像の一丈二尺

は今いった様に身長の二倍という根拠があるので、漫然と一丈二尺

に作り上げるのとは訳が違っている。

スネのはみ出したつんつるてんの着物はいかにも滑稽のようにも

思えるが、西郷さんという人は殿様から拝領の着物はそのまま縫直さずに着たものだそうで、従って人並はづれた西郷さんが着れば、そネもはみ出そうし、腕も出ようというものだ。

こんな訳でやっとあの西郷さんが出来上ったが、犬だけは鹿児島からワザワザ本物の桜島犬を連れて来てもらって写生した、もちろん西郷さんが飼っていた犬とは違うが、これだけは実物写生で西郷さんほど手を焼かずに済んだ。

思えば昔語だが、その当時は美術学校でも未だ今日の様なマネを知らなかったので、あの銅像の原型に木にぶっつけに彫り上げたもので、並並の仕事ではなかったのだが、此原型は多分今も鹿見島の光明寺に保存されているはずだ

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(1)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み通す』

 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の『金玉均惨殺』から日清戦争開戦までの論説 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(98)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(31)<川上参謀総長からロシアに派遣された田中義一大尉(後に陸相、首相)はペテルスブルグで活躍<ダンスを習いギリシャ正教に入信して情報収集に当たる>②

   2016/01/14/日本リーダーパワー史(638) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(129)/記事再録★『日野原重明先生(105歳)』★『92歳の時の毎日の生活ぶりだが、そのエネルギーと分刻みの緻密なスケジュールと仕事ぶりはまさに超人的!

    2018/01/22 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(38) 『ニューヨーク・タイムズ』がみた明治のトップリーダー・伊藤博文の英語力、対外発信力とは

日本リーダーパワー史(38) 『ニューヨーク・タイムズ』がみた明治のトップリーダ …

no image
日本風狂人列伝(31) 日本奇人100選②大町桂月、岩元禎、松崎天民、佐々木蒙古王、田淵豊吉、伊藤晴雨・・・・

日本風狂人列伝(31) 日本奇人100選②大町桂月、岩元禎、松崎天民、 佐々木蒙 …

no image
日本リーダーパワー非史(969)「厚労省の不正統計問題」は「不正天国日本」を象徴する事件』★『大本営発表ではウソの勝利を発表し、戦果は米戦艦、巡洋艦では一〇・三倍、空母六・五倍、飛行機約七倍も水増した』★『昭和の軍人官僚が国をつぶしたように、現在の政治家、官僚、国民全体が「国家衰退、経済敗戦」へ転落中であることを自覚していない』

「厚労省などの統計不正問題」 前坂俊之(ジャーナリスト) 一九四一(昭和十六)年 …

no image
世界のプリマドンナ「オペラの女王」・三浦環

一九二〇年(大正9)3月、三浦環はローマの国立コンスタンチ歌劇場で「蝶々夫人」に …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(135)/記事再録★『山県有朋から廃藩置県の相談された西郷隆盛は 一言で了承し、即実行したその日本史上最強のリーダーシップ①』(徳富蘇峰『近世日本国民史』(明治の三傑))★『行政改革を毎回唱えながら、中央省庁再編、道州制、都道府県市町村再合併、財政削減などなかなか進まない、リーダーシップ不在の日本沈没政治』

 2012-03-24 /日本リーダーパワー史(246)記事再録   …

no image
近現代史の復習問題/記事再録日本リーダーパワー史(236)ー<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る。 日本一の政治史講義を聞く①>「150年前の明治中期の社会、国民感情は、支那(中国)崇拝時代で元号を設定し、学問といえば、四書五経を読み書きし、難解な漢文を用い、政治家の模範の多くはこれを中国人に求めた」

2012年2月23日/日本リーダーパワー史(236)   <日本 …

no image
知的巨人たちの百歳学(169)記事再録/小説家・小島政二郎(100歳)の人生訓ー 『いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と借金』

   2012/11/23  百歳学入門 …