前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

I will introduce the Kamakura guidance over KAMAKURA History Road,to foreign touristsー約800年前の面影を残す「まんだら堂やぐら群」(墓が150)

      2015/03/28

 

★10外国人観光客への鎌倉ガイドー約800年前の鎌倉時代の面影を唯一残す

まんだら堂やぐら群(4層の墓所が150)ー外国人観光客の

鎌倉歴史ツアーではここが最もおすすめです。

I will introduce the Kamakura guidance over KAMAKURA History Road,to foreign tourists

『まんだら堂とやぐら』

鎌倉文化財の宝庫ー『150穴以上の存在が確認されている有数のやくら群で、これだけまとまったやぐらを良い状態でみる事のできる遺跡は鎌倉市内にも少なく、たいへん貴重である』

臨終にさいしては、二十五菩薩をひきつれた阿弥陀如来に迎えられるという、いわゆる中将姫伝説にもとづいて造られた有名な「当麻皇茶羅図」(鯛拝帥)を安置しているのが当麻-本堂で、これを俗に「まんだら堂」とよんでいる。浄土信仰の流行とともに、鎌倉時代のいつの頃か名越山上が葬地として営まれ、その供養のため、曼荼羅堂が構えられたその残影こそ、ここ名越山と思われるのである。

「もっと行きたい鎌倉歴史散歩」(奥富敬之著、薪人物文庫、2010年)によると

鎌倉からはるかに離れた豊後国府中(大分市)で、仁治三年(一二四二)正月十五日、布令が出された。

一、府中の墓所のこと

右、一切、あるべからず。もし違乱あらば、かつは改葬すべ

との由を喪主に仰せられ、かつは墓所にせる地を没収すべし。

府中の市街地に墓が乱立するようになったのを、豊後国守護の大友頼泰が禁じた。大友氏はもともと相模武士で、相模国大友郷(小田原市大友)の領主であった。

当然、鎌倉の事情はよく知っている。この法令も、鎌倉で出されたものを、真似たものとみられる。 と言うのも、同じ頃、鎌倉でも市街地に墓所を設けることが禁止されたと思われるのである。頼朝以来の貴人の墓所としての法華堂も、この頃から建てられなくなる。代わって創始され始めた墓所が、ヤグラであった。

ヤグラは、鎌倉の境界になる三方の山の尾根の内側に、横穴形式の墓所として数多く造成された。また、たんなる横穴ではなく、岩壁をくり抜いて、法華堂を横穴の中に造作した形をとる。従って木造の屋内にもあるたるきやがんなどが、ヤグラ内部に存在しているのである。

鎌倉は、市街地に墓所を設ける余地がなくなるまでに、人口が増加していたのである。武都鎌倉は、この時期、ついに完成したと言える。

現地案内パンフレット「逗子市教育委員会平成23年度臨時公開資料」によると、

「まんだら堂」の名が確認できる最も古い文献は文禄3年(1594年)の検地帳である。そこには畠の地名として記されているのみでい番あみで、「まんだら堂」がとんな建物だうたのが、いつまで残っていたのがなど、詳しいことま全くわかっておりません。

まんだら堂やぐち群は、一つひとつは2m四方程度と小規模で構造も単純なものが多いが、150穴以上の存在が確認されている有数のやくら群で、これだけまとまったやぐらを良い状態でみる事のできる遺跡は鎌倉市内にも少なく、たいへん貴重である。やくらの中に並ぶ五輪塔は、後の時代に動がされているものが多いので、中世の姿そのままとは言えませんが、主に火葬した骨を納めるなどして供養するために建てられたものです。葬られたのは、武士や僧侶が多がったと考えられていますが、経済力を蓄えた商工業開係者なごも含まれていたかも知れません。(同臨時公開資料)

やぐら

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%90%E3%82%89 

名越切通し(なごえきりどおし)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%B6%8A%E5%88%87%E9%80%9A%E3%81%97

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

By: yamauchi
2015-鎌倉カヤック釣りバカ日記スタート【1/3】-スズキ釣りにチャレンジ

  『2015-鎌倉カヤック釣りバカ日記スタート(1/3)  鎌倉滑川 …

no image
『鎌倉カヤック釣りバカ日記ーイワシと遊び、カワハギを釣り、海の生命パワーの爆発を体感す』

<本番だよ・カヤック釣り日記>                『釣れな …

no image
美しい海と山と文化の鎌倉』スペシャル!湘南ぶらぶら散歩すれば、いつもサプライズ。<絶景ポイント>に心癒されるよ

<『美しい海と山と文化の鎌倉』スペシャル!>    『秋本番 …

no image
<鎌倉カヤック釣りバカ日記>冬のカワハギはこうして釣らんのじゃよ!モゾ、コツ、コン何でも合わせよ

<鎌倉カヤック釣りバカ日記>   ★☆冬のカワハギはこうして釣らんのじ …

no image
『珍味ホラ貝を食べたよ、本当のホラ日記』ー鎌倉材木座沖でとれたホラガイを食す。アワビにおとらず旨かったよ!

  『珍味ホラ貝を食べたよ、本当のホラ日記』 鎌倉材木座沖でとれたホラ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(302)★『生死一如/往生術から学ぶ①『元気とは性欲、食欲、名誉欲、物欲、金銭欲がふつふつと煮えたぎっている状態、つまり煩悩である。その元気が死を覆い隠しているのです」とね。

    2010/01/21 &nbsp …

mq2
『リモート京都観光動画』/初春の京都・大原三千院をぶらり散歩(2019/2/23)-大原バスターミナルから茶店の並ぶ参道をゆっくり歩きながら三千院山門までの風情を楽しむ』★『-御殿門を入り、客殿の庭園「聚碧園」、宸殿、有清園、往生極楽院など、青苔の庭園の幽玄の世界に浸る』★『京都大原の来迎寺(2/23)三千院より呂川沿いの山道をしばらく登ると来迎寺はある。』

   初春の京都・大原三千院をぶらり散歩(2/23)-大原バ …

no image
知的巨人の百歳学(101)家康・秀忠・家光の三代に仕え、徳川幕府250年の基礎を築いた史上最高の戦略家・南光坊天海(108?)の長寿法は『長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし』

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕えた「陰の宰相」南光坊天海(108?)の長寿法 日 …

222
◎『動画ハイライト!地球温暖化で海は今や死滅寸前,5年前の鎌倉海がなつかしいよ』★鎌倉カヤック釣りバカ日記(2/7)「海上天然生活」イージーゴーイング(easygoing)じゃ、

  2015/02/08 鎌倉カヤック釣りバカ日記 …

no image
『鎌倉桜絶景チャンネル』『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/25)』段葛は満開、安養院,英勝寺,寿福寺の桜は

『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/25)』 &nbs …