前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★「リバイバル公開」/「鎌倉海遊び、あの懐かしき夏の日(2011/7/10福島原発事故から8年目)ー『<梅雨明けて夏本番、海よ!Zaimokuza Beachのシーズン開幕-サバが大漁じゃ>

   

222

 

  2011/07/10 の記事再録 

『Bathing in KAMAKURA SEA』<梅雨明けて夏本番、海よ!Zaimokuza Beachのシーズン開幕だよ-カヌーフィッシングはサバが大漁じゃ>

 前坂 俊之

    (ジャーナリスト)

2011年月9日(土曜日)はやっと夏本番-カヌーフィッシングは子サバの大漁じゃ。あけて夏空のブルースカイが広がった10日(日曜日)は、今季初めての海水浴を楽しんだのじゃ。材木座天然海水風呂と言うわけよ。福島原発、放射能もほっといて、この2日は原発のストレステストじゃなくて、わしのストレスを吹き飛ばすテストに成功じゃ。サバのフライを山ほど作って、ご近所さんとビール、ワインで乾杯、脱原発、放射能を吹き飛ばしたやるゾを酔っぱらった1日でした。またも3日よいじゃ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 (上の写真はカメラがダメになったので、昨年の写真だよ)

9日午前5時過ぎにカヌーフィッシングはスタート。どんより曇りぞら。太陽が顔を出さない分、涼しい。今年は回遊魚が釣れない。去年はサバ、それもかなり大きいのが細い竿をギンギン、ギューンと海中に折れんばかりに持ち込んで、これまた気持ちいいのじゃ。
今年は5、6月中は一匹もこず。大地震で逃げ出したのかね。この日は第一投げからオキアミコマセ、サビキ釣りの5本バリに必ず、10-15センチほどのやつがくいついてくる。上の方を回遊しており、リールを巻いてくると、途中で5匹がパーフェクトに上がる。「そのうち大きいやつも引率してやってくるわい」-とやり続けるが、形は変わらず。1時間ほど釣れ続く。

 

 

豆アジも交じって、合計80匹ほど。ひるから、ご近所さんでパーティーがあるので、これでサバフライを作ることにする。

午前9時半に終了。帰って、サバの頭を切り落とす。一応3枚におろす、中骨は取る。コイワシなら、骨があっても、シコシコして、うまいが、サバのは少し固いので取った方がよい。

あとはメリケン粉、パン粉をまぶして、油で揚げる火加減を温度で測りながら、少しこんがり目に上げるのがコツ、アジのフライもうまいが、サバのフライも、それ以上にうまい。夏のビールのおつまみには最高にマッチする。一度やってみなはれ。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 
10日(日曜日)は関東も梅雨明けして、雲1つない夏空ーブルースカイ。吸い込まれるようじゃ。こう来なくちゃね。ブルーな気分なんかは、スカイダイビングをやったような(実際はやったことはないけど)、ハワイの透明な濃いブルースカイにめまいをした感じで、いっぺんに吹き飛ぶよ。待ってましたとばかり、午前中はブログを書いて、材木座ビーチに、午後2時過ぎに太陽はギンギン、カンカンな時間に出かけたよ。
 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キラキラ波に太陽が乱反射して、まるで真珠、ダイヤモンドの光の海にウィンドウサーフィンがモンシロチョウのように飛び跳ねている。
真夏の海の調べだね。濃いサングラスをかけて、紫外線が横から入るのも遮断しながら、しばし見とれる。梅雨明け初日の日曜日とあって、海水浴客も結構来ていてにぎわっている。よかったよかったね、また夜は夕涼みをかねて、飲みに行くよ。

午後5時になって、材木座海中温泉にタオル1本もって、バイクで出かける。これこそ、無料ー塩水ー太陽光ーサウナースーパー銭湯なのよ。せっかく、鎌倉、逗子の海岸べりに住みながら、海の恩恵を受けない『天然生活』「自給自足、自然パワー無尽蔵、注入、ゴッツアン生活』をやらない手はないよね。もったいないよ。 

 

 

よし、お天とさんよ。ドンドンてりまくれよ、ワシも例年のように毎日、夕方の【海水天然風呂」に入りに来るからね。超高齢者時代の、老老介護
には海水浴をさせるのが一番だよ。わしも、85歳のばあさんと一緒に住んでいるが、夕方に車で、この材木座海水浴場にかみさんと3人で来て
30分泳げば、アッといまに元気になるよ。プールなどに連れて行くのじゃなくて、わしら60,70,80代は小、中学校では海水浴が授業に会った世代だからね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

この方が、健康にも、お肌の海塩水のマッサージ効果が抜群なのじゃ。日焼け止めには夕方の海水浴にすればよい。もう10年も実証済み。

 

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1057)>『劉暁波弾圧/獄死事件と、約120年前に日清戦争の原因となった「上海に連れ出して殺害した国事犯・金玉均暗殺事件」を比較する』★『中国・北朝鮮には<古代中華思想>による罪九等に及ぶ族誅(ぞくちゅう)刑罰観が未だに続いている』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1057) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(58)記事再録/『日清戦争の引き金の1つとなった防穀令事件 <1889年(明治22)>とは』★『防穀令を布いて日本への穀物の輸出をストップし、朝鮮地方官がワイロを貪ったのが原因(林董の証言)』

  2016/04/24  /日本リーダ …

no image
★『奥田正行/イタリア料理のスーパーシェフの世界を変えるパスタゆで方と鍋のふり方」の秘伝一挙全公開(40分間)「厨房設備機器展2019」のマルゼンブースでのスーパースチームでの実演デモはスゴイよ!

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 厨房設備機器展2019(2/20、東京ビ …

no image
毎日が夏休み>鎌倉カヤック釣りバカ日記ー葉山の名島沖までワカシを狙って行くも不発、水中ビデオでワンダフル!湘南海よ。

<毎日が夏休み!ハッピー・リタイアメント>   鎌倉カヤック釣りバカ日 …

no image
『鎌倉カヤック釣りバカ日記』●『連日38度超え異常高温の日本列島、幻想的、神秘的な鎌倉沖 でリフレッシュ!』

  『鎌倉カヤック釣りバカ日記』 ●『連日38度超えの異常高 …

no image
<まとめ>南方熊楠についてー柳田国男が「日本人の知の極限値」と評した<エコロジーの世界の先駆者>

<まとめ>南方熊楠について    柳田国男が「日本人の知の極限値」と評 …

no image
 日本リーダーパワー史(752)–『プーチンにやられた12・15 安倍「北方領土交渉」無残な結末 「2島返還+α」から「0島返還」へ』★『 プーチン来日でも進展困難な「北方領土問題」 経済協力活動は主権がどちらかでもめる』●『北方領土返還やっぱりプーチンに騙された“お坊ちゃま首相”』★『トランプ政権誕生で潮目の変わった北方領土 様子見を決め込むプーチン、安倍首相へのお土産あるか』●『CIA調査「トランプ氏勝利のため露が大統領選に干渉」、米紙報道』★『プーチン氏はアスペルガー症候群、米国防総省が研究報告』●『日露開戦までのいきさつーロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が侵攻した時点で堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切る』』

 日本リーダーパワー史(752)– 「日露外交交渉で安倍首相はオウン …

222
「30年間カヤック釣りバカ老人の鎌倉海定点観測」-『海を汚染、魚を死滅させる有毒マイクロプラスチックが食物連鎖で最終的に魚食民族・日本の食卓を直撃する』★『プラスチックを規制し、1人年40 枚にレジ袋を減らす規制をしたEU対1人が年300枚のレジ袋を使う日本はいまだ規制なし』

「老人と海」-海を死滅させるマイクロプラスチックの脅威 30年間鎌倉カヤック釣り …

no image
日本リーダーパワー史(595)「昭和戦後の高度経済成長を築いた男たち」ー「世界最強の新幹線の生みの親・三木忠直ー零戦の機体で世界最高水準の「夢の超特急」を作る

 日本リーダーパワー史(595)     昭和戦後の高度経済成長を築いた男たち …

no image
知的巨人の百歳学(127)ー禅の達人・鈴木大拙(95歳)④『1945年8月『日本敗戦』の混乱をみて <言葉を言い換えて事実の本質忘れて、無責任となる感情的な行動(センチメンタリズム)を脱せよ。感傷的でなく、もっと合理的、論理的に考なければならぬーと警告した。。

日本リーダーパワー史(279)   『日本沈没・崩壊は不可避なのか』- …