前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「2019年の世界はどうなる」ー『栄枯盛衰、勝者必滅は世の習い』★『地政学的不況から世界的不況へのミステリーゾンへ』突入か!? 

      2019/02/02

 

「2019年の世界はどうなる」ー栄枯盛衰は世の習い              

2018年12月末、ニューヨーク株式市場は1930年以来の第2番目という大暴落「トランプ株安」となった。年間下落幅は金融危機が起きた2008年(33・8%)以来10年ぶりの大きさ。正月明けにやっと株価は上昇に転じたが、その後も疑心暗鬼の不安定な値動きが続いている。

米中貿易戦争の交渉の結果,米国の関税25%引き上げるかどうかの決定期限は3月1日。英国ブレグジットのEU離脱期限も3月末と刻々と迫っている。果たして2019年はどんな年になるのか。

「Gゼロ」(G7を構成する主要先進国が指導力を失い、G20も機能しなくなった国際社会)後を予測した米政治学者イアン・ブレマー氏は2019年の世界10大リスクを発表した。

  • 悪い種子

(2)米中関係

(3)サイバー空間での抗争激化

(4)欧州で広がるポピュリズム

(5)米国の内政混乱

(6)イノベーションの停滞

(7)リベラルな世界秩序に反対する連合体

―なとなっている。

 

近い将来に世界を崩壊に導きかねない危機の「悪い種子」が各国・地域に植え付けられていることが第1位になった。地政学的環境は「ここ数十年間で最も危険」な状況で「地政学的不況」に襲われると指摘する。

「ブレグジツト(英国のEU離脱)や欧州の弱体化、中国の台頭など、中長期的には極めて懸念すべきリスクだ。今後、経済不況になれば、地政学的にも最悪の事態が訪れ、本当のリスクが顕在化する」(毎日1月8日朝刊)

英下院は1月15日夜、メイ首相が提案したEUからの離脱協定案を圧倒的大差で否決した。新たな交渉、再国民投票など残された選択肢はあるもの、英国議会の「決められない政治混乱」では3月29日期限の「合意なき離脱、漂流」は秒読み段階に入ったといえる。栄枯盛衰は世の習い。19世紀に世界を支配した大英帝国の決定的な没落の瞬間である。結局、離脱派の勘違いはEUを離れてより条件のよい貿易協定を世界各国と結ぶことだったが、いまや人口6500万人しかなく、EUを失う英国の孤立無援は、どの国にとっても魅力度、優先度の低い相手になってしまったことに英国人は気づいていない。

 

一方、1月3日に米連邦議会が招集されたが、ねじれ議会で、メキシコの壁建設予算をめぐって下院を握った民主と共和党が激しい舌戦が展開されている。スキャンダルまみれのトランプ大統領に対しては、ムラー特別検察官からのロシアゲート事件の捜査報告書は3月までに下院に提出されると見込みで、民主党の徹底追及で弾劾訴追の審議は延々と続き、米政府と議会の機能不全で米政界は再び「決められない政治」に逆戻りして、一層の外交の停滞は必至である。トランプ政権は米国の没落、転落の道を歩み続けている。

 

米中貿易戦争と並行してファーウェイ事件の米中5G覇権争いが起きている。

「ファーウエー」(華為技術)は5G、スマホの世界トップ企業で、すでに世界の5G市場の主導権を握っており、これまで米国が独占していたハイテク、IT,4Gの世界が脅かされている。

習近平主席の「一帯一路」計画(世界経済圏構想)の情報インフラ整備はファーウェイなどが担当、グーグル、アップルなどの外国勢を排除し、中国13億人と親中国とが連携して、米国の覇権に対抗。スマホ、監視カメラ、顔認証システム、キャッシュレス社会を構築、すべての個人情報を収集する閉じられた「超監視社会」をつくり、欧米覇権の世界秩序に対決している構図である。

3月1日期限の米中貿易戦争に対しては習近平氏は『中国製造2025』の見直しを指示、外国企業の参加を認めるなどの修正案をつくっている。苦境に立たされた習主席は「毛沢東の自力更生の精神を見習って奮闘せよ」と国民、企業にハッパをかけているが、米国との妥協が成立するかどうかは不透明だ。

結局、英国の没落、米中2大覇権国の争い、ロシア、EC,日本などの周辺国のせめぎあい、興亡史を眺めていると、先人たち、賢人たちのことわざが蘇ってくる。

➀万物は流転する②栄枯盛衰は世の習い②国も企業も内部から崩壊する。➂金の切れ目が縁の切れ目④「最も力の強いもの、頭のいいものか生き残るのではない。変化に対応できるものだけが生き残る」(ダーウィン)④いつまでも、あると思うな親とカネと若さ。いつまでも、ないと思うな、死病、借金、苦労―などなどの格言である。

果たして、2019年はどんな年になるのか。世界経済に暗雲が立ち込める今年は安倍地球儀外交の総決算の年となるだろう。G20が6月28,29日に大阪で開かれる。TPP11は12月30日発効した。2月l日にEUとの経済連携協定(EPA)も発効、世界の国内総生産(GDP)の4割弱を占める巨大貿易圏が誕生し、保護主義の大波を食い止める防波堤の役割を果たす。

G20では日本がはじめて議長国を務めてまとめ役の重責を担う。安倍首相が議長国としてEUと手を組んでリーダーシップを発揮するチャンスであろう。トランプ大統領との親密な関係をテコにして米中の間の仲介、説得役に成功すれば「世界経済のリセッション入り」を防ぐこともできる。貿易不均衡は2国間の交渉では解決できない点が多いため、多国間、世界全体で問題を捉えて見直すという構造面の改善、WTOの改革に取組に議長声明を出すなど安倍首相の腕の見せ所だ。

 - IT・マスコミ論, 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(1055)>『習近平のメディア・ネットコントロールの恐怖』●『言論規制下の中国で、「ネット経済圏」が繁栄するフシギ』★『習近平、3大国営メディアに「党の代弁」要請 全権掌握へ、「江沢民の牙城」に乗り込む』●『「マスコミの使命は党の宣伝」習主席がメディアの「世論工作」に期待する重要講話』★『中国式ネット規制強化で企業情報がダダ漏れの予感』●『習近平が危ない!「言論統制」がもたらすワナーメディアへの締め付けはいつか反動で爆発も』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < チャイナ・メルトダウン(105 …

no image
 日中朝鮮,ロシア150年戦争史(50)ー副島種臣外務卿(外相)の証言②『明治の外交の争点はいつも朝鮮問題』 日清、日露戦争の原因は朝鮮をめぐる清国、 ロシア対日本の紛争である。北朝鮮問題のルーツ・・

 日中朝鮮,ロシア150年戦争史(50) 副島種臣外務卿(外相)の証言―② 『明 …

no image
日本経営巨人伝⑧朝吹英二ーー三井のリーダーで鐘淵紡績の生みの親・朝吹英二

日本経営巨人伝⑧朝吹英二   三井のリーダーで鐘淵紡績の生みの親・朝吹 …

ダウンロード
『リーダーシップの日本近現代史』(165)記事再録/『安倍総理大臣の在任期間は11/20日で通算2887日で憲政史上最長となったが、『ガラパゴスジャパン(日本システムの後進性)』の改革は未だ手つかずだ』★『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』を警告した日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップとは何かを読む』                      

  2012/03/16  日本リーダー …

no image
知的巨人の百歳学(136)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習えじゃ、大喝!★「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

記事再録/ ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)団塊世代こそ<老害といわれ …

ダウンロード (1)
日本リーダーパワー史(697)日中韓150年史の真実(3)「アジア開国の父・福沢諭吉」ーなぜ「悪友とは交際を一切謝絶する脱亜論」に転換した理由<井上は朝鮮で最初の新聞「漢城旬報」を発行したが、清国側(中国)が猛反発して、井上の暗殺指令を出し、さらには『漢城旬報』の販売停止を命じたので辞任、帰国した③

 日本リーダーパワー史(697) 日中韓150年史の真実(3)「アジア・日本開国 …

no image
日本の〝怪物″実業家・金子直吉

1 日本の〝怪物″実業家・金子直吉 ―鈴木商店を日本一の商社にした「 …

no image
★『私が愛する奇人・変人・作家(酒家)たち』ー『山本周五郎はへそ曲がりの庶民作家、頑固一徹の大酒のみ』

山本周五郎は読むほどに、飲むほどに味が出る「スルメのような」文体だね 「青べか物 …

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
日本リーダーパワー史(349)総選挙の必読教科書―徳川幕府の末期症状と現在の総選挙状況を比較、勝海舟の国難突破力に学ぶ

日本リーダーパワー史(349) (総選挙の必読教科書―徳川幕府の末期症状と 現在 …