前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

   

百歳学入門(190)

 

105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3月~2000年7月)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%80%89%E9%81%8A%E4%BA%80

日本美術院の画家安田靫彦の門を叩き、岡倉天心、横山大観らの名だたる先輩後輩と深い絆を結んだ。女性画家として最長寿である。

70歳代で「径」「舞妓」「姉妹」などの代表作を発表、80代で「天武天皇」などの歴史肖像画の代表作を制作した。85歳のとき、上村松園に次いで女性画家としては二人目となる文化勲章を受章した。

小倉は滋賀県出身、1917(大正6)年に奈良女子高等師範(奈良女子大)を卒業、横浜の捜真女学校に奉職し、1920年に画家安田靫彦の門を叩き、そこで岡倉天心、横山大観らの名だたる先輩後輩と深い絆を結んだ。

若い頃の遊亀は絵画制作、母親の看病、教師と多忙な日々を送りながら、日本画に打ち込んだが、神経質で内面的な悩みが尽きなかった。

安田先生からのアドバイスはほとんどなかった。画を見てもらっても、何も言わず黙って返すだけ。思い余って「私には絵の才能がないのでしょうか」と恐る恐る尋ねると、途端に「そんなことは、あなたが死んでからあとの人の言うことです、生きている間に人の言うことはあてになりません」と叱られた。

才能があると言って欲しいための甘えからの問いかけを小倉は後年、恥ずかしかったと回顧する、27歳の時のことである。

ある時、もの言わぬ安田師から

名言「一枚の葉っぱが手に入ったら、

宇宙全体が手に入ります」

と哲学めいた、禅問答風な教えを受けた。遊亀がこの言葉の真の意味を体得できたのは数十年後の老境になってからだった。

33歳で院展に初入選し、1932(昭和2)年に37歳で女性初の日本美術院同人となる。

1938年、43歳の遊亀は禅の大家・山岡鉄舟の晩年の高弟・小倉鉄樹と結婚し、たが、以後鎌倉に住んだが、鉄樹は3年後に亡くなり、短い結婚生活となった。禅道場の小林作雲のもとを訪れるようになってから、煩悩から次第に開放され、自由な境地で絵画制作にも専念できるようになる。

名言「人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね。若い頃の私もそんなふうで、描けども、描けどもこんなはずではないと思いながら、同じことの明け暮れの時がありました。」

と回想する。

それからの40代、50代はまさに画家としての基礎体力作り、精進に費やした日々であり、やがて冒頭の言葉へと結実していく。

彼女自身、人生で最も充実したのは70歳代であると回想、76年に81歳で日本芸術院会員にえらばれた。

80年に85歳で文化勲章受章。人物、花鳥画にあって古典を基礎に近代感覚あふれたすがすがしい作風を展開し画壇の頂点に上りつめた。その原動力はなによりも長寿力であり。80代になってもなおその描く情熱は衰えることを知らなかった。

名言「まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ」

 

90歳半ばで遊亀は体調を崩し、それから絵筆を握ることはなかった。居間に座ってぼんやり庭を眺める日々。ある日、遊亀はハッと気づいた。「梅は何ひとつ怠けないで、一生懸命生きている。私も怠けていてはいけない」と、再び101歳で絵筆を握った。

名言「いいなと思ったときは物みな仏」

それからは身近にある花木や果物を好んで描くようになる。「いいなと思ったときは物みな仏」であり、自分は生かされているという謙虚な気持ちを片時も忘れなかった。

普通に生きることの難しさを知ってから、普通に生きる美しさや素晴らしさがしみじみと描けるようになったのである。

名言「何も持たぬと嘆く人でも、天地の恵みは頂戴しているではないか」。

そしてこんな句も残している。

名言「のどかなり 願いなき身の 初詣」

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(236)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人のカヤック釣り日記』(9/15) 人気動画再録「60,70はなたれ小僧、生涯現役、カヤック人生」★『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』

 2014/09/15 記事の再録/百歳学入門(99) 『百歳挑戦・鎌 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(29)-記事再録/関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行動力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

    2011/04/06 / 日本リ …

no image
日本メルダウン脱出法(650)「メンツを立てに目の前の<アジア巨大インフラ市場>を西欧勢にさらわれる経済外交(損得勘定)は成功か、失敗か。

   日本メルダウン脱出法(650) 「アジア開銀(AIIB)参加問題で、日本の …

no image
再録/百歳学入門(11)<日本超々高齢社会>の過去とは・<明治から1945年(昭和20)までは、人生90歳時代の現在とは真逆で、人生わずか50年だった日本>

    2010/01/26 &nbsp …

no image
日本一の「徳川時代日本史」授業⑥ 福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造」(旧藩情)を読む⑥  

 日本一の「徳川時代の日本史」授業 ⑥   「門閥制度は親の …

no image
日本メルトダウン脱出法(603)【2014総選挙結果ー自公で3分の2超えの大勝】は何をもたらすか『武田信玄の遺言」

  日本メルトダウン脱出法(603)   【201 …

p_tanaka
世界が尊敬した日本人(54)『地球温暖化、地球環境破壊と戦った公害反対の先駆者・田中正造』明治天皇直訴文は幸徳秋水が書いたが、正造は正直一途な男①

世界が尊敬した日本人(54) 月刊「歴史読本」(2009年6月号掲載) 『地球温 …

no image
日本リーダーパワー史 (26) 中国革命の生みの親・アジア革命浪人の宮崎滔天はすごいよ③

  日本リーダーパワー史 (26)   中国・アジアの革命を …

no image
日本のメルトダウン(524)◎「アベノミクスに致命的な欠陥あり」◎「安倍首相に単独インタビュー」(CNN)

  日本のメルトダウン(524)     …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑦「中国側が属国視した琉球(沖縄)処分をめぐる対立がすべての発端」

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …