前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン米大統領講座/トランプ米大統領の狂乱/断末魔、トランプ支持者が米議事堂に乱入、暴動!』★『1月20日以後はトランプ氏は反逆罪、脱税容疑など10数件の容疑で逮捕か?』★『トランプドタバタC級劇場の終焉』★『バイデン民主主義/修復劇場の幕開け!』

      2021/01/08

 
時代は急テンポで変化する。
後世の人々は「トランプ米大統領の暴走、狂乱」の4年間を「民主主義国・米国の栄光の時代」を終わらせた時代として振り返るだろう。賞味期限の切れたトランプ氏は4年後は全く忘れ去られた存在になるだろう。
バイデン新大統領はトランプが破壊した米国の分断と世界秩序の修復、新型コロナウイルスとの戦いに四苦八苦するだろう。

 

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

トランプの権力乱用、暴走は最後まで続いたが、12月以降の経過を書くとーーー

  • 「米南部ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官が4日に「トランプ大統領から2日に電話がかかってきて大統領選挙の結果を覆すのに十分な票を「見つけろ」と強要されたと暴露した。」
  • 「注目されたジョージア州の米上院議員選挙は5日行われ、2議席とも民主党新人が共和党現職をやぶり当選した。これで民主党が上下両院の多数党となり、バイデン次期大統領の政権運営に大きく貢献する結果となった」
  • 2020年11月の大統領選で「民主党の大規模な不正を投票があった」と根拠なき主張と訴訟を繰り返して、敗北を認めていないトランプ氏は何週間も前から「1月6日にワシントンで大規模な抗議集会を開こう。ぜひ来てほしい。激しいものになるだろう」と今回の騒動を4予言していた。この結果、米大統領史上初めての米国会議事堂にトランプ支持者が乱入するという前代未聞の暴動が起きた。トランプ氏の扇動によるものだった」
●「バイデン米次期大統領の大統領選当選の正式認定中の連邦議会議事堂内に6日、トランプ大統領の支持者らが乱入し、一時占拠した。トランプ氏はホワイトハウス前の大規模集会で、「敗北を絶対に認めない」と表明し、支持者に議会に向かうよう呼び掛けていた。この結果、議事堂内で当局に撃たれた支持者の女性ら4人が死亡した。」
  • 全米製造業協会(NAM)のティモンズ会長は6日、憲法修正第25条を用いてトランプ大統領の即時免職を検討するよう政権幹部に要請した。NAMは1万4000社の製造業者を代表する主要業界体。ティモンズ会長は、「トランプ大統領は「権力を保持するために暴力をあおった。トランプ氏を擁護している人々は憲法への誓いを破り、無政府状態を支持して民主主義を否定している」と批判した。

●「トランプ政権の閣僚らが6日、合衆国憲法修正25条に基づいて同大統領の即時免職について協議した。同憲法修正25条は、米大統領が「職務上の権限と義務の遂行が不可能」だと判断された場合に、副大統領と閣僚らで構成される大統領顧問団(内閣)に大統領を免職する権限を認めている」

  • 「ペンス副大統領は1月6日の米議事堂乱入事件について合同会議の再開にあたり「アメリカ議会の歴史において暗黒の日になった。ここで起きた暴力を強い言葉で非難する。暴力が勝利することはない。世界の国々は、我々の民主主義の回復力と強靭さを目の当たりにするだろう」と呼びかけた。
  • 「ツイッターは6日、トランプ大統領の支持者らの米議会占拠事件で、トランプ氏の動画などの投稿が同社規定に違反したとして、アカウントを12時間凍結すると発表した。今後も規定に違反した場合、永久に停止すると警告した」
  • 「ジョンソン英首相は「米国は世界中で民主主義の代名詞だ」、欧州理事会のミシェル議長(EU大統領)も、「米連邦議会は民主主義の神殿。ワシントンでの今夜の光景は衝撃だ」、ノルウェーのソルベルグ首相は「米国の民主主義に対する全く受け入れられない攻撃だ。トランプ大統領にはこれを阻止する責務がある。」、オランダのルッテ首相は「親愛なるドナルド・トランプ、今日のうちにバイデン氏を次期大統領と認めよ」と求めた。」(CNN2021.01.07 )

しかし、日本の菅首相からのメッセージはない。

 

●『オンライン/トランプ大統領引き際の悪さの研究』★『NYポスト紙、トランプ氏に「狂乱を終わらせよ」と1面で呼び掛け(12月28日)』★『大阪自由大学講座 ー読書カフェ動画『世界で最も危険な男ー「トランプ家の暗部」を姪が告発』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/42480.html

 

●『オンライン講座/バイデン氏当選、トランプ大統領往生際の悪さの研究(上)(2020年11月15日までの経過)』★『新型コロナ第3波襲来、バイデン新大統領の勝利確定、トランプ落選決定』★『アメリカ社会の底知れぬ分裂、対立の深淵が浮き彫りになっている』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/42492.html

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1062)>★「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するか②』★『トランプ真夏の世界スリラー劇場」第2幕の始まり?』★『戦争勃発リスクは『話せばわかるが、何十年も話してもわからない相手にはどうするか、「その間に核ミサイルを開発を続けてグアムに名指しで発射するぞ」と威嚇し続ける人類脅迫最悪の独裁者を放置し続けるのか日本リスク、世界リスク管理の危機!』★『パーセプションギャップ(思い違い)による偶発戦争のリスクは一層高まっている!』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルト …

no image
大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解く ⑥死刑・冤罪・誤判事件ー30年変わらぬ刑事裁判の体質④

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解く⑥   裁判官・検事・弁護士・ …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(122)「積極的平和主義」が目指す方向を危惧 軍事援助(2/17)「核のゴミ」処分に積極的な姿勢を(2/23)  

池田龍夫のマスコミ時評(122)     品格に欠ける安倍首相のヤジ( …

no image
 日本リーダーパワー欠落史(747)対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』★『歯舞、色丹返還は「笑止千万だ」…民進・野田氏』◎『ロシア上院議長、北方四島「主権渡さず」』◎『北方領土「主権渡せぬ」 プーチン露大統領側近が強調、安倍晋三首相とも会談』●『  対ロ協力、30事業で合意』●『コラム:プーチン大統領「パイプライン政治」は時代遅れ』◎『英情報機関トップが語る「ロシアの脅威」、多様な工作に警戒』◎『  安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に』

   日本リーダーパワー欠落史(747) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習 …

no image
日本メルトダウン(907)【ヘリコプターマネーの先には地獄が待っている 「GDP600兆円」で始まる高橋財政の悲劇(池田信夫)】◉『[FT]国家連合こそ英国に利益もたらす(社説)』『安倍首相も実践していたリーダーシップの3原則 菅元首相とどこが違うのか?公約違反でも支持率を維持』◉「「杉原千畝通り」誕生、イスラエルとはどんな国? イスラエルを知れば世界が分かる」

     日本メルトダウン(907)   ヘリコプターマネーの先には地 …

no image
『オンライン講座/ロケットの父・糸川英夫の加齢創造学』★『人間の能力は6,70歳がピーク』★『基礎体力と生産効率は関係がない』★『老人を食いものにする老人産業は日本だけ』 ★『若い内から継続的に自己啓発の習慣を身につける』★『若さの秘訣は自分に適当な負荷をかけること』★『人生の針をゼロに戻して、謙虚になること』

    2012/04/11 &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(147)-「昭和戦後の高度経済成長の立役者・世界第2の経済』大国の基盤を作った『電力の鬼』・松永安左エ門(95歳)の長寿10ヵ条』 「何事にも『出たとこ勝負』が一番」 「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

知的巨人の百歳学(147)- 戦後の高度経済成長の立役者・世界第2の経済大国の基 …

日本名人・達人ナンバーワン伝ー『イチローは現代の宮本武蔵なり』★『「五輪書」の「鍛錬」とは何か、鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習をいう』●『武蔵曰く、これが出来なければ名人の域には達せず』(動画20分付)★『【MLB】なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由』

    イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」 の因果関係ー免許皆伝とは!!   …

no image
ウクライナ問題はどうなるのかー日本記者クラブで石郷岡建氏、下斗米伸夫・法政大学教授、ハルチェンコ・ウクライナ駐日大使

 <ウクライナ問題はどうなるのかー日本記者クラブ「研究会」> &nbs …

no image
世界リーダーパワー史(922)-『暗愚の帝王・トランプは予備選挙で負けさせねばならない。』★『米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにアメリカ騒然』★『もはやトランプは米安全保障上の脅威─米ロ密室会談に同席した通訳に証人喚問求める』

日本リーダーパワー史(921) 暗愚の帝王・トランプは予備選挙で負けさせねばなら …