前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン米大統領講座/トランプ米大統領の狂乱/断末魔、トランプ支持者が米議事堂に乱入、暴動!』★『1月20日以後はトランプ氏は反逆罪、脱税容疑など10数件の容疑で逮捕か?』★『トランプドタバタC級劇場の終焉』★『バイデン民主主義/修復劇場の幕開け!』

      2021/01/08

 
時代は急テンポで変化する。
後世の人々は「トランプ米大統領の暴走、狂乱」の4年間を「民主主義国・米国の栄光の時代」を終わらせた時代として振り返るだろう。賞味期限の切れたトランプ氏は4年後は全く忘れ去られた存在になるだろう。
バイデン新大統領はトランプが破壊した米国の分断と世界秩序の修復、新型コロナウイルスとの戦いに四苦八苦するだろう。

 

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

トランプの権力乱用、暴走は最後まで続いたが、12月以降の経過を書くとーーー

  • 「米南部ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官が4日に「トランプ大統領から2日に電話がかかってきて大統領選挙の結果を覆すのに十分な票を「見つけろ」と強要されたと暴露した。」
  • 「注目されたジョージア州の米上院議員選挙は5日行われ、2議席とも民主党新人が共和党現職をやぶり当選した。これで民主党が上下両院の多数党となり、バイデン次期大統領の政権運営に大きく貢献する結果となった」
  • 2020年11月の大統領選で「民主党の大規模な不正を投票があった」と根拠なき主張と訴訟を繰り返して、敗北を認めていないトランプ氏は何週間も前から「1月6日にワシントンで大規模な抗議集会を開こう。ぜひ来てほしい。激しいものになるだろう」と今回の騒動を4予言していた。この結果、米大統領史上初めての米国会議事堂にトランプ支持者が乱入するという前代未聞の暴動が起きた。トランプ氏の扇動によるものだった」
●「バイデン米次期大統領の大統領選当選の正式認定中の連邦議会議事堂内に6日、トランプ大統領の支持者らが乱入し、一時占拠した。トランプ氏はホワイトハウス前の大規模集会で、「敗北を絶対に認めない」と表明し、支持者に議会に向かうよう呼び掛けていた。この結果、議事堂内で当局に撃たれた支持者の女性ら4人が死亡した。」
  • 全米製造業協会(NAM)のティモンズ会長は6日、憲法修正第25条を用いてトランプ大統領の即時免職を検討するよう政権幹部に要請した。NAMは1万4000社の製造業者を代表する主要業界体。ティモンズ会長は、「トランプ大統領は「権力を保持するために暴力をあおった。トランプ氏を擁護している人々は憲法への誓いを破り、無政府状態を支持して民主主義を否定している」と批判した。

●「トランプ政権の閣僚らが6日、合衆国憲法修正25条に基づいて同大統領の即時免職について協議した。同憲法修正25条は、米大統領が「職務上の権限と義務の遂行が不可能」だと判断された場合に、副大統領と閣僚らで構成される大統領顧問団(内閣)に大統領を免職する権限を認めている」

  • 「ペンス副大統領は1月6日の米議事堂乱入事件について合同会議の再開にあたり「アメリカ議会の歴史において暗黒の日になった。ここで起きた暴力を強い言葉で非難する。暴力が勝利することはない。世界の国々は、我々の民主主義の回復力と強靭さを目の当たりにするだろう」と呼びかけた。
  • 「ツイッターは6日、トランプ大統領の支持者らの米議会占拠事件で、トランプ氏の動画などの投稿が同社規定に違反したとして、アカウントを12時間凍結すると発表した。今後も規定に違反した場合、永久に停止すると警告した」
  • 「ジョンソン英首相は「米国は世界中で民主主義の代名詞だ」、欧州理事会のミシェル議長(EU大統領)も、「米連邦議会は民主主義の神殿。ワシントンでの今夜の光景は衝撃だ」、ノルウェーのソルベルグ首相は「米国の民主主義に対する全く受け入れられない攻撃だ。トランプ大統領にはこれを阻止する責務がある。」、オランダのルッテ首相は「親愛なるドナルド・トランプ、今日のうちにバイデン氏を次期大統領と認めよ」と求めた。」(CNN2021.01.07 )

しかし、日本の菅首相からのメッセージはない。

 

●『オンライン/トランプ大統領引き際の悪さの研究』★『NYポスト紙、トランプ氏に「狂乱を終わらせよ」と1面で呼び掛け(12月28日)』★『大阪自由大学講座 ー読書カフェ動画『世界で最も危険な男ー「トランプ家の暗部」を姪が告発』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/42480.html

 

●『オンライン講座/バイデン氏当選、トランプ大統領往生際の悪さの研究(上)(2020年11月15日までの経過)』★『新型コロナ第3波襲来、バイデン新大統領の勝利確定、トランプ落選決定』★『アメリカ社会の底知れぬ分裂、対立の深淵が浮き彫りになっている』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/42492.html

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(461)西郷隆盛論③王陽明学の始祖は中江藤樹、 吉田松陰、西郷隆盛と引き継がれ明治維新が成就した

 日本リーダーパワー史(461) 「敬天愛人」民主的革命家としての「西 …

no image
大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために③死刑・冤罪・誤判事件の続発ー30年変わらない日本の体質①

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために③   裁判官・検事・弁 …

By: taylorandayumi
日本メルトダウン脱出法(621)[見直される「対テロ戦争」●[歴史的大事件が起きている年に共通する「5」

  日本メルトダウン脱出法(621)     [凶 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(9)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫『福島安正のインテリジェンスが日清,日露戦争の勝利の主因①わが国初の国防書「隣邦兵備略」を刊行、清国の新海軍建設情報 を入手、朝鮮を属国化し大院君を強引に連れ去った

    2015/12/03 &nbsp …

no image
速報(200)『日本のメルトダウン』●『冷温停止宣言のウソを許すなー「ニューヨークタイムズ」の疑問は当然』

速報(200)『日本のメルトダウン』   ●『冷温停止宣言のウソを許す …

no image
日本リーダーパワー史(453)「明治の国父・伊藤博文の国難突破のグローバル リーダーシップに安倍首相は学べ」⑤

     日本リーダーパワー史(453) …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉙『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力』★『2階級降下して参謀次長になり、この機会(日露戦争開始4ゕ月前)に起って、日本は文字通り乾坤一擲の大血戦をやる以外に途がない。不肖ながらわしが参謀次長として蝦蟇坊(大山厳)の忠実なる女房役になろう』

   日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露 …

no image
知的巨人の百歳学(144)ー「玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食。食はねば、人間は長生きする』

    2015/03/28/百歳学入門(54)記 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか④」1902(明治35)年2月14日『仏ル・タン』- 『英日条約』(日英同盟の意義)

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」④ …

no image
速報(235)『日本のメルトダウン』「原発事故のメディア責任とは『メディアは何を伝えたか~検証・原発事故報道シンポ

速報(235)『日本のメルトダウン』 ★『「原発事故についてのメディアの責任を問 …