前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/2022年はどうなるのか講座④』★「日米戦争80年」―インテリジェンスなき日本の漂流は続く』★『コロナ敗戦、デジタル敗戦、超高齢少子人口減少社会で2度死ぬ日本は「座して死を待っている状態だ」』

   

 

「日米戦争80年」―インテリジェンスなき日本の漂流は続く

   前坂 俊之(ジャーナリスト)      

真珠湾攻撃への道は1940(昭和15)年9月27日、日独伊三国同盟が締結調印から始まった。この日、山本五十六連合艦隊司令長官は、親友の堀悌吉に「内乱(陸海軍の相克)では国は滅びないが、戦争では国が滅びる。内乱を避けるために、戦争に賭けるとは、主客転倒だ」と怒りをぶつけた。

その後、日米戦争を危惧した近衛文麿首相は山本を招き荻外荘で会談した。山本は「(日米戦争)ぜひやれと言われれば、初めの1年や1年半は、存分暴れてご覧に入れます。しかし二年、三年となっては、ぜんぜん自信はありません。日米戦争の回避に努力を願いたい」と申し出た。

●(写真説明)逆立ちが得意だった山本は外人とのパーティーでは恥ずかしがり屋の日本人は何も披露しないので、率先して逆立ちをしてやんやのの喝采を浴びた。

もともと、山本は米国の駐在武官5年以上の経験があり、米国の国力を一番よく知る海軍軍人だった。山本陸軍次官は、米内光政海軍大臣、井上成美軍務局長のトリオを組んで「60-100の国力差のある米国との戦争は絶対反対」を唱えていた。

山本はズバリとものをいう男だった。海軍記者クラブ「黒潮会」で「陸軍のバカどもにも困ったものだ。南も討て、北も討てと騒ぎ立てるが、だれが戦うのか。米英日の海軍力比率は、五・五・三の比率で、対米英戦となれば、一〇対三の戦いになる。こんな簡単な算術さえ奴らには分からんのだ……」と語っていた。

三国同盟の5相会議(首相・陸相・海相・蔵相・外相)が計70回以上も開かれたが、海軍は絶対反対を貫いた。昭和14年1月、平沼騏一郎内閣が誕生した際、米内は山本が暗殺されるのをおそれて、連合艦隊司令長官に任命し、洋上に逃がした。しかし、国内情勢は破竹の進軍のヒトラーのヨーロッパ侵攻に幻惑されて、「バスに乗り遅れるな」との時局便乗の同盟論者が増えた。

1939年(昭和14)8月末、独ソ不可侵条約が締結され、ドイツ、ソ連はポーランドに侵攻し第2次大戦が始まった。国際情勢を見誤った平沼騏一郎首相は、「欧州の天地は複雑怪奇なり」との迷言を残して退陣に追い込まれた。

同年7月、米国は三国同盟に対抗して日米通商航海上条約を破棄した。経営物資・資財・原料の輸入の大半の米国に頼っていた日本は経済面で大きな打撃を受けた。反米感情が高まった。

1940年9月5日に、及川古志郎海相が海軍首脳を東京に招集し、三国同盟に関する最終の意見を聞いた。条約調印の約三週間前である。
及川は「海軍が賛成しなければ、第二次近衛内閣はつぶれる。海軍は内閣瓦解の責任はとりたくないから、三国同盟に賛成ねがいたい」とあいさつした。山本連合艦隊司令長官は「企画院の物動計画によれば、その八割は英米圏内の資材でまかなわれる。三国同盟を結べばその不足をどう補うのか・・・」と質問した。
及川海相は山本の質問を黙殺した。「ご意見もありましょうが、同盟に賛成願いたい」と繰返し出席者は次々に賛成した。
会議後に山本は及川海相の無責任を追究した。及川はあやまったが、山本は「言語道断だ。米国と戦争することは、全世界を相手にするつもりでなければならぬ。自分はこうなった以上、最善を尽して奮闘する。そうして長門の艦上で討死するだろう。その間、東京あたりは丸焼けにされる」(原田日記)と述べた、という。

 

三国同盟締結後、英米は日本への経済封鎖を一層強化した。 1941年7月28日の日本軍の南部仏印進駐(ベトナム進駐)に対してルーズベルト大統領は日本資産の凍結,石油の全面禁輸を行いABCD包囲網(米英中蘭)を引いた。

日米外交を打開したい近衛首相はルーズベルト米大統領との首脳会談を申し込んだが、米側は「中国からの撤退」を要求し、実現しなかった。石油の全面禁輸がつづけば、あと一年で石油が底をつく土壇場に追い込まれた。

 

「戦争か、外交か、撤退か‥」―行き詰った近衛首相は十月十二日、豊田貞次郎外相、東條英機陸相、及川海相を招き、荻外荘会談を開いた。戦争に反対の及川海相は、和戦の決を総理に一任した。ところが、最高責任者の近衛は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。「戦争に自信がないとは何ごとですか」と東條は怒り、同十四日には「撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断ま近衛をののしった。近衛は万策尽き果てて十六日朝、政権を投げ出した。

次に指名されたのは東條英機・開戦内閣である。『昭和天皇独自録』によると、昭和天皇、木戸幸一内大臣は東條を高く評価しており、昭和天皇の「御前会議の決定を白紙還元せよ」という聖慮を実行できるのは彼しかいないと決定した。東條には全く予期せぬ首相指名に震えあがった。

トップの誤断と「責任回避と先延ばしの政治」によって誰もが望まぬ日米戦争に流されていった。

開戦日の1941年12月8日のヨーロッパ戦線での独対ソ連のモスクワの戦は冬将軍によってドイツの猛進撃が阻まれ、戦局が一変していった日だった。

筆者は12月8日、NHKBS1スペシャル放送の「ヒトラーに傾倒した男・A級戦犯大島浩の告白」を見た。大島は「ヒトラーは軍事力の天才で、一目で魅了された。三国同盟の黒幕は自分だ。ドイツの国力を判断する能力が自分にはなかった」と戦争責任を認めていた。

一方、山本司令長官機は1943年4月18日、米陸軍の暗号解読によってブーゲンビル島上空で撃墜された。情報戦に完敗した日本の教訓は今も生かされていない。

 

 

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗「開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道」ー『開戦へカウントダウン!』●『この記事は戦争報道の優れた論評で、日本メディアの報道とは雲泥の差がある』★『日本はいずれ国運をかけてロシアと戦わなければならず,シベリア鉄道がまだ能力いっぱいに開発されていない現在の方が,後にそうなったときより.勝てる可能性が高いと一致して見ている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗ 1903(明治36)年 …

no image
記事転載/1895(明治28)年1月20日付『ニューヨーク・タイムズ』 ー 『朝鮮の暴動激化―東学党,各地の村で放火,住民殺害,税務官ら焼き殺される。朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は反乱鎮圧にあたる見込』(ソウル(朝鮮)12/12)

: 2014年11月4日/「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史 …

★『日本経済外交150年史で、最も独創的,戦闘的な国際経営者は一体誰でしょうか講座①(❓) <答え>『出光興産創業者・出光佐三(95歳)』ではないかと思う。そのインテリジェンス(叡智)、独創力、決断力、勝負力、国難逆転突破力で、「日本株式会社の父・渋沢栄一翁」は別格として、他には見当たらない』

  『戦略的経営者・出光佐三(95歳)の国難・長寿逆転突破力①     …

『オンライン講座/日本興亡史の研究』★『明治の富国強兵/軍国主義はなぜ起きたのか』★『明治政府が最初に直面した「日本の安全保障問題」は対外軍備を増強であり、ロシアの東方政策に対する侵略防止、朝鮮、 中国問題が緊急課題になった』★『現在の対中国・韓国・北朝鮮問題の地政学的ルーツである」

  2015/11/25/日本リーダーパワー史(612)日本国難史にみ …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

『オンライン講座/日本会社資本主義崩壊の歴史』★『日本興亡学入門⑩1991年の記事再録★『百年以上前に<企業利益>よりも<社会貢献>する企業をめざせ、と唱えた公益資本主義の先駆者』ー渋沢栄一(日本資本主義の父)、大原孫三郎(クラレ創業者)、伊庭貞剛(住友財閥中興の祖)の公益資本主義の先駆者に学ぶ』★『日本で最も偉かった経済人は一体誰なのか? 、120年前に21世紀の経営哲学を実践した巨人・大原孫三郎の生涯 』

   『日本興亡学入門⑩1991年の記事再録              …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(264 )/『日本画家・奥村土牛(101歳) は「牛のあゆみ」でわが長い道を行く』★『スーパー長寿の秘訣はクリエイティブな仕事に没頭すること』★『芸術に完成はあり得ない。要はどこまで大きく未完成で終わるかである』

     2019/01/11 知的巨人 …

no image
知的巨人の百歳学(152)記事再録/日本リーダーパワー史(266)-『松下幸之助(94歳)★『人を育て、人を生かすー病弱だったことが成功の最大の要因』

  2012/05/29 /日本リーダーパワー史(266) …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊼』『建築界のノーベル賞・プリッツカー賞は坂茂氏が受賞』尊敬される日本人の登場

      『F国際ビジネスマ …

no image
速報(310)『日本のメルトダウン』緊急ビデオ座談会ーEU危機・中国失速・世界経済総崩れの中で『日本沈没」は不可避か?

速報(310)『日本のメルトダウン』   緊急ビデオ座談会ーEU危機・ …