前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本風狂人伝⑲ 『中江兆民奇行談』(岩崎徂堂著)のエピソード ②

   

 
日本風狂人伝⑲
            2009,7,14
 
『中江兆民奇行談』(岩崎徂堂著)のエピソード②
                                       
 
                                         前坂 俊之
 
 
1・・兆民と花嫁
 
 君が文部省に出仕をして居った時の事だが親友の世話で或る華族の令嬢を嫁に貰ふ事になった、
 
其令嬢といふのは妙齢将に二八の春を迎へ花成威頼、一笑百輿せんけん其輝娼たる細腰は実に古の小町旦二合を遅くる程のビューチフルで、おまけに才学衆に秀で、経済家政の道から裁縫遊芸に至る迄何一つとして知らないものはなく才媛の名都門に噴々たる古今無類の優物であった、
 
夫れであるから才子通人一度此令嬢が花顔を瞥見すると魂塊天に飛び上り、久米の仙人も亦転がり落ちん計りである、処が此令嬢を貰ふと云ふ御本人の矯介先生大嬉びであらふと思いの外一向有難がる様子もなく地蔵の顔を蚊がさした程も感じない、共訳と云ふは先生例の大抱負を懐にして居って早婚は出世の妨げであると悟ったからだ、
 
然し友人が折角の媒介であるから其好意を無にするも気の毒と、やがて黄道吉日といふ御定りの佳辰を卜して華燭の盛典を挙げやうとした、そこで友人連は君が平常を心配して若しや粗暴不埒の狂言をやらかした日には大変と何卒かをとなしく済まして呉れろと頼んだ、先生唯ハイ!~と其通り承知をしたので愈ヒ当日友人と一所に或る楼で以て花嫁の来るのを待つ事になった、
 
其内、酒が出る肴が運ばれると忽ち各本性を現はして端唄、都々逸、二上り三下り、甚句もやれば詩吟も初まるといふ騒になった、処へ女中が取次で只今お嫁さんが御出でになったと告げる、すると一同いよ待ってやした、

篤介お楽しみなぞと酔に乗じて君を冷評するので、四面楚歌の中に包まれた項羽にあらぬ兆民はムツ下したが以て生れた不羈豪放、千鳥のように足をよろめかかせ自身起って花婿様が御出迎へしやうと、玄関へやって来て令嬢を引張て座敷に着かせ、杯を取換して平気に済まして居る、こちらは令嬢両の頸を真紅にして恥かしがつている、

すると篤介何を思ったか、ふと己れがフンドシを引外し、股間に垂下っている処のキンタマの其大さといふたら金着の様で色兵黒になって漆見たまた様なやつを両手で以て引延し、一同を眼鏡越に睨んで「丁度今は冬であるのに、己れは一文なしで何も花嫁にやるものがない、唯だここに一つの睾丸火鉢があるから是をやらふ」、と令嬢はそれを見て顔を反け、知らない風もてなしをして居る、すると友人の一人が「君の待遇は結構だが火の気のない火鉢では仕方がないからこれを持て大に令嬢に馳走しろ」と直に傍に在った火鉢の真紅になってる火を挟んで篤介に戯ると、先生善しきた此上へ載せろと益げんこつで陰嚢を伸張る、朋友も亦酔てるものであるから拳ほどのあつい火を陰嚢の上へ置くと、篤介、あつっいツと飛上って一同を残して何処へか逃げて行ってしまった、
 
驚いたのは令嬢で勿々裾を扱って帰って了ふ、其翌日になると使が兆民の邸へ来て御縁談の儀は御断り申すと言ってきた、先生しめ、たと手をたたいて咲笑二杏、己が謀は大的りであるわい。
 
 
 2・・・三味線と越中節
 
 元来、学者などゝ云ふ者は余り世間の事を知らぬのが通則の様に思はるゝが、独り兆民に至っては丸で大反対で何にもかにも知らぬものは無い、近著一年有半に於ても俗曲但歌を評して居るにつけても案外の通人だと云ふ事が知れるのである、
 
そこで先生の十八番は何かと聞くと三味線を弾くことで夫れに越中節か常盤津を唄ふのが巧者ときて居るので聴く者をしてそぞろに胆をば奪ふのである、此人にして此伎価が有るとは誰れか感服せない者はない、処で居士が最も諷諭して居るのは常盤津の釈迦八期記、清元の山姥、長唄の勧進帳京鹿の子などであると云ふ話である。
 
 
3・・・入院中の小山師の病を苦にす
 
 凡そ物に栄枯盛衰のあると同じく、人にも亦栄枯盛衰の期があり、健不健の時がある、神ならぬ生物の常則として免かるべからざることである、
 
所が此小山も元来活撥で健田不吊の男であるが如何に剛の者だと云って病には打勝れない、遂に頚部に一塊物を発して赤十字社病院に入院することになった、暫らくの間医者の厄介となり病院の粋客となって居ったが全々不治の病気と定まって居ったので全快する等がない、
 
此世と縁切れをすることになったのは気の毒に堪えへぬのである、所が彼れは入院中、日夜兆民先生の病ひを気にして見舞ふ人毎に乃公は宜いが先生の病気がと云ふ事計りを口にして居った、すると先生の方でも小山の病気を心配して何卒余の疾の如く不治症でなければ宜いがと物語られたさうだが、之れでこそ兵に師弟の本分を尽した者である。

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(430)★「山本太郎の<平成天皇手紙事件>を見て、日本の民主主義政治社会はどこまで、成熟したのか

   日本リーダーパワー史(430)   …

no image
世界が尊敬した日本人★★<1億人のインド不可触民を救う仏教最高指導者・佐々井秀嶺 >★

  世界が尊敬した日本人    1億人のインド不可 …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

By: Anton Strogonoff
『リーダーシップ・無料電子図書館を読む』―宰相「伊藤博文公」(国民新聞編、1930年刊、94頁)

『リーダーシップ・無料電子図書館を読む』― 「知行合一」『文武両道』で鍛錬し、書 …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史③』150回連載の31回~40回まで』●『『アジア・太平洋戦争全面敗北に至る終戦時の決定力、決断力ゼロは「最高戦争指導会議」「大本営」の機能不全、無責任体制にあるー現在も「この統治システム不全は引き続いている』★『『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)が語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史③ 』1 …

no image
日本リーダーパワー史(625) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑲『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat Policy)の威圧デモを 繰り返し日本は震え上がる。 尖閣、南沙諸島をめぐる中国軍の行動パターンは 昔も今も変わらない。

  日本リーダーパワー史(625) 『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat P …

no image
日本リーダーパワー史(365)<まとめ吉田茂について>戦後日本政治の基礎・自民党をつくった大宰相の功罪

 日本リーダーパワー史(365)   <まとめ・吉田茂につい …

no image
日本風狂人伝(25) 日本一のガンコ、カミナリオヤジ・内田百閒 のユーモア

日本風狂人伝(25) 日本一のガンコ、カミナリオヤジ・内田百閒 のユーモアじゃ …

no image
日本リーダーパワー史(120) 明治の2大国家参謀とは誰でしょうか!?・驚くなかれ、杉山茂丸と秋山定輔だね

日本リーダーパワー史(120)  明治の2大国家参謀とは誰か・杉山茂丸 …

no image
日本リーダーパワー史(166)『山岡鉄舟の国難突破力⑤『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』

日本リーダーパワー史(166)   『江戸を戦火から守った山岡鉄舟の国 …