前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(2)「白蓮」燁子―物質的に輝くが心の寂しさは?」(東日)

      2015/01/01

 


「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮
事件(2)

 

 


NHK
連続ドラマ「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件はどう描かれたか・


NHKの朝ドラ、歴史大河ドラマは母と妻はよく見ているが、私はほとんど見ていない。

つまらない以上に、歴史的なリアリティー≪その当時の映像再現、風俗、
人間関係、服装、生活、言葉使い、表現、背景など描き方のすべて>
が抜け落ち、キレイにきれいにウソだらけのドラマ仕立てになりすぎて、

歴史を少しでもかじった人間や体験した年寄りには、ここも違う、

あそこも嘘だねと、違和感を覚えて、腹が立ってくるので

見ないのである。

 

 「官兵衛」も「花子とアン」もしかり。


「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件は大正デモク

ラシーのエポックを告げる事件である。

明治維新後、一応士農工商は廃止され、四民平等になったとはいえ、

実質上は天皇制の立憲華族主義の実態、日本の旧弊の家族制度、

男尊女卑、女性差別、公娼制度、男女自由恋愛の御法度など

封建的身分制度、きびしい男女差別、女性の非参政権は

1945年(昭和20)8月の全面敗戦によって、米国に大改革される

までは、日本人の手によって民主化、獲得することは

できなかったのである。

「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件では、日本の

近代的な負の部分、柳原白蓮が戦ってきた封建的な

男女差別、身分制度、公娼制度、女性の就職口といえば

女工哀史か、女給や女中位しかななかった影の部分に

このドラマはほとんど光を当てていない。

BSによる海外のドキュメンタリーやドラマ
と比較するとNHKや韓国ドラマもそうだが。ディレクター

に歴史的、民主的な的な視点が欠落しているの

ではないかと思う。

華族とはいえ妾の子にうまれて「不幸な差別された人生を

送った柳原白蓮は大正デモクラシーの一端に触れて、社会の影

で抹殺されていた男女差別の実態、人権蹂躙に

目覚めて、西欧社会ではすでに獲得されていた

人間の平等、自由、権利の主張に立ち上がったのである。

当時の新聞、資料でその影の部分をそのまま紹介する。

                          

   前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

 

柳原白蓮

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%8E%9F%E7%99%BD%E8%93%AE

 

白蓮事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%93%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

女たちの近代  柳原燁子と「白蓮事件」 – Biglobe

http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/an/01.html

 

 

1818年(大正758日付「東京日日新聞」(現毎日)

 

「白蓮」燁子(あきこ)――物質的に輝くが心の寂しさは?

 

 

〔東日〕 白蓮ー女こゝろ死にたる尼性と誰が知らう。

 

伊藤氏は遠賀川に棹さして、上り下りに日を過してゐた人、それが山を掘当てゝ今では百萬長者、さればにや、無筆の政界で名代の「着炭」といふ渾名(あだな)は、彼が名を欲するこころから代議士とやらんいふものに出た。その時生み出した渾名。

 

 蔵内治郎作氏が「蔵内着炭」といふ名を付けてゐるのは、実は伊藤傳右衛門氏の誤りなのである。華族から後妻が欲しい-名に焦れてゐる伊藤氏の子供のやうな望みは遂げられた。

 

当時金が積まれたからだとか、何彼と口うるさい取沙汰があったが、とにかく燁子は伊藤家の夫人として豊前幸袋の邸にいったのであった。

 

金銭のことはいざ知らず他に於て、伊藤氏が多くの條件を容れたのは察するに難くはない。

 

 物質的には燁子は幸福であった。本邸は新築され一福岡や別府には別邸も出来た。しかし燁子は寂しかった。

 

 心の上の塩、心からの友はまるでなかった。いやあったかもしれない。彼女の歌には、戀を戀ふこころと、死のやうな寂しさと、その寂しさの中に反抗した気ごゝろとが現されてゐる。

 

 その戀うたの何といふ哀しさぞ。夫傳右衛門氏とは心の上の交りはさらさらない冷たい家庭の有様が歌にされた。

 

 そして自分は犠牲である、自分の體は御供へ物であるといふ、呪詛の歌も多く詠まれた。

 

幸袋付近の人々には燁子が羨望の的であった。世を身を捨てゝかかってゐる生活は豪奢の極である。

 

いや、郷党はかりではない、

鉱業家としての交際から、伊藤夫人は北九州一園の社交界に輝き出した。しかし郷里の人々は輝き、眩く夫人に対して「いなご」の渾名を奉った。それは體が痩せて「いなご」のやうだといふのから出たらしい。何といふ失礼な人々であらう。輝く人に対して。

 

 しかし、美人は悧巧であった。人の悪口など意にとめない。(いや今以て知らぬかもしれぬ)郷里の人々の為に実科女学校を建てゝやることを夫にすゝめた。

 

傳右衛門老人は唯々として無論のこと、立派に学校は建てられた。

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
   日本メルトダウン( 970)トランプ次期大統領が決定ー『トランプ氏、クリントン氏に番狂わせの勝利-国民は既成勢力拒否』◎『「TPPは死んだ」 米専門家、トランプ新大統領に懸念』●『  在日米軍の撤退「想定はしておかないと」防衛相経験者』●『クリントン氏の敗因は?、全ての層でオバマ氏得票を下回る』●『中国、実は「トランプ大統領」を歓迎? その理由は・』

                   日本メルトダウン( 970) トランプ次期 …

no image
世界リーダーパワー史(942)米中間選挙(11/6)の結果は!下院、上院とも民主党が奪回するのか

世界リーダーパワー史(942) 米中間選挙(11/6)の結果は!下院、上院とも民 …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

 ★『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8) 「北 …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 &nb …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

no image
日本リーダーパワー史(859)「アメリカ初代大統領・ワシントン、イタリア建国の父・ガリバルディと並ぶ世界史の英雄・西郷どん(隆盛)ー奴隷解放に取組む」★『奴隷解放』のマリア・ルス号事件がある。

  「世界史の英雄・西郷どんー奴隷解放に取組む」                 …

no image
日本リーダーパワー史(44)国家戦略・リーダーシップ・インテリジェンスの日露戦争と現在の比較論①

  日本リーダーパワー史(44)   国家戦略・リーダーシッ …

no image
日本リーダーパワー史(389) 「ニコポン、幇間」ではない、真の「人間学の 大家」「胆力のあった」桂太郎の実像

  日本リーダーパワー史(389)  「ニコポン、 …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(212)>『エアバッグのタカタが1兆円の倒産』★『Takata Saw and Hid Risk in Airbags in 2004, Former Workers Say – NYTimes.com』★『本件は、日米のジャーナリズムが誰の味方をしているか?が明確に現れた深刻な事件です。 本当に情けないの一言です。』

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(212)> Takata …