前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(593)『安倍外交への提言(2)「 明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの台湾統治の成功―そのしたたかな英国流の「植民地統治外交術」に学べ

   

日本リーダーパワー史(593) 

『安倍外交への提言(2)

 明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの

台湾統治の成功―そのしたたかな英国流の「植民地統治

外交術」に学べ

前坂 俊之(ジャーナリスト)

安倍晋三首相は22日から28日まで中央アジアのトルクメニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、キルギス、カザフスタンの計5カ国を歴訪する。経済団を引き連れての資源外交であり、中国の「一帯一路」シルクロード経済ベルト構想」政策にくさびを打ち込む狙いだ。

安倍首相:22日からモンゴルと中央アジア5カ国を訪問

http://mainichi.jp/select/news/20151021k0000m010058000c.html

中央アジアで安倍氏を待ち受ける新たな現実

http://jp.sputniknews.com/opinion/20150716/589416.html

安倍政権誕生と同時に高らかに打ち上げた「『地球儀外交』なるものの、この3年間結果は惨散たるもの、肝心の中国、韓国,北朝鮮には首脳外交は展開出来ず、その周辺をグルグル周遊している状態で、地球儀外交どころか、アジア近隣非外交(害交)であろう。

これは安倍首相の「中国・韓国・北朝鮮」と友好な関係を築きたいという真意が、歴史認識問題、戦後70年問題などを逆手に取られて裏目に出た結果であり、各国が心血を注いで国益を守るしたたかで、虚偽、ダーティーな手法、恫喝、威嚇、札びら外交など,なんでもあり外交、あの手この手、猫の手外交戦に負けているということだ。

ちょうど、現在、それこそ地球儀の裏側のロンドンで、習近平外交が英国の国賓待遇、議会演説、エリザベス女王主催の歓迎パーティー、の最大級の歓迎の中で「英中蜜月時代」を演出、中国お得意の『遠交近攻外交』と計5兆円付のビックリボーナス外交を展開している。

英国:習主席迎え夕食会 女王「野心的な高み」と歓迎http://mainichi.jp/select/news/20151022k0000m030009000c.html

 

習主席訪英:「英国は経済重視…人権問題の優先順位低い」

http://mainichi.jp/shimen/news/20151020ddm007030036000c.html

 

習近平主席訪英の思惑――「一帯一路」の終点

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-4001.php

 

中国、イギリスへの原発3機の輸出で最終合意・総工費は300億ポンド

http://www.businessnewsline.com/news/201510210730420000.html

 

晩餐会で「抗日」「日本の残虐性」を強調、演説で口にした中英以外は「日本」のみ 法による統治は中国初?

http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210054-n1.html

 

「英国記者が日本侵略者の暴行暴く」「中国の4大発明が英国の発展開く」……習近平主席・晩餐会スピーチ全文

http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210057-n1.html

 

中国GDP成長率「本当は3%」米英メディア“暴露” 中国の統計は幻想 (1/3ページ)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151021/frn1510211140001-n1.htm

 

「多強一弱」なぜ、安倍外交は完全に行き詰まったか

http://president.jp/articles/-/16230

  

対ロシア外交に独自色強める安倍首相の意欲と誤算

http://www.nippon.com/ja/column/g00306/

 

「安倍外交」を象徴 外務省の衝撃人事 (1/2ページ)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20151020/plt1510200830001-n1.htm

 

中国古来からの「遠交近攻」外交、札束外交そのものだが、それにしてもかっては人権外交を掲げた『世界植民地経営外交術』の第一人者・英国外交の中国マネー欲しさの180度の大転換、テイタラクぶりには驚く。

それ以上に、外交の要諦とは戦争ではなく、貿易、通商であるという英国流の何でもあり「軍事力・通商外交」のしたたか外交に驚く。「平和外交」「国連外交」1点張りの日本外交にもこの手の直球・スローカーブばかりでなく、それこそ『戦略サプライズ、変化球、打率3割の外交」が求められる。

中国流の外交幻術ー清国にダーティーなアヘン戦争を仕掛けて、中国を植民地化した英国に対して、そこには目をつぶり女王主催のパーティーのスピーチで抗日戦の日本をやり玉にあげる中国流の「謀略外交」「秘密外交」「敵の敵は味方」などなど、そのあくどい外交の数々は、今日たまたま古本屋でみつけた「日清役後の支那外交史」(矢野仁一著、東方文化学院京都研究所、1937年、700P)に驚くほど詳細に語られている。

日清戦争後の「3国干渉」をさせるために中国がいかにロシア、ドイツ、フランスに執拗な外交工作して、下関講和条約をつぶしたか。戦争には全く弱い中国は、『舌先三寸』「針小棒大」の口先謀略外交、小切手外交では日本の何倍もの狡知なのだ。

この内容には、後藤新平のあとにの後に連載する。外務省、国家戦略室はこの本の概略を早速、ブリーフィングすべきであろう。

では、前置きが長くなったが、本題の『安倍外交への提言(2)<明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの台湾統治の成功―そのしたたかな英国流の「植民地統治外交術」に学べ>に入る。

<以下は鶴見祐輔『後藤新平決定版後藤新平③台湾時代、藤原書店、2005より>

「児玉源太郎総督をして、台湾統治の最初にあたり、統治方針の声明を差し控えさせたことは、後藤新平の台湾統治政策の第一の成功であった。

では後藤はなぜに児玉総督に、施政方針の演説を思い止まらせたのか。それには2つの理由があった。

その第一は、植民政策の要諦は、不言実行にあるということだった。   

民衆を承服させるものは、言葉にあらずして行いである。名にあらずして実である。この点、民衆というものは、案外に敏感である。いかに美辞麗句を羅列して、千言万語を連ねても、実現せざる政策に対して、民衆は馬耳東風である。したがって新任者の施政方針声明なるものは、多くの場合,新任者に自己慰籍(いしゃ)にすぎない。しばらくは沈黙を守り、その間に、最も手近にあって、容易に着手しうる緊急の問題を、片ッ端から片付ければよいのでる。

「今度の当局者は、黙ってはいるか、やることはやるぞ!」-このウワサはすぐ伝わり、信頼が民衆の間に起こって、初めて統治政策の実行に権威を生ずるのである。生来、豊かな政治家的本能に恵まれていた後藤は、はやくもこの真実を観破していたのだ。

 その第二の理由は、もっと深淵なる根底の上に立っていた。それは総ての植民政策は、その植民地の民度、風俗、習慣に従わねばならぬという原則であった。それを後藤は独特の「生物学」という名前で表現した。                                                    

 およそ政治の対象は、概念にあらずして社会にある。ゆえに、いかに巧緻なる政治理論および法律理論を案出すといえども、それが、それを運用すべき時代社会に適合せざる場合には、三文の価値もないばかりでなく、巧緻なれば巧緻なるだけ、それだけ有害である。すなわち政治の基礎は、常に、対象たるべき社会の徹底的なる研究と、正確なる認識の上にあらねばならぬ。

これはすべての政治に共通なる原則であるが、ことに植民地のごとく、あらゆる点において、母国と客観的情勢を異にする土地については、しらくの間は忘れてはならない鉄則である。

後藤が赴任後ただちに「生物学」を説き、台湾統治の根本義を、旧慣調査に置いたのは、そのためであった。

この後藤流の台湾統治は成功し、日本流を頑迷に押し付けた『韓国統治」は失敗した。

以上のように、日本政治の根本的弊害の1つは、法律制度のみを中心とする形式的政治である。

それは日本の官僚政治家の大部分が、法律科出身に占められていることに由来する。

ことにこの弊害は、植民地経営について、母国の法律的尺度を、そのまま適用せんとする場合、最も有害に作用する。ゆえに従来の台湾統治の失敗の大半は、この点にあったと言ってよかろう。しかるに日本は、初めて、科学を基本とする政治家を見いだした。これが後藤の、日本政治史の上に独特の地位を占むるべきゆえんであるが、同時にまた、後藤が台湾および満洲の経営に、特に顕著なる成功を収め得た理由でもあった。

つづく

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(880)-『明治裏面史』★『幕末から明治の日露戦争勝利までの約50年間は「西郷隆盛・従道兄弟政権時代」であり、日本大発展の『坂の上の雲」を築いた。

  日本リーダーパワー史⑤ 明治以来、最高のリーダーは誰だ!?西郷従道 …

no image
日本リーダーパワー史(707) 安倍首相の<多動性外交症候群>『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し てはならない②『日露首脳会談】プーチン氏、北方領土で日本マネー取り込み「愛国機運」背景に軟化の余地なし』●『北方領土「新たな発想」、局面打開の具体策は見えず「この3年、何も動かず」露ペースに懸念』●『なぜ今、日露首脳会談? 実現に意欲の安倍首相、大局的な狙いを海外メディアが考察 』

日本リーダーパワー史(707) 安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し …

no image
日本リーダーパワー史(700)日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したかー<長崎水兵事件(明治19年)ー『恐清病』の真相、 この事件が日清戦争の原因の1つになった>

日本リーダーパワー史(700) 日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国 …

no image
日本リーダーパワー史(728)ー1945(昭和20)年8月『終戦』での最も感動的なスピーチー『出光佐三の『玉音を拝して』(8/17)『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』●『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

日本リーダーパワー史(728) 記事再録ー日本リーダーパワー史(179) 『国難 …

no image
日本リーダーパワー史(223)『日本の政治家で最も少ないグローバルな戦略をもった経済政治家の先駆者―山本条太郎』 

日本リーダーパワー史(223)   <三井物産の中興の祖・山本条太郎> …

no image
日本リーダーパワー史(945)ー『日中関係150年史』★『日中関係は友好・対立・戦争・平和・友好・対立の2度目のサイクルにある』★『日中平和友好条約締結40周年を迎えて、近くて遠い隣人と交友を振り返る」★『辛亥革命百年の連載(25回)を再録する』⓵

『辛亥革命百年の連載(25回)を再録する』⓵     &nb …

no image
日本リーダーパワー史(98)『幽翁』伊庭貞剛・大住友精神を作ったその禅による経営哲学(リーダーシップ)

日本リーダーパワー史(98) 『幽翁』伊庭貞剛・住友精神を作った経営哲学     …

ダウンロード
終戦70年・日本敗戦史(137)1932年(昭和7)のロㇲ五輪の馬術で優勝した国際人・西竹一は陸軍内では左遷に次ぐ左遷で『戦車隊長」で硫黄島に配属、玉砕した。

終戦70年・日本敗戦史(137) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
日本リーダーパワー史(838)(人気記事再録)-『権力闘争対メディアの戦い』②★『日本政治史の分岐点・5・15事件 での犬養毅首相、ジャーナリスト・ 菊竹六鼓から学ぶ➀』

2010年10月17日の日本リーダーパワー史(94) 日本政治史の分岐点・5・1 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日中韓衝突のルーツ➉』記事再録/中国紙『申報』からみた<日中韓のパーセプションギャップの研究>』⑦『1883(明治16)年3月5日付「申報』の『琉球人の派閥分裂を諭ず』』

2014年6月30日『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパ …