前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界リーダーパワー史(928)-『「アメリカ・ファースト」から「トランプ・ファーストへ」」★『トランプの仕掛ける世界貿易戦争勃発』、第一ターゲットは対中国、第2ターゲットはEU・NATO同盟国、日本も第3ターゲットに?』★『1945年後の米国1国支配の国際秩序の崩壊へ』―「トランプ・ファースト」へ

   

 

米中貿易関税戦争勃発―「トランプ・ファースト」へ

コミー前FBI長官はその回顧録で「トランプ大統領はニューヨークで検挙したマフィアのボスの態度そっくりで、ボスへの忠誠心が組織の絶対の掟となっている」と批判した。

そのトランプ対金正恩の「仁義なき戦い」(米朝首脳会談(6/12)篇)は「トランプ氏の大失敗、金正恩の大成功、中国の大喜び、一番割を食ったのが日本」と世界メディアは酷評した。

続く「仁義なき戦い」第2弾の習近平・中国との貿易関税戦争が7月6日に勃発、トランプは中国の知的財産権侵害を理由にハイテク製品に制裁関税25%を課した。

7月20日、トランプは「われわれは不公平を正す。中国には単年で5700億ドルもの赤字があり,これはアンフェアだ。だからこの先、(中国からの輸入品)5000億ドルまで、追加関税をかけていく」とテレビ会見で吠えた。

第3弾の「ロシア篇」、ロシアの独裁者プーチンとの決闘が7月16日にヘルシンキで行われた。トランプは「ロシアによる大統領選挙への介入はなかった」と会談後の記者会見で述べたが、共和党の一部からも「国家に対する反逆だ」と大ブーイングを浴びて翌日にはあわててその発言を訂正した。相変わらずの迷走、脱線ぶりだ。

さらに第4弾は同盟国への「仁義なき戦い」の開始である。米ロ首脳会談に先立つNATO首脳会議ではトランプは加盟国に対し、「GDPの2%を国防費に充て、最終的には4%にすべきだ」と大幅な国防費の増額を要求した。

「読売新聞(7月5日付)で、フランシス・フクヤマ氏(国際政治評論家)は「G7でトランプは、米国の緊密な同盟諸国の全てに貿易制裁の脅しをかけた。トランプ氏の「アメリカ・ファースト」の世界は、実は「アメリカ・アローン」(米国独りぼっち)の世界なのだ」

「アメリカ・アローン」(米国独りぼっち)の世界へ

米ニューヨーク・タイムズ(6月15日付)では、国際戦略研究所(IISS)コリ・シェイク副理事長は「いまから数十年後に二〇一八年六月を振り返ると、あれが世界史の曲がり角、すなわち自由秩序の終わりだったと思うだろう。」と述べた。

 

以上のトランプの全面戦争は、単なる米中の関税・貿易戦争ではなく、両国の熾烈な覇権争いであり、新国際秩序(経済と国力を定めるルール)の再定義をめぐる戦いなのである。

 

そこでトランプが最大のターゲットにしているのは中国・習近平である。習近平は今年2月の全人代で連続2期10年という国家主席の任期を撤廃し、盟友の王岐山を国家副主席に抜擢し史上初めての「永久国家主席」の地位につき、「独裁体制」を築いた。メディアも完全に制圧し、習近平賛美のプロパガンダ映画『すごいぞ、わが国』を上映、毛沢東流の個人崇拝を強要し、外交政策は「習近平思想」一色と化している。

さらに長期戦略「一帯一路」の広域経済圏構想を掲げ、中国の貿易輸出国をユーラシア大陸のほぼ全域から、アフリカ、その他地域に至るまで73カ国へ拡大した。それを全面金融支援する「AIIB」(中国が主導するアジアインフラ投資銀行)や「中国製造2025」(建国100周年にあたる2049年に「世界一の製造強国となるという産業高度化の長期戦略)で米、西欧主導の国際秩序に対抗しており、隣国との領有権問題で紛争が絶えない南シナ海で軍事プレゼンスを拡大、強化してきた。

中国を自由貿易圏の仲間に加えれば、共産主義的政治体制は民主的に改革されると歴代米政権は対中政策を緩和してきたが、それが全くの裏目に出た。トランプはそれに堪忍袋の緒を切って反撃に出たのである。

特に、「中国製造2025」で、日米欧が特に警戒するのは航空や産業用ロボット、半導体、ハイテク分野の基幹部品や基礎材料での自給率を「20年に40%、25年に70%」に引き上げて、2049年に「世界一の製造強国」をめざし、米国を凌駕することを習近平が明言したことで、トランプはこれに激怒して、全面的にストップをかけるために知的財産権侵害の制裁を発動したのである。

習近平は6月の会議で「米国も衰退期に入り、いずれ中国の時代が来る。ただ、現時点では米国の方が強大だ。周辺国や発展途上国と連携して国を高め、機が熟すのを待つ」という内容の発言を行った。

鄧小平の「韜光養晦」(とうこうようかい)「才能を隠して、内に力を蓄える」との抑制的な外交姿勢をとるように訓示したという。

こうした習近平独裁体制のおごりへの批判が外国からはもちろん国内の1部からも出始めた。

このため、習近平は戦術変更したのか、外交当局はこの「韜光養晦」という言葉を盛んに引用し、引き締めを図っているという」(日経7月11日付)

今、トランプが最も気にしているのは「ロシアゲート事件」であり、モラー特別検察官の追及でトランプ陣営の選対本部長が収監されるなど捜査手が身辺に近づいていることだ。

ワシントンの知人の情報では米中間選挙(11月)の結果は、「トランプが勝利するだろう」という。別の識者は「ロシアゲート事件の起訴によりニクソン大統領の二の舞になる」ともいう。さて、一体どうなるか。トランプマジックショーから目が離せない。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<裁判員研修ノート③>全告白『八海事件の真相(下)』<昭和戦後最大の死刑冤罪事件はこうして生まれた>③

  全告白『八海事件の真相』(下)   <死刑冤罪事件はこう …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(40)『北朝鮮が崩壊すると難民が日本に押し寄せる 「巨大なテロリスト」への臨戦態勢が必要だ(池田信夫)』●『北朝鮮の暴走は第二次朝鮮戦争の前触れだ 潮 匡人』●『アメリカ側の専門家5人が語る中国の覇権に向けた新展開』(古森義久)『 ポスト習近平」を巡る中国権力闘争は今が佳境(金子秀敏)』●『 中国がピリピリ、「花夫人」とは何者なのか 習近平政権下で強まる言論への規制』

日中北朝鮮150年戦争史(40)   北朝鮮が崩壊すると難民が日本に押 …

no image
「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(55)『(日清戦争開戦10日目)-イギリスは中国の勝利に期待」

     「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓『開戦2ゕ月前の「申報」の報道ー『中国が日本を頼りにロシアを拒む説を試みに述べる』★『日中同盟そうすることでアジアが強くなり,欧米各国が弱くなる』●『日本と中国はロシアの近隣であり.ロシア人はすきあらば襲いかからんと狙っていた』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉓ 『開戦2ゕ月前の「申報」 …

no image
速報(197)『日本のメルトダウン』 ●『2012年、世界経済に垂れ込める暗雲』●『1930年代の教訓:行く手に潜む落とし穴』

速報(197)『日本のメルトダウン』   ●『2012年、世界経済に垂 …

no image
女性学を切り開いた稀有の高群逸枝夫妻の純愛物語

 「国文学」09年4月号に掲載     <結婚とは死にまでい …

no image
速報(77)『日本のメルトダウン』☆緊急提言『放射能阻止戦争に統合作戦本部と特攻隊を結成せよ」山田恭暉氏インタビュー動画

速報(77)『日本のメルトダウン』 ☆緊急提言『放射能阻止戦争統合作戦本部と特攻 …

no image
司法殺人と戦った正木ひろし弁護士超闘伝⑪」「八海事件の真犯人は出所後に誤判を自ら証明した(下)」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言集(17)『浮利に走って軽進すべからず』(広瀬宰平)『船は沈むが、株は沈まない』(野村徳七)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集(17)            前 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(130)』『終戦70年を機に、なぜわが父は戦死したのか、日本近現代の戦争史を勉強中』その最上のテキストは藤原彰氏の歴史書ー理性よりも遥かに非合理性を尊んだ戦前日本の反知性主義

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(130)』 『終戦70年を機 …