前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(126)『野上弥生子』(99歳)「私から見るとまだ子供みたいな人が、その能力が発揮できる年なのに老いを楽しむ方に回っていてね」

      2018/11/01

 

 知的巨人たちの百歳学(126)

『野上弥生子』(99歳)の95歳の時の証言ー

『私は、自分で本当に自信のあるものはほとんどないの

『もう私は95歳でしょう、私なんかから考えると、まだ子供みたいな人が、いろいろ老いを楽しんでいてね、まだまだその人の能力が発揮されるに違いないと思うのに」

 

野上弥生子の『山荘閑談』(『図書』1985年6月号)」より転載させていた。

この談話は『野上彌生子』発刊直後の一九八〇年七月八日、北壌井沢の野上山荘で収録したものである。聞き手は毎日新聞社学芸部松本享子氏と小社全集編集部宇田健である。

 -この6月から先生の全集が出はじめましたけれどども、明治四〇年から今日まで長い間の先生のお仕事がはじめて集大成されるわけですね。

 

私は、自分で本当に自信のあるものはほとんどないのと、長い間に書いた、初めのものは何としても幼稚でね。全集といったものを世に送る勇気なんでないんで、もし私が、校正から何から自分で目を通さなければならなかったとすれば、片っ端から直したくなったでしょうね。本にしたくなくなって、「もうやめましょう」ということに、きっとなったと思うんですよ。

ところが幸か不幸か、私がこの通りに、どうやらボケはしないっもりでいるんですけれども、目だけは、皆さんにお目にかかったって、ほかの方と見間違えたりして、そんなものですから、校正から何か目を通すことは初めっから諦めたんですの。

書くときは私は一生懸命で、自分のできだけの精魂を尽くして、その点は自分で出鱈目はしなかったと考えているんですけれどやいくらその人が一生懸命書いたところで、書いたものというのは、その人の才能によるわけですから、思うようにいくときもあれば、どうも思うようにいかないときもあるし。

しかし、とにかく何でも約束して、そのために書きなぐったということはしなかったつもりなんですよ。

もう私は95歳でしょう、この頃,テレビなんか見ても、絶えずお年寄りのことが問題にされますよね。結構なことだと思うんだけれども、私なんかから考えると、まだ子供みたいな人が、いろいろ老いを楽しんでいてね。

まだまだその人の能力が発揮されるに違いないと思うような人が、だんだん楽しむほうになっちやって……。

よく笑い話にするんですけれども、95歳の現役作家なんていう人がヨーロッパにもあるのかしら、と。ないとすれば、それだけがとりえだろうと。嫌な仕事はしないという我ままがゆるされたのは私の幸せだったんですから、それを何とか生かさなければと思って。

 ——-母親として子育ての仕事をなさりながら、一方で作家活動をつづけられたというのは大変ご苦労だったと思うのですが・・・

でもね、ほっつき歩いているようなことをしなければ、十分にできますからね。

私はドイツ語なんかは子供と一緒に始めたんですよ。法政に関口(存男)さんというドイツ語の達人がいて、その人の教科書を用いて、そして法政のドイツ語の先生が家庭教師に来てくれて、子供が大学に行くとドイツ語は、をうやって始めたわけ。

それで「母さんも」と、一緒に始めるのね。関口さんは文法をとってもやかましく言うものですから、

四、五年年前、フランス語をやろうと思って、テレビのフランス後の先生で、半分役者かなんかの、アンリ・バタイユという人ですか、あの人がとても上手で、やりとりがとてもお芝居がかっていて面白くて、あれで私はフランス語をずっと。

そうすると今度はまた欲が出て、中国語をテレビや勉強して、それが体に、目だか何かにさわって、それでもう……。

―何にでも興味はあるんですよ。それでもこの頃は新聞でも活字の羅列でね。いままでは午前書けば、午後は読書と決まっていたのに、いまの私はそれができないでしょ。だから、まとまったものをほんとにじっくり読むということがなくなって…利子生活よ、その意味では。

 

いまは何時頃にお目覚めなんですか。

もとはとても早くて六時頃には起きてたんですよ。子供たちを学校へやるから一一緒に食事をして、すっかり全部していましたけれどもね。いまはもう自分一人でわがままできますから、寒いときは八時までも寝ていますよ。

 

————毎日原稿2枚をお書きになるそうですね。

2枚いけば上等。そしてあけの日は、また消しちゃってね。消すんじゃなくて、張り紙をするの。私は万年筆だけれどもインクを使うので、インクの壷と糊の瓶をおいてあるのよ。

ときどきペンを糊の瓶につけることあるので、そばにはそれを拭くきれをちゃんと置いておかない〟二、三字でも消すのは嫌で、小さい.ハサミがあって、その通りに、きちんと張り紙するの。茂吉郎が糊を買ってくれる役目なんだけれども、私があんまり使うので、「母さんは糊なめるんじゃないですか」と、ときどきそんな冷やかし言うくらい。

 

 ー-『迷路』は二〇年間にわたって書きつがれたのですが、構成が建築のようにきちんとしていますね。基盤がしっかり作もれている、その土台の秘密は何なのだろうと考えるのですが……。

それはね、書いている間に必然性というものができるでしょう。その必然性の追求というものをどこまでもやっていけば、下に土台を据えれば、どうしたって壁が必要だしその壁をつくろうとすれば丈夫な壁にしたいし、またその壁にどんな彫刻を施そうかというふうに、そうしなければならないようにしていけば、自然にできあがるんじゃやないですか。

土台なまず据えつけるということは、必要ですけれども。だからいまもう一度それを書けと言われても私にはできない。

私は実際、本当に自信ないのよ。いっぺん満足して、威張ってみたいけれども。どうやらものになっているというのは『秀吉と利休』あたりしかないんじゃないでしょうか。

私は、女性の作家なんていうポーズができなかったのよね。だって部屋だってありやしないから。子供たちが学校へ行くと、その後の部屋を占領しかり、主が留守になれげその審斎を使ったり……。だからその当時よく、立派な書斎できちんと座って書いていらしたりする女の方なんか見ると、うらやましかった。

あの頃ちゃんとした書斎を縛っているのは紅葉とか鏡花、鴎外ぐらいなものでしょう。漱石先生の書斎だって子供たちがわあわあ騒いでいたりして…〕

だって先生の書斎は客間よ。先生の書斎は客間で、先生が書きものをなさるところへ、お弟子さんだってお客さんだって通すのよ。

百歳学入門(22) 作家・野上弥生子(99歳)の最期まで書き続ける努力

『今日は明日よりより善く生きる』

www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/3366.html

 - 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(91)『ビデオYoutube,カヤックフィッシングで釣った魚をおいしく食べて、 生き急ぎ、死に急げ』

 百歳学入門(91)   「死ぬまで生涯現役だよ」 -ブログ …

no image
日本リーダーパワー史(287)タフネゴシエーターの大隈重信①英国のパークス公使と堂々と対決して、議論に勝った30歳の大隈

日本リーダーパワー史(287)   <外交ディベート、タフネゴシエータ …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(667) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(49) 「日本の『インテリジェンスの父』川上操六参謀次長が密命して、シベリアに送り込んだ『日本の007、満州馬賊隊長の花田仲之助」

日本リーダーパワー史(667) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(49)   …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(193)記事再録/<クイズ>-今から160年前の1860年(万延元年)2月、日米通商条約を米ホワイトハウスで批准するため咸臨丸とともに米軍艦の蒸気船『ボーハタン号』で太平洋を渡たり、全米の女性から最もモテたイケメン・ファースト・サムライはだれでしょうか?!

    全米女性からラブレターが殺到したファースト・サムライ …

no image
百歳学入門(62)「財界巨人たちの長寿・晩晴学①」渋沢栄一、岩崎久弥、大倉喜八郎、馬越恭平、松永安左衛門―

百歳学入門(62)   「財界巨人たちの長寿・晩晴学」①  ―渋沢栄一 …

1111

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(89)』   「正月 …

no image
日本リーダーパワー史(39)『日本敗戦の日、森近衛師団長の遺言<なぜ日本は敗れたのかー日本降伏の原因>

日本リーダーパワー史(39) 『日本敗戦の日、斬殺された森近衛師団長の遺言 &n …

no image
日本メルトダウン(993)―『韓国の危機はまだまだ続く、政治スキャンダルで国がまひ状態―海外メディア』●『白人支配の幕引き役となるトランプ新大統領 ―エバンジェリカルズが勝利した「最後の戦い 』●『香港:中国の新たなチベット (英エコノミスト誌 2016/11/12)』●『日本人駐在員も悲鳴、猛烈バブルが続く上海 「このままでは上海に人が住めなくなる」●『共産党の「核心」になっても続く習近平の権力闘争― “誰も挑戦できない権威の象徴”ではなくなった核心の座 』●『トランプノミクスで日本企業に円安の神風、世界は財政拡大へ』●『九州の相撲ファンをうならせた…石浦って何者? 最軽量で敢闘賞』

日本メルトダウン(993)   韓国の危機はまだまだ続く、政治スキャンダルで国が …

24218556654a52a56386131.06020478734199268
『リーダーシップの日本近現代史』(309)★『コロナパニックは世界大恐慌に突入寸前か!』★『日清、日露戦争の勝利で国難突破力を発揮した 明治の インテリジェンス』★『児玉源太郎は日露戦争直前のクロパトキンの日本敵前視察、恫喝には包み隠さず、一切合切すべてみせろ』と指示した』

    2017/04/20 &nbsp …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …