前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(132)』「今回の諸問題は、VWの役員会議室の中でスタートしている」(ニューヨーク・タイムズ」(9/25)

   

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(132)』

『独 フォルクスワーゲン の排ガスデータ捏造問題ー

「今回の諸問題は、VWの役員会議室の中でスタートしている」

【ニューヨーク・タイムズ」(9/25)

「VW株主総会の議決権の大半は、ポルシェ一族の少人数が握っており、CEO等役員の任免の主導権を持っている」

「排ガス規制も、アメリカの基準の方が可笑しい、と言わんばかりの態度、電気自動車も石炭火力の電気では環境対策にはならないのではと、独断的な意見が横行していた」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Problems at Volkswagen Start in the Boardroom – The New York Times‏  

http://www.nytimes.com/2015/09/25/business/international/problems-at-volkswagen-start-in-the-boardroom.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=first-column-region®ion=top-news&WT.nav=top-news <http://www.nytimes.com/2015/09/25/business/international/problems-at-volkswagen-start-in-the-boardroom.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=first-column-region&region=top-news&WT.nav=top-news>

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

VWの排ガスデータ捏造の件、早速 NYT のキツイ一発が出ています。
こういう多彩な分析が、日本の媒体からすぐ出て来て欲しいものです。
まあ、無い物ねだりですね?

要点は、
1)先ず表題にある様に、「今回の諸問題は、VWの役員会議室の中で
スタートしている」と言う。
2)VWの株主総会における議決権の大半は、歴史的な経緯から、今も
グループのポルシェ一族の少人数が握っており、CEO等役員の任免
の主導権を持っている。特定大株主の一存が、社長解任等のスキャンダ
ルの因にもなっている。
3)量産大衆車では、世界トップシェアを争う規模でありながら、経営
方針の決定には、人事問題も含めて著しく透明性を欠いており、とも
すれば閉鎖的で、世界の動向にも背を向けるところがある。
4)今回の排ガス規制も、アメリカの基準の方が可笑しい、と言わんば
かりの態度、電気自動車も石炭火力の電気では環境対策にはならないの
ではと、独断的な意見が横行していたとか。ディーゼルの世界基準は
VWが作っていると言わんばかり、とか。
5)ドイツ政府も、VXの緊密過ぎるほどの労使関係の元、雇用の最大化
に貢献していることで良しとしており、ガバナンスの問題を厳しく監視
していない。
6)この事件を契機に、VWは積年のガバナンス問題など構造的な課題を
一掃し、透明性のある企業に生まれ変わらないと世界の信頼を取り戻す
ことは出来ない、という。

 

どうやら 独VWは、米国排ガス基準を最初から守るつもりは無かったのでは?

ディーゼルエンジンの難しさを分かっているのはヨーロッパ、なかんづくVWであって、

ガソリンエンジンしか分からない米国のディーゼル排ガス規制など無い物ねだりで、

無視しても構わないと、考えていたのでは?と想像します。

これは独企業の、米国の法律への正面からの挑戦、米基準が間違っていると。

しかし買っては欲しいので法律を破って、脱法行為をしたということです。

かかる事態の中で、メルケル首相はオバマにどう謝るのか?見ものです。

問題の根本にあるVXのガバナンス問題は、独政府の指導力不足、無責任に起因するからです。

VW、ディーゼル車不正の激震 
王者転落でエコカー勢力図はどう変わる?

http://diamond.jp/articles/-/78907?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

 

独VWのスキャンダルは「現実の復讐」–排ガス規制逃れ、再び揺らぐヴィンターコーン社長の地位

(2015年9月21日付 FT.com)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44837?utm_source=outbrain&utm_medium=recommend&utm_campaign=link&utm_content=side

環境大国ドイツ赤っ恥、フォルクスワーゲンの環境不正

米国による弾劾は1社、1国のみならず欧州全体に影響必至

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44838

VW帝国の君主を退任に追い込んだ頂上対決–お家騒動の2週間、ピエヒ氏の辞任であっけない幕切れ

(2015年4月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43672?utm_source=editor&utm_medium=self&utm_campaign=link&utm_content=recommend

独VWの内紛、社長解任劇は繰り返されるのか–ピエヒ会長、「ヴィンターコーン社長と距離」発言で物議

(2015年4月14日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43557?utm_source=editor&utm_medium=self&utm_campaign=link&utm_content=recommend

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(20)『日本のメルトダウン』1ヵ月経過⇔レベル7、チェルノブイリを超える、制御はまだまだ!?●

速報(21)『日本のメルトダウン』1ヵ月経過 ◎レベル7、チェルノブイリを超える …

no image
日本メルダウン脱出法(676)「大都市は急速に老化する(池田 信夫)」●「歴史問題は「安倍談話」で終わるわけではない」など8本

日本メルダウン脱出法(676)  「大都市は急速に老化する(池田 信夫)」 ーh …

no image
★10『50年前の中国文化大革命の衝撃スクープ』ー荒牧万佐行氏(写真家、元毎日写真部カメラマン)の写真展を見に行った。『粉雪が舞う北京で、三角帽子をかぶされた実権派幹部が、 首から罪状の看板を下げてトラックの荷台 の先頭に乗せられ首根っこを押さえられていた』

  写真展『中国文化大革命( the Great Proletaria …

no image
医療介護ロボット市場は今後10年で 20倍の4000億円市場ー介護が必要な人の割合は80-84歳は27%、90歳以上は約70%>

    ◎<日本の最先端技術「見える化」チャンネル   日本の医療・介 …

no image
月刊誌『公評』7月号 『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃

     月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❹ & …

no image
『新しい女・青鞜』百年-日本女性はどこまで変わったのか①ー100年前の女性、結婚事情

『新しい女・青鞜』百年-日本女性は変わったのか①            …

hachikou
 片野 勧の衝撃レポート⑤「戦争と平和」の戦後史⑤『八高線転覆事故と買い出し』死者184人という史上最大の事故(上)

「戦争と平和」の戦後史⑤   片野 勧(フリージャーナリスト) 八高線転覆事故と …

By: taylorandayumi
日本メルトダウン脱出法(621)[見直される「対テロ戦争」●[歴史的大事件が起きている年に共通する「5」

  日本メルトダウン脱出法(621)     [凶 …

no image
日本リーダーパワー史(571)『わずか1週間でGHQが作った憲法草案>『憲法9条(戦争・ 戦力放棄)の)の最初の発案者は一体誰なのか⑤』再録

日本リーダーパワー史(571) 一連の「安全保障法制案」の本格的な 国会論戦が始 …

no image
日本メルトダウン脱出法(759)「英国の中国傾斜に苛立つ米国–台頭著しい中国との外交」(英FT紙)」●「中国に急接近する英国:オズボーン・ドクトリン–議論もなく大きく舵を切る政府」(英FT紙)

 日本メルトダウン脱出法(759)   英国の中国傾斜に苛立つ米国&# …