前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(538)「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)からの『ゾンビ日本」への警告

   

 

           日本リーダーパワー史(538)

 

「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)からの警告

「『ゾンビ化した日本の国家システム(死すてむ』「ガラパゴスジャパンの「死に至る病」

 

「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)に2つの注目すべき論考がのっている。「嵐の前の静けさー 次にブラックスワン化する国は」(ナシーム・ニコラス・タレブ、グレゴリー・F・トレバートン)と「<アベノミクスー第3の矢はどこへいった>ゾンビ化したアベノミクス」(リチャード・カッツ)である。

この2本に共通する問題意識は「ゾンビ化したアベノミクス」ではなくて、

「ブラックスワン化する日本」『ゾンビ化した日本の国家システム(死すてむ』ということである。私の主張している「ガラパゴスジャパンの「死に至る病」である。

「嵐の前の静けさー 次にブラックスワン化する国は」から内容と論点を概括する。同論文のアメリカの哲学者でニューヨーク大学・ナシーム・ニコラス・タレブ教授と米国家情報会議議長・グレゴリー・F・トレバートン氏の共著である。

 

同論文では、国家の脆弱性の基準は五つ存在する。

  • 中央集権型の統治システム、(地方分権ではない中央集権官僚国家)
  • 画一的で硬直的な経済体制、(古臭いケインズ政策の繰り返し景気対策)
  • 過大な債務とレバレッジ、(1000兆円の突破した国家債務)
  • 政治的硬直性(短期の民主党の失政以外は戦後70年ほぼ一貫して自民党一党独裁的な長期政権続く)、
  • そして近い過去に衝撃から立ち直った経験をもっていないこと

だ、としている。この視点で分析すると、「意外にも、いつも混乱しているイタリ

アに脆弱性を示す兆候はない。政治危機が間欠泉のように吹き出すにも関わらず、うまく分権化されており、その都度、立ち直っている。一方、サウジは石油資源に経済を依存し、政治的に硬直的で、高度な中央集権国家だ。日本も「穏やかな脆弱性」を抱える国に分類できる。非常に大きな対GDP比債務残高を抱え、その多くの時期を通じて一つの政党が政治を支配し、輸出に依存し、「失われた10年」から完全には立ち直れずにいるそして中国。過去の混乱で培った中国の体力は、債務や集権化という弱点を補うほどに強靭だろうか。おそらく答はノーだ。時が経つにつれて、北京がブラックスワン化するリスクは高まっていく。」と分析している。

 

以下は私の6年前の大学教員卒業時の「日本への死亡診断書」である。問題意識は同じ

なので再録する。

  

国際コミュニケーション論・最終講義(15) 2009、1,21            前坂 俊之   

 

<ジャーナリスト、研究生活40年を振り返る>

『グローバリズムで沈没中のガラパゴス・日本=2030年、生き残れるのか』

<ガラパゴス化とは↓↓ > 

市場が外界から隔絶された環境下で独自の発展を遂げ、その結果として世界標準の流れからかけ離れていく状態をやゆした言葉。2008年、日本の携帯電話市場を形容するものとして登場した。日本のケイタイはいち早く第3世代を出し、高機能、多機能化、技術化では、世界の携帯電話市場をリードしたが、世界市場ではノキアが圧倒して世界標準となっており、日本のケイタイは世界市場では競争力が全くない。ガラパゴスは南米チリから1000km離れた赤道直下の孤島、生物は長い間、外敵が侵入してこない状態(鎖国)が続いたため、独自の進化を遂げ、固有種となった。19世紀になってグローバリズムで人間と外来種が侵入し、種の存続、絶滅の危機が迫っている。

地政学的に太平洋の孤島にすむ日本人は、文化、風土、民族、精神的にも島国根性が抜けない。徳川時代の250年の鎖国政策などが重なり閉鎖的な日本文化は独自の進化を遂げ、そのコミュニケーション態度、集団主義、反個人主義、ダブルスタンダード、ひきこもり体質、外国人の排斥排除、政治、経済、社会、文化すべてのシステムにガラパゴス体質が抜きがたくある。これらを総称して「ガラパゴスジャパン」(GJ)現象とここで呼ぶ。

<ガラパゴス化は=グローバリズム(「フリー」「フェア」「グローバル」)とは対立概念。<総ガラパゴス化>とは危機・絶滅のサインだが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」体質の多くの日本人なので気がついていない。

  • 「ガラパゴスジャパン」(日本総崩れ)=政治、外交、経済、IT、インターネット、生活、福祉、年金、教育、ジェンダー、文化などなど多くの分野で国際順位は下位へ転落、衰退の一途
  • 「政治ガラパゴス」=2代続いて自民党首相政権投げ出し、世襲議員は3割、(米国は1割)麻生首相は最後の将軍になるのか、戦後60年間、政権交代のない不思議な日本。
  • 「経済ガラパゴス」=国民1人当たりのGDPは20年間で19位と先進国で最下位に、経済大国から「富国中流民」から「富国貧国下流民」へ転落、年収200万以下が1千万人以上。
  • 国家倒産=日本の借金(債務残高)は916兆円(2007年度)、対GDP比の債務残高の国債比較では日本は179で最悪、米国(62)、英国(47)ドイツ(68)、イタリア(118)
  • 人口減少社会、超高齢化社会(65歳以上の人口比23%、3000万人時代へ)、平均寿命は男女総合で世界一,男性は79で3位、女性は86,1で10年連続で世界一。

一人の女性が一生に生む子供の数を示す<合計特殊出生率は1,27。世界平均は2.55で日本は184位(195ヵ国中)、米国は2,05.子供、若者の少ない1人暮らしの老衰退国へ。

  • 日本の食糧自給率は40%、エネルギー自給率は20%(原子力を含む)、石油などではわずか5パーセントと先進国では最低、最悪。カントリー・リスクを無視して、メディアは飽食、美食をあおり、コンビに文化とともに「フード・マイレージ」は世界最悪。
  • 日本は擬似議会制民主国家(民主主義もどき)で西欧的な個人、市民主義がない、中央集権・封建的・官僚政治国家であり、その面で絶滅種族の特異な進化を遂げた絶海の孤島・ガラパゴスと同じ体質。「美しい日本」「日本型経営」の美徳を説くのは危険である。
  • 日本の統治システムは封建主義的、国家主義、市場主義、官僚主義,(儒教型社会),資本主義,民主主義をミックスだが政治家主導ではなく、キャリア中央高級官僚がそれぞれの省の利権を最大限主張して政治を仕切る影の主役である古い形の官僚行政。選挙は形式的な儀式化。政治、官僚行政、司法、財界、マスコミが総癒着、護送送船団方式で、国家運営、権力の中枢が不在、説明責任の不在の非民主的な政治が続いている。
  • 民主主義原則の政治、立法、行政、司法の3権分立が機能せず、立法統治能力のない政治、官僚万能主権国家、司法は憲法判断を避け、刑事裁判の有罪率は99,5%、3権分立放置国家。その点で日本は前近代的な体質から脱皮できず、徳川幕府の幕藩体制が明治以降、軍閥、官閥政治、官僚政治として未だに続く。国家無責任体制=丸山真男の『超国家主義日本』と今も同じ。政財官マスコミの鉄の四角形が続く。
  • <ガラパゴス・メディア>国民の知る権利に応え、権力を監視するジャーナリズム、メディアがない。ニュースレターやエンターテイメントテレビはあるが、真のジャーナリズムに値するものはない。記者クラブという談合装置で情報垂れ流し、政治、官僚、財界、マスコミの総癒着体制は続く。
  • <イグアナ化する日本人>儒教精神、東大を頂点にした学歴主義(学力より学歴、実力より肩書き)形式主義、情緒、感情主義。個人主義ではなく利己主義。個性の排除、拝金主義、非論理的な思考、本音と建前のダブルスタンダード、集団、画一主義、道徳的な勇気の欠如、島国根性、西欧コンプレックス、アジア蔑視、官僚支配、長いものには巻かれる、非科学主義、仕方がない、あきらめ、保守的、ブランド主義、寄らば大樹の陰、安定志向。歴史健忘症、中国敵視論、大局観、戦略的思考の欠如。アジア人の自覚の欠如。

⑫西欧的な「個人」と「社会」という概念が無い。匿名主義でいじめ、うつになり多数、強いもの、世間・空気に支配される大衆迎合主義、KYに支配される国、 内向き、なれ合いいじめ、異端排除。 論理より感情、情緒の優先。周囲の顔色を見て状況追随主義。自己主張をしない、 男尊女卑、根強い女性差別など身分制度が依然続く。自ら変革できない羊のようにおとなしい日本人は『チェンジ』「変革できるのか」             <まとめ>↓↓↓

  • GDP( Gross Domestic Produc、国内総生産)、経済至上(拝金)主義からGNH(Gross National Happiness、国民総幸福量)への市民幸福主義へ
  • 「ガラパゴス日本」から「多民族多文化国家」へ脱皮できなければ、2030年には日本は死へ→国家破産、世界へ影響力のない衰退国家に・<Change!>

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『昭和史キーワード』終戦直後の東久邇宮稔彦首相による「1億総ざんげ」発言の「 戦争集結に至る経緯,並びに施政方針演説 』の全文(昭和20年9月5日)

『昭和史キーワード』 終戦直後の東久邇宮稔彦首相による「1億総ざんげ論」 (戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(856)「国難突破解散」総選挙の結果は23日未明には確定する。」★『朝鮮半島有事と今回の3度目の冒頭国会解散の意味と歴史類似性を検証する』

  日本リーダーパワー史(856)   安倍首相が「国難突破 …

no image
速報(389)『日本のメルトダウン』『太平洋に影を落とす1914年の記憶-第1次世界大戦を 髣髴させる日米中の緊張』(FT)

          &nbsp …

no image
速報(307)◎『5月31日関西広域連合限定再稼動を容認』●『4号機プール未使用燃料2体搬出リスクに小出裕章(MBS)』ほか

速報(307)『日本のメルトダウン』     ◎『5月31日 …

no image
日本リーダーパワー史(524)「国難は複雑性を増し、国民全体の遠謀、熟慮と決断、実行が求められている」(高橋是清のケース)

   日本リーダーパワー史(524)   現在直面 …

no image
 日本リーダーパワー史(176)●○全国民に勇気と感動の『沢選手の決定力―『結果を出す』『夢は見るものではなく、 叶えるものだ』

   日本リーダーパワー史(176)   ●○全国民に勇気と …

no image
日本メルトダウン(1028)ー『トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回で露呈』●『トランプ米大統領、共和党保守派に宣戦布告 重要政策可決へフリーダム・コーカスに圧力』★『「森友解散」説ににじむ「1強」安倍政権の焦り 「軽率」と「誤算」の連鎖の果てに泥沼化』●『極右と安倍首相の親密関係こそ問題の本質だ 森友学園問題を欧米メディアはどう報じたか』★『中国人が辛辣指摘「日本企業9つの問題点」に知日派も喝采』●『日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由日本語が堪能な外国人材ほど日本企業に失望する理由』

 世界、日本メルトダウン(1028)ー トランプ氏の未熟な政治交渉力、代替案撤回 …

no image
「日本敗戦史」㊴徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたか』⑤「昭和天皇の帝王学とリーダーシップー明治天皇と比較」

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊴   『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『日本 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『金玉均暗殺につき清韓政府の処置』 「時事新報」明治27/4/13〕』

 『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「北 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(233)』-『Shohei Ohtani fever is really heating up in Angel Stadium』★『大谷が自己の可能性を信じて、高卒 即メジャーへの大望を表明し、今それを結果で即、示したことは日本の青年の活躍の舞台は日本の外、世界にこそあることを示唆した歴史的な事件である』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(233)』 Shohei …