前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

鼎談『幕末から昭和・日本を変えた30人の男を選ぶ』〈保坂正康×前坂俊之×原武史〉「週刊現代」(8月14日号)で鼎談をおこなう

      2015/01/02

『幕末から昭和・日本を変えた30人の男を選ぶ』〈保坂正康×前坂俊之×原武史〉
「週刊現代」(8月14日号)で鼎談をおこなう
 
<前坂俊之の発言要旨>
 
    『現状認識について』
 
来年(2011年)は清朝が倒れ、中華民国が作られた辛亥革命からちょうど100年、真珠湾攻撃(1941)から70年目になります。日米中の開係を考ぇると、ひとつの節目の年ですよね。今回の座談会にあたって、いろんな人物を思い浮かべたのですが、幕末から明治にかけて軍人が宰相になり彼らの息子の世代が太平洋戦争で日本を潰し、明治の遺産を台無しにする。その後、なんとか立ち上がって経済復興を遂げますが、今度は太平洋戦争世代の息子たちが、平成不況で公的債務が約1000兆
円というような国にした。いまは太平洋戦争に続く第二の国家破産を迎えつつあると認識しています。
 
 
    『戦後の政治家はだれがナンバーワンか』
 
私も戦後の首相を一人だけ挙げるならば吉田茂を挙げます。政治テクニックやリーダーシップという点では、田中角栄も非常にあったと思います。ただ、政治哲学や倫理観を持っていたかというと疑問です。
 
 その他の戦後の首相ならば、鳩山一郎はソ連との国交回復をやったという点で評価できると思う。あと、中曽根康弘でしょうね。中曽根さんは自分が総理大臣になって何をやるかというのをじっくり考えながら登場し、真っ先にやったのは日韓関係の修復だった。韓国を訪問して、自ら勉強したき韓国語で挨拶しました。そういう面では『風見鶏』と批判されましたが、政治的リーダーシップとツーダーパワーを兼ね備えるえた戦後の代表的な政治家であったと思いますね。
 
 
    「最高の外交官は・・」
 
 陸奥宗光は西南戦争で西郷隆盛に内通していた容疑で監獄に入れられ、それから伊藤博
文の引きでイギリスに留学する。そこで猛烈に勉強して、その後、外務大臣になりますが、彼の書斎には万巻の洋書が棲まれて死ぬまで猛勉強していた。「政治家は実学を持ち、世の中に習熟した人ができる。机上の空論をもてあそぶ人間にはできない」と官僚や世襲議員を否定しています。
 小泉純一郎さんや麻生太郎さんとか休みの日に本屋さんで新書を10冊かか20冊買ってきて読んだという記事を読みましたが、そんなの昔の政治リーダーとは勉強の程度深さが全然違う。
 
 
 
    『明治以来の経済人ベスト10を私の独断と偏見でのランキングでは・・・』。
 
「やはり1番目が日本の資本主義のゴッドフアーザーで、右手にソロバン、左手に論語という経済と遺徳の合一主義を説いた渋沢栄一。2番目がミキモトパール御木本幸吉で、3番目が丁稚奉公から鈴木商店の大番頭になり大正時代に三井を凌ぐ大会社に育てた金子直吉。4番目がトヨタグループの礎を築いた豊田佐吉と豊田喜一郎の父子鷹、5番目が「電力王」と呼ばれた松永安左工門。6番目が出光興産創業者の出光佐三で、7番目は岡崎嘉平太です。
彼は昭和30年代の全日空の社長ですが、日中国交回復にあたり100回中国へ渡って周恩来と親密を関係を築いた。田中角栄はその上に乗っかって日中国交正常化をやったわけです。
 8、9、10番目は、戦後の高度成長期を代表する創業者とし松下幸之助、盛田昭夫と井深大のコンビ、それに本田宗一郎の4人です」
 
「御木本幸吉を2番目にしたのは、どういう理由からかーでいうと、彼は明治の半ばに真珠の養殖に成功していますが、これにはかのエジソンもびっくりして、こんなことは自分にもできない、世界的な発明だと感心しているんですね。まだ鉄道が通ったばかりの120年前の貧乏で困難な時代に、世界的な発明によって二品二村連動の町おこしをやったわけで、現代人はもう一度、自分たちの足元を掘り起こせというメッセージのように聞こえるんです。それと番外で、現在の経営者からソフトバンクの孫正義を加えたい。いまの日本の閉塞状況を打ち破ってくれそうな経営者は、彼以外に見当たらない」
 
    『最強のリーダーパワーを発揮したのは誰か』
 
 再評価ということで言うと、日清戦争のときの陸軍参井本部次長だった川上操六。彼はのちに参謀総長になりますが、私は戦前の軍事リーダーとして球、この人が最強だと思っているんですね・。
 日清戦争では広島に大本営を作って、そこで川上は海軍も含めて一本化して総指揮を執った。日露戦争の準備も、ドイツ陸軍参謀総長のモルトケに弟子入りして、2年間じっくり戦略を学んで、対露戦争の情報戦略を彼が一人で練り上げています。
 国内では、まだ薩長藩閥人事が跋扈していたときに、派閥を超えて参謀本部に秀才、俊英を集めた。骨のうえで、諜報網を大陸から世界各地に張りめぐらせて情報を収集し、通信網の整備、兵站、補給、輸送までを整備して日露戦争に傭えた。川上は日露戦争の5年前に亡くなってしまうんですが、日本に『インテリジェンス』を持ち込んだ川上のおかげで日清・日奮戦争の勝利があった。
 この間、管内閣が国家戦略室を格下げしてしまいましたけど、国家戦略なき今の時代にあって、つねに国家戦略を考えて任務を遂行した川上操六は、もっと再評価きれるべきです。
 
 
 
 
 

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(692) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑦』中国紙「申報」の論説から日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回)①第1回-10回まで、福沢諭吉の『脱亜論」の理由、中華思想、小中華と日本主義の対立の背景

日本リーダーパワー史(692) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑦』中国紙「申報」の論 …

no image
日本リーダーパワー史(289)「政党政治の父・日本最強の宰相・原敬は藩閥政治の元凶・山県有朋をどう倒したのか①

日本リーダーパワー史(289)   「政党政治の父・日本最強の宰相・原 …

no image
日本経営巨人伝⑪馬越恭平ーーー東洋一のビール王、宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』

日本経営巨人伝⑪馬越恭平   東洋一のビール王、宣伝王・馬越恭平 <名 …

no image
日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

  日本敗戦史(50) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『な …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(30)『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)年9月10日) 『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

日中北朝鮮150年戦争史(30)   『ノース・チャイナ・ヘラルド』( …

no image
知的巨人の百歳学(146)ー記事再録 <日本超高齢社会>の歴史とは⑤…<徳川歴代将軍の年齢、実力調べ・・・・・>

  2010/01/27   百歳学入門 …

no image
日本リーダーパワー史(971)-『若き友人からのオランダ通信』★『寛容性の国オランダと外国人労働者の受け入れに大騒ぎする日本』★『「皆んな違って当たり前」がオランダの常識、「皆んな同じでないと困る」のが日本』★『「寛容性」とは自身とは違う意見や信念を受け入れようとすること。ただし、それを同意したり認めたりするとは限らない』

『オランダと日本』 オランダ・ロッテルダムで働いていた若き友人のA君から3月末で …

no image
日本リーダーパワー史(346)●『TPP,中韓との外交交渉にも三浦梧楼の外交力に学べ②』自主外交のこれが要諦』

日本リーダーパワー史(346) 歴史的外交テクニック ●『TPP,中韓との外交交 …

no image
知的巨人の百歳学(160)/記事再録/2010/01/25 百歳学入門⑨『10年前の日本超高齢社会の現実と過去と未来の考察』★『私なりの解決/研究本「百寿者百話」前坂俊之著 海竜社(2008年)を出版』

  2010/01/25  百歳学入門⑨ …

no image
日本リーダーパワー史(787)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス④』★『日本史の決定的瞬間』★『撤退期限を無視して満州からさらに北韓に侵攻した傍若無人のロシアに対し東大7博士が早期開戦論を主張(七博士建白書事件)』

日本リーダーパワー史(787) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利 …