前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

   

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』

支那(中国)人の脳中には、西洋の宣教師はいずれも、キリスト教徒を清国皇帝の統治より奪い去らんとするものとの疑いをもった。

これらの事実と疑念とが結合して、布教に対する当初の疑念に力を得て、布教はその実は野心の方便であると信じるに至った。

 第二に、布教の方法がまたまた支那人の疑惑を増し、西教(キリスト教)反対の気勢を盛んにした。

はじめ宣教師は、キリスト教徒以外からの妨害があること危惧して夜間にもって教徒を集めたことがあった。

また、他人の気づかぬ秘密の場所に集めたこともあったが、この方法は、その昔、ローマにおいてキリスト教徒が政府の嫌疑を受けたのと同じように、社会からキリスト教に対し疑惑を抱かせる原因となった。

そのうえ、支那では、男女席を同じくすることは古代より禁じられていたのに教会堂では、家族、同族でもない男女が、膝を交えて肩を接して席に並んだことにより、キリスト教徒でない人々から種々の非難を招いた。

元来、造言蜚語(根拠のない嘘や作り話)の癖のある支那人のこととて、キリスト教徒の集会の方法が、自分らの眼にいかにも奇怪に映ずるのに、揣摩憶測(しまおくそく、自分だけの判断で物事の状態や他人の心中などを推量すること。当て推量)を逞しくして種々のデマを伝え、秘密に悪事を企んでいるように言い噂し、また、教キリスト教徒が妖術をもって婦女を辱かしめているとも言いふらした。

流言に動かされやすき支那人は、これを事実としていい伝え、ついに虚をもって実となすに至り、この謬見妄説(びゅうけん・もうせつ、まちがった考えや見解)は意外にも、西教に対する一般の疾悪嫌忌(しつあくけんき、憎しみと憎悪、忌みきらわれること)を醸成した。

その名を西教の流に託して世を騒がしたる白蓮教

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%93%AE%E6%95%99

・天理教

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%90%86%E6%95%99_(%E4%B8%AD%E5%9B%BD)

八卦諸教

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%8D%A6

のごとき、また近くは太平賊

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%B9%B1

のごとき、みなキリスト教をもって危険の分子を含むものとの疑念を巻き起こした。

 またキリスト教宣教師は、早くより布教の副手段として、病院、育児院、訓衆院などを設置経営したが、これもまキリスト教に対する疑惑の一因となった。

支那(中国)人は、無報酬にて他人に恩恵をほどこすことを理解できず、宣教師らが、いくたの資材を投じて病院などを建設し、無報酬で病気治療にあたり、育児、幼児、子供を養成・教育するに努力を見て、ますます怪訝(けげん、不思議で納得がいかないこと)思えた。

いわんや支那における道釈(道教と仏教)二氏の徒にして、かかる事業をなすことは、ほとんど見たことがないためだ。

支那には、あるいは半ばは政府の資本により、あるいはまったく私人の資産提供によりてできた救済所、育嬰堂(孤児院、捨て子院)および義学は、いたるところに設けられていたが、支那人は病院、育児院などの性質は、つとにこれを承知しているが、外来の宣教師らによる行為を見ては、とうてい疑惑を起こさぬはずはなかった。

その理由は、支那にて育嬰堂・義学などに損資する人は、功名富貴の点において、多少、傍輩に優るところある人々にして、支那人は、古来、天が少数者に富を授くるは、彼らをしてさらに多数の貧民を済わしめんがためなり。

すなわち富者は貧者を救済すべき義務ありと信じ、また出資捕助の人は、その義挙によりて、さらに自己の福利を増進するものと、われも人も信ずるをもって、功名富貴を得たる人が、育嬰堂、義学などのために資を損するは当然のことと思えり。

天すでに中外を限る以上、彼我たがいに相干与せず、相求めざるべきはずなるに、いま外国の宣教師らは、中国に来たり、痛癢(つうよう 精神的、肉体的な苦痛や、物質的な損害)を相関せざる中土の人のために出資損助することは、支那人にはとうてい理解を超えたことであった。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『リモートワーク/ベストスポット』★『絶景富士山/ビューティフルスポット(2020/5/15pm17 )-逗子なぎさ橋珈琲テラスより見た太陽と富士山と江ノ島とキラキラ逗子湾のシンフォニー、ここが最高の海辺のカフェ

絶景富士山ビューティフルスポット(2020/5/15pm17 )&#8 …

no image
昭和外交史② 日本で最も長い日 1945 年8 月15日の攻防②

1 ―<大日本帝国の最期②>- 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授) To …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(44)記事再録/明治維新の革命児・高杉晋作の「平生はむろん、死地に入り難局に処しても、困ったという一言だけは断じていうなかれ」①

    2015/07/29日本リーダーパワー史( …

no image
『2014世界各国/最新ミステリー、面白ニュース②』「インドの奇跡―カースト制度」★「カレーはインドには存在しない」

 『2014世界各国/最新ミステリー、サプライズ、面白ニュース②』&n …

no image
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(4)「柳原白蓮 炭鉱王の夫を捨てて、新しい愛人の許へ」(朝日)

  「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(4)   …

no image
日本リーダーパワー史(414)『魔王と呼ばれた明治維新の革命家・高杉晋作』<歴史読本(2013年1月号)に掲載>

 日本リーダーパワー史(414) 『魔王と呼ばれた明治維新の革命家・高 …

『百歳学入門(202)』<100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ -「創造力こそ長寿力」★『70歳以前に画いたものは取るに足らない。八十歳にしてますます精進し、九十才にして奥義を極め、百才にして神技となり、百才を超えて一点一画を生きているように描きたい』(画狂老人述)

100歳社会の手本―葛飾北斎に学ぶ ―「創造力こそ長寿力」 私は富士山マニアであ …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル/『文字から音声認識の時代へ』★『AI・人工知能EXPO2019(4/5)』-TISの「業務用スマートスピーカーによる音声文字起こし、スマホで会議録、報告書がサクサクできる』

日本の最先端技術「見える化」チャンネル AI・人工知能EXPO2019(4/5) …

no image
『最強のリーダーシップの日本近現代史』(235)/ 歴代宰相で最強のリーダーシップは1945年終戦を決断実行した鈴木貫太郎ー山本勝之進の講話『 兵を興すは易く、兵を引くのは難しい。』★『プロジェクトも興すのは易く、成功させるのは難い』●『アベクロミクスも先延ばしを続ければ、 ハードランニング、亡国しかない』

       2016/10/31&nb …

no image
日本リーダーパワー史(119)孫文を助けた岡山県人パワーの犬養毅・秋山定輔・坂本金弥ら

日本リーダーパワー史(119)孫文を助けた岡山県人パワーの犬養毅・秋山定輔・坂本 …