前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『世界サッカー戦国史』②ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の比較』★『児玉源太郎参謀次長と西野新監督の戦略論は的確』★『W杯日露戦争で10対0で最強ロシアを破った児玉の戦略と東郷平八郎の決定力(1発必中の砲は100発一中の砲に勝つ)』

      2018/07/16

 

W杯ロシア大会2018と日露戦争(1904)の戦略を比較すると、

世界史に関する別の見方ができる。

まず、今回の西野新監督指揮の日本チームの予選突破を予測したものは日本でも圧倒的に少なく、世界からは1回戦ボーイと『はなから』問題にされなった。

フィファランキングで日本(61位)コロンビア(16位)、セネガル(27位)、ポーランド(8位)と格の圧倒的な違いと、わずか1か月前の監督交代、その後のガーナ戦2-0の負け パラグアイ戦4-2で勝つたものの不安を残していただけに、最低の下馬評となった。

 

110年前の日露戦争(1904-1905)の場合は一体どうだったのか、

戦前、日本が日露戦争に立ち上がるという予測は全くなかった。陸軍世界一のロシアに勝てるわけがないと日本も世界も自明のこととおもっていた。

日本は徹底してロシアとの戦争を避けるため交渉したが、ロシアはそんな日本など相手にしていなかった。ロシアニコライ皇帝は大津事件の災難にあっていたことで、日本を「黄色い猿(イエローモンキー)とよび、軽蔑していた。

日露戦争の国力・軍事力の差は圧倒的、フィファランキングに照らせば、ロシアの陸軍力は当時世界一、それに対して、日本は30位以下というところであろう。

それがいざ、ワールドカップ世界戦争の日露戦争は日本の陸軍の連戦連勝で陸軍では5-0、海軍では日本海海戦で100対3ほどの世界海戦史上、トラファルガ―の戦いをはるかに抜く大勝利をおさめたのだから、世界中がびっくり仰天、それまで存在も知らなかった日本へ大きな関心を集めた。

 日本リーダーパワー史(826)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊵』★『ナポレオンも負けた強国ロシアに勝った日本とはいったい何者か、と世界各国の人種が集まるパリで最高にモテた日本人』★『レストランで「あの強い日本人か」「記念にワイフにキスしください」と金髪の美女を客席まで連れてきて、キスを求めたかと思うと、そのうち店内の全女性が総立ちで、次々にキスの総攻撃にあい、最後には胴上げされて、「ビーブ・ル・ジャポン」(日本バンザイ)の大合唱となった』これ本当の話ですよ。
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/25361.html
 
日露戦争の時の日露のGDP比較か何か経済力比
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1334341118
  • 以下ロシア/日本の比較ではーー人口⁑約1億3千万人/約4千6百万人▽国家の歳出
    約19億9千円/約2億9千円▽国家の歳入⁑約20億8千円/約2億9千▽常備兵力
    約300万人/約20万人▽軍艦の総排水量約60万トン/約23万トン
    ただし、最前線を比べると、太平洋艦隊19万1千トンで互角▽平均身長173センチ(白人系ロシア人)/160センチ となっている。

日露戦争の1年前に敵前視察にやってきたクロバトキン陸相の寺内陸相の会談では「もしも日本から挑戦されたならば、直ちに三百万人のロシア常備軍を率いて日本の本土に進攻し、東京を手に入れてみせる。日本軍は弱い、ロシア兵1人で日本兵3人をやっつけることが出来る』と豪語していた。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/24335.html

クロパトキンは帰国後皇帝、皇帝に、日本軍の分析レポートを提出した。

➀日本は 西欧的に改造して間もないのに、軍隊的精神において優れたものがあり、それが日清戦争で発揮された。

② 日本、日本兵については「騎兵の動作は取るに足らない」「一度立てた目的は成し遂げるまでやめない」

③西欧的精神が表面的にしか理解されていなくて、内面化するまでに至っていない。

④日本軍には忍耐力が欠けている。部隊長は一つの決定をするまでに熟考・熟慮するので、急激な変化に対応できない。

➄初戦に勝つと元気が出る傾向にある。

など、サッカーの国際戦にも通用できる教訓をのこしている。

名将の誕生はいずれも直前!
日露戦争での児玉源太郎参謀次長の登場は戦争4か月前、西野新監督は1か月前である。

 

日露戦争は第一次世界大戦の前哨戦である。第ゼロ次世界大戦と私は命名している。日英同盟、米支対『露仏同盟』のロシアとの代理戦争でもあった。

日露戦争までのいきさつでは、日本は国際法を遵守し世界の優等生的な態度を示した。フェアプレイ精神をかたく守っていた。北支事変(義和団の乱)以降、ロシアは日清戦争で日本が得た満州権益を『三国干渉』(ロシア、ドイツ、フランス)によって強引に奪った、これは強盗行為そのもので、そのあとに満州を制圧し、居直って、さらに朝鮮を恫喝し朝鮮半島にも侵攻してきた。

日英米による満州撤退の条約期限をロシアだけは守らず、居座わり続けて、逆に軍事力を増強してきた。ついに、日本は自国防衛に立ち上がったのが、日露戦争の原因である。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/19738.html

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/22757.html

 

1903年(明治36)4月、陸軍ではロシアが満州から朝鮮に侵攻すれば宣戦することを決めて、密かに参謀本部は田村 怡与造(たむら いよぞう)次長のもとで戦略を練り始めた。その過労がたたり明治36年(1903年)10月1日)に田村は48歳で急死する。

日露戦争開戦3か月前である。この時、児玉源太郎内相(台湾総督)は「対ロ戦略」を内に秘めて3階級降下して自ら参謀次長に就任、日本救国に向けて1人、敢然と立ち上がった。彼こそ日本リーダーパワー史上の最高の軍師である。

メッケル中佐が「世界一の戦略家」と折り紙をつけた児玉源太郎の登場である。

ワールドカップ開催1ヵ月前の西野新監督の境地も、児玉源太郎と同じものであったであろう。

つづく

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(265)『シンドラーを超えて6千人のユダヤ人にビザを発行した外交官・杉原千畝』(白石仁章氏の講演)

日本リーダーパワー史(265)   世界が尊敬した日本人   …

qqq
『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』④『ヨーロッパ各国革命党の共闘、連合のためのパリ連合会議に成功する』

  『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』④ 『ヨーロッパ …

no image
日本リーダーパワー史(415)『インド独立の原点・日本に亡命帰化しインド独立運動を指導したラス・ビハリ・ボース (中村屋ボース』

 日本リーダーパワー史(415) グローバルジャパニーズ 『インド独立 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(240)/★『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「ニトリ」に学べ

  2016/05/21 日本リーダーパワー史(7 …

no image
総合ジャーナリズム研究

1 『総合ジャーナリズム研究』  2004年冬号  <NO187 号>   掲載 …

no image
<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集②>「発明は技術者の命である」日立製作所創業者 小平浪平ほか10本

    <名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集②>   …

no image
日本リーダーパワー史(216)「坂の上の雲」③秋山真之の師事したマハンの『日本海海戦の講評』(英タイムズ掲載)

日本リーダーパワー史(216)   <『英タイムズ』が報道した「坂の上 …

no image
日本リーダーパワー史(461)西郷隆盛論③王陽明学の始祖は中江藤樹、 吉田松陰、西郷隆盛と引き継がれ明治維新が成就した

 日本リーダーパワー史(461) 「敬天愛人」民主的革命家としての「西 …

no image
日本リーダーパワー史(982)ー『総理大臣の血圧』★『こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられてたまるものか』(吉田茂首相)

  『総理大臣の血圧』                     今年初 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉒「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑦『前代未聞の退位と即位』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …