前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(794)ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』⑪『ロシアのクロパトキン陸相が敵前視察に来日した影響』●『 恐露病とクロパトキン来日疑惑が日本側に疑心暗鬼を生んで露探事件が起きた』

   

 日本リーダーパワー史(794)ー

「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、

インテリジェンス』⑪『ロシアのクロパトキン陸相が敵前視察に来日した影響』

 

桂太郎首相はクロパトキン陸相とは2度会談したが、クロパトキンはシベリア鉄道についてこう説明した。

「ロシャがシベリア鉄道を建設した当初の目的はシべリア開発であった。ところが中途から東清鉄道支線、ハルピンー旅順)を設けることになり、これには自分は反対したが、ロシャ皇帝の勅裁があった現在では致し方がないと思っている。

シべリヤ鉄道の建設費は予定以上にかかり、現在その額は、約十三億ルーブルの巨額に達し、利子の支払いだけでも莫大なため、まことに困り抜いている。日露両国関係の問題解決に際し、このシべリア鉄道建設問題だけは除外して何分にも大目に見てもらいたい」

また、クロバトキン陸相は寺内陸相の会談では「吾が輩は軍人である。従ってもしも日本から挑戦されたならば、直ちに三百万人のロシア常備軍を率いて日本の本土に進攻し、東京を手に入れてみせる。しかし私個人としての見解は、あくまで日本との開戦を望むものではない」と豪語していた。

 突然、帰国を延期して、日本を疑心暗鬼にさせた

ところでクロパトキン大将一行は6月16日に離京して、旅順へ向う予定を急に変更してきた。ロシア皇帝からの親展電報により、急に在日期間を延期したいと申し込んできて、その理由については説明できないというので、日本側は疑心暗鬼ながら了解せざるを得なかった。

次の連絡では予定通り六月十六日に出発して、関西方面に向かうことがわかったが、須磨・明石の観光地で数日間休養するという以外は内容は不明で、日本側はますますその意図、その目的に疑惑を募らせた。

結局、あとになってわかったが、約10日間も瀬戸内海で釣りなどをして過ごし、6月28日に長崎を出発、6月30日に旅順に着いていたことが判明した。

クロパトキンの敵前視察旅行は日本を恐怖に陥れ、その際後のスケジュールの延期と滞在理由の不明は日本側に一層不信と不安を煽り、ロシアへの敵意を増幅させる結果となった。

 日本側の『恐露病』この疑心暗鬼が「露探」事件を生んだ

「露探」とはロシアのために働くスパイ、密偵のことをさしており、日露戦争当時に騒がれた言葉である。伊藤博文、山県有朋2元老だけでなく、広く国民の植え付『恐露病』「恐露しや(恐ろしや)なども流行語となったが、「露探事件」もこの流れの中で発生した。『露探』のレッテルを貼り付けられた人間は証拠のないまま敵視され冤罪のケースも多かった。

「露探事件」により引責辞任した海軍大佐・竹内平太郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E5%B9%B3%E5%A4%AA%E9%83%8E

 

政府攻撃や三井財閥を攻撃していた労働者の味方の新聞「二六新報」の秋山定輔社長(衆議院議員)がクロポトキンと明石で密会したとでっち上げられて議員辞職に追い込まれた事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E5%AE%9A%E8%BC%94

忘れられた巨人・秋山定輔は何者かー新聞経営、孫文を全面支援し政治家に露探汚名を着て政界の黒幕になる波瀾万丈の人生http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1753.html

 も、クロパトキンの来日疑惑から生まれた事件であった。

クロパトキンは明治37年4月の奉天会戦後に、この時の視察、研究、奉天会戦での戦闘を経験した報告

レポート「日本陸軍秘密研究書」なるものを刊行している。

http://www.mytown-nagoya.com/booklist/shosai/oyama/kuropatokin.html

それによると、日本軍の実力、長所、欠点などを次のように分析している。

(1) 西欧的に改造して間もないのに、軍隊的精神において優れたものがあり、それが日清戦争で発揮された、

(2) 特に将軍に有能な人物として大山元帥、野津道貫将軍を挙げている。

(3) 日本、日本兵については「騎兵の動作は取るに足らない」「一度立てた目的は成し遂げるまでやめない」「電信、偵察に技能を有する」「陣地を迅速に築く」

また、短所については。

④西欧的機関が表面的にしか理解されていなくて、内面化するまでに至っていない。

⑤無能な老将校が存在する。

⑥物資の搬送は人力が中心であり、補給に著しい弱点がある。

⑦日本軍には忍耐力が欠けている。例えば野津将軍の部隊は4カ月間に戦死者900人、負傷者1500人を出し、患者は1万8000人にも達した。

⑧朝食を取らないと能力が発揮できない。

➈部隊長は一つの決定をするまでに熟考・熟慮するので、急激な変化に対応できない。

➉初戦に勝つと元気が出る傾向にある。

⑪、日本軍に対して最も効力があるのは夜襲である。夜襲を行うには成るべく少数づつ兵を動かし、陰に大部隊を集め強襲して敵の陣地を奪うのである。時期は即ち払暁に近く、朝霧を利用するのは最もよい、など・。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(32) 英雄を理解する方法とは―『犬養毅の西郷隆盛論』・・

  日本リーダーパワー史(32) 英雄を理解する方法とは―『犬養毅の西 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1069)>★『北朝鮮の暴発はあるのか』第2次朝鮮戦争勃発の危機が高まる!?(8/25→8/29)

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 東アジア・メルトダウン(10 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(68)大東亜戦争開戦日の「毎日新聞紙面」「東条首相、国民に殉国の覚悟を説くー」

 終戦70年・日本敗戦史(68)  大東亜戦争開戦日の「毎日新聞紙面」 「 東条 …

41AlHzHlLjL._SX298_BO1,204,203,200_
知的巨人たちの百歳学(172)記事再録/「みんなで『百歳学入門』へ・超高齢社会を元気に長生きする『長寿脳』を鍛えるために』★『『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』』

  2009/06/06 /みんなで『百歳学入門』へ &nb …

no image
日本メルトダウン脱出法(868)『世紀のリーク「パナマ文書」スキャンダル①世紀のリーク「パナマ文書」が暴く権力者の資産運用、そして犯罪」●「エドワード・スノーデン氏「史上最大のリークだ」。世界の大富豪たちの金融取引を記した「パナマ文書」が流出」●「パナマ文書流出の「背後に強大な力」、得するのは米国-中国が見解」●「エドワード・スノーデン氏「史上最大のリークだ」。世界の大富」

日本メルトダウン脱出法(868)    世紀のリーク「パナマ文書」スキャンダル① …

no image
日本リーダーパワー史(490)『抱腹絶倒・「なんでもござれの万年大臣」「愛すべき奇人」 西郷従道伝で日本的リーダーシップを学ぶ

   日本リーダーパワー史(490)   …

no image
◎<名経営者・人を奮い立たせる言葉>『ニトリ』似鳥昭雄会長と『ユニクロ』 柳井正会長の『戦略経営』『人生哲学』に学ぶ 」月刊「理念と経営」2016年7月号掲載)

   名経営者・人を奮い立たせる言葉― 『ニトリ』似鳥昭雄会長と『ユニクロ』 柳 …

no image
●★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です②』 金堂、不動堂、祖師堂ななどゆっくり散歩

 『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(90)「生きて虜囚になることなかれ」の戦陣訓こそ日本軍の本質

終戦70年・日本敗戦史(90) 「生きて虜囚になることなかれ、死して罪過、汚名を …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(181)』市川海老蔵さんの妻・乳がん会見に感動!(動画30分)『歌舞伎界の世嗣ぎの成功例」一方、「二世、三世のオンパレードの政界・永田町C級田舎芝居に日本沈没が見える」「安倍、舛添の作文(セリフ)棒読みの会見と比べてみると天地の差!。

  『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(181)』 …