前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

   

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417

 

軍部テロと闘った不屈の新聞人・菊竹六鼓(福岡日日新聞
(現・西日本新聞)―

<人権と民主主義を守るため報道の自由>

に貢献した「20世紀の世界の

報道人100人」に選ばれた

<歴史読本(201210月号)に掲載>

前坂俊之(静岡県立大学名誉教授)

〔世界が認めた報道人〕

いま、世界的なグローバリズムの嵐の中で、日本丸は沈没寸前だが、それだけに政治を監視するメディアのカが問われている。昭和政治史の分岐点となった5・15事件で軍部テロを敢然と批判した新聞人・菊竹六鼓の勇気と見識こそ大きな教訓となる。

菊竹は、人権と民主主義を守るため報道の自由に貢献した「20世紀の世界の報道人100人」の一人に選ばれた。

 

昭和七年(一九三二)五月十五日、犬養毅首相(当時七十七歳)は、首相官邸で国家革新をねらう若手海軍将校に襲われ「話せばわかる」と言った瞬間、「問答無用」 と拳銃で射殺された。

この結果、第一回総選挙以来の政党政治家の犬養首相の死とともに議会政治は終止符を打たれ、以後、軍閥ファッショ政治となり、日本は戦争への道を転落していった。この時、軍部テロを真正面から批判したものは菊竹ら少数だった。

 

菊竹六鼓(本名・淳)は明治十三年(一八八〇)一月、福岡県生業郡福益村(現うきは市)で生まれた。二歳の時に骨髄炎で左足が不自由になったが、早稲田大学を卒業、福岡日日新聞社(現・西日本新聞)に入社。明治四十四年に編集局長となり、のちに主筆となった。

足は何度か手術したが失敗し、〝ビッコ″となったが、六鼓はこれを号とした。反骨精神が旺盛で、軍人の政治関与を批判し、憲政擁護、議会政治を守る強い信念をもっていた。

また、〝木鐸記者〃 意識にこり固まっており、若い記者には 「ウソは絶対に書くな」「新聞記者は裁判官より清潔でなければならぬ」と、口ぐせのように言っていた。

〔軍部台頭への痛烈な批判〕

五・一五事件が発生したのは夕方だったが、直ちに号外を発行した。翌朝、出社した菊竹編集局長は「ふだんとかわらずやりましょう」 と訓示し、さっそく論説の筆をとって「首相兇手に斃る」を上野台次整理部長に出した。

上野は感動し、「この社説は夕刊に載せたい。夕刊社説は例のないことですが…・‥」というと、菊竹は「ヨウ、ゴザッショウ」と、二段組で掲載することになった。以後、菊竹は激越な軍部批判の論陣をはる。

・翌十七日 「あえて国民の覚悟を促す」

・十八日  「宇垣総督の談」

・十九日  「騒擾事件と与論」

・二十日  「当面の重大問題」

・二十一日 「憲政の価値」

と、六日連続で火を吐くような論説を書きつづけた。

『朝日』『毎日』などの全国紙の社説は1,2回と軍部批判の口を閉ざす中で、菊竹は「テロは言語道断」と追及し、「陸海軍の政治介入、軍紀の乱れは国を破滅させる」と警告し、返すカタナで、言論の力が一番必要とされる時に沈黙した『朝日』『毎日』などを「魂を売った」とまできびしく批判した。

〔徹底抗戦〕

こうした菊竹の軍部批判は、おひざ元の久留米歩兵第十二師団や在郷軍人会、右翼から激しい抗議となってバネ返った。

第十二師団は久留米支局に対し出頭を命じ、「社説は軍部を誹謗するものであり、取り消せ!」「福日の社説は軍部攻撃を改めない。今、軍部を攻撃する輩をピストルで撃ち殺すぞ」と脅した。

また、同師団と在郷軍人会は 『福岡日日』 の不買同盟をもくろみ、片倉衷大尉は脅迫状を出し、福岡日日新聞社を航空機から爆撃する、とのウワサが飛びかった。これに対し、菊竹は一歩もひかず、脅迫電話には「国を想う気持はあんた方に一歩も劣りはせん」と激しくやりあった。

菊竹は毎朝、徒歩で出勤しており、身の危険を心配した社は車の送迎を申し出たが、これも断わった。

永江真郷(まさと)副社長は「正しい主張のために、わが社にもしものことがあっても、それはむしろ光栄だ」と励まし、不買運動を恐れた販売担当者が「このままでは会社がつぶれるかも……」と泣きつくと、「バカなことを言ってはいかん。日本がつぶれるかどうかの問題だ」と気を吐くなど、社をあげて全面支援した。

菊竹はどのような気持ちでこうした社説を書いたのか。

「今、私は日本の誰よりも最もよく君国を憂い、日本をこの危機から救うために有力な発言をなしうる地位にあることを誇らしく思います」と、長女にあてた手紙に心情を吐露している。

これから五年後、日本を破局への道にひきずっていった軍国主義の末路を見ることなく、菊竹は昭和十二年(一九三七)七月、五十七歳で亡くなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CNN記者3人辞職 トランプ氏側近について記事撤回で

http://www.bbc.com/japanese/40427055

 

トランプ氏が女性の容姿侮辱-議員ら反発、ホワイトハウスは擁護https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-29/OSBFIDSYF02401

 

トランプにどう対抗するか 米ジャーナリスト1600人が集結
https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20170629-00072613/

 

自民・二階氏がメディア批判 「お金払って新聞買ってんだ」 

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18369870R00C17A7000000/

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
池田龍夫のマスコミ時評(119)●『原発政策―原発直下に活断層の恐怖(11/26』 ●「世界エネルギー展望2014」の会見動画(11/12)

      池田龍夫のマスコミ …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑽」『高杉晋作の機略縦横と突破力③』明治維新に火をつけたのは吉田松陰、徳川幕府を倒したのは高杉晋作である』★『男子は困ったということだけは、決していうものじゃない』

  明治維新に火をつけたのは吉田松陰であり、230年惰眠をむさ ぼった …

no image
日本リーダーパワー史(210)<無責任国家・日本の死に至る病>『3・11福島原発事故で、政治家はなぜ責任を取らないか』

  日本リーダーパワー史(210)   <無責任国家・日本の …

no image
『ユビキタスが実現するーあらゆるものにつけられた超小型チップが主役』-

『ユビキタスが実現するーあらゆるものにつけられた超小型チップが主役』- 前坂 俊 …

無題
★10『人気記事リクエスト再録』ー『ストーカー、不倫、恋愛砂漠、純愛の消えた国日本におくる史上最高のラブストーリー』★『結婚とは死にまでいたる恋愛の完成である』「女性学」を切り開いた高群逸枝夫妻の『純愛物語』

リクエスト多数により再録 『史上最高のラブストーリー』 ★★『結婚とは死にまでい …

no image
日本リーダーパワー史(189)『真珠湾攻撃(1941)から70年―この失敗から米CIAは生れた。<日米インテリジェンスの落差>(上)

日本リーダーパワー史(189)   国難リテラシー   『真 …

no image
速報(298)『大飯原発再稼動、検証委もグラツク?(池田龍夫)』『5月10日チェルノブイリ周辺の永久立ち入り制限 小出裕章』

速報(298)『日本のメルトダウン』   ●『大飯原発再稼動、検証委も …

no image
日本メルトダウン脱出法(723)「米政府、中国国家主席の訪米前に中国企業制裁へ」(英FT紙)●「中国が直面する「経済の断絶」のリスク」(英FT紙)

   日本メルトダウン脱出法(723)   米政府、中国国家主席の訪米前に中国企 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『トランプ米大統領とホワイトハウスの内情を暴く『Fire and Fury』は全米でベストセラー1位に』★『ほら吹き、ナルシズム、攻撃的性格のトランプ氏の「精神状態」を専門家70人から「認知症検査」を求める声』

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウ …

no image
 片野 勧の衝撃レポート④「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④『占領下の言論弾圧』⓶『マッカーサーの新聞検閲』 ■6000人の被爆者の臨床データも消された ■没収された原爆放射線被害の情報

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④ 片野 勧(フリージ …