前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

      2017/05/11

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』

★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、

リスク管理 、 インテリジェンス⑳

   

ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議

 

こうして、ロシア駐日公使ローゼンがロシア側責任者となり、日露交渉は仕切り直しとなった。しかし、ロシア政府の対案は、いつ提出されるかわからず、日本側の不信感は募るばかりであった。

9月23日、ローゼンは、アレキシェフの招電で東京から長崎に行き軍艦で旅順に向かった。ローゼンが旅順で、アレキシェフ極東総督と会談した内容については、後年のローゼンの『回顧録』に次のように書かれている。

 ローゼンは、アレキシェフに対して「日本政府は、韓国を専管的監理の下に置く決意である。日本は清国、韓国両国の独立の保全をして、ロシアの侵略から守ることをスローガンにし、英米諸国の後援を得ようとしており、ロシアは一歩対応を誤れば、韓国、満州の地歩が危うくなる。

この際、唯一の合理的解決方法は、ロシアは満州だけを固執し、韓国はこれを放棄するにある」と説いた。

これに対してアレキシェフは日露開戦後ロシア政府が一部に配付した「秘録」によれば、9月28日にロシア皇帝のこう電奏していた。

 「現下の対日談判は成功の望みがあり、ローゼン公使は、ロシアの満州における権益は、必要の場合には、武力に訴えても支持する決意であることを日本に十分に認識させれば、談判は成功するとみており、私もローゼン公使と同意見である」と、奏上していた。

 ロシアの対案出る―日本案を否定

 ローゼンは103日、旅順から東京に帰任し、即日、小村外相を訪れて、ロシア皇帝の許可を得た対案を提示した。

 第l条 韓帝国の独立、領土保全を尊重することを相互に約すること。

 第2条 ロシアは韓国における日本の優越なる利益を承認し、第l条の規定に背反することなく、韓国の民政を改良すべき助言及び援助を同国に与える、日本の権利を承認すること。

 第3条 韓国における日本の商業的及び工業的企業を阻害しないこと。かつ第一条の規定に背反しない限り、右企業を 保護するがために執られたすべての措置に反対しないことを、ロシアにおいて約すること。

 第4条 ロシアに知照の上、右同一の目的を以て韓国に軍隊を送達するは、日本の権利たることをロシアにおいて承認すること。但し右軍隊の員数は実際必要なるものを超過せざるべきこと。かつ右軍隊は、その任務を果たし次第、直ちに召還すべきことを日本において約すること。

 第5条 韓国領土の一部たりとも軍略上の目的に使用せざること。及び朝鮮海峡の自由航行を迫害する兵要工事を、韓国沿岸に設けないことを相互に約すること。

 第6条 韓国領土で、北緯三十九度以北に在る部分は中立地帯と見なし、両締約国いずれもこれに軍隊を引き入れないことを相互に約すること。

 第7条 満州とその沿岸は全然日本の利益範囲外であることを日本において承認すること。

 第8条 本協約は従前韓国に関して日露両国の間に結ばれたるすべての協定に替わるべきこと。

 以上のロシアの対案は、次の点で日本の提案とはまるで違っていた。

➀ 独立と領土の保全を韓国のみに限って、清国に及ぼしていないこと。

② 韓国におけるわが自由行動権に対し種々の制限をつけていること。

③ 韓国へのわが出兵権に対し、〝ロシアに知照すべき″条件を付すること。

④ 韓国領土たりとも軍略上の使用を禁ずること。

⑤ 北緯三十九度以北、すなわち韓国領土の三分の一以上の地域を中立地帯とすること。

⑥ 独立と領土保全の約諾を清国に及ぼさざること。

⑦ 韓国における機会均等主義を承認しないこと。

⑧ 満州及びその沿岸を日本の利益範囲外とすること。

 このロシアの対案の趣旨は、「満州においては、日本と協定することを拒絶し、韓国においては、その3分の2において、日本の優越を認めるが、その運用には幾多の制限を付す」というもの。日露交渉は、その第一歩から正面衝突した。

結局、ロシアは「満州とその沿岸は全部、日本の利益範囲外とすること」を主張し,日本案の第1条から「清国」の語を削除して,領土保全の保障を韓国にだけ限定した。

また,日本の韓国に対する援助を「民政の改良」に限定し,韓国領土の一部たりとも軍略上の目的に使用せず,北緯39度以北部分を中立地帯とするよう求めた。8月の日本提案を裏返しにしたもので、完全にすれ違ったのである。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(510)◎「ウクライナの抗議行動:国家の誕生か」●「防空識別圏設定や張成沢氏処刑で事態が複雑化」

   速報「日本のメルトダウン」(510) &nb …

By: See-ming Lee
「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞の姚儷瑾さん(20歳)が日本記者クラブ(2/6)で会見動画【100分】

昨年の「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社、 日本交流研究所所長主催) …

no image
前坂俊之最終講義・ガラパゴス日本の没落

国際コミュニケーション論・最終講義(15)      2009、1,21     …

no image
(まとめ)—近代日中関係の創始者・孫文と『支援した熱血の日本人たち』—辛亥革命百年秘話

(まとめ)—近代日中関係の創始者・孫文と 『支援した熱血の日本人たち』—辛亥革命 …

images
日本リーダーパワー史(668)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)●「明治4年の岩倉使節団の『政府首脳の大半が国外にでる壮挙』この知的探求心、国家改造力、ベンチャー精神こそが『明治の奇跡』を生んだ。

  日本リーダーパワー史(668) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)  …

no image
日本最強の外交官・金子堅太郎②『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー大統領は日本のために働くと約束す②』

<日本最強の外交官・金子堅太郎②> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト米大 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(124)』「日本の過去最大の会計スキャンダルの東芝問題」を外紙はどう論評したか

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(124)』 「 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
梶原英之の政治一刀両断レポート(2)『原発事故が菅下ろし政局の主役だった!ー原発解散になるとみる理由』

梶原英之の政治一刀両断レポート(2)   『原発事故が菅下ろし政局の主 …

no image
速報(38)『日本のメルトダウン』53日目ー『浜岡原発を即ストップせよー山田孝男記者(毎日)がんばれ!』

速報(38)『日本のメルトダウン』53日目 ◎『浜岡原発を即ストップせよー山田孝 …