前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

      2017/05/11

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』

★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、

リスク管理 、 インテリジェンス⑳

   

ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議

 

こうして、ロシア駐日公使ローゼンがロシア側責任者となり、日露交渉は仕切り直しとなった。しかし、ロシア政府の対案は、いつ提出されるかわからず、日本側の不信感は募るばかりであった。

9月23日、ローゼンは、アレキシェフの招電で東京から長崎に行き軍艦で旅順に向かった。ローゼンが旅順で、アレキシェフ極東総督と会談した内容については、後年のローゼンの『回顧録』に次のように書かれている。

 ローゼンは、アレキシェフに対して「日本政府は、韓国を専管的監理の下に置く決意である。日本は清国、韓国両国の独立の保全をして、ロシアの侵略から守ることをスローガンにし、英米諸国の後援を得ようとしており、ロシアは一歩対応を誤れば、韓国、満州の地歩が危うくなる。

この際、唯一の合理的解決方法は、ロシアは満州だけを固執し、韓国はこれを放棄するにある」と説いた。

これに対してアレキシェフは日露開戦後ロシア政府が一部に配付した「秘録」によれば、9月28日にロシア皇帝のこう電奏していた。

 「現下の対日談判は成功の望みがあり、ローゼン公使は、ロシアの満州における権益は、必要の場合には、武力に訴えても支持する決意であることを日本に十分に認識させれば、談判は成功するとみており、私もローゼン公使と同意見である」と、奏上していた。

 ロシアの対案出る―日本案を否定

 ローゼンは103日、旅順から東京に帰任し、即日、小村外相を訪れて、ロシア皇帝の許可を得た対案を提示した。

 第l条 韓帝国の独立、領土保全を尊重することを相互に約すること。

 第2条 ロシアは韓国における日本の優越なる利益を承認し、第l条の規定に背反することなく、韓国の民政を改良すべき助言及び援助を同国に与える、日本の権利を承認すること。

 第3条 韓国における日本の商業的及び工業的企業を阻害しないこと。かつ第一条の規定に背反しない限り、右企業を 保護するがために執られたすべての措置に反対しないことを、ロシアにおいて約すること。

 第4条 ロシアに知照の上、右同一の目的を以て韓国に軍隊を送達するは、日本の権利たることをロシアにおいて承認すること。但し右軍隊の員数は実際必要なるものを超過せざるべきこと。かつ右軍隊は、その任務を果たし次第、直ちに召還すべきことを日本において約すること。

 第5条 韓国領土の一部たりとも軍略上の目的に使用せざること。及び朝鮮海峡の自由航行を迫害する兵要工事を、韓国沿岸に設けないことを相互に約すること。

 第6条 韓国領土で、北緯三十九度以北に在る部分は中立地帯と見なし、両締約国いずれもこれに軍隊を引き入れないことを相互に約すること。

 第7条 満州とその沿岸は全然日本の利益範囲外であることを日本において承認すること。

 第8条 本協約は従前韓国に関して日露両国の間に結ばれたるすべての協定に替わるべきこと。

 以上のロシアの対案は、次の点で日本の提案とはまるで違っていた。

➀ 独立と領土の保全を韓国のみに限って、清国に及ぼしていないこと。

② 韓国におけるわが自由行動権に対し種々の制限をつけていること。

③ 韓国へのわが出兵権に対し、〝ロシアに知照すべき″条件を付すること。

④ 韓国領土たりとも軍略上の使用を禁ずること。

⑤ 北緯三十九度以北、すなわち韓国領土の三分の一以上の地域を中立地帯とすること。

⑥ 独立と領土保全の約諾を清国に及ぼさざること。

⑦ 韓国における機会均等主義を承認しないこと。

⑧ 満州及びその沿岸を日本の利益範囲外とすること。

 このロシアの対案の趣旨は、「満州においては、日本と協定することを拒絶し、韓国においては、その3分の2において、日本の優越を認めるが、その運用には幾多の制限を付す」というもの。日露交渉は、その第一歩から正面衝突した。

結局、ロシアは「満州とその沿岸は全部、日本の利益範囲外とすること」を主張し,日本案の第1条から「清国」の語を削除して,領土保全の保障を韓国にだけ限定した。

また,日本の韓国に対する援助を「民政の改良」に限定し,韓国領土の一部たりとも軍略上の目的に使用せず,北緯39度以北部分を中立地帯とするよう求めた。8月の日本提案を裏返しにしたもので、完全にすれ違ったのである。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
岩切徹が斬る昭和戦後芸能史>『美輪明宏こそ稀人』『三島由紀夫、川端康成、志賀直哉』『 吉永小百合の人気』

<岩切徹が斬る昭和戦後芸能史>   『美輪明宏こそ稀人、本物のアーティ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(142)再録★『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃『『感情的』か、論理的か』★『中国の漢民族中心の「中華思想」華夷秩序体制)」 ×韓国の『恨の文化』(被害妄想、自虐 と怨念の民族的な情緒)⇔日本の『恥の文化』『ガマン文化』 『和の文化』のネジレとギャップが大きすぎる』

2014/06/17  /月刊誌『公評』7月号の記事再録 中国の漢民族 …

no image
“PVJapan2015、「再生可能エネルギー世界フェア2015」三菱電機、「リコー」、OKUJI(奥地建産) KANEKA(カネカ)の­動画プレゼン

日本の最先端技術「見える化」チャンネル  太陽光発電に関する総合イベント“PVJ …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059 …

no image
知的巨人の百歳学(152 )人気記事再録/<東京で歩いて百歳めざす健康長寿階段ナンバーワンはここじゃよ?ー百歳生涯現役実践入門ー地下鉄永田町駅です』★『鎌倉天然自遊人の朝食はー粗食が長寿元気の秘訣、ゼイタクは健康の敵』』

  ★「東京で歩いて百歳めざす健康長寿階段ナンバーワンはここじゃよ?ー …

no image
世界リーダーパワー史(934)ー『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはついに墜落寸前か!』★『政府高官たちは大統領失格のトランプ氏に対して憲法修正25条の適用を水面下で検討したものの、同条の適用は史上初となるため「憲法上の危機」を招くため、同氏の退任まで政権を正しい方向に導くことで一致した』

世界リーダーパワー史(934) 『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはつい …

no image
日本リーダーパワー史(947)ー『日中関係150年史』★『日中関係は友好・対立・戦争・平和・友好・対立の2度目のサイクルにある』★『日中平和友好条約締結40周年を迎えて、近くて遠い隣人と交友を振り返る」★『辛亥革命百年の連載(31回)を再録』③(16回から31回まで)

★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(909)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」★『北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告、一方的な核放棄要求に反発』×『 米副大統領、北朝鮮に警告「トランプ氏をなめるな」』

米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」「延期になるのか」   …

no image
「日中韓150年戦争史」(76) 『(日清戦争勝利後)朝鮮における日本』1895(明治28)年3月19日『英タイムズ』

   ◎『「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

no image
日本リーダーパワー史(108)伊藤博文⑤『観光立国論』―美しい日本の風景・文化遺産こそ宝<百年前の驚くべき先駆性>

日本リーダーパワー史(108) 伊藤博文⑤『観光立国論』―美しい日本の風景・文化 …