前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(864)ー『トランプ政権迷走の丸1年―通信簿はマイナス50点』★『歴史上、重大な役割を演じてきたのは、狂人、妄想家、幻覚者、精神病者である。瞬時にして権力の絶頂に登りつめた神経症患者や偏執狂者や精神病者の名は、歴史の至るところにあらわれるが、彼らは大体、登りついたのと同じくらいの速さで没落した』

      2017/12/18

日本リーダーパワー史(864)

トランプ政権迷走の丸1年―1918年世界はどうなる。

トランプ大統領は2017年「TIME誌」の『今年の人』に選ばれるのを断ったとツイートしたが、フタを開けると12月6日発売の表紙は「セクハラや性的暴行について沈黙を破った4人の女性」の写真だった。これもトランプ氏お得意のフェイクニュースだったのかね!

翌12月7日、今度は「エレサレムをイスラエルの首都に認め、米大使館を移設する」と正式に発表。予測されていた通り、世界各地で抗議集会、反対デモがまき起こり、エレサレムでは軍事衝突が再び始まった。火に油を注ぐトランプ暴走はこの1年、世界中に混乱と対立を激化させ、「エアホースワン」は今もダッチロールを続けている。

米科学誌は今年1月26日、「地球最後の日までの残り時間を概念的に示す『世界終末時計』を2015年より30秒進め、残り2分半となった」と発表。「一人の人間がこれほど大きく影響したことはかつてなかった。その人間が核ボタンを持った大統領ならばなおさらだ」と警告した。

それから、丸1年経過、世界は核戦争の足音におびえている。

2018年はどんな年になるか。トランプの悪夢は正夢となるのか、

世界の分断はより大きな亀裂となるのか。

世界史の偉人たちの病気の知られざる重大な役割について書いたピエール・アコスら著、須加葉子訳「現代史を支配する病人たち」(新潮社、1978年刊)は大変面白い。

「歴史上つねに重大な役割を演じてきたのは、狂人、妄想家、幻覚者、精神病者である。瞬時にして権力の絶頂に登りつめた神経症患者や偏執狂者や精神病者の名は、歴史の至るところにあらわれるが、彼らは大体、登りついたのと同じくらいの速さで没落している。」と指摘している。

現代史の巨人たちの病歴と戦争の関係についても暴いている。

「ケネディはアジソン病(慢性副腎皮質機能低下症、指定難病83)を隠しつづけた永遠の美青年」

「ニクソンは〝ずるのディック″を生んだ強迫神経症」

「ヒトラーの第三帝国とともに崩壊するパーキンソン病の肉体」

「レーニンの共産革命の仕上げを阻んだ脳軟化症」

「スターリンによる凍った血がみちびく恐怖と粛清の嵐」

「チャーチルは主治医によって守られた不治の心臓廟だった」

「毛沢東の革命の神様を待ちうける老人性痴呆」

「周恩来は文化大革命の試練の中、耐えに耐えた食堂ガン

との興味深い見出しが躍る。

では、トランプ氏の病気とは一体何なのか。

あのすぐカッとなってツイッターで攻撃、怒鳴り散らす激情、劇場型の性格について米国の心理学者ジョン・ガードナー氏は「加虐性、偏執性なども含まれる悪性ナルシシズムを持つ初の米国大統領」と述べている。

トランプと米マスメディアの非難合戦、仁義なき戦いは、トランプ氏が立候補した3年前から延々と現在も続くデスマッチである。

『不道徳』『犯罪者』『暴君』『独裁者』『詐欺師』「反知性主義者」ペテン師』(ジョージ・ソロス)「バカ」(ティラーソン国務長官)『トランプ大統領のtrumpは「だます」という意味』(お笑い米国人タレントのパックン)、

オックスフォード大関係機関の調査ではトランプ氏のツイックーの4分の1は偽ニュースで、『フェイク・プレジデント』(偽大統領)』といわれるゆえんである。

1年たって、果たして彼の公約の何割が実現したのか。

就任最初の移民入国禁止令は混乱を引き起こして頓挫、メキシコとの国境線のカベ建設も頓挫、オハマケア(医療保険制度改革)も修正、手直しされ置き換え法案が最終的に共和党内の反対で議会で否決された。TPP破棄(1月)は即実行されたが、各国との個別の自由貿易協定を見直す協議も、まだ進んでいない。

パリ協定離脱(6月)は実行されたものの、全米の各州、自治体、企業の反対で、それぞれパリ協定の実施に向けて協定加盟国と取り組んでいる。

このようにトランプ大統領は上下両院で共和党が過半数を握っているにもかかわらず、重要法案を1割も成立できず、内政は迷走、停滞してきた。

同時に外政面では、北朝鮮との対立はより深刻化、中国との貿易不均衡是正も一向に進んでいない。エルサレムの首都認定も公約の一環だが、その他の政策頓挫を挽回するための緊急措置とみられる。

ロシアゲート事件の捜査が前進しており、71歳のトランプ氏の健康不安説が再燃している。いよいよ前途多難、暗雲がますます立ち込めてきた。

そんな中で公約の大きな柱の税制改革法案はやっと12月2日に米議会上院本会議で可決された。トランプ大統領と共和党にとって政策上の勝利となる約30年ぶりの大幅な税制改革の実現である。トランプ政策の大きな一歩であることは間違いない。

ノーベル賞文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏は12月6日、ストックホルムで記者会見し『世界の分断を修復したい。不確実な未来に重要な役割を担おうとするならば、われわれはより多様性でなければならない』(毎日12月8日夕刊)と述べているのが、心に残った。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本風狂人伝⑮ 日本一の天才バカボン宮武外骨・「予は危険人物なり(上)は抱腹絶倒の超オモロイ本だよ。

生涯、やることなすこと、権力をからかい、既成の権威や習慣に挑戦して、筆禍や名誉毀 …

no image
日本リーダーパワー史(159)『江戸を戦火から守った山岡鉄舟の国難突破力③-活禅談、読書の論は何のクソにもならぬ』

日本リーダーパワー史(159)   『江戸を戦火から守った山岡鉄舟の国 …

no image
日本リーダーパワー史(62) 辛亥革命百年⑤―孫文を全面支援した怪傑・秋山定輔②

  日本リーダーパワー史(62)   辛亥革命百年⑤―孫文を …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―日中関係逆転歴史資料②『社説一孫文氏を迎ふ』(毎日新聞)

  辛亥革命(1911年10月10日)から百周年― 逆転した今後の日中 …

default
『日本史決定的瞬間の現場を歩く』★『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤博文、山県有朋、桂太郎首相、小村寿太郎外相の4巨頭に児玉源太郎内相、杉山茂丸の6者で『日露戦争を辞せず』と決定した。

★『日本史の決定的瞬間』★ 『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤、山県 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(85)記事再録/ ★日本の最強の経済リーダーベスト10・本田宗一郎の名語録―『成功は失敗の回数に比例する』★『怖いのは失敗することではなく、失敗を恐れてなにもしないことだ』★『需要がそこになるのではない。われわれが需要を作り出すのだ』

2010/08/04 / 日本リーダーパワー史(80)記事再録 前坂  …

no image
日本メルトダウン脱出法(794) 「超売れっ子になる人に共通する「6つの法則」●「欠点があり、熱っぽい中国の台頭を称えよう 悲観論者に耳を貸してはならない理由」【英FT紙)』●「下げ止まる兆しが見えない原油相場 2016年の注目ポイント」【英FT紙)』

 日本メルトダウン脱出法(794) 「超売れっ子になる人に共通する「6つの法則」 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(913)-米朝首脳会談(6/12日)を前に7回目の日米首脳会談(6/7)でトランプ氏は拉致問題提議を確約、安倍首相は北朝鮮と直接交渉する、と明言』★『トランプ氏「朝鮮戦争終結、合意あり得る」北朝鮮と調整』★『「安倍首相大慌て!トランプ心変わりの深刻度―日米首脳会談が「分かれ道」になる可能性」』★『安倍政権は今こそトランプと距離を置く時ではないか』

  トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会 …

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …

no image
日本リーダ―パワー史(122)『海軍の父・山本権兵衛』の最強のリーダーシップと決断力・実行力に学べ

日本リーダ―パワー史(122)『海軍の父・山本権兵衛』の最強のリーダーシップと実 …