前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(764)―『さらば!「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」、「瞑門」へ』● 『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む』③『社内の人間の顔をたてるよりも、社外への会社の顔をつぶさぬことを考えよ』★『賃上げは生産性向上の範囲内で」ではなく「賃上げを上回る生産性向上を」と考えよ』

   

 

日本リーダーパワー史(764)

さらば!「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」、「瞑門」へ

『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読むー③

 

(61)女性社員の心の真の底はやる気じゅうぶんである。そのやる気を引っぼりだせ。

     引っぱり出す役割は男性社員の側にある

(62)教育はチャンスにしかすぎない。これを生かすも殺すも本人しだいだ

(63)技術屋は事務系の勉強をせよ。事務屋は技術系の勉強をせよ

(64)穴を深く掘るには幅がいる

(65)杉林は一本一本の木の相互矯正によってまっすぐ高くそびえる。切磋琢磨せよ

(66)会社全体が「システム」という概念を体得せよ

(67)管理者はシステム・マインドを体得し、すべてにシステムでアプローチせよ

(68)今までは「能率」を高めることでやってこれた。これからは「効率」をよくすることを考えよ

(69)合理化は改善よりもまず除去することから始めよ

(70)人間には人間らしい仕事をさせよ。そのために機械がある

(71)コストダウンは生産だけの問題ではない。これからのコストダウンは営業から始まる

(72)常に「ほかのやり方はないか」を考えよ。それを関係部門が共同でやれ

(73)書類に依存する事務体制から離脱せよ。書類はいくら積み上げても業績とはなんの関係もない

(74)実績が予算をはるかにオーバーするのは、幹部の予算作成の見識のなさを示すものだ

(75)技術開発は背番号走法からマイへース走法に切り替えよ

(76)研究所は一九八〇年のカレンダーをつるせ

(77)営業幹部は前線にはりつけ

(78)販売部門は売るだけが能ではない。技術製造部門に新製品をどんどん注

               文せよ

(79)本部は前線を振り向かせるな。前線は前に進むためにある

(80)販売第一線は自社製晶のメリットを感じよ。メリットよりデメリットを強く感ずるくせをなくせよ

(81)貸金を低く押えようとする努力からは会社の繁栄は生まれない

(82)「貸上げは生擁性向上の範囲内で」ではなく「賃上げを上回る生産性向上を」と考えよ

(83)労使に利害の対立はつきものだ。この対立が前向きになるか否かは、労使が一つの共通の土俵に

          立つかどうかによって決まる

(84)わかっていてもやらないのは、わかっていないのと同じだ。やっても成果がでないのは、やらないのと同じだ

(85)棒高飛びのバーは常に上げられてゆく。これを越えねば競争場内より去らねばならぬ

(86)自分の立場よりも相手の立場で考えよ。そのことによって正しい行動が生まれる

(87)人は説教では動かぬが、自らが実行すれば動きだす

(88)顧みて他を言うなかれ、議論は常に前向きであれ

(89)下事には通じていなくてもよいが、下情には通じていなければならぬ

(90)社内の人間の顔をたてるよりも、社外への会社の顔をつぶさぬことを考えよ

(91)サラブレッドは生活力に劣るが、野ネズミは知恵が発達している

(92)社内では「よろしくお願いします」ということばを禁句にせよ

(93)中央への、上司への敬語過剰を排せ

(94)家を出るときには、今日は何をやるのだと、意欲をもって出社せよ

(95)「明日にしよう」と言わないで、今日のことは今日やっておけ。明日はまた明日やるべきことがある

(96)小市民的思想は捨てよ。仕事と生活は両立させるのだ

(97)会社での八時間を懸命に働くのは、あたりまえである。あたりまえでないのは、

       会社が終わってからの時間をどう過ごすかである

(98)健全なる身体は健全なる精神に宿る

(99)面壁一生

(100)日に新たに、日々に新たなり

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂ 1902(明治35)年2月14日『英タイムズ』-『日英同盟の意義』●『日英同盟がイギリス植民地、米国で受け入れられたことは,極東,太平洋と南洋全域,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を解消していく。』★『中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう』

               ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同 …

no image
★「3・11福島原発事故から5年」―(動画60分)黒川清元国会事故調委員長が日本記者クラブで3/4日、記者会見した。『世界は変わっている。日本は変われるのか』 『失敗から学ぶ姿勢あるのか、変わらぬ日本に強い危機感を持つ』

  『世界は変わっている。日本は変われるのか』 『失敗から学ぶ姿勢ある …

no image
『百歳学入門(197)』-『本当は「長生き」なんてどうでもいい (1/4)』★『“認知症患者700万人時代”にIoTで切り込む 超高齢化社会ニッポンで求められる対認知症サービス3選』★ 予防医療が日本を救う!医療・ヘルスケア・ライフサイエンス分野の国内外事例10選』★『「認知症」最新記事一覧』

 『百歳学入門(197)』 本当は「長生き」なんてどうでもいい (1/4) ht …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(234)』-『今回のバイエルン会長の、W杯一次リーグ敗退に関する常軌を逸した個人攻撃。エジルの今までの多大な功績への慰労も全くない』★『エマニュエル・トッドが常に強調するドイツ人組織トップの突然変貌する、デモクラシーを忘れた不寛容でアブナイ言動が露出している』

  バイエルン会長、代表引退のエジルを酷評「クソみたいなプレーだった」 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)>『ロシアゲート事件の議会調査で解任されたコミーFBI前長官が証言』★『落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」』●『  目の前に迫ったトランプ退任、ペンス大統領就任 予算教書で明らかになった”まさか”の無知無能ぶり』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)> …

no image
冤罪追及の旅『加藤翁事件』 「虚心坦懐」-加藤新一翁の雪冤(1979年9月)

1979年9月10日発行  「季刊 証言と記録」第3号に発表 冤罪追及の旅 「虚 …

no image
日本リーダーパワー史(220)<明治の新聞報道から見た大久保利通①>『明治政府の基礎を作った』 

 日本リーダーパワー史(220)   <明治の新聞報道から見 …

no image
速報(360)『日本のメルトダウン』●『仏ルモンド紙「日本は疑念の時、沈滞ニュースばかりで国家沈没の危機」と警告

速報(360)『日本のメルトダウン』   ☆『(仏 ルモンド紙の警告) …

images (1).jpg11
★『米朝核戦争勃発を防げ!、今こそふりかえれる日本史上/最強の勝海舟のリーダーパワー史(879)ー『英雄・偉人・大バカ・軍人・凡人・みな屁なチョコよ』<「ナアニ、明治維新の事は、おれと西郷とでやったのさ!』

 日本史上/最強の日本リーダーパワー史(879)   日本リーダーパワー史(15 …

no image
世界史の中の『日露戦争』③『戦争迫るロシアと日本』(戦争勃発3ヶ月前)『ニューヨーク・タイムズ』(明治36年12月20日付)

 『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』③- 英国『タイムズ』米国 …