前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(758 )―『10日日米首脳ゴルフ会談はどうなるか』ー安倍外交の「国際ルール守れ、価値観外交」の建前、看板を下ろし「すりより外交」「小切手朝貢外交」を展開。『仲良くしなさい』「ケンカはだめよ」「怒鳴るのはもっとダメ」とおとなしい「安全安心教育」された日本の政治家ではトランプ、プーチンの悪役プロレス政治家には全く歯が立たない

      2017/02/15

   日本リーダーパワー史(758)

ドナルド・トランプ米大統領は10日、安倍晋三首相との首脳会談を行う。日本側はこの会談で、トランプ氏がどのようなカードを切ってくるか、戦々恐々としながら事前準備をして、岸田外相、麻生財相と共に乗り込んだ。トランプ大統領は別荘に安倍首相を招待し、2日間にわたってゴルフ会談をやることを発表している。

安倍首相は「日米同盟を揺るぎのないものにする」「Win,Win日米関係を築く」と意欲を示し、トランプ大統領との親密さをアピールするゴルフ会談を歓迎し、「祖父の岸信介のアイゼンハワーとのゴルフ会談に思いを熱くしているようだ。

ここで、安倍首相の就任以来の地球儀外交、価値観外交、国際ルールを守れ外交が成功したのか、失敗したのか採点してみる。

➀まず先日行われた【安倍プーチン会談】なるものの結果はどうだったか、

国民の北方領土返還の期待あおり、何とか成功させると大見えを切ったもののふたを開けてみれば「なにもない」失敗におわった。

②安倍首相の外交術「アドバルーン外交」「信頼醸成外交」「早く会いたい外交」「すりより外交」「おもてなし小切手外交」「希望的観測楽観外交」などである。

その根底にあるのは「首脳同士の親密が外交成功」の秘訣であるという思考である。そのために、プーチンとは実に15回もの首脳会談を行ってきた。

➂プーチンとは「ファーストネームで呼び合うなど強い信頼関係で結ばれている」と自信満々だったが、いざ、ふたを開けてみると、2島返還どころか、プーチン一流の「強腰外交」「恫喝、戦争も辞せずの強圧外交」「経済協力ただ取り外交」にころりと手をひねられ、ロシア側の見事な1本勝ちとなった。

②フィリピンのドゥテルテ大統領(71)大統領との、何とか中国へ対抗してほしいという安倍首相の「お願い外交」「おもてなしお土産外交」も、プーチンとおなじく、したたかなドゥテルテ大統領にうまくあしらわれ、会談後すぎドゥテルテ大統領は中国習近平と会談し2国間協議、経済協力援助獲得に軸足を移している。

➂今回のトランプ会談にも、お土産にいろいろ腐心、『日本が4500億ドル(約51兆円)規模の経済協力を米国側に申し出る。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の資金が活用する案がひそかに検討されたが、新聞にすっぱ抜かれた結果、安倍も菅もカンカンに怒り、火消しに躍起となったといわれる。

「安倍首相が年金私物化…GPIFが米インフラ投資に消える」

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198823/1

まさしく、宗主国アメリカへの朝貢外交である。『プーチン』『ドゥテルテ』とおなじく、トランプ暴走老人大統領に対して、ここでも負け癖のついた安倍外交の「国際ルール守れ、価値観外交」の建前、看板を下ろし「すりより外交」「小切手朝貢外交」を再び展開している。

④「日米首脳会談を前に:上)カード出し過ぎ、要求さらに ジェラルド・カーティス氏」

http://www.asahi.com/articles/DA3S12788255.html

安倍外交についてジェラルド・カーティス氏は「ポーカーゲームをしているのだから、自分のすべてのカードをいち早く見せるのは賢明ではない」「トランプは不動産屋なので、相手を見て高く吹っ掛け、安く値切る圧力交渉をしてくる」と警戒するように述べている。

当たり前の助言だが、日本人にはそこを理解するのは難しい。『仲良くしなさい』「ケンカはだめよ」「相手を怒ったり、怒鳴るのはもっとダメ」「騒いだらダメ」とおとなしい、頭のいい子に育つ「安全安心教育」された日本の政治家のほとんどすべてはトランプのように、プーチンのような強面て、凶暴な、プロレス政治家を相手には全く勝負にならない。対処法もわからないのである。

⑤日本の伝統的ゲームは「ポーカーゲーム」ではなく、「丁か,半かのサイコロ賭博」である。そこには心理的な駆け引きはすくない。丁か半か勝ち負けのはっきりした世界で、偶然的な要素が大きい勝負である、『ポーカーゲーム』はだましの世界。交渉テクニックを言葉、表情、態度で変化させながら負けてる数字を勝に逆転できるゲームなのである。

日本のサイコロ賭博では、取引、駆け引きをテクニックは育たない、正直、誠実、正札取引が優先される、世界の交渉、ビジネスとは異質の世界なのである。

⑤  いろいろ、爺さんの無駄口、ヘラず口【愚痴】をたたいてきたが、今夜も『プロレス場外乱闘―トランプ安倍のゴルフ勝負の2回戦』から目がはなせないね。

 

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(93)記事再録/『日韓レーダー照射問題にみる『異文化コミュニケーションの難しさ―『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目』★『外交バトルの底に日中韓ケンカ作法の違いが見える』

    2019/01/28 の記事再録 &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(326)「尖閣問題の歴史基礎知識」② 日中、台湾、沖縄(琉球)の領土紛争の底の【中華思想】と台湾出兵②

  日本リーダーパワー史(326)   よくわかる「尖閣問題 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …

no image
大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎の晩年

政治手腕なき終戦内閣 昭和十一年(一九三六)に起きた二・二六事件 で鈴木貫太郎侍 …

no image
「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟報道」①『日英の友好深まり、同盟の風説しきり〔明治31/1/20 ) 国民新聞〕●『露、独に対抗し日本と同盟すべしと英紙]』(31/1/26 国民〕●『イギリス誌、ソールズベリの同盟論を支持〔明治31/2/19 国民〕』●『<スクープ>英政府、日本に正式に同盟を申し込む〔明治34/12/27 二六新報〕』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英 …

no image
速報(335) 日本の未来は原発事故をどう収束・廃炉にするかにかかるー-昭和前期の陸軍の暴走を処罰しなかった失敗に学べ

速報(335) 『日本のメルトダウン』   8月15日「無条 …

no image
近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>

2010年8月17日 /日本リーダーパワー史(87)  &n …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(208)ー『2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」「ジャパンウエー」』★『その勝利の秘密はエディー・ジョーンズ前HCのコ―チ学にあり、これはリーダーシップの免許皆伝の書といえる』(上)

  2019年の流行語大賞となったW杯ラクビ―大成功の戦略「ワンチーム」とその秘 …

no image
日本リーダーパワー史(397)肝胆相照らした明治の巨人、福沢諭吉と山本権兵衛ー福沢は「あれは軍人ではなくて学者だ。

    日本リーダーパワー史(397) &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(33)戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い①

日本リーダーパワー史(33) 戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々① &nbs …