前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』<まとめ>勝海舟②ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!

   

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』

<まとめ>勝海舟ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を

見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!②

2013/02/12

<まとめ>勝海舟について

日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟がいなければ、フランス革命、アメリカ 独立戦争など欧米の革命と比べて『血を流すことの最も少 なかった平和的な革命』(明治維新)は達成することがで きなかったのだよ。

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

日本リーダーパワー史(68)

勝海舟の外交コミュニケーション術・至誠と断固たる気骨で当たる

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3441.html

 

日本リーダーパワー史(157)

『江戸を戦火から守った西郷隆盛と勝海舟、高橋泥舟、

山岡鉄舟の(三舟)の国難突破力①』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3110.html

2011/06/04)

6月2日の内閣不信任案の否決の後も、首相の退陣の時期をめぐって、永田町の混乱は一層ひどくなり、亡国の惨状を呈している。かつて「首相になった後は政治家を引退する」と公言した鳩山前首相は「ウソツキ、ペテン師」「男として、人間として、あるまじき態度」「国難を乗り切れない」と感情をあらわに、菅首相を最大級に罵倒する。 もう1人の影のボスの小沢は不信認案に賛成すると断言したのに、本会議には棄権し、その夜は派閥の子分をつれてカラオケバーで、慰労のパーティーで気楽に遊ぶ。

真面目に働いて税金を払っている国民、大震災、原発の被害者からみると怒り心頭どころではない。この痴的レベルの政治屋集団(民主党)である。

自民党(自分党)の政策も政治力もないないづくしの無能議員たちも国難(敗戦)を倒閣のチャンスとしている亡国の政治屋に変わりはない。まさに、【売家と唐様で書く三代目】(初代が苦労して作った家屋敷も、 3代目となると売りに出すことになる)である。日本の国家倒産はカウントダウンに入った。

残念ながら、この連中には「国難を突破するインテリジェンス」も「突破力」も「胆力」もありはしない。

(2011/06/04)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3110.html

 

日本リーダーパワー史(167)

『敗軍の将・勝海舟の国難突破力⑥

『金も名誉も命もいらぬ。そうでなければ明治維新はできぬ』

<すべての問題解決のカギは歴史にあり、明日どうなるかは昔を知ればわかる>

(2011/06/24)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3075.html

 

日本リーダーパワー史(347)

勝海舟の国難突破力に学ぶ

  • 『勝海舟の中国・韓国との付き合い方』

  • 『日本人はあまり日清戦争に勝ったなどといばっていると、あとで大変 な目にあうよ。剣や鉄砲の戦争には勝っても、経済上の戦争に 負けると、国は仕方がなくなるよ。そして、この経済上の戦争にかけては、日本人は、とてもシナ人には 及ばないだろうと思うと、おれはひそかに心配するよ。』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2063.html

 

日本リーダーパワー史(173)

『勝海舟の遺言・最強のリーダーシップとは⑧』

政治家・リーダー必読●○『国は内からつぶれるのだ』 『百年の後に、知己を待つ』の気魄で当たるー ー<明治維新と現在と対比して国難リテラシーを養う>

(2011/07/14)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3014.html

 

日本リーダーパワー史(344)

まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』

  • 『尾崎行雄の傑作人物評―『西郷隆盛はどこが偉かったのか』

  • 『近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を

理解する方法論とは・『廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、

大度量によってのみ』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2076.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
梁山泊座談会『若者よ、田舎へ帰ろう!「3・11」1周年――日本はいかなる道を進むべきか』②『日本主義』2012年春号

  《日比谷梁山泊座談会第1弾》 超元気雑誌『日本主義』2012年春号 …

no image
ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉑ 『大日本帝国最後の日(1945年8月15日)14日、最後の御前会議での昭和天皇の言葉は⑥

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉑   『大日本帝国最後の日― (1945年8 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(172)』『都知事 M氏のこと、雑感ですー久し振りにセコイ大陸系金権政治家の亡霊が現れた感じです。政治資金規制法の抜け道を狡猾に利用している様ですが・・』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(172)』 『都知事 M氏 …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …

no image
日本リーダーパワー史(92) 閉塞状況を突破するために奇人政治家・田淵豊吉を見習え<河村名古屋市長・橋下知事の先輩>

日本リーダーパワー史(92) 閉塞状況を突破するために奇人政治家・田淵豊吉を見習 …

no image
★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(200)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ②>『森鴎外、中江兆民、一休、熊谷守一の<死に方の美学>』★『よく生きることは、よく死ぬこと、生者必滅、生死一体の実践』●『「立って半畳、寝て1畳、天下をとっても2合半』

百歳学入門②ー知的巨人たちの往生術から学ぶ② 2010/01/21      前 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』『昭和史研究の藤原彰氏』の著作を読み、久し振りに本物に出会い、脳天をカチ割られた気持ちです。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』 『昭和史研究の藤 …

no image
日本リーダーパワー史(677) 『日本国憲法公布70年』『吉田茂と憲法誕生秘話 ③『東西冷戦の産物 として1ヵ月で作成された現憲法』③ 『憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか』その謎を解く

  日本リーダーパワー史(677)  『日本国憲法公布70年』 『吉田茂と憲法誕 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(22)『(決定版)日清戦争の原因となった長崎水兵事件のすべて』清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat Policy)の威圧デモを 繰り返し日本は震え上がる。 尖閣、南沙諸島をめぐる中国軍の行動パターンは 昔も今も変わらない。

 日中北朝鮮150年戦争史(22) 『日清戦争の原因となった長崎水兵事件のすべて …

no image
速報(86)『日本のメルトダウン』☆『”原発安全神話 が福島原子力危機を招き寄せる時間を与えた(ニューヨークタイムズ6/26)』

  速報(86)『日本のメルトダウン』 ☆『”原発安全神話 …