前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(405)『安倍国難突破内閣は最強のリーダーシップを発揮せよ③『今後4ヵ月の短期国家戦略提言』

   

 日本リーダーパワー史(405

『安倍国難突破内閣は最強のリーダーシップを発揮せよ③

『今後4ヵ月(2013年末)の短期国家戦略プログラムを提言する』

 

  2020年東京オリンピック招致を実現する(9/8 日決定)

②消費税引き上げ完全実施する(10/2

  アベノミクスの成長戦略で法人税の引下げ実施

  中国、韓国との関係改善の具体的な行動

⑤内外に日本の巨額な財政赤字削減の具体的な対策を明言する

⑥堺屋太一内閣参与の「行財政改革プラン、公務員改革」の実施

⑦福島原発廃炉50年戦略に世界の知恵を結集し国家総動員体制で臨むこと

⑧南海トラフ大地震・関東直下型地震にそなえて、何十兆円の借金倒産となるコンクリート防波堤の「万里の長城」的な国土強靭化計画よりも、マンパワー・コミュニケーション中心の市町村合併、地方分権、老人介護を含めた人口住宅移動、集約、分散すべきである。

99兆円という馬鹿げた各省庁の来年度予算要求、自民政治家らによる落城近い日本丸からの借金積み上げ、砂上の楼閣の建設を阻止せよ

『まとめ記事ー日本最強のリーダーシップ

 

 

            前坂 俊之(ジャーナリスト)

 http://maesaka-toshiyuki.com/tag/98

 

キーワード「リーダーシップ」に関連する記事

 

<日本最強の外交官・金子堅太郎>『ルーズベルト米大統領、全米を説得したーその驚異の外交力の秘密』

(2011/12/18)

<最強の外交官・金子堅太郎>『外交の極致―ル大統領の私邸に招かれ、親友づきあい、トイレを案内してもらった日本人!』

(2011/12/24)

<最強の外交官・金子堅太郎>『外交交渉の極致―ポーツマス講和会議で日本を支持したルーズベルト大統領』(終)

(2011/12/26)

日本リーダーパワー史(229)<リーダー不在の日本の悲劇>『グローバルリーダー論・昭和前期のだめリーダーたち』

(2011/12/31)

日本リーダーパワー史(231) 明治の新聞が報道した『歴代宰相ナンバーワンの伊藤博文を弔う』

(2012/01/06)

日本リーダーパワー史(232)『大正政変の立役者・尾崎行雄の突破力(政治哲学)ー格調あるスピーチ(演説)で国を変えよ』

(2012/01/09)

日本リーダーパワー史(233)●『尾崎行雄の見た明治のリーダーー明治天皇、大隈重信、伊藤博文、山県有朋らの性格

(2012/01/12)

日本リーダーパワー史(234)『徳富蘆花の『謀反論』再読のすすめー(上)“反原発謀反人”となって日本、世界を救え』

(2012/01/22)

日本リーダーパワー史(236)<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』

(2012/02/23)

日本リーダーパワー史(237) <日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る>『売り家と唐模様で書く三代目』の日本病

(2012/02/24)

日本リーダーパワー史(238)今の政治家にも遺伝の日本病(死にいたる病)『世界に例のない無責任政治』尾崎行雄

(2012/02/25)

<国難日本史ケーススタディー>『三国干渉』(明治28年)でのリーダーたちのインテリジェンスー知恵と勇気の古典に学ぶ

(2012/03/05)

速報(257)<原発事故民間事故調報告書『世界を震撼させた3月の7日間」<菅元首相のリーダーシップは?!

(2012/03/05)

<国難日本史ケーススタディー『「臥薪嘗胆」-三宅雪嶺のインテリジェンス』ー知恵と勇気の古典に学ぶ

(2012/03/06)

<国難日本史ケーススタディー『我が日本は開国以来、いまだかつて真の外交なるものはなし』<林 董(ただす)の外交論>

(2012/03/07)

速報(265)『世界を震撼させた3月の7日間』 菅前首相のリーダーシップー外国紙は評価、日本のマスコミは酷評!?

(2012/03/15)

日本リーダーパワー史(242)『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップ)

(2012/03/16)

日本リーダーパワー史(244)明治日本の「諸葛孔明」ー空前絶後の名将・川上操六(30

(2012/03/19)

日本リーダーパワー史(245)尾崎咢堂の「宰相の資格(6)『宰相に最も必要なのは徳義。智慧・分別・学問は徳で使われる」

(2012/03/21)

日本リーダーパワー史(248)<道州制導入の橋下維新党は坂本竜馬よりも西郷隆盛の突破力を見習え!>

(2012/03/26)

日本リーダーパワー史(249)<道州制導入の橋下維新党は竜馬よりも西郷隆盛の超リーダーシップを見習え

(2012/03/27)

日本リーダーパワー史(250)『野田首相は国難突破のリーダーパワーを発揮し、小泉元首相、橋下市長のように断固けんかせよ。

 

 - 人物研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(62)記事再録/『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む➀『婦人女子、老翁、老婆、分別もない小児の首に、縄を掛けてこれを絞め殺すとは果していかなる国か。』『この社説が『脱亜論」のきっかけになり、日清戦争の原因ともなった

    2017/02/20 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(443)「国際ジャーナリスト・前田康博氏から「韓国・朴槿恵 大統領誕生から1年・その深層」緊急座談会(動画40分)

 日本リーダーパワー史(443)   ◎「国際ジャーナリスト …

no image
日本リーダーパワー史(252)明治日本の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」を実行した大久保利通の最期の遺言①

日本リーダーパワー史(252)     明治日本の国家戦略「 …

no image
『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』

<サンデー毎日1977年9月4日掲載> 『全告白・八海事件-これが真相だ(上)』 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(209)-『W杯ラクビ―の勝利と「モンスター」井上尚弥の世界一の共通性』★『「できない理由」を探すよりも「何ができるのか」を考える』★『日本社会と同じようなチームを作っても世界では負ける、他のチームの物まねをしてる限り、チームは強くならない』(下)

  W杯ラクビ―の勝利(準決勝進出)と「モンスター」井上尚弥の共通性 …

no image
日本リーダーパワー史(868)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(下)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州を攻撃する新聞ニュースを教えられ『日本が亡びる』と急きょ、帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起こした』★『ア―ネスト・サトウと共に奔走する』

  イギリスの公使に泣きつく   井上はなんという名だったか …

『オンライン/日本リーダーパワー史講座』★『明治維新から152年ーこの間に最高のリーダーシップを発揮した人物は一体誰でしょうか?、答えは「西郷隆盛」ではない、弟の西郷従道ですよ!ウソ、ほんとだよ』★『『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」「大馬鹿者」と(西郷隆盛は命名)『奇想天外』「貧乏徳利」(大隈重信いわく)』

 2015/01/01日本リーダーパワー史(512)記事再録 ★「フリ …

Z世代への遺言「東京裁判の真実の研究②」★『敗戦で自決した軍人は一体何人いたのか』★『東京裁判ではA級戦犯の死刑はわずか7人、BC級裁判では937人にものぼり、下のものに圧倒的に重罰の裁判となり、「復讐の裁判」との批判を浴びた』★『戦陣訓』で、捕虜になるより自決を強制した東条英機の自殺失敗のお粗末、無責任』

『リーダーシップの日本近現代史』(124)ガラパゴス日本『死に至る病』 &nbs …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)-『 ムハンマド皇太子の今後の進退には全世界の注目が集まっている』★『皇太子の任命権者サルマン国王と同盟国米国のトランプ大統領は現時点ではMBS(皇太子)の罷免に消極的であり、事態がこのまま推移すれば、政変になる可能性は少ない、と思われる』

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)   今 世 …

[ 鎌倉釣りバカ・カヤック日記/爆釣編/カワハギ必釣秘伝』★『稲村ケ崎沖で仕掛けが着地と同時に大きくしゃくり、ーモゾモゾ、フアフア、ピクピク、ドカンとあわせ、ズシンズシンと「地球を釣ったような巨カワハギ(30㎝)が釣れるよ』

  『2012/10/08に釣行 爆釣記』   3連休の最後 …