前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(406)『安倍首相は東京オリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ」(2日後に迫る)

   

  日本リーダーパワー史(406

『安倍首相はオリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ

 

    2020年のオリンピック開催都市決定(日本時間9/8 日午前5時)がギリギリに迫ってきたが、ここにきて東京優位は逆転しつつあるようだ。4日にブエノスアイレスで東京五輪誘致委員会が開いた会見では、福島原発の汚染水について海外メディアの記者からの質問が集中して、満足を与える回答をだせず、失望が広がった、という。

  これまで政府もリーダーも国民も何かというと「安全」「安心」をスローガンにしながら、いうことと、やることは大違いで、原発事故の対応、対策も常に後手後手に回り、数々の行政の不作為の責任を追及せず、説明も不十分の連続であった。

  いうまでもなく、コミュニケーションで大切なのは、自らの意思を表明することではなく、相手が十分納得するように説明、説得するように話すことで、そうでなければ相手の理解を得ることができず、コミュニケーションのキャッチボールは成立しない。コミュニケーションの不理解、ギャップが生じ、対立だけが残る。

  歴代日本政府の原発事故の対応失敗は世界が見ていた通り、国民に被害状況を知らせず、場当たり対応、先送りの失敗の連続で、口ではひたすら安全、安心を連呼するダブルスタンダード、トリプルスタンダードあった。

  オリンピックの開催地は戦争・対立を避ける平和の手段の祭典であるという基本原理からの選択であり、日本側はどこまでこの点を認識しているか。安倍首相をはじめプレゼンターの最後のプレゼンテーションで世界が心配する原発汚染水への不安の一掃と事故の処理の具体的なプログラム、東京開催が世界平和、アジア地域の安定に寄与する平和の祭典になることをアピールする以外にない。安倍首相のリーダーシップとスピーチ力が決定打,逆転となるであろう

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

●『オリンピック記者会見 汚染水漏れの質問続く、海外記者「失望した」

http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/05/olympic_
candidate_n_3876459.html?utm_hp_ref=japan

 

●『世界のメディア続々「マドリード優位」竜巻被害も報道

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2013/09/06/kiji/K20130906006559621.html

 

●『五輪招致レース、それぞれ難題抱える3都市の勝算は?

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323438 704579057903856067752.html

 

●「焦点:政府強気の「東京五輪」誘致、アベノミクスの分かれ道に

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPT
YE98500M20130906

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
最高に面白い人物史⑦人気記事再録★『日本が世界に先駆けて『奴隷解放』に取り組んで勝利したマリア・ルス号事件(明治5年7月)を指揮した」『150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス』

  2019/04/08日本リーダーパワー史(976)ー   …

no image
 『憲法第9条と昭和天皇』ー <エピソード憲法史=現憲法はペニシリンから生まれた!?>

 憲法第9条と昭和天皇                         2006 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(117)/記事再録☆「国難突破力NO1―勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」から学ぶ』★『⑩学問に凝り固まっている今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉(きもったま)の小さい。まさかの場合に役に立つものは殆んど稀だ』

2015/01/01百歳学入門(92) 勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬1 …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」★『人間、万事金の世の中、金の切れ目が縁の切れ目、これが資本主義のルール』★『米中覇権争いもGAFA、国家、企業、個人の盛衰、格差拡大、階層の二分化もこの原則に従う』

「国難日本史の歴史復習問題」ー 『山座円次郎の外交力』●『山座が「伊藤公を叩き殺 …

no image
日本興亡学入門⑥ 「インテリジェンスゼロは≪ガラパゴス日本≫の伝統病」

日本興亡学入門⑥                             200 …

no image
日本メルトダウン脱出法(685)「世界経済:来たるべき景気後退に備えよ 」(英エコノミスト誌)「黒田発言なければ現実化した近未来、懸念は管理不能な円安」

  日本メルトダウン脱出法(685) 世界経済:来たるべき景気後退に備えよ (英 …

no image
 世界も日本もメルトダウン(961)★『アメリカの衰退を示す、史上最低の米大統領選挙』ー『米共和党、トランプ氏のわいせつ発言暴露で大混乱に』●『  暴露されたトランプ米大統領候補の女性蔑視発言の全訳』●『コラム:米国で感じた「トランプ大統領」の確率=佐々木融氏』●『  ヒラリーか、トランプか? アメリカ大統領選「第3の選択肢」まで浮上』

     世界も日本もメルトダウン(961)     『アメリカの衰退を示す、史 …

no image
日本メルトダウン脱出法(583)●『アベノミクスの挫折で深まる安倍政権の危機 」●「ジャパン・クライシス」が迫っている」

   日本メルトダウン脱出法(583)   &nb …

51Vo7Ljx49L._SX336_BO1,204,203,200_
日本リーダーパワー史(633)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26) 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢①<田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じた。これが日露戦争の勝利の秘訣となった>

 日本リーダーパワー史(633) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26)   …

no image
速報(377)『日本のメルトダウン』安倍政権が直面する「3つの難問」と再生のカギ』『世界の投資家は財政健全化へのへの姿勢も注視』

速報(377)『日本のメルトダウン』   ●【最終回】
新政権が直面す …