前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(406)『安倍首相は東京オリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ」(2日後に迫る)

   

  日本リーダーパワー史(406

『安倍首相はオリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ

 

    2020年のオリンピック開催都市決定(日本時間9/8 日午前5時)がギリギリに迫ってきたが、ここにきて東京優位は逆転しつつあるようだ。4日にブエノスアイレスで東京五輪誘致委員会が開いた会見では、福島原発の汚染水について海外メディアの記者からの質問が集中して、満足を与える回答をだせず、失望が広がった、という。

  これまで政府もリーダーも国民も何かというと「安全」「安心」をスローガンにしながら、いうことと、やることは大違いで、原発事故の対応、対策も常に後手後手に回り、数々の行政の不作為の責任を追及せず、説明も不十分の連続であった。

  いうまでもなく、コミュニケーションで大切なのは、自らの意思を表明することではなく、相手が十分納得するように説明、説得するように話すことで、そうでなければ相手の理解を得ることができず、コミュニケーションのキャッチボールは成立しない。コミュニケーションの不理解、ギャップが生じ、対立だけが残る。

  歴代日本政府の原発事故の対応失敗は世界が見ていた通り、国民に被害状況を知らせず、場当たり対応、先送りの失敗の連続で、口ではひたすら安全、安心を連呼するダブルスタンダード、トリプルスタンダードあった。

  オリンピックの開催地は戦争・対立を避ける平和の手段の祭典であるという基本原理からの選択であり、日本側はどこまでこの点を認識しているか。安倍首相をはじめプレゼンターの最後のプレゼンテーションで世界が心配する原発汚染水への不安の一掃と事故の処理の具体的なプログラム、東京開催が世界平和、アジア地域の安定に寄与する平和の祭典になることをアピールする以外にない。安倍首相のリーダーシップとスピーチ力が決定打,逆転となるであろう

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

●『オリンピック記者会見 汚染水漏れの質問続く、海外記者「失望した」

http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/05/olympic_
candidate_n_3876459.html?utm_hp_ref=japan

 

●『世界のメディア続々「マドリード優位」竜巻被害も報道

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2013/09/06/kiji/K20130906006559621.html

 

●『五輪招致レース、それぞれ難題抱える3都市の勝算は?

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323438 704579057903856067752.html

 

●「焦点:政府強気の「東京五輪」誘致、アベノミクスの分かれ道に

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPT
YE98500M20130906

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1234
知的巨人たちの百歳学(174)記事再録/日本最長寿の徳川家三代指南役・南光坊天海(108歳)の養生訓ー上野公園内の「墓碑」で長寿健康を祈る―『 養生法・長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし。』★『養生訓「気は長く 勤めは固く 色うすく 食細うして 心ひろかれ」

2015/02/05/百歳学入門(102)・   日本最長寿の徳川家三 …

no image
『オンライン/日本興亡150年史/お笑い講座②』百歳学入門(150)『 日本最長寿の名僧・天海大僧正(107)の長命の秘訣は『時折ご下風(オナラ)遊ばさるべし』●昭和爆笑屁学入門『『元祖〝ライオン宰相〃浜口雄幸・・国運をかけたONARA一発『ぶー,ブ,ブーブゥー』『屁なりとて、徒(あだ)なるものとおもうなよ、ブツという字は仏なりけり(仙崖和尚)

   2016/07/05   記事再録 …

666666
『おとなの世界ぶらぶら写真日記』★『死海(Dead Sea)、30 年ぶりの浮遊体験』ー平均1年、1mのペースで湖面が低下している。

   2016/03/09  &nbsp …

no image
「国難日本史の歴史復習問題」ー「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部の対応』◎『早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループ『湖月会』はどうしてできたか。』★『山座円次郎の外交力』

 「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパ …

no image
日本リーダーパワー史(360)『エピソード憲法史』【ペニシリンから生まれた憲法】白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』など

日本リーダーパワー史(360)             <『わずか1週 …

no image
日本リーダーパワー史(530)「何よりダメな日中韓の指導者―安倍首相も「成熟した大人のグローバルリーダーシップを磨け」

   日本リーダーパワー史(530)   「安倍自 …

no image
梁山泊座談会★『若者よ、田舎へ帰ろう!「3・11」1周年―日本はいかなる道を進むべきか③』『日本主義』2012年春号

《日比谷梁山泊座談会第1弾》 超元気雑誌『日本主義』2012年春号(3月15日発 …

no image
 日本リーダーパワー史(786)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス③』★『日本史の決定的瞬間』★『京都「無隣庵」での伊藤、山県、桂、小村の4巨頭に児玉、杉山の6者秘密会談で『日露戦争も辞せず』と決定した』●『小村外相のロシアの巨熊を生け捕る方法とは・・』

 日本リーダーパワー史(786) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(162)』ー『BBCの動画では、橋の崩落現場をカメラマンが決死的に谷底まで撮影』●『石積み職人集団「穴太衆」が語る「熊本城」修復の課題とは!』●『熊本地震、トヨタが生産停止を拡大 電機も復旧に遅れ』●『100円ショップで備える命を守る20品』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(162)』   …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑥-『朝鮮の各国との通商こそ,国土保全の所以である(上)』(1882/12)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …