前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑲』「IIJ社長に勝・前財務次官 消費増税で手腕 」◎「知らない無人機攻撃の怖さ」

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ

 

◎「IIJ社長に勝・前財務次官 消費増税で手腕 

知ってるようで知らない無人機攻撃の怖さ」

日本、中国の動きを警戒アジア開発銀総裁選

 

◎「IIJ社長に勝・前財務次官 消費増税で手腕 

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD010MF_R00C13A3MM8000/?dg=1

  

Fさんのコメント>

30年前、小生がネットワーク事業をスタートさせた時、IIJの鈴木
社長は、まだ小規模なベンチャー会社でしたが、インターネット業
界の先駆者として、大御所の様な、別格の存在でした。
通信技術としてのインターネットの品質に問題の多かった当時、優秀
なエンジニアを集めて技術改良に昼夜兼行で励み、品質のIIJの名声を
恣にしていました。トヨタ、ソニーが主要顧客でした。
通信キャリアとしてのメーカー選別、業者選別の目利きは厳しく、
我々外部業者にとって、IIJのサプライヤーになることが夢であり、
ステイタスでした。毎週の様に、神田の本社に通い、スイッチング
ハブや光ファイバーをPRしたものです。
鈴木社長の姿勢は、日本インターネット協会を中心としてネットワー
クバブルの際に一儲けした連中とは常に一線を画し、純粋にインター
ネット技術、業界の発展に貢献するものでした。
コンピューターネットワークのIP技術を中核とした通信技術か
ら出発し、今もそれで勝負し続けている通信キャリアとしては、
IIJ
のみではないでしょうか。
戦前戦後を通じ、日本の通信事業は郵政省、電電公社、NTT, KDD,
が終始支配しておりました。
今日ではインターネットプロトコル(IP)を通信の中核技術の一つ
として使用しないと、通信コストの低減は出来ない事は常識で、
NTT, KDDI,
ソフトバンクいずれもこのインターネット技術を広範囲
に採用しております。中でも、巨大な携帯通信ネットワークのバッ
クボーンは、大規模なIPネットワークで構築されております。
IP
技術の未熟さを指摘し、採用を最後迄拒否して来たNTTに対し、
インターネットベンチャーの雄としての鈴木社長の存在が扉をこじ
開けて来たと言っても過言ではありません。
さて、このような歴史を持つIIJの社長に元財務省事務次官が就任す
る、インターネットの存在の大きさを象徴する出来事であり、隔世
の感があります。
勝氏がインタネット事業経営の中核を経験する事は、日本のICT
(情報通信技術)業界にとって、ICT支援の為の国費の将来の使い方
に大きく貢献し、影響を与え、その意味は極めて大きいと考えられ
る。鈴木氏,勝氏の二人三脚はこれから何を生み出すのだろうか、
非常に楽しみです。

<第2信>

蛇足ではありますが、過去、財務省系の大物官僚で
IT
系の民間会社に再就職したケースを調べましたが、
見つかりません。
職務経験と行政利権から、幹部人事としては金融、
証券系、行政法人、国際機関がほとんどです。
ご承知の様に、霞ヶ関退職後の余生を多額の退職金
つきで巡回する訳です。
今回の 勝栄二郎氏 のケースはそのどれにも当て
はまらない画期的な再就職ではないかと思います?

1)IIJは、技術変化の激しい、全ての動きが速い
ネットワーク業界を代表する企業であり、就労環境
には覚悟が求められます。海外交流も極めて盛んです。
彼は、そこの責任の無い顧問から、経営責任が集中
する社長をやる訳です。IPキャリアで1000億円
の売り上げ、2000人の社員です。

恐らく鈴木幸一氏が掻き口説いたものと思われます
が、勝氏自身で新たな挑戦を選択したと思われます。

この方は以前から、中々の侍で従来の官僚気質
、単純な出世主義者とは異なると聞いております。

2)彼の転身は、今後の財務省 後輩のキャリア
選択に新たな指針と影響を与えて行くのではないで
しょうか?(これを期待したいですね)

持てる才能を有効に活用し、従来の様な才能の小
利口な浪費を戒め、民間に奉仕して渦中の栗を拾う
姿勢の大切さを示しているのでは?と思いたいです。

3)今一つ、次期選挙より、Eメール、 Twitter,
Facebook
を解禁したネットワーク選挙が始まります。
システムの設計、セキュリティ対策などIIJは重要な
役割を果たすと思います。失敗が許されないだけに
業者側に官僚OBのエースがいる事は霞ヶ関にとって
心強い味方となります。これからネット選挙関連省庁
の勝氏詣でが始まるのではないでしょうか。
何れにしましても「二人の侍」がこれから何をする
か? 見物(みもの)です。

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD010MF_R00C13A3MM8000/?dg=1

 

◎「知ってるようで知らない無人機攻撃の怖さ」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2013/02/post-2853.php

 

◎「韓国の高齢者に忍び寄る貧困

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324432404578331053826972548.html?mod=WSJ_hp_mostpop_read

 

◎「日本、中国の動きを警戒アジア開発銀総裁選

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324432404578330652852509668.html?mod=WSJJP_Economy_4_2_Left_LatestNews

 

◎「黒田氏の日銀総裁指名は市場との対話能力が決め手

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324432404578335103316215528.html?mod=WSJ_article_MoreIn_%25u7D4C%25u6E08

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(304)『日韓外交衝突のルーツ』李氏朝鮮の攘夷思想で日本大使の拒絶、親書拒否で敵意を募らせ、征韓論が噴出

日本リーダーパワー史(304)   『日韓外交衝突の歴史を検証する』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(682)「私が決して日中友好パーティーに出席しない理由」●世界経済の減速の兆し:円安のインパクト」(英エコノミスト誌)の7本

   日本メルトダウン脱出法(682)   私が決して日中友好パーティーに出席し …

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎④>『武士道とは何かールーズベルト大統領が知りたいー金子の名スピーチ④』

<日本最強の外交官・金子堅太郎④> ―「坂の上の雲の真実」ー 『武士道とは何かー …

no image
『日本の最先端技術「見える化」チャンネル』★「インターネットのようにドローンが世界を変える」ーー「国際ドローン展』(動画4本)と『ドローン最新情報8本」

『日本の最先端技術「見える化」チャンネル』 ★「インターネットのようにドローンが …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(58)』『巨大地震の前兆か、全国各地で深海魚が多数、定置網にかかる異変』

       『F国 …

default
第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動制御システム研究所・野波健蔵社長の世界初の 「ビジョンを用いた非GPS環境下の自立飛行」のデモ実験(動画15分)

日本・世界最先端「見える化」チャンネル 第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動 …

no image
日本メルトダウン(924)『グローバリズム(国際主義)、ポピュリズム(大衆迎合主義)を勝ち抜くリーダーシップは・MLBの上原投手、イチロー流の生き方ー①『人気よりも実力、結果で示す』 ②『ユーモアとコミュニケーション上手」 ③『独立自尊し、謙虚に分をわきまえる』<真のリーダーとは『愚者」ではつとまらない。『賢者』 (スマート人間)で、『結果勝利」がなにより重要>

  日本メルトダウン(924)   『グローバリズム(国際主義)、ポピ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(44)記事再録/明治維新の革命児・高杉晋作の「平生はむろん、死地に入り難局に処しても、困ったという一言だけは断じていうなかれ」①

    2015/07/29日本リーダーパワー史( …

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

By: Ryosuke Hosoi
日本リーダーパワー史(540)「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)の警告➂「TPP交渉、農業改革は今年前半がラストチャンス」

  日本リーダーパワー史(540)   「FOREIGN AFFAIR …