前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言(22) 『リーダーは“両耳判断”せよ』 『持てる力を一点に集中すれば、必ず穴があく』 

   

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言
・千言集(22)            前坂 俊之
 
 

◎リーダーは“両耳判断”せよ
 
  後藤 新一(三洋電機相談役)  『よっしゃ、イチから出直しや』
 
 リーダーたるもの、人に接する場合、どんな醜の中にも、美しさがあるはずだという前
提で、臨まなければならない。逆にどこからみても、非の打ちどころがないといわれる人
の中にも、どこか醜、つまり短所があるという前提で接し、その短所は短所として把握し
ておく必要がある。
 
 部下から「あの人間は悪い」と聞いても、その口車に安易に乗らず、どこか長所がある
はずだという前提で、冷静に見てやることだ。人を色眼鏡や固定観念で見てはならない。
もう一度見直してあげることだ。その場合、大切なのは人間に対する“片耳判断”をして
はいけないということだ。片耳だけでなく、両耳で判断すべきである。
 
 「あの人はこの点がダメ」という意見だけを聞いて、つまり“片耳判断”してはいけな
い。ウワサやカゲ口をうのみにせず、もう一度別の角度から観察して、つまり両耳で判断
すべきである。

●自分を鍛える男の鉄則

 
  古賀 実(日本コンサルティングセンター理事長)
 
 二世、三世の生まれついた経営者、社長が増えている。個性に乏しい、素直ないい子社
長である。古賀は彼らに「古賀流の自分を鍛える男の鉄則」を教示している。
 
 一 常にハングリーであれ
 二 他人のマネでは二流、自分のものを作り出して初めて一流になる
 三 プロの修行に“手取り足取り”はない
 四 男は忙しくなきゃダメ
 五 二十代は粗削り、三、四十代はキメ細かさ
 六 スキのある人間は魅力がある
 七 人間は志がないと悪い方へ流される
 八 人生は変化の連続、利用如何は自分次第
 九 上げ潮の時は乗りに乗れ
 十 プロの条件は夢、志、執念、知識、生命力
 十一 機先を制したり、返しワザを打つには基本が出来ていなければならない
 十二 定石は日々作られていくものだ
 十三 一定の水準に達する人はみな素直である
 十四 どこまで行ってもこれからだと思え
 十五 「芸」に達した人は芸人性を感じさせる
 十六 真っ暗闇の中に自分の光を見つけよ
 
 
   
 ◎研究開発はカルタ取りだと思え
 
  小林 大祐(富士通社長)     『トップの頭脳生活』
 
 “果報は寝て待て”というコトワザがあるが、仕事上の着想、発想に関してはこれはあ
てはまらない。果報は待っていたのでは決して得られず、むしろギリギリの、時間的制約
や自分の職業生命をかけた、責任感の中から得られるものだ、と思う。
 
 その意味で、私は社の研究開発に従事している者たちに常々「自分たちのやっているの
はカルタ取りだと思え」と言っている。カルタは、たとえ答えが同じようにわかったとし
ても、一瞬でも早くパチッとやられれば負けになる。研究開発も同じで、成果の発表が一
瞬でも競争相手より遅ければ、それで負けだ。
 
 時間という観念抜きの“発想”など企業にあり得ない。厳しい時間的制約と責任感があ
れば、どんな人間も創意工夫を余儀なくされ、その発想を単なる空想にとめないで現実の
行動に移していかざるを得なくなる。時間はカネであり、勝負なのだ。明確な目標が与え
られ、責任を感じれば、人間というのは驚くほど能力を発揮する。
 
 
◎企業は大きくしてはいけない
 
  中島 董(キューピーマヨネーズ創業者)  『幹部の責任』
 
 中島は「経済道義こそ企業の根幹であり、売れれば売れるほど安くし、利益を社会へ還
元する」という理念で、戦後十七回も値下げに踏み切った。
 昭和二十三年に一四〇・のびん入り二百円の製品を、合理化によって約三分の一以下の
七十円まで値下げした。
 
 中島は「企業は大きくしてはいけない」と断言する。「大きくなればなるほど、自分の
目の届かぬところができ、お客にすまないし、ノレンに傷がつく」と。
 人は小よりも大を好む。とかく、内容も伴わないのに、経営規模だけ大きくしようとす
る。大黒柱をそのままにして、より大きな家を立てると、大黒柱に荷重がかかって倒れた
り、ゆがむ。企業の原理も同じ。
 
 やたらに、従業員の頭数だけを増やしたのでは、大黒柱を太くしないで、家だけを大き
くしたのと同じだし、自らの大きさを無視してドンドン膨張すると必ず悪い結果を招く。
 
 

◎持てる力を一点に集中すれば、必ず穴があく
 
  鬼塚 喜八郎(アシックス社長)
 
 昭和二十四年に従業員二人で始めた「オニツカ」は現在、世界のスポーツシューズのト
ップメーカー、「アシックス」として世界のスポーツマンから愛好されている。
 その鬼塚の経営理念、戦略は「一点集中のキリモミ経営」である。中小企業が大資本を
相手に勝つ方法、“弱者の戦略”は常に自社の開発力、販売力、資本力の持てる力のすべ
てを一点に集中させること、という。
 
 アシックスはまず、バスケットシューズに全力を投入、成功すると、今度はマラソンシ
ューズ、次はバレーボールシューズといった具合に一点集中し、突破してきた。
 
 この“キリモミ戦略”の経営はキリが一点に集中して穴を開けていく戦略で、これはと
思われる市場を徹底的に攻める。一つの商品に力を入れ、シエアが七、八〇%になるまで
他に手を出さない。販売戦略も同じで、全国にあるスポーツ店から陸上関係者が最もよく
集まる陸上専門店三百店を選び、差別化作戦でその店だけにしか売らないことで全力投入
して成功した。

 

◎頭を下げれば情報が入ってくる
 
三沢 千代治(ミサワホーム社長) 『価値を逆転すれば現代に勝てる』
 
 先端技術などで新聞を読んでも十分飲み込めず、詳しく知りたい場合には、私はその会
社や人物へ頭を下げて教わりに行く。
 
 ほとんどの人はこうした場合、反応があったことを喜ぶ。相手は必ず「どうぞ、どうぞ
」と答えてくれる。実際に聞きに行けば、実に親切に教えてくれる。技術者の方など、喜
んで極秘の部分まで話してくれる。こんなことまで聞いてもいいのかなと思う時もあるほ
どだ。
 
 まったく知らない会社はもちろん、ライバル会社でも「せっかく来られたのだから仕方
ありませんね」と苦笑しながら。、かなりの部分まで教えてくれる。
 
 情報は高いところから低いところに流れる。うちの会社にはいい技術者がいないからダ
メだ、などというのは見当外れで、頭を下げて聞きにいく気があるかどうかがカギだ。絶
えず注意して、気になる情報が引っ掛かったら、謙虚な気持ちで教わりに行くことだ。
 
 

◎商売の秘訣は世間より一歩ずつ先に進むこと
 
  服部 金太郎(セイコー創業者)
 
 服部は明治初期に時計の修繕工からスタートし、一代で世界有数の時計王国・セイコー
を築き上げた立志伝中の人。服部は自分の成功について、服部時計店の重役たちに次のよ
うに言っていた。
 
 「自分は他人が仲間同士で商売をしている時に、一歩進めて外国商館から仕入れた。他
の人が商館取引を始めた時には、さらに一歩進めて、外国からの直輸入をやった。
 他人が直輸入を始めた時には、こちらはもう自分の手でそれを製造し始めた。そして他
人が製造を思いついた頃は、とうに世界的水準に達する立派な国産品が、出せるようにな
っていたのである」
 
 「すべて商人というものは、世間より一歩先に進む必要がある。ただし、それは一歩だ
けで、一歩よりよけいに進み過ぎてはいけない。何歩も先に進み過ぎると、世間とあまり
かけ離れて、商売人ではなくなってしまう」
 
 

リーダーは部下に常に“窓”を一つ開けておけ
 
後藤 新一(三洋電機相談役) 『よっしゃ、イチから出直しや』
 
 トップやリーダーは部下に対して、常に“窓”を一つ開けておくべきだと思う。その“
窓”とは心の窓であり、そこからは、みんなが自由に出入りできるようにしておく。
 そうしなければ、みんながついていかない。部下が人事百般あらゆる問題・悩みを相談
にいけるようなリーダーにならなければいけない。
 
 そのためには、リーダーは渋味豊かな人間性がなければいけない。渋味豊かとは無欠点
から生じるものではなく、ある程度欠点のあるところから生じる。
 あるいは、ハメを外すところから生じる。その欠点やハメを外すところ、換言すれば、
“許されるところ”が、実は“窓”となり、部下はその“窓”から気軽に出入りするよう
になるといえるだろう。
 “欠点のない男は友人に
すべからず”という言葉がある。仕事は欠点がない方がいいが
、生活面ではある程度、抜けている方が楽しい。
 
 
 
◎鈍と根がなければ運はつかめない
 
 立石 一真(オムロン創業者)   『人を幸せにする人が幸せになる』
 
 「運・鈍・根」という言葉があるが、「鈍」と「根」がなければ運はつかめない。
 運をつかむには、正確な未来予測、“時代を先取りする”ことが必要であろう。先駆者
には先駆者の悲哀があり、いつの場合も時代に容れられず、〇〇と困難がついてまわる。
 
 あまり、賢すぎてはできぬことで、「鈍」がなければなるまい。それから、いま一つ、
いろんな批判に耐え、さらに〇〇と困難を排して、それをやり続けるには「根」がいる。

 

 いまの情報システムにしても、サイバネーション技術の自主開発とそれによる三つのジ
ャンボ・システムの開発、それをジャンボ・マーケットに育て上げる仕事は、やはり「鈍
」と「根」がなければやれなかった。
 「運・鈍・根」が、わが社をここまでもってきたといえる。
 
 
 

◎叱った後の手当てが大事
 
松下幸之助(松下グループ創業者) 『山本五十六と松下幸之助』
 
 松下の叱り上手は有名であった。彼の指導を受けた部下たちは、口を揃えて言う。
 松下は「上手な叱り方や、ほめ方をすること自体すでに、間違いではないかと思う。

はり、叱らなければならない時は叱る。ほめるべき時にはほめる。いわゆる直情径行でい
いと思う」と述べている。叱る時はこのように厳しかったが、大事なことは、松下は叱っ
た後にしこりを残さないように、うまく手当てをしていたことだ。叱りっ放しにはしなか
った。
 
 九州松下電器社長であった青沼博二の証言。
 
 「特に重大な問題で、我々のやり方に間違いがあった時には、徹底的に叱られた。が、
その日ならその日のうちに、全く話題を変えて『時に、あれ何だったかな』と電話を掛け
てこられたり、数日たってもう一度呼んで、叱ったことを全く忘れたかのような、顔をし
て他の話をされたりしておられた。他の人を介して『落胆していないだろうか。気にして
いないか。あんたから激励しておいてくれ』と間接的に、慰められていた」
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(452)●『米国が日本との貿易協定を支持すべき理由」●『今の日本の経営者は、しょうもなさすぎる』

 速報(452)『日本のメルトダウン』   ●『米国が日本と …

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載②(11回→20回まで)』

記事再録/日本リーダーパワー史(872)   「英タイムズ」「ニューヨ …

ダウンロード (1)
世界が尊敬した日本人(56)松旭斎天勝―世界公演で大成功した「魔術の女王」として、「ジャポニズム」 を巻き起こした。

  世界が尊敬した日本人(56) 松旭斎天勝―世界公演で大成功した「魔 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …

no image
日本メルトダウン脱出法(585)●『諦めムードの香港民主化運動」●『サイバー空間時代にものを言う「国民の文化力」

   日本メルトダウン脱出法(585) &nbsp …

no image
●日本の司法の犯罪と無責任ー「袴田事件:再審開始を決定、衣類血痕のDNA型鑑定を「新証拠」と認定」ー

     ●「袴田事件:再審開始を決定 静岡地裁 …

no image
日本リーダーパワー史(873)―『慰安婦問題をめぐる日韓合意をひっくり返した韓国政府の二重外交の歴史復習問題⑶』★『伊藤統監は「今次のハーグ密使事件は保護条約の違反であり、日本に 対する敵対行為である』★『「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など の「日韓併合への道』の報道連載(21回→27回終)』

 日本リーダーパワー史(873)―   「 英タイ …

no image
『太平洋戦争敗因の導火線となった統帥権干犯問題』

                       2009,6,10   …

177152261654a5f042df10c5.77890802467049517
最高に面白く、やがて悲しくなる人物史⑪『日本風狂人伝⑦ ー アル中、愚痴の小説家の葛西善蔵』

  2009/06/23  ・日本風狂人 …

no image
最高に面白い人物史⑩人気記事再録★『全米の少女からラブレターが殺到したイケメン・ファースト・サムライ』-『大切なのは英語力よりも、ネアカ、快活さ、社交的、フレンドリー、オープンマインドだよ』

2004、11,1 前坂俊之(ジャーナリスト) 1860年(万延元年)6月16日 …