前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(657)まとめ『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップ』1946年(昭和21)、米占領下で吉田内閣を作り、長期政権を維持、戦後の保守政治の基礎を固め、その吉田学校の生徒たち(池田勇人、佐藤栄作,田中角栄) らが高度経済成長を達成した。

      2016/02/03

 

日本リーダーパワー史(657)

★(まとめ)「昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップ、

1946年(昭和21)、米占領下で吉田内閣を作り、

長期政権を維持、戦後の保守政治の基礎を固め、

その吉田学校の生徒たち(池田勇人、佐藤栄作,田中角栄)

らが高度経済成長を達成した。

                                                   前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)

『日本占領から日本独立へ、マッカーサーと戦った2人の日本人――吉田茂とその参謀・白洲次郎(1)』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1814.html

 

『日本占領から日本独立へマッカーサーと戦った2人の日本人吉田茂とその参謀・白洲次郎(2)』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1810.html

日本リーダーパワー史(369)世界が尊敬した日本人・白洲次郎―◎『グローバルリテラシー』を持った唯一の日本人戦後民主主義の基礎を作った男」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/14126.html

日本リーダーパワー史(194)
<国難を突破した吉田茂の宰相力、リーダーシップとは・・>

「首相なんて大体バカな奴がやるもんですよ。首相に就任するや否や、新聞雑誌なんかの悪口が始まって、何かといえば、悪口ばかりですからね、この世にこんな大バカはないように書かれますよ。そんなバカばかり集まって話をしたって面白かろうはずがない。(吉田茂の「私は隠居ではない」より)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2913.html

 

日本リーダーパワー史(358)『わずか1週間でGHQが作った憲法草案

『憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか⑤』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1972.html

 日本リーダーパワー史(577)70年前の終戦最後の宰相ー鈴木貫太郎【78歳)の国難突破力が「戦後日本を救った」

――不死身、グル―米大使との友情、敵将ルーズベルトへの弔意、聖断で終戦を勝ちとった土壇場力、稀有の包容力、グッドルーザーになれと吉田茂外相にアドバイス、その晩年の超人力が日本の再生力となった。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/8976.html

日本リーダーパワー史(177)『古島一雄の敗戦の弁』<国難リテラシーを養う法>

『大東亜戦争敗戦の原因である軍閥・無責任・官僚統制国家を改革できなかった

ことが第3の敗戦につながった』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2999.html

『憲法第9条と昭和天皇』<憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/3598.htm

日本リーダーパワー史(570)

一連の「安全保障法制案」が閣議決定され、本格的な国会論戦が始まった。

この論議のたたき台、資料として「現行憲法がどのようにして作られたか」について拙考を再録する。 

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/7071.html

 

日本リーダーパワー史(360)

<『わずか1週間でGHQが作った憲法草案⑦><エピソード>『ペニシリンから生まれた憲法』◎『毎日新聞スクープから始まった憲法草案」●『天皇日蝕論』★『白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』◎『GHQの強圧―アトミック・シャンシャイン』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/7117.html

 

『1945-50年の米占領下での国内政治はどうだったのか』 (占領下での各政党の歩み)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/3725.html

 

『1949(昭和24)年とはどんな時代だったのか』占領からの脱出、政治、経済の自立へ

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/3729.html

『1950(昭和25)年とはどんな時代だったのか』(朝鮮戦争勃発と特需による経済復興へ)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3727.html

『1951年(昭和26年)とはどんな時代だったのか』<講和条約、日米安保締結、

独立から再軍備の「逆コース」へ>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/3726.html

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集⑩『裏付けを持ってチャレンジせよ』(稲盛和夫)●「逆命利君」(広瀬宰平)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集⑩       前坂 俊之選 &n …

no image
世界/日本リーダーパワー史(894 )ー『米朝会談前に米国大波乱、トランプの狂気、乱心で「お前はクビだ」を連発、国務省内の重要ポストは空っぽに、そしてベテラン外交官はだれもいなくなった。やばいよ!②」

 世界/日本リーダーパワー史(894) トランプ政権の北朝鮮専門家、広報部長、ス …

no image
日本興亡学入門⑦軍神東郷平八郎の悲劇=日露戦争の大勝利が太平洋戦争の大敗北に。

                             <2009、04,02 …

no image
<近藤健氏の米国深層レポート③>●『アメリカ政治社会の“ねじれ”と大統領選挙』

<近藤健氏の米国深層レポート③>   ●『アメリカ政治社会の&l …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
<近藤 健の米国深層レポート②>●『アメリカは金権政治plutocracyかー米国の選挙は“50億ドルビジネス”』―

<近藤 健の米国深層レポート②>   ●『アメリカは金権政治pl …

no image
高杉晋吾レポート⑥日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、企業の利益を守る立場で出発①

高杉晋吾レポート⑥   日本の原発建設は住民の命を「いけにえ」に、 企 …

no image
速報(220)『大飯原発3・4号ストレステスト意見聴取会』『廃炉まで最長60年』★『高橋博子講演【内部被曝】

速報(220)『日本のメルトダウン』     今、われわれが …

no image
● 『まとめ日本世界史』(世界史の中の『日露戦争』)➡英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む(22回連載)

  世界史の中の『日露戦争』(22回シリーズ) <英国『タイムズ …

no image
日本メルトダウン脱出法(766)「中国バブル崩壊「世界大恐慌」の可能性(大前研一)」●「TPPを取り巻く不穏な政治(浜田宏一)」●「残り任期3年、安倍政権に打つ手なし(大前研一)」

  日本メルトダウン脱出法(766) 東証一部上場へ、郵政3社の未来絵図ー大前研 …