前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→谷崎潤一郎の傑作「細雪」まで出版を差し止められた『出版暗黒時代』です①

      2016/01/13

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→

答えは「NO!」ーー1943年(昭和18)、

谷崎潤一郎の名作「細雪」まで

「出版差し止めされた『出版暗黒時代」①

前坂 俊之(ジャーナリスト)

耽美(たんび)主義的といわれる作風で、『刺青』『痴人の愛』『卍』『鍵』『白昼夢』『春琴抄』『現代語訳 源氏物語』など多くの秀作を残した文豪・谷崎潤一郎の代表作は戦中から戦後にかけて書き続けられた長編『細雪』である。

この『細雪』は1943年(昭和18)1月から「中央公論」に掲載されたが、突如として内務省の「時局にそぐわない内容である」という理由で突然、掲載禁止となった。

『細雪』は一種の風俗小説といってよい。物語の背景は昭和11年の暮れから、16年春にかけて大阪船場の旧幕時代から栄えてきた商家、蒔岡(まきおか)家の美人4姉妹(長女・鶴子 次女・幸子 三女・雪子 四女・妙子)のおりなす華麗な物語である。

内容は長女の鶴子が迎えた婿の辰雄は、商売には不向きで銀行員で、次女の幸子は計理士の貞之助を婿にして阪急芦屋に分家を構えている。三女の雪子は美人なのになぜか縁遠い。そして四女の妙子は、同じ船場の旧家の倅と家出するなどの事件を起こし、そのたびに姉たちに迷惑をかける末娘である。

ストーリー展開は、次女の幸子夫婦が三女の雪子を芦屋の家に引き取り、なんとか縁談をまとめようと奔走、やがて華族の子息との縁談がまとまったところでこの家庭内小説は終わるが、戦時下のきびしい社会、生活状況はあまり描かれていない。

作品の背景となっているこの時代は、日中戦争[昭和12年]が起こり、日独伊軍事同盟[同15年]が結ばれ、太平洋戦争[16年12月]へと突入していく暗いファシズム時代だった。小説が発表された頃は国民こぞって「鬼畜米英を打倒」「贅沢は敵だ」などのスローガンが声高に叫ばれていた。

こうしたときに、小説の姉妹たちは高価な衣装を身にまとい、花見や蛍狩りなど四季折々の風情を楽しみ、観劇、音楽会に興じ、「魚は鯛、それも明石に限るわ」などとぜいたくな生活や老舗の高級割烹で食事を楽しむ。谷崎文学特有の家庭小説、耽美派の作品なのだがその点がひたすら「生産性のない女たち」による「読むものを堕落させかねない奢侈な生活」として検閲当局の怒りを買ったのである。

掲載禁止となったものの、谷崎はその後も同作品を書き続け、昭和19年には完成した上巻を限定200部で自費出版する。しかしこれは警察からの干渉を受け、続巻の発行に厳しい警告を受けた。それでも谷崎は負けずに密かに書き続け、同年暮には中巻を書き終えた。

戦後の昭和21年8月8月「細雪」には上巻を、翌22年3月には中巻をともに中央公論社から刊行した。雑誌「婦人公論」に書き続けた下巻は同年5月に脱稿し、同12月には同じく中央公論社より刊行、終戦をはさむ前後7年にわたって長編「細雪」がようやく完成したのである。この年、『細雪』は谷崎文学の最高傑作として毎日出版文化賞、毎日芸術賞、朝日文化賞など賞を総なめした。

軍が幅をきかせ、戦争へと突入する時期に、谷崎はなぜ「細雪」を書こうとしたのだろうか。そこには昭和10年から13年にかけて書かれた「現代語訳 源氏物語」の存在があると指摘するのは、作家の円地文子である。円地は市川崑編著、谷崎松子監修「細雪のきもの」(旺文社、1983年)のなかで次のように指摘している。

「王朝の女の影が、とくに三女の雪子の上に色濃く映し出されている。うわべはとても柔らかくてどうにでもなるような女に見えながらも、芯には非常に強いものがある雪子の性格は、日本に古くからある女の型の一つであろう。そういう雪子の外柔内剛の性格は『源氏物語』の女性の多くに共通する特色であろう」。「周知のように、『細雪』の素材はほぼ松子夫人(谷崎の妻)の生家の姉妹にとられていると見てよい。谷崎先生はそれを、際立った私小説にしなかった。まったく趣の異なる錦絵風の絵巻に作り上げたのである」。

つまり、「細雪」は現代版「源氏物語」といってよいものであった。

暗い戦争の時代に、時代に背を向け、その反逆的な姿勢を貫いて書かれた『細雪』の世界に、庶民は酔った。作家・宮尾登美子は命からがら満州から引き揚げ、結核で寝込んだときに「細雪」と出会った。「終戦直後のあの時代に、どれだけ人の心に明るい灯を点したか、はかり知れませんでしょう。おいしいご馳走をたくさんいただいたような、自分がボロを着ていても、ほんとうにいい着物を着ているような、これほどの贅美というものがあるのかと、何度も何度も読みまくったのね」と、前述の「細雪のきもの」で語っている。戦時中にもし「細雪」が人々に読まれたら、全国をえん戦気分が覆ったことに違いない。

 

 - 人物研究, 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『「申報」からみた「日中韓150年戦争史」(75)『(旅順要塞敗北など連戦連敗の清国軍の敗因について)兵を語る』

     ◎『「申報」からみた「日中韓150年戦争 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(102)昭和天皇による「敗戦の原因分析」①憲法改正もでき、勝利の結果、極端なる軍国主義となるよりも 却って幸福ではないだろうか」

終戦70年・日本敗戦史(102)  ー昭和天皇による「敗戦の原因分析」①ー    …

no image
「タイムズ」などからみた「日中韓150年戦争史」(60)『(日清戦争開戦4週間後)-『日本の朝鮮侵略(上)』

     『「申報」「タイムズ」からみた「日中韓1 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 日本メルトダウン(1060)>★『週刊ニューズウィーク日本版 』特集『2050 日本の未来予想図』★『『日本を待ち受ける2つの未来』<中国の機嫌をうかがう衛星国か、平等な世界における中堅国になるか>』★『先進国陥落は間近!戦後幻想の終焉(デービッド・アトキンソン)』★『座して死を待つ<自死>の国/日本の惨状!終焉のベルはなる』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 日本メルトダウン(1060) …

p_tanaka
世界が尊敬した日本人(54)『地球温暖化、地球環境破壊と戦った公害反対の先駆者・田中正造』明治天皇直訴文は幸徳秋水が書いたが、正造は正直一途な男①

世界が尊敬した日本人(54) 月刊「歴史読本」(2009年6月号掲載) 『地球温 …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
日本リーダーパワー史(365)<まとめ吉田茂について>戦後日本政治の基礎・自民党をつくった大宰相の功罪

 日本リーダーパワー史(365)   <まとめ・吉田茂につい …

no image
日本リーダーパワー史(101)立石斧次郎(16)・全米を熱狂させラブレターが殺到したファースト・イケメン・サムライ

日本リーダーパワー史(101) 立石斧次郎(16)・全米を熱狂させたファースト・ …

171681671454a5eba380fec7.17222446138627211
『百歳学入門(215)』100歳時代の世界のシンボル・ギネス芸術家・平櫛田中(107歳)の長寿パワー(気魄・禅語)に学ぶ』★『悲しいときには泣くがよい。つらいときにも泣くがよい。 涙流して耐えねばならぬ。不幸がやがて薬になる』

  記事再録/2010/07/31 日本リーダーパワー史(77) 『超 …

no image
『日中韓対立のルーツを知るために」ー『日清戦争始末』(明治30年刊)、徳富蘇峰の「風雲漫録」(日清戦争従軍記)を読もう

     ①  私は日中韓の対立のルーツ …