前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(478)日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の研究④「人跡絶えた谷間の一本杉のような男だ』(桂太郎評)

   

  日本リーダーパワー史(478)


<日本最強の参謀は誰か「杉山茂丸」の研究④>

 

◎『杉山という男は人跡絶えた谷間の一本杉の男だ』

(桂太郎評)―「玄洋社の資金源を作るため、

その雄弁を発揮して炭坑を獲得した」

 

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

<以下は「東亜先覚志士記伝(下巻)昭和11年の復刻版、原書房 
昭和
41年」の人物列伝より>

 

杉山茂丸

 

http://homepage3.nifty.com/DS_page/sugiya_s/hyakuma.htm

 

 

 

次いで日露戦争後、朝鮮に統監政治が行われるに及び、内田良平

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E8%89%AF%E5%B
9%B3_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%AE%B6)

 

が統監府幕僚として日韓合邦運動をおこすや、彼は内地に在って元老重臣を動かすに努め、在朝鮮の内田と呼応して着々と合邦の機運を促進し、明治43年に実現するに至らしめたのであって、内田を統監伊藤公に推薦した事情や合邦実現に至るまでの苦心惨憺したのである。

 

桂太郎

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E5%A4%AA%E9%83%8E

 は彼を評して

 『杉山という男は人跡絶えた谷間の一本杉といつたような男だ。天然のままに生えたのだから枝ぶりが悪くて節だらけで、とても庭園には使えない、また眺める木にもならない。ただ悪木の節だらけでも木の質が堅いから重荷だけは荷へる。

それだから、俺は彼に二階梁(ばり)や根太梁など削らないでもそのまま使えるような風の仕事をして貰っている」

 

といったそうであるが、波瀾起伏幾十年の間にわたり、全く政界の黒幕として縦横の奇才を揮い、伊藤、山県両元老.さては桂太郎.児玉源太郎.寺内正毅、田中義一、明石元二郎、後藤新平、床次竹二郎

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8A%E6%AC%A1%E7%AB%B9%E4%BA%8C%E9%83%8E

 らと深く相許し.国家重大の事ある毎に必ず,国策の動向に何等かの影響を与えねば措かなかった。

 

  下村海南博士

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E5%AE%8F

 は晩年の彼を評して

 「伊藤山県時代」から見ると、人形も次第に小型になり、新しくなる、使いなれた大型な人形はいつの間にか亡くなる。人形使いもー年ずつ年をとってゆく。越路太夫去って、のちの老いたる吉田文五郎

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%96%87%E4%BA%94%E9%83%8E

 を見るの感は独り文楽座ばかりでなかった。

 しかし政界の文五郎は次々と新しい人形を物色し、使いこなしていた。しかし人間の命には限りがある、とうとう政界の文五郎はこの世をおさらばした」

といい、

「そうした人形の方からいわすと、杉山をつかったというかも知らぬ、これは知る人の見方にまかして、僕の知れる頃は政界の黒衣の人形使い文五郎が寺内正毅、後藤新平、田中義一、明石元二郎、そうした将星たちの黒幕として動いていた時分である』といっている。

 

 玄洋社における彼(杉山)の立場を顧みると、結城虎五郎

http://spysee.jp/%E7%B5%90%E5%9F%8E%E8%99%8E%E4%BA%94%E9%83%8E/1164758

 と共に頭山の両腕と称され、最初、頭山に炭坑事業をするように献策したのも彼であった。

 頭山は杉山の献策を聞いてジロリと鋭い眼光を彼に浴せ、「それでは俺に山師になれと云うのか」と不快の色を浮かべたが、

 杉山は快弁を以て滔々と説付け、「玄洋社の維持は同志の国家的努力の先決問題である、天下蒼生を救うを以て己が任となし、その任を達成するについては、意気が何よりの資本であるとはいうものの、そのところには相当の金力を要する所以を論じ、

 ついに頭山をして『それもそうじや、やろう』といわしめるに至ったのである。

 

そして炭坑獲得のためにまい進し、井上馨が大阪の藤田組を助けて海軍予備炭鉱を手に入れようとした時は、彼が直接、井上に会見して蘇秦、張儀の雄弁を揮ひ、ついに玄洋紅の頭山の手に収めしめるに至ったのであって、かくして玄洋社活躍の資金調達に多大の功績を残したのである。

 爾来、彼は蔭にあって頑山の活動を助け、共に国事に尽くしたのであるが、昭和十年秋、頭山、杉山両巨頭が断金の交わりを続けること五十年に及んだのを機とし、内田良平、星一

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E4%B8%80

 

眞藤慎太郎(昭和46111 89歳で没 玄洋社員、明道館館員、 日魯漁業副社長).の首唱により両巨頭交友五十年を記念するため「金菊の祝い』を催し、朝野の名士が多数出席して盛大なる祝賀会を開き.記念品を贈って祝福の意を表したのであった。

 この年、北鉄譲渡問題が解決を告げるや平素懐抱する東亜問題に関する政策が一段落を告げたものとなし、それまでは畏れ多くて参拝できぬといって一度も参拝しなかった明治神宮へ初めて参拝し、明治天皇の英霊に報告祈願したが、同年七月十七日、麹町の自宅で脳溢血で倒れ、同十九日についに長逝した。

 享年七十二。生前『俺が死んだら死体を解剖して、我国の学問に幾分でも役立つやう切り刻んで十分研究してくれ』といい残していたので、遺体は東京帝国大医学部病瑠嗟病理学教室で小金井艮精博士等の立合の下に緒方知三郎博士の執刀により解剖に付された。

 二十二日芝増上寺本堂で葬儀が厳かにいとなまれ会葬者は朝野の名士2500余人に達し、非常な盛葬であった。法号は頭山により『其日庵隠忠大観居士」とつけられ、遭髪を郷里福岡市の菩提寺寺一行寺に葬った。

 

                               続く

 

 

日本最強の参謀は誰か「杉山茂丸」の研究
伊藤博文の政友会創設にポンと大金をだし、金融王・モルガンを煙に巻く

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2445

 

<日本最強の参謀は誰か「杉山茂丸」の研究
「日露開戦前に児玉源太郎を参謀次長に引っ張り出し「無隣庵会議」にも参加

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2443

 

日本リーダーパワー史(475)<日本最強の参謀は誰だったのかー
「明治国家の大参謀」杉山茂丸の研究

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2434

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
近現代史の復習問題/記事再録/2013/07/08 日本リーダーパワー史(393)ー尾崎行雄の「支那(中国)滅亡論」を読む(中)『中国に国家なし、戦闘力なし』

  2013/07/08  日本リーダー …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集①「才能ではなく、熱意こそがハシゴをつくる」パナソニック創業者 松下幸之助ほか10人

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集①>          前坂 俊之選 …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツ⑧』記事再録/1894(明治27)年7月13日付『英国タイムズ』『(日清戦争2週間前)「朝鮮を占領したら、面倒を背負い込むだけ』★『日本が朝鮮を征服すれば,この国が厄介きわまりない獲物であることを思い知らされる一方,中国にはいつまでも敵意を抱かれることになる』

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊽『英タイムズ』「(日清戦争 …

no image
日露300年戦争(3)『露寇(ろこう)事件とは何か』―『普通の教科書では明治維新(1868年)の発端をペリーの黒船来航から書き起こしている。 しかし、ロシアの方がアメリカよりも100年も前から、日本に通商・開国を求めてやってきた』

  『元寇の役』に継ぐ対外戦争『露寇事件とは何か」   普通の教科書で …

no image
日本リーダーパワー史 ⑲ 明治国家の影の参謀・杉山茂丸は凄いよ

日本リーダーパワー史 ⑱ 明治国家の影の参謀・杉山茂丸   &nbsp …

no image
日本一の「徳川時代日本史」授業⑥ 福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造」(旧藩情)を読む⑥  

 日本一の「徳川時代の日本史」授業 ⑥   「門閥制度は親の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(81)記事再録/ ★『明治維新の元勲・大久保利通の性格は典型的な武士気質の「寡黙不言・決断断固実行型」★『ほとんど口をきかない。いつも葉巻タバコをふかし、全く寡黙で、周囲から恐れられた。』

 2016/11/09/ 日本リーダーパワー史(526) 西 …

no image
日本面白人列伝(36) 大正時代の不良少年NO1はサトウハチローだよ

  日本面白人列伝(36) 大正時代の不良少年NO1はサトウハチローだ …

76995065354a534aff1f287.70582157147709118
知的巨人の百歳学(150)人気記事再録/百歳学入門(59)三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(90歳)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬいちばんの健康法』★『 一日に一里半(6キロ)ぐらいは必ず歩く』★『長生きするには、御馳走を敵と思わなければならぬ』★『物事にアクセクせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは「鈍」で行け。』

    2012/12/06 &nbsp …

no image
『百歳学入門』(228)-『中曽根康弘元首相が100歳の誕生日を迎えた』★『昭和戦後の宰相では最高の『戦略家』であり、<日米中韓外交>でも最高の外交手腕を発揮した。』

『百歳学入門』(228) 中曽根康弘元首相は5月27日に100歳の誕生日を迎えた …