前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(66)』W杯敗退、負け続ける「ガラパゴス日本病」の再発である。

      2015/01/01

      『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(66)』

 

●<予想通りW/コロンビア戦で4-1で敗北した日本。

何度でも繰り返し負け続ける「ガラパゴス日本病」<死(失敗)に

至る日本病>の再発である。

 

 

●「結果勝負の世界(政治も経済も社会も人生も原則、結果がすべての自己責任の
世界なのです)で、出場チーム中でほぼ最低の結果に終わった。

そして、いつものごとく、この敗戦責任は徹底して検証、総括、責任追及

されることなく、うやむやに処理されるであろう。

それがまた連続敗戦する日本病なのである。

★どうして、こうなったのか。原因は複合的なもので、歴史みても、国際政治、

経済、外交、スポーツで何度でも繰り返し負け続ける「ガラパゴス日本病」

<死(失敗)に至る日本病>の再発である。

  メディアが事前に流し続けた虚偽の情報(裏付けのある事実ではなく楽観的、根拠なき日本は2次リーグに進むとの希望的観測記事、大本営発表)が世論をミスリード。

  サッカーの実力はミラノではゼロだった本田選手の優勝を狙うというビックマウスを真に受けて、結果は実力通リ1得点、アシスト1とエース失格に、

  「パス回しで勝てるわけがないのに、4年間で最後の最後まで強力なストライカ―養成に失敗したザック監督の戦略・戦術的な大失敗(これも最初から指摘され続けてきた)、事前の楽観的な予測と試合での采配ミスの連発

  大甘の提灯記事しかかけない落第メディア、ジャーナリズムしか日本にはない

  これに「毎回、頑張って」を繰り返し、負けても「次の試合には頑張って、期待しています」というあまちゃん(甘やかし)サポーターの複合連敗なのです。

W杯ジャパン敗北の「ガラパゴス日本病」この点は後日、詳述する(前坂)

 

 

<コロンビア戦の前日にF氏からきたコメントです>

 

    漸くメディアの反省が始まりました。時既に遅しです。

結局、貴兄のご指摘の様に、日本のマスコミは海外ライバル

の綿密な戦力分析、日本代表チームとの冷徹な実力比較が

 

    殆ど出来ていなかったという事でしょうか。一言で言えば

    ジャーナリストの使命を忘れた勉強不足です。孫子の兵法

    が無視されています。

    欧州、南米のサッカー王国には、体力、知力の限界を動物的

    本能に基づいて表現する、いわばローマのコロシアムで食う

 

    か食われるかの戦闘をする趣があります。彼らのサッカーコ

  

    ンセプトを日本勢は今までどれだけ学習しているのでしょうか?

 

    「侍」の立ち会いの圧倒的な気迫は海外勢の方にこそあります。

 

    日本勢は帰国してどのような言い訳をするのでしょうか?

 

    ここでも日本人の志の低さを感じます。

  

 

●【W杯】日本代表の停滞を招いたサッカー媒体の堕落。
11分は“メディアの敗北”であるー
広報化するサッカーメディア

フットボールチャンネル624()1547分配信

 

http://www.footballchannel.jp/2014/06/24/post45096/

 

 

●『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(65)』
勝てない日本サッカーの原因は<ガラパゴスジャパン病>
そのもの

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2664

 - IT・マスコミ論 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(154)再録/『昭和戦前の大アジア主義団体/玄洋社総帥・頭山満を研究せずして日本の近代史のナゾは解けないよ』★『辛亥革命百年⑬インド独立運動の中村屋・ボース(ラス・ビバリ・ポース)を全面支援した頭山満』★『◇世界の巨人頭山満翁について(ラス・ビバリ・ボースの話)』

 2010/07/16  日本リーダーパワー史(7 …

no image
<クイズ>日本における『言論の自由』の歴史とは・・<1945年までは言論の自由、メディアの報道の自由は制限されていた>

日本における『言論の自由』の歴史について<1945年(昭和20)までは言論の自由 …

default
★「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』「英国のEU離脱へのドイツ、フランスなどの対応』(ジャーナリスト・ディープ緊急座談会)動画80分

  「英国のEU離脱の背景、歴史の深層を読む』① 「英国のEU離脱の背 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(957)ー『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー』★『「五輪ハッキング計画―無知な大臣が率いる五輪を狙う中国」』

世界/日本リーダーパワー史(957) 『狙われる東京五輪とサイバーセキュリティー …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(91)●『ワシントン・ポスト身売りの衝撃(8/23)●『ガーディアン、NYTと提携 当局圧力に対抗』

   池田龍夫のマスコミ時評(91) ●『ワシント …

no image
「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「新聞に警鐘を鳴らし続けた」不屈の記者魂をたたえる。

「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「 …

ダウンロード
長寿学入門(219)ー日本ジャーナリスト懇話会(2018/3/23)で『60,70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』を講演『私の調査による百歳長寿者の実像とは・・』★『「生死一如」-生き急ぎ、死に急ぎ、PPK(ピンピンコロリ)をめざす。』

日本ジャーナリスト懇話会  2018年3月23日 『60,70歳から先人に学ぶ百 …

no image
知的巨人たちの百歳学(173)記事再録/リサイクルの巨人・浅野総一郎(82歳、浅野財閥創設者)の猛烈経営『運は飛び込んでつかめ』

    2010/11/27 &nbsp …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(97)◎『東京五輪より、原発被災地復興が最優先課題』(10/21)

   池田龍夫のマスコミ時評(97)   …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(129)/記事再録★『日野原重明先生(105歳)』★『92歳の時の毎日の生活ぶりだが、そのエネルギーと分刻みの緻密なスケジュールと仕事ぶりはまさに超人的!

    2018/01/22 &nbsp …