前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(67)』「ザック退陣後、早くも後任選びに奔走するサーカー協会の無責任」

      2015/01/01

 
 
   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(67)』
 
●<ザック退陣後、早くも後任選びに奔走するサーカー協会の無責任。次にどの監督が就任しても、サッカー協会、Jリーグの体質改善、選手の能力、マインドがレベルアップしなければ同じ結果になるのは自明であろう。今回の敗戦の徹底分析し、責任を追及なければ何度でも負け続ける。
日本はFIFAランキング46位のサッカー後進国なのである。サッカービジネスは
大繁盛でも、実力を思い上がってはいけない。
これでなぜ、すべて上位の対戦相手に勝てるのか、突破可能という甘い、虚偽の予測を
報じ続けてきたメディア、サッカー関係者の解説は試合前にさかのぼってチェックすれば
一目瞭然の噴飯ものである。
◎安倍首相は「経済の成長」を最優先にしているが、日本の国際競争力ランキングは27位、世界の政府総債務残高(対GDP比)ランキングは243%で断トツの1位(2位はギリシャの173%)の借金倒産寸前国なのである。
◎都議会で女性の差別ヤジをした議員が辞職もせず(先進国や企業では即処分される)居座っているが、日本女性の地位ランキングでは日本は先進国最低のワースト13位なのである。
●日本人は経済大国、G7の先進国だと思っているが、内実は後進国、途上国の
後進性が改革されずに未だに残っている。これを改革するのがメディアの仕事で
ある。真実を追求する勇気も気概もないおとなしすぎるメディア、取材対象のいうママを伝えるだけの記者クラブ、御用聞きメディアが多すぎる、(前坂)
 
●『ドンマイ、ドンマイ」で4年前、8年前と同じことを繰り返してきた。この繰り返しはもう見飽きたby セルジオ越後
http://web.gekisaka.jp/column/detail/?3919-3919-cm
 
F氏のコメントが続々寄せられている>
 
ご承知のセルジオ越後の辛口コメントが
再び脚光を浴びる時が来ました。

ご指摘の様に、今回のWC敗戦は、日本人特有の精神病理、再発を繰り返す構造問題としてとらえ直す必要があります。

原発同様の不敗神話作りです。

世界を直視し、自らを常に相対化する謙虚さを失う日本人の宿痾が改めて浮き彫りになりました。でも、サッカーで良かったです。

 
<以下もF氏のコメントが寄せられている>
 
●[突きつけられた厳しい現実 まだまだチームも個も世界の40番前後]
 
 この川本氏の総括が我々の実感ではないでしょうか?
 
   本田や香川が所属チームから半ば干されている事実が、
   海外との彼我の実力差を端的に表現していた事が、今回
   の惨敗でハッキリしました。
 
   サッカー業界も熱狂的なサポーターも「監督の好き嫌い
   も困ったものだ」と、実際には力量が無い実態から目を
   背けて平気でいます。日本で活躍したのだから、外でも
   やれる筈と。
 
   この2年、特にこの1年は楽観論が旺盛で、サッカー業
   界の中で、過信や楽観論を声高に戒める人は皆無だった
   のでは?
 
   Jリーグ幹部はJリーグの各チームの経営が順調であれば、
   それで良かったのです。W.Cの成績は二の次だったのが
   本音では?
 
   それにしても、W.Cでの出場経験も監督経験も無いザッケ
   ローニが、ブラジル現地への移動後、重圧に負けた表情を
   しばしば見せ、インタビューでも目を伏せるシーンが散見
   されました。
 
   サッカーに限らず、課題、難題を解決出来るには、「問題
   の渦中、修羅場に素早く入って、情勢の全体像を即掴み、
   そこから解決の為の創造的なアイデアを出せる」ことが必
   須です。
 
   一例として、選手交代、メンバー人選という監督のアイデ
   アが当たらないと、勝てない事が今回良く分かりました。
 
   ザッケローニは、「修羅場でたじろぎ、選手の精神を安定
   させる事も出来ず、局面を好転させる創造的なアイデアも
   出せなかった」と思われます。
 
   兎に角、修羅場に弱い人格では勝負に勝てません。
 
●「大仁会長 ザック監督の後任候補アギーレ氏と交渉開始」
 
 
 
●「釜本氏再登場!ザック采配メッタ斬り」(2013年1月3日)
 
 
 
【W杯詳細分析・日本-コロンビア】データで浮き彫りになるザックジャパンの敗因 「自分たちのサッカー」に縛られた日本とペナルティエリア内で勝負できなかったエース本田

 - 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(346)民主、自民両党首選に見る『この国のイカれた惨状!』『借金倒産』『原発倒産』『人材倒産』の3重苦の<ウルトラKY政治家

速報(346)『日本のメルトダウン』 ★民主、自民両党首選に見る『この国のイカれ …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑨』ー 『最悪のシナリオから考えるー福島原発暴走阻止行動プロジェクト結成へ』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑨』   『最悪のシナリオから考えるー福島 …

no image
日本メルトダウン脱出法(679)「日本の南シナ海関与に高まる米国の期待、共同哨戒は慎重検討」「人工島は「軍事目的」認める…中国軍高官が明言」など7本

 日本メルトダウン脱出法(679)   焦点:日本の南シナ海関与に高ま …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(240)/★『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「ニトリ」に学べ

  2016/05/21 日本リーダーパワー史(7 …

6666666
日本名人・達人ナンバーワン伝ー『イチローは現代の宮本武蔵なり』★『「五輪書」の「鍛錬」とは何か、鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習をいう』●『武蔵曰く、これが出来なければ名人の域には達せず』(動画20分付)★『【MLB】なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由』

    イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」 の因果関係ー免許皆伝とは!!   …

no image
速報(401)『日本のメルトダウン』 『安倍首相のすぐなし遂げられる改革』 『羊頭狗肉の国土強靭化法』

 速報(401)『日本のメルトダウン』   ◎[FT]金正恩 …

no image
★『リーダーシップの日本近現代史』(76)記事再録/ 『明治最大の奇人とは『西郷隆盛の弟・西郷従道です』★『日本海軍の父・山本権兵衛を縦横無尽に 活躍させた底抜けの大度量、抱腹絶倒の大巨人で超面白い!』(1)

    2018/02/24日本リーダーパワー史( …

no image
日中朝鮮150年戦争史(49)-副島種臣外務卿(外相)の「明治初年外交実歴談」➀李鴻章との会談、台湾出兵、中国皇帝の謁見に成功、『談判をあまりに長く引き延ばすので、 脅してやろうとおもった』

 日中朝鮮150年戦争史(49) 副島種臣外務卿(外相)➀ 李鴻章との …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(45)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(中)『日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。』●『「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった  』●『「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる』

日中北朝鮮150年戦争史(45)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

no image
日本メルトダウン脱出法(769)「世界初の原発ごみ最終処分場建設へフィンランド」●「米国超大物スパイが明かす、中国「世界制覇」の野望」●「「中国崩壊」論は、単なる願望にすぎないーそれでも中国経済は日本の脅威になる」

    日本メルトダウン脱出法(769)    「世界初の原発ごみ最終 …