前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(68)』「本田圭佑のビッグマウスを持ちあげたNHKやテレビのお粗末番組>

      2015/01/01

  

     『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(68)』

 

●「チームと監督をミスリードしてしまった本田圭佑の“ビッグマウス”」

<ビッグマウスでファッションモデルの本田選手をサッカー選手から芸能
スターに祭り上げて、試合直前に本田の大言壮語をそのまま流し
続けた
メディアの大罪―

NHKの『ザプロフェッショナル』やテレビのお粗末番組>

 

F氏のコメント>

 

   2013年6月のワールドカップ前哨戦、コンフェデレーションズカップ、

 

   ご承知の様に、この大会では日本は全敗しました。彼我の実力差の大きさに

   驚きました。やはりと。

 

   この後でも、ワールドカップ本番での躍進を疑う世論の変化は起きませんで

   した。おいおい、日本代表は自惚れているだけではないか、との声が大きく

   ならなかったのが、不思議でした。

 

   ザッケローニと本田以下の当事者達を一喝して、海外チームとの実力差を直

   視させる協会幹部もいなかったのでしょう。

 

   ロシア大会では、本田、香川はレギュラーから外し、世代交代中心で行くべ

   き、と思います。選手の価値とはピッチ内で表現されるものだけです。能書

   きは不要です。

 

   謙虚さの無い、増長し自らの足許の実績を直視出来ず、逆に宣伝文句で実力

   不足を糊塗し、外部の目を誤摩化した本田の罪は大きいと思います。

 

   この記事は、WC敗戦の総括の一つと思います。

 

   ザッケローニが、本田をメインで使い続けたのは間違いだったのでは。

 
<いまさらの本田圭佑のコメント>

「『無念』の一言です。それを招いたのは自分自身なので、全てを受け入れる必要があると思います。非常に悔しいですけど、これが現実ですし、優勝とまで言ってこんな散々な結果ですから、自分たちが未熟すぎた結果。今は全てを受け入れて、今後どうしていくか時間をあけたい。敗者なんで、何を言っても意味がない。受け入れるしかない。もっと、希望を持って最後まで見せたかったけど、口だけで終わってしまって申し訳ない」

 

 

 

○<本田「あきらめない世界一」

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/
CK2014062702000189.html

 

 

●『勇気なかった日本 数的優位で陥った罠

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO73044340Q4A620C1000000/

 

●「W杯韓国戦で「レーザーポインター攻撃」 ゴール決められた
相手選手に腹いせ?

http://www.j-cast.com/2014/06/23208414.html

 

 

 - IT・マスコミ論 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
総合ジャーナリズム研究

1 『総合ジャーナリズム研究』  2004年冬号  <NO187 号>   掲載 …

no image
●<近藤 健の国際深層レポート>『米大統領選挙を見る眼―米国の人口動態から見た分析』

<近藤 健の国際レポート>   ●『米大統領選挙を見る眼―米国の …

no image
最高に面白い人物史⑧人気記事再録★日本風狂人伝⑩ 尾崎士郎-「人生劇場」を書いた男の中の男

日本風狂人伝⑩ 尾崎士郎-「人生劇場」を書いた男の中の男  &nbsp …

999999999999
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』「イスラエルに魅せられて再訪2016 /1」レポートその(6)『マサダ国立公園 Massada National Park』 ”ユダヤ民族結束の象徴”

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(158)』  『イスラエルに魅 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(54)『米軍再編と普天間基地の行方-〝日米軍事一体化〟促進に狙い』

 池田龍夫のマスコミ時評(54)   『米軍再編と普天間基地の行方-〝 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(95)記事再録/『戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)』★『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

    2018/06/27 の記事再録 書評『記 …

no image
★<人気リクエスト記事再録 2009/02/10>昭和戦後最大の冤罪事件の真犯人が語る『全告白・八海事件-これが真相だ(中)』(サンデー毎日1977年9月11日掲載>

2009/02/10   <サンデー毎日1977年9月11日掲載> 八海事件の真 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』★『BBCがリオの閉会式、安倍首相のマリオ姿で土管から出てきたサプライズを報道!』● 『安倍マリオ、海外の人たちが大喜び「こんなすごい光景見たことない」【リオ五輪】●『 五輪閉会式、「安倍マリオ」が話題に!世界の反応は?』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』 Tokyo …

no image
人気記事再録/日本リーダーパワー史(199)『100年前の日本―「ニューヨーク・タイムズ」が報道した大正天皇―神にして人間、神格化』(上)

    2011/10/16 &nbsp …

1313
<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(209)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨーク めぐり(5月GW)⑥『2階建バスツアーでマンハッタンを一周』ブルックリンブリッジを通過、 イーストリバーを右手に、国連ビルを見上げ、 トランプタワーを見て、セントラルパークに向かう②

<F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(209)> 『7年ぶりに、懐か …