前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『地球環境大異変の時代④』/『日本災害列島から地球全体に例外なく気象大変動が毎年襲ってくる「世界大災害時代」へ』★『 「ハリケーン・フローレンス」米ノースカロライナ州に上陸』

      2018/09/15

 

『地球環境大異変の時代へ④』

先週、日本は国家的危機(カントリーリスク)に連続して襲われた。

9月4日に四国、近畿に上陸した台風21号の最大瞬間風速は、第2室戸台風(1961年)を超えて観測史上最大で、関西国際空港では58.1mを記録した。紀伊水道、大阪湾沿岸では高潮と重なって大阪市では329センチと潮位が高くなり、関西国際空港ではA滑走路3,500mが最大50 cm浸水、第1ターミナルビルの1階到着ロビーなども浸水し、ターミナル全体が停電した。

また強風にイカリを切られて漂流したタンカーが空港との連絡橋に衝突し、橋桁が大きくずれた。このため、空港は全面閉鎖となり、利用客3,000人と職員2,000人が空港内に取り残され、真っ黒となった空港内で一夜を明かす孤立状態となった。

9月5日までの消防庁調べでは死者9人、負傷者467人、住家の全壊1棟、半壊3棟、一部破損1068棟などにのぼる。

今回の「関西国際空港の水没」は高潮、暴風は想定外とした海上空港もろさ露呈した。「護岸を越えて、ここまで浸水するとは想定していなかった」と関係者は口をそろえた。

94年に完成の第1ターミナルやA滑走路がある1期島は2017年12月までに約3㍍も沈下。B滑走路と第2ターミナルがある2期島も約4㍍沈んだ。このため、「50年に1度」に相当する高潮や高波がきても浸水を防ぎ、南海トラフ地震で想定する津波の水位2・6㍍にも耐えられる、堤防のかさ上げ工事も実施してきたが、それ以上のスーパー台風の襲来だった。

北海道胆振大地震

続いて6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生した。札幌では震度6。地震と同時に北海道電力のすべての火力発電所が停止、北海道全体で295万戸が停電 、水道も止まり、各地で土砂崩れ、土壌の液状化現象にも襲われた。北電のすべての火力発電所が停止、交通網も全面的にストップした。9日の政府発表では死者42人。

関空の全面復旧にはまだしばらく時間がかかりそうで年間1兆円を突破したインバウンド(外国人旅行客)景気が大幅にダウンするのではないかと心配されている。

北海道地震もインフラの復旧は急ピッチに進められているが10日現在、肝心の電力はしばらく節電の必要があり、北海道経済ばかりでなく、日本経済全体へダメージも決して小さくない。

このような地球温暖化による想定外の大規模自然災害は日本ばかりでなく全世界的に頻繁に起こると世界の気候学者は警告してきたが、それが一挙に現実化してきた。日本の危機(Japan’s crisis)だけではなく、地球的の危機(Earth crisis)の到来である。

『環境危機時計が過去最悪で14分進んだ』(旭硝子財団)

旭硝子財団は9月7日『環境危機時計が過去最悪で、14分進んだ』と発表した。同財団が主催する、地球環境の悪化に伴う人類存続の危機感を世界の研究者らに尋ねて時刻で表す「環境危機時計」のこと。危機時計は深刻さを0時1分から12時までで示し、9時以降は「極めて不安」に分類される。地域別では北米が10時11分と最も深刻で、日本は9時31分だったが、これが昨年から14分進んで今年は9時47分になった。1992年の調査開始以来最も懸念が強まっていると発表した。トランプ米大統領が「パリ協定」からの離脱を表明し、米国の環境政策の大幅な後退が要因とみられる。

一方、 地球温暖化防止に取り組む環境省はこのほど、YouTubeチャンネルで動画「2100年未来の天気予報」を公開した。それによると、現状を上回る温暖化対策を取らなかった場合には2100年には2,6から4,8度上昇、逆にとった場合は0,3度から1,7度となると推定、東京の最高気温は43.6℃、名古屋44度、大阪43度、福岡42度、札幌でも41度、那覇39度になるという。

また、温暖化による人間への影響について「WIRED」(2018.8.14 )電子版によると、『地球温暖化で自殺やうつ病が世界的に増加する』との研究結果がまとまった。こうした現象は「エコロジカル・グリーフ(生態学的な悲嘆)」といわれる。研究をまとめた米ウースター大学の心理学者は「うつ病や不安、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、薬物乱用、家庭内暴力などのすべてが、自然災害のあとで増加する。自然災害が増えるにつれて、このような精神衛生への影響も増える。自殺率は月平均気温が1℃上がるたびにメキシコで2%、米国で0.7%上昇する。」という。

「ニューヨークタイムズ」の「「温暖化」の影響、実はこれからやってくる」

「ニューヨークタイムズ」の「「温暖化」の影響、実はこれからやってくる」 (8月16 日付)によると、「さらに強烈な熱波が頻繁に来る。専門家にとっても、今年は気候変動を研究するだけでなく、気候変動を実際に生きることの始まりだ。個人も社会も温暖化に適応できていない。1996年末に「パリ協定」が締結されたが、アメリカなど世界最大級の温暖化ガス排出国は、自ら提示した削減目標を達成できそうにない。富裕国が約束した、途上国のための温暖化基金への拠出も進んでいない」と悲観的な見通しを述べている。

「ハリケーン・フローレンス」米ノースカロライナ州に上陸

https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20180914-00096899/

 

大型ハリケーン「フローレンス」 米南東部に上陸

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3473099.html

 

 

「ハリケーン・フローレンス」弱まっても記録的被害が懸念される理由

https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20180914-00096776/

猛烈な台風22号がフィリピン上陸へ 520万人が影響か 

https://www.sankei.com/world/news/180914/wor1809140034-n1.html

 

超大型台風22号、フィリピン北部に上陸

http://www.afpbb.com/articles/-/3189716?cx_part=top_topstory&cx_position=1

 

ハリケーンを報じる米天気予報、被害を完全再現したCGが話題に 「やはり視覚化は大事」

「一撃でビビって逃げられる」http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1809/14/news150.html

 

危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/9-16.php

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

無題
★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(16回→31回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、 秋山定輔、ボース、杉山茂丸ら

 ★(再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1066)>★『トランプ真夏の世界スリラー劇場』★『トランプ政権、バノン主席戦略官を更迭』★『金正恩氏は「賢い決断下した」トランプ米大統領が評価』●『米大統領:サイバー軍格上げ-ハッカー攻撃からの防衛や対ISで強化』★『ガンドラック氏:トランプ大統領は支持率20%割れない限り辞任せず』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1066 …

no image
 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ⑥』ー大久保利通編⑥『明治の新聞報道から見た大久保利通』◎『明治政府の基礎を作った大久保利通』●『明治維新の3傑』★『略伝と逸事』

   ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』 『西郷どん …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(103)記事再録/『日露戦争の勝利に驚愕したヨーロッパ各国』★『ナポレオンも負けた強国ロシアに勝った日本とはいったい何者か、パリで最高にモテた日本人』★『「あの強い日本人か」「記念にワイフにキスしください」と金髪の美女を客席まできてキスを求めたかと思うと、店内の全女性から次々にキスの総攻撃にあい、最後には胴上げされて、「ビーブ・ル・ジャポン」(日本バンザイ)の大合唱となった、これ本当の話だよ』

2017/06/16  /日本リーダーパワー史(826)『明 …

no image
知的巨人の百歳学(154)記事再録 <日本超高齢社会>の過去④<日本の天才長寿脳はだれなのか・黒澤明(88歳)、『野上弥生子(99歳)、昭和天皇が87歳で最長寿、在位期間も63年で一番長いですね>

  2010/01/26 /百歳学入門(14) < …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(88)◎『菅元首相が、安倍現首相を名誉毀損で訴え- 海水注入の是非をめぐって(7・19)』など

   池田龍夫のマスコミ時評(88) ◎『菅元首相 …

no image
★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1071)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮戦争の危機高まる!?』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点 【特別レポート】電話会談で話された事』◎『「米中が組んで北朝鮮を討つ」そんなシナリオさえ現実味を帯びてきたーー利害は案外一致している』★『あまりに幼稚な左派の「北朝鮮核容認論」これでは日本が滅びる』☆『北朝鮮の暴走が止まらない‥だがそのツケも出始めて』

 ★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(10 …

no image
知的巨人の百歳学(139)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『渋沢栄一(91歳)こそ真の民主主義者、平和主義者』★『「社会事業は私の使命である」が最後までモットー。日米関係を打開するため米国へ老体を鞭打ってわたり、「次回ここに来るときは棺を一緒に乗せてくるかもしれない、それでも私は必要とあらば参ります」と断固たる決意を述べた。』

 2017年8月9日記事再録/『晩年長寿の達人/渋沢栄一(91歳)④』 …

no image
日本リーダーパワー史(720)ー南シナ海裁定で完敗した中国の強硬姿勢の背景にある『China2049―秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』①『中国の夢』の恐るべき陰謀とはー 中国が世界の覇権を握った「帝国」は「自由より秩序、 法より倫理、民主主義と人権よりエリート による支配に価値を置く」①

  日本リーダーパワー史(720)  南シナ海裁定で完敗した中国の強硬姿勢の背後 …

no image
日本メルトダウン脱出法(796)「中国企業と国家:一段と厳しくなる締め付け (英エコノミスト誌)」●「古舘伊知郎、「報道ステーション」降板の理由 「12年を一つの区切りと思った」●「軽減税率というポピュリズムが政治を汚染する 200億円で新聞を「買収」した安倍政権」

 日本メルトダウン脱出法(796) http://jbpress.ismedia