前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー「21世紀は2020年から始まる。コロナウイルス共生の「新日常」へ』★『2020年が21世紀の<ITスマホ5Gネット革命>の幕開けになる』(5月25日)

      2020/10/04

「21世紀は2020年から始まる」―コロナウイルス共生の「新日常」へ

          前坂 俊之(ジャーナリスト)

  新型コロナウイルスの発生から半年間が経過したが、パンデミック(世界的流行)の拡大ペースは第2フレーズに入った。5月21日現在の世界での新規感染者数は1日増加数で10万6千人と過去最多を更新。感染拡大の中心地はこれまでの欧米先進国から、ブラジルやロシア、インド、中南米、アフリカなどの医療体制不備な国へ飛び火、感染者が急増し、パンデミックの中心地は分散シフトしている。

欧米で1ヵ月以上も続いたきつい「都市封鎖」(ロックダウン)は5月中旬から、各国では感染状況と見極めながら状況に応じて、順次、経済活動再開に向けて動き出した。

そんな中で欧米各国から遅れて、しかも緩やかな日本式の緊急事態法でのやりかたでは「PCR検査数が少ないので、日本の感染者数は28万~70万人に増えて、パンデミックの終結は困難だ」(英BBC)、NYタイムズは「日本政府は驚くほど無能」(朝日5月7日付)、「安倍首相はリーダーシップに欠ける」(米ブルームバーグ)、日本メディアからもさんざん叩かれた。

ところが、いざフタを開けてみれば、日本は感染者、死者数はオーバーシュート(爆発的伸び)するどことか、各国と比較すると5月23日現在で、100分の1ほどの低い数字に押さえ込んでおり、WHOも一転「ジャパンミラクル(日本の奇跡)」と称賛、英ガーディアン(5月22日付)も「大惨事の一歩手前から成功物語へ、 日本成功のミステリー(ナゾ)!」と手のヒラを返している。

これを、コロナ撲滅オリンピックマラソン大会に例えれば、欧米式とちがう形でのスタートダッシが遅れたとはいえ米国、EU各国が大被害を出している中で第一コーナーをまがった時点では先頭のトップグループに入っていたといえる。だが、これは長いマラソンレースの序盤に過ぎず、第2次、3次の感染の防止に向けには絶対に気をめてはならないと思う。

では日本の感染者、死者はなぜ少なかったのだろうかー

府、専門家会議は当初から、検査数の増加よりもクラスターを潰して感染ルートを断ち切り、重篤者、死亡者を減らすのに重点をおき、増加カーブをゆるやかにして、時間をかせぎして医療崩壊をなるべく遅らせることを戦略としたこと。それに「三密主義」「ソーシャルディスタンス」に国民も一致協力したこと。日本の国民皆保険制度と日本人の衛生思想の高さ、清潔好きの生活スタイル、きれいな水、マスク、うがいの励行、家の中では靴を脱ぐスリッパ文化、あいさつのハグ、キスのない身体非接触文化、ジフテリア、インフルエンザへの国民の免疫性が高いことなども加わった結果ではないかとみられている

 

政府は5月25日に北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県で継続中の緊急事態宣言を、今月末の期限を待たず、「直近1週間の新規感染者数の累計が人口10万人あたり0・5人程度以下」(解除の目安)をクリアしたと判断して25日に解除した。

結局、WHOのテドロス事務局長は「戦いは長い道のりで、感染拡大を抑えながら生活ウイルスと共生するのが「新日常」になり、世界は元に戻らない」と宣言した。米国の著名投資家ウオーレン・バフェット氏も「世界は変わってしまった」と述べ、世界の交通運輸の途絶によりデルタ、アメリカンなど米主要航空会社の株式を全て売却した。米国最大のヘッジファンドの創業者レイ・ダリオ氏も「世界経済が立ち直るには3年から5年の期間が必要だ。その間は自給自足や創造性、適合性といった概念が大切になる」と述べている。時代はもう元には戻らない。

ポストコロナの世界は一体どうなるのか。

①   20世紀型の「三密主義」(集中、マスメディア)から「リモートワーク時代(分散、SNS、マイメディアへ」、巨大都市集中(東京、ニューヨーク、ロンドンなど)、大量生産、大量消費、大量化石燃料消費(CO2排出)などの地球環境破壊の工業社会の終焉である。
②  株主強欲資本主義から、公益資本主義へ、「SDGs(持続可能な開発目標)」の情報資本主義の幕開けとなる。
③  ロックダウン(都市封鎖)と経済活動をストップした途端、北京の重度の大気汚染は収まり、タイの海でジュゴンがよみがえってきたことが、今回の犯人が新型コロナではなく20世紀の欲望追求、資源浪費の現代文明の大転換を告げている。
 

また一番重要なことはこのコロナ戦争の敗北体験を世界中の人々が同時共有したこと、世界一のニューヨークが死の町と化して死者がバタバタ死んだ現場の惨状をスマホSNS,youtubeでリアルタイムにみたことだ。

地球の中の国々はリアル(貿易、交通、輸出、輸入)にもバーチャル(通信、金融)にも強固に結びついており、国民ではなく地球人として自覚が生まれてきた。100年以上前の第一次世界大戦のスペイン風邪との戦いはアナログの新聞、写真でごく一部しか報道されなかったのと比べると、そのデジタル情報量(見える化情報)は天文学的に激増して、誰でも簡単に入手できる。

世界はスマホ黄金時代に入っており、従来のマスメディア(新聞、テレビなど)に代わる個人の「マイメディア」(SNS、ツイッター、フェイスブック、youtube)を4,5G通信網で流すことができるパラダイムシフト(社会全体の価値観が革命的に変化すること)が起こった。スマホを持っておれば、感染者や医療従事者に応援メッセジを動画付きでおくる、zoomを使えば学校での遠隔授業や国際会議も開催できるネット環境がよりバーチャル(仮想空間)で誕生しており

「2020年が21世紀のITスマホ5Gネット革命の幕開けになる。

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

a0137997_10424797
日本リーダーパワー史(632)日本国難史の『戦略思考の欠落』(25) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所設立の荒尾精③ 日清戦争勝利の秘密―清国兵出兵の第一報をもたらした鐘崎三郎の活躍

日本リーダーパワー史(632) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(25)   …

no image
知的巨人たちの百歳学(132)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー美容家・メイ牛山(97歳)、日本舞踊家 武原はん(95)に学ぶ

 知的巨人たちの百歳学(132) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …

2
世界、日本メルトダウン(1015)「地球規模の破壊力示したトランプ」とガチンコ対決」★目からウロコ名解説『トランプ大統領はプロレス悪役のトリックスターで 『プロレス場外乱闘政治ショウ』に騙されるな!』(動画名解説10分間)

 世界、日本メルトダウン(1015)- 「地球規模の破壊力示したトランプ」とガチ …

no image
 日中,朝鮮,ロシア150年戦争史(52)『副島種臣・初代外相の目からウロコの外交論④』●『日本で公法(国際法)をはじめて読んだのは自分』★『世界は『争奪の世界』、兵力なければ独立は維持できぬ』★『書生の空理空論(平和)を排す』★『政治家の任務は国益を追求。空論とは全く別なり』★『水掛論となりて始めて戦となる、戦となりて始めて日本の国基立つ  』

   日中朝鮮,ロシア150年戦争史(52) 副島種臣外務卿 …

no image
『知的巨人の長寿学』・富岡鉄斎(87)に学ぶーー「万巻の書を読み 万里の路を行く」の超人的な画業

  『知的巨人の長寿学』・富岡鉄斎(87)に学ぶ   『創造 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(331 )記事再録★『2016年7月の南シナ海裁定で完敗した中国の強硬姿勢の背景にある『China2049―秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』①『中国の夢』の恐るべき陰謀とはー 中国が世界の覇権を握った「帝国」は「自由より秩序、 法より倫理、民主主義と人権よりエリート による共産主義独裁帝国の実現」①

     2016/07/30 &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(431)「ワシントン軍縮会議をまとめた加藤友三郎(首相)は「冷徹で大局的に判断した人」(賀屋興宣)

 日本リーダーパワー史(431)   ★「明治のリーダー・ワ …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑥『「米朝戦争」の可能性は、なくなっていないこれから考えられる2つのシナリオ』★『 焦点:消えぬ米朝戦争懸念、トランプ政権にくすぶる先制攻撃論』★『元自衛艦隊司令官が警告「米朝戦争、空爆はこの時期に実行される」そのとき、在韓邦人は…』★『「米朝開戦の可能性は100%」元外交官がこう断言する理由金正恩政権「滅亡の日」は近いのかも…』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑥ 「米朝戦争」の可能性は、なくなっていないこ …

no image
日本一の「徳川時代の日本史」授業ー福沢諭吉が語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造の実態」(旧藩情)を読み解く①

   日本一の「徳川時代の日本史」授業①   「門 …