前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(175)記事再録/『一億総活躍社会』『100歳元気社会』のシンボル 「 医師・日野原重明(103)、漢字学者 白川静(96)に学ぶ」

   

 

  2015/11/05知的巨人たちの百歳学(134)

『人間、七十五歳を過ぎても、クリエイティブな能力を発揮できる』

『我は袴、君は帯、高く結ひ上げて大和路の春を歩みいたりけり』

103歳、医師「新老人」運動を実践  日野原重明 (1911年10月4日~)

『人間、七十五歳を過ぎても、クリエイティブな能力を発揮できる』

聖路加国際病院理事長。今も現役医師として元気に活躍しており、肌つやの血色はきわめて良好で、若々しささえ感じさせる。一日は早朝の6~7時に起床して、夜中の2時に就寝する。睡眠時間はわずか4~5時間で、睡眠と食事を除き、あとの18時間は働いているという。驚異的なエネルギ-である。

食事は、食べ過ぎないように一日1300カロリ-と低カロリ-に心がけている。食べ過ぎは寿命を縮め、健康に良くない。朝食は牛乳とジュースとオリ-ブ油、固形物は一切摂らない。昼食は牛乳とクッキ-のみ。夕食はご飯半膳、肉は一日おき、魚は毎日、野菜は低カロリ-なのでたっぷり摂取する。食事らしい食事は夕食のみで、「一日一食」。

日野原は不思議な運命の持ち主。学生時代に結核を患って長い療養生活を体験、戦時中は東京大空襲にあい生き残ったことから、戦後医師となって活躍する。昭和45年のよど号ハイジャック事件では機内に乗り合わせて九死一生を得た。地下鉄サリン事件にも遭遇した。これらの事件を通してクリスチャンの彼は、ミッションを感じて、世の中のため人のため精一杯生きることを誓って、いちずに実践してきた。

いま、日野原は「新老人の会」の実践と、ホスピスに熱心に取り組む。老人の定義はこれまで六十五歳とされてきた。しかし、六十五歳以上でも元気に働ける人は一杯おり、引退する必要はまったくない。老人の定義はこれから七十五歳以上に改めた方がいう。そして、名前も老人ではなく、「新老人」との呼び名を提唱。人間、七十五歳を過ぎても使っていない遺伝子や脳機能はたくさんあり、老人になってもクリエイティブな能力を発揮できる。「それを医学的に証明したい」と自ら生涯現役で、日野原パワーを老人に元気を与え続けている。

 『人間の寿命に影響を与えるのは遺伝子よりも環境。中でも食生活が一番大事、長生きしたければ、食べ過ぎないことです』

日野原は、人間の寿命に影響を与えるのは遺伝子よりも環境であると強調する。

人間の寿命は遺伝子によって決まると考える人が多いが、そうではなく、意外にも四割が遺伝子、六割が環境によって決まるという。人間の健康や寿命に影響を与える環境因子には、食事、運動、仕事、人間関係、趣味、家族、宗教などいろいろあるが、その中で長寿に大きな影響を与えるのは食事や食生活だという。とくに長生きしたければ食べ過ぎないこと、低カロリ-の食事が長寿の秘訣だと日野原は語っている。

日野原が自ら実践している長寿健康の食事として、次の五つを上げている。

  • 1日1食1300カロリー以上食べ過ぎない。腹八分目で低カロリ-
  • 脂は植物油のサラダ油。オリーブひまわり油、大豆の製品をたくさん摂る。
  • 朝はジュースにこの油を1杯飲む。135Kカロリ
  • このジュースと牛乳たっぷりのコーヒー。昼も牛乳1杯とクッキー3枚だけ。
  • 夜は肉と魚、茶碗半分のご飯、緑黄色野菜にフレンチドレッシングをテーブルスプーン1杯。消化によく、脳を活性化させるので、食事はよく噛んで食べる

また、日野原は健康のために十年ほど前からうつ伏せ寝を実行している。うつ伏せ寝は、老人特有の床ずれを防ぎ、血行も良くなる。仰向け寝に比べて、気道が確保されやすいのでいびきが軽減される。酸素を多く取り込み易いので、痰が排出されやすい。さらに、便秘になりにくく、肩こりが楽になるなど、うつ伏せ寝は健康に非常によいという。

晩年まで元気に過ごすには、やはり気持ちの持ちようが一番大事で、日野原は自らも実践している、次の5つの点を上げている。

  • 人を愛すること

  • 自然に感謝すること

  • 平和を願うこと

  • やったことのないことに挑戦すること

  • 人生に耐えること

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

96歳、漢字学者 白川静(1910年4月19日~2006年10月30日)

『我は袴、君は帯、高く結ひ上げて大和路の春を歩みいたりけり』

自他認める大の愛妻家であった。妻へのふかい思いが、彼の健康長寿を支えた最大の元気の源であった。妻について語るとき、そのごつい顔も柔和な童顔になるほど。毎日「歌日記」をつけていたが、その中にしばしば登場するのが愛妻・つる夫人であった。夫人は2年前に先立ったが、結婚してからずっと白川の健康や生活のすべてを献身的に支えてきた。夫婦ともに90歳を超えるまで一緒だったのが何よりも幸せで、長寿の支えとなった。

 

妻への感謝の気持ちは人一倍深く、愛妻が亡くなった時には気丈な白川もさすがにショックを隠しきれなかった。自分の仕事をやめてまで、晩年の父の仕事を手伝った娘の津崎史は、その時の様子をこう語っている。

「母の葬儀のとき、少し時間が欲しいと言い、母との長い生活を淡々と思いをこめて振り返った挨拶をしたとき、本当に母のことを尊敬し、感謝していたのだと思った」

白川は、晩年の生活を京都の桂離宮に近い自宅で送った。

その自宅は立命館大学を定年で辞めたときの退職金で買った建売住宅で、書斎はガレ-ジ用地に鉄筋の基礎を補強して建てた。健康のために毎日散歩を欠かさず、夫婦二人で仲良く桂川堤を散歩することが多かった。

趣味は、登山と囲碁。とくに登山は小さい頃病弱だったので身体を鍛えるために始めたもので、かなりの健脚であった。気分転換のためによくスポ-ツ観戦を楽しみ野球や相撲を見るのが好きで、イチロ-の大ファン。また、フィギュアスケ-トの金メダリスト・荒川静香は一字違いの親しさでよくテレビ観戦し、散歩の際には「イナバウア-」の真似をしたこともあったという。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

111
百歳学入門(109)医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰でも100歳まで生きられる

百歳学入門(109) 医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰で …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(54)』建築家・坂茂氏の講演に感激「名利名声、蓄財を超越した使命に 奉仕する」こと

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(54 …

no image
日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉖『「 戦争は避けることばかりを考えていてはますます不利になる」(マッキャベリ)』★『田村参謀次長は『このような微弱な戦力をもってロシア陸軍に起ち向かうことは無謀にひとしく、確固たる自信は持てない』と明言した』

 日本リーダーパワー史(811)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」し …

no image
日本メルトダウン脱出法(747)『単なる「貿易協定」ではないTPPー”国境”が”県境”になる」●「中国の懸念は経済ではなく政治ーエコノミスト誌元編集長のビル・エモット氏」●「メルケルが“大親友”中国を見切りか!?」

日本メルトダウン脱出法(747) 単なる「貿易協定」ではないTPPーー”国境”が …

no image
「日韓衝突の背景、歴史が一番よくわかる教科書」➂ベルツの『日本・中国・韓国』五百年の三国志② <日清・日露戦争はなぜ起こったのか>

日本リーダーパワー史(306)ベルツの「日中韓500年史②」『朝鮮が日本に併合さ …

no image
日本メルトダウン脱出法(711)「安倍談話に沈黙する北京と対中懸念強めるワシントン」「 日本企業「中国撤退」のきっかけに!? 天津「爆発事故」の被害で」

日本メルトダウン脱出法(711)   安倍談話に沈黙する北京と対中懸念 …

no image
『日本を救え、世界を救うために、決断を!』ー<福島原発―最悪のシナリオから考える(3)>(池田知隆)

『日本を救え、世界を救うために、決断を!』 福島原発―最悪のシナリオから考える( …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(181)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)①』『2014年現在の直面する5大国難は?!』ー 「福島原発の処理問題」「迫りくる大地震」「1000兆円突破 の国家債務」「急速に進む超高齢化・人口激減・少子化・ 認知症800万人」など、国難は複雑性を増している。 リーダーと同時に国民全体のインテリジェンス が求められる。』★『 「国、大なりといえども、戦いを好む時は必ず亡ぶ。国、平和といえども戦いを忘れた時は必ず危うし](史記)』

 2014/09/18/日本リーダーパワー史(524)(高橋是清のケー …

無題
★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …