前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

記事再録/百歳学入門(66)<世界一の伝説の長寿者は!?> スコッチの銘酒『オールド・パー』のレッテルに残され たトーマス・パー(152歳9ヵ月)」

   

2013年1月14日/百歳学入門(66)
 
「<世界一の伝説の長寿者は!?>
スコッチの銘酒『オールド・パー』のレッテルに残され
トーマス・パー(152歳9ヵ月)
 

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
 
不老不死、不老長寿は人類の願いだが、現在のところ人間は生物学的、生理学的に何歳ぐらいまで生きられる可能性があるのでしょうか。
 
 「進化論」で有名なイギリスのチャールズ・ダーウインは人間の生物的年齢を180歳から200歳とみていた。またノーベル生理・医学賞を受賞したフランスのエミール・メチニコフは120-150 歳は可能であるとしています。
 
また、日本の場合も伝説の長寿は『医聖』永田徳本(ながたとくほん)は118歳。徳川家3代の後見人といわれ天海大僧正(107歳)都言われているが、これも正確な出生届のある時代ではなし、あくまで伝説の長寿なのです。
 
世界でも数多くの長寿者の神話や伝説がありますが、不老不死の伝説、永遠の神による不死信仰で『旧約聖書』などをみても、100歳をはるかに超えた長寿者が登場します。少しでも長生きしたいという人間の永遠の憧れ、願望の反映なのでしょう。
 
 史上で最も有名な長寿とエイジレスのシンボルはイギリスのト-マス・パーでしょうね。       

ト-マス・パーは1483年、スコットランドの寒村の農家で誕生。1518年、父親が死没。生家の農場を遺産相続。
土地の賃貸などでのんびりと暮らす。1563年、80歳にして、初めての結婚。1男1女に恵まれるが、幼くして死別。 

1588年、102歳の時、村一番の美人、キャサリン・ミルトンと不倫。私生児をもうける。

精力絶倫で性欲を抑えきれず、村娘をレイプし、18年の刑を言い渡されました。120歳で出所しましたが、すぐ45歳の妻をめとり、その後、134歳まで毎日のようにセックスをしていたとも伝えられている。やがて、オールド・パーの驚くべき長寿は、スコットランドから、イングランド、遠くは、ヨーロッパまで鳴り響きました。
 
1635年春、チャールス1世の耳に入り、豪華な2頭立て馬車を設え、宮廷道化師とともに、宮廷での大長寿祝いのパ―ティーに招かれた。        

この時、パ―の乗った馬車がスコットランドからロンドンまでの街道には、パ―の不老長寿にあやかろうと、大群集が押し寄せたといわれます。宮廷では、ルーベンスとヴァン・ダイクがパ―の肖像画を描き、現在のオールド・パーのボトルの肖像はその時、ルーベンスが描いたものという。
 

その後、オールド・パーは世界一の長寿者として、イングランドの王家に招かれ、大邸宅を与えられて贅沢にくらしたという。1635年11月14日、突然152歳の長寿を全うした。
死後、近代生理学の始祖・ウィリァム・ハーグェーが解剖すると「セックスの性腺は萎縮しておらず、骨も若い人と同じ弾力があったという」結果が出ました。
チャールス1世は、パーの死をひどく悼み、公葬とし、歴代の国王の戴冠式や国葬がおこなわれる英国一のウエストミンスタ寺院で葬儀、埋葬した。パーは、現在は高級ウィスキー『オールド・パー』のレッテルになっていますが、その肖像を描いたのが有名なルーベンスです。しかし、このト-マス・パーも正式の出生届や戸籍はないので、年齢は確定できていません。
トーマス・パーはウエストミンスタ寺院でチョーサー、シェイクスピア、ワーズワース、バイロン等らの偉大な作家や詩人に囲まれて眠っているのです。
『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
 

<クイズ>
名酒 オールドパーは「斜めに傾けても絶対に倒れない」という。答えは『不老不死』「不倒翁のデザインなのだろうか?。
 
 
オールドパーは、1871年(明治4年)、岩倉具視を特命全権大使とした欧米視察団が英国土産として持ち帰ったのが、日本上陸の最初と言われています。吉田茂や田中角栄も同ウイスキーをこよなく愛したそうな。 それを真似て、多くの政財界の人たちが好んで飲んだそうです。 理由は、斜めにしても倒れないから。
オールドパーは ボトルが四角く底の部分の角が丸くなっているため、
斜めにしても絶対に倒れないようにデザインされています。
 
http://www.tearsdrop.net/2010/09/30/%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86/
 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載②(11回→20回まで)』

記事再録/日本リーダーパワー史(872)   「英タイムズ」「ニューヨ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、 近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?」

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』 「 …

no image
速報(342)●『8月22日原子力ムラ, 東京電力がぬくぬくと生きてるのは野田さんがその主犯だと思います 小出裕章(MBS)』

速報(342)『日本のメルトダウン』 ●『8月22日原子力ムラ, 東京電力がぬく …

no image
『坂の上の雲』の陸軍名参謀>百年に一人の大戦略家、日露戦争勝利の名参謀・児玉源太郎のインテリジェンス

<『坂の上の雲』の陸軍名参謀>   (メッケルいわく)百年に一人の大戦 …

no image
百歳学入門(22) 作家・野上弥生子(99歳)の最期まで書き続ける努力『今日は明日よりより善く生きる』

百歳学入門(22) 作家・野上弥生子(99歳)の最期まで書き続ける努力      …

no image
日本メルトダウン脱出法(878)『太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異常なし』●『オピニオン:消費増税・投資減税はなぜ必要か=ジョルゲンソン教授』●『コラム:新たな景気対策と追加緩和は必要か=岩下真理氏』●『金正恩第1書記は父より攻撃的、不安定化を懸念=米軍高官』●『次世代リーダーは、なぜ「哲学」に注目するのか?』

 日本メルトダウン脱出法(878) 太平洋の両端で巨大地震が起こっても、地球は異 …

no image
『帝国の慰安婦』著者・朴裕河 世宗大学教授と大沼保昭 明治大学特任教授が慰安婦問題で2/23,日本記者クラブで会見動画

『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)の著者・朴裕河 世宗大学教授、 『「慰安婦」問題 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑻」「高杉晋作のインテリジェンスと突破力がなければ、明治維新も起きなかった。

●「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、 明治維新も起きなかった。 古来密接な …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(124) 党首討論ー安倍首相の間違った歴史認識は訂正すべきだ (15/5/25)

池田龍夫のマスコミ時評(124)  党首討論 安倍首相の間違った歴史認識は訂正す …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉓ 西欧列強下の『中国,日本,朝鮮の対立と戦争』(上)(英タイムズ)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …