前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

リバイバル★百歳/鎌倉釣りバカ実践入門(234)『海の忍者カワハギ軍団との鎌倉沖決戦・死闘編の巻』★『釣りバカは死んでも治らない、100歳まで生きるよ』

   

 

<鎌倉釣りバカ、カヤック日記>『海の忍者カワハギ軍団との鎌倉決戦・死闘編幕開く』

テーマ:鎌倉海山ぶらぶら日記

<鎌倉釣りバカ、カヤック日記、おもろいで>

『海の忍者カワハギとの鎌倉決戦幕開く』
★『緒戦は圧勝!、その秘訣を大公開するよ』

前坂 俊之(ジャーナリスト)

◎『10/18-海の忍者カワハギ軍団との鎌倉決戦①

よってらっしゃい、見てらっしゃい。タダより安いものはない、カワハギより美味なるものはない、カワハギの肝ほど至上の珍味美味はないよ、さあ、よってらっしゃい、最後までのお楽しみというわけじゃ。

 

3・11 福島原発事故から半年後,鎌倉の海はまだ

「豊饒の海」だった。いまや「死の海」だよ。

ー2011年10/18(火曜日)、土日月とずっと強風なので、やっと本日午前6時から、カワハギ名人川越ちゃんと一緒に、鎌倉材木座からの「鎌倉釣りバカ、カヤック日記』(秋の恒例、鎌倉海の忍者軍団との死闘編)をお送りするね。

カワハギ釣りは超ムツカシー、ムカツクのよ。釣道10段、黒帯ならぬ佐々木小次郎カワハギ返しの0.3秒の早業で合わせる。眠狂四郎の円月殺法ならぬ、竿回し技法もある、大菩薩峠の机龍之介の盲目の釣りにもぴったりなのじゃ。なぜなら、引いているのか、触っているのか、全く当たらないのにえさだけはきれいに取られる。

剣の名人、釣りの達人じゃないと互角に勝負は出来ないのじゃな。

相変わらず、無駄話が多いな、

早く本論に入れよ、このもうろくじいさんよ!。早くみせろ。

本当にカワハギ名人なのかーその証拠は最後にお楽しみ。

ホントか、うそか、カワハ­ギのように、「ニオイはすれども、姿は見えぬ、ほんにお前は<屁のような>、カワハギ野郎め!、今日は一網打尽に来たのじゃ、神妙に返事をせい!。

マナーを守れ。『自動販売機』しか買い物できん、店員とあいさつもアイコンタクトもできんいまどきのガキと一緒じゃ。

「ケイタイ」と24時間ニラメッコで、電車で隣同志になっ人、隣人、友人にも知らん顔のマナーモード知らずの、ガキとと同じじゃ。

カワハギガキちゃんよ、しっかり餌­を食べる時にはあいさつするのじゃぞ、引くのじゃぞーそうしないと容赦はせんぞと,
人の道には一泊一飯という「仁義」の道があるぞ。カワハギ君も多くの釣り人も「仁義」を忘れとるな。
魚、海への生命の畏敬がなくちゃならんぞ。みだりに殺生(せっしょう)は禁物じゃ。仏の戒律「不殺生」を釣りでも実践する、リリース、数の制限じゃー、遊漁船での一束二束­というのは明らかに外道じゃ。

魚食い民族として海、魚に感謝して、最低限を食するのがのワシの心得じゃ(ホントかいな!、ええ格好して、)

ーと宣言して決闘のスタートじ­ゃよ。

 

海の忍者カワハギ軍団との鎌倉決戦に大勝利、その秘訣大公開するよ。結果の発表ーパンパかパンー。は2時間半で、カワハギ12匹。最大2センチ、15-23が6割、ワッペ­ンサイズ4匹.

これから30センチの肝パン、ズシンと地球を釣るような巨カワハギの登場、世紀の一戦もまたライブ中継の大サービスじゃ。

 

 - 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中ロシア北朝鮮150年戦争史(48) 『日本・ロシア歴史復習問題』★『樺太(サハリン)はどうやってロシアに強奪されたのか』―樺太千島交換換事件の真相は・・『「ユーラシア大陸全域でのロシアの膨張・侵略・南下政策 の一環で、まず軍隊を派遣、武力で占領し 居座る常套手段で、日本側は手もなくひねられた。 三国干渉以後のロシアの遼東半島占領計画、 強奪とまるで同じ手口。』

  日中ロシア北朝鮮150年戦争史(48) 『日本・ロシア歴史復習問題 …

2222
平田カメラマンの『鎌倉サクラだより』(4/2)人出の多い有名寺は敬遠、近くの妙本寺で花見、ここが最高!

 湘南海山ぶらぶら日記 平田カメラマンの『鎌倉サクラだより』(4/2日) &nb …

no image
『知的巨人の百歳学(159)記事再録/ 「シュバイツァー博士(90歳)の長寿の秘訣」★「世界的チェロ奏者のパブロ・カザルス(96歳)」の「仕事が長寿薬」

百歳学入門(104) ー天才老人になる方法— 『会社』には定年があって人生に「定 …

no image
★『鎌倉ビデオ詩人の散歩ー中秋の名月の日の鎌倉海の夕焼けは真紅に染まるー夕焼け評論家になろうよ 』

「今日は中秋の名月!―鎌倉海岸を散歩してリフレッシュ!」   ★『鎌倉 …

mq2 (4)
『リモートワーク/鎌倉カヤック釣りバカ/フィッシング』(2020/5/14/am6-9)-『海に出れば心は晴れる。サッチモやロッド・スチュアートの「この素晴らしき世界よ」「セーリング」のメロディーが流れてきて、思わず涙があふれるよ

前坂俊之(ジャーナリスト) 鎌倉カヤック釣りバカ日記(2020/5/14/am6 …

no image
<鎌倉つりバカ・ボケ日記>『早春カヤックフィッシングー鏡のような春の鎌倉海で魚と遊びダイエットしようね』

<鎌倉つりバカ・ボケ日記>   『早春カヤックフィッシングー鏡のような …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(116)/記事再録☆『ニューヨーク・タイムズ』<1896(明治29)年7月20日付>がみた明治のトップリーダー・伊藤博文の英語力、対外発信力とは歴代宰相NO1

    2010/02/08 /日本リーダーパワー …

ダウンロード (1)
知的巨人たちの百歳学(112)「日本開国の父・福沢諭吉」寿命の長さ【長寿】ですべて良しとせず、平生の心身の働きを大にして、寿量(生涯の質量)を多くせよ。

          知的巨人たちの百歳学(112) 「日本開国の父・福沢諭吉(6 …

no image
知的巨人の百歳学(144)ー「玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食。食はねば、人間は長生きする』

    2015/03/28/百歳学入門(54)記 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1052)>『世界から米国の「背信」、時代錯誤と大ブーイングを浴びたのが「パリ協定」離脱』★『環境破壊のならず者国家、1位米国、2位は韓国―パリ協定離脱宣言に非難ごうごう、 その当然すぎる理由』★『トランプはパリ協定離脱の正義を信じている 「核の脅威こそ究極の地球環境問題だ」』●『パリ協定「政権抜きで果たす」 米国の企業や大学で動き』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1052)> 世 …