前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『世界サッカー戦国史』➈『ガラパゴス/ジャパン/サッカーの未来を開く』★『日本人監督にして科学的トレーニングを強化する』

      2018/07/16

『世界サッカー戦国史』➈

日本サッカーの強化法―科学的トレーニングの必要性

前坂 俊之(ジャーナリスト)
(7月10日書いたもの)

W杯ロシア大会は番狂わせ連続の大波乱の大会となった。

前回覇者のドイツは緒戦で3連敗、1000本ものパスを無駄使いしたスペインは共に1次リーグで敗退し、メッシ不振のアルゼンチンもやっと這い上がった2次リーグで早々に姿を消した。

優勝候補ブラジル、ウルグアイも準決勝までに敗退した。これで史上初のブラジル、ドイツ、アルゼンチンがいないW杯準決勝になった。

ベスト4に進出したのはイギリス、フランス、ベルギー、クロアチアでW杯というよりも「ヨーロッパ大会」決勝戦の様相を呈している。

一方、日本は強豪コロンビアをアジア勢として史上初めて倒し、2次リーグのベルギー戦では終了1分前に逆転され3-2で惜敗したが、下馬評を覆す大健闘を見せて、チームジャパンの躍進ぶりを世界にアピールした。急きょ登板した西野監督の見事な采配ぶりは高く評価される。

 

サッカーW杯 日本代表を「勝てる集団」に変えた西野監督の言葉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00056474-gendaibiz-bus_all
 

ちょうどこのW杯ロシア大会の開催と同時期に、米国ワシントンに在住の娘が2人の孫(6歳、3歳)を連れてわが家に里帰りしてきた。

上の6歳の孫はサッカー少年で、ワシントンで毎日、サッカーで遊んでおり、帰国後すぐ、地元の小学校に体験入学し、早速、早朝サッカー教室に参加、学校から帰ると近所の小学生たちとサッカーに熱中して大喜び。

わがジジ、ババと深夜のサッカー中継に、ともに一喜一憂しており、改めて地球規模でのサッカー盛り上がりを肌で感じた。

小学校が休みの土日も早朝練習があるが、そのあと、鎌倉海水浴場に孫と水泳に行ったが、「入れ墨などの露出は禁止です。飲酒も禁止です。ただし、海の家では可能です」などとの事細かい利用者規則が大きなマイク放送で流れてきた。

W杯の出場選手のほとんどが、手足、背中などにタトゥー(入れ墨)を入れているのがテレビで大写しにさている。

鎌倉でも最近外国人観光客が激増しており、タトゥー族も海水浴にもたくさん来ていた。今のところトラブルはない模様だが、日本と世界のサッカー文化の大きなギャップを実感じた。

また、気になったニュースがあった。

イングランド代表選手が妻の出産に立ち会うため一時帰国。この選手は、決勝トーナメントの初戦に出場できなかったが、チームの監督は、「人生にはサッカーよりも大切なことがある」とこの選手をたたえたという。

日本の場合はこの真逆であろう。試合優先で『親の死に目にも会いに行かなかった』というのが賛美される仕事重視の文化である。

ベルギー戦で逆転負けした日本代表が、試合後にロッカールームをきれいに清掃し、ありがとうを意味するロシア語「スパシーバ」と書いたメモをのこした動画がYoutubeで流され、世界中で話題となった、という。これなど「飛ぶ鳥、跡を濁さず」の日本美学の行動だが、世界には異質な文化と映る。

準決勝に進出した4チームはいずれもヨーロッパ各国代表である。その強さの秘密は共通している。

➀多民族混成チームであり、フィジカルに強いアフリカ系選手が活躍したこと

②世代交代した20代中心の若手チームで、選手層が厚い

③多民族チーム特有のダイバシティ―(多様性、個性的)がある。

④レベルの高いヨーロッパサッカーの選手たちで、試合経験豊富などで、日本チームとは180度違い、この差を埋めるのは容易ではない。

結局、このギャップの根源をたどると、日本古来の武道のDNAの(蹴球道)にたどり着く。

私見によれば、格闘技としての西欧のレスリング、ボクシング対日本の柔道、剣道の違いは,フィジカルの強さを逆手にとって

「小よく大を制す」「柔よく剛を制す」で、

相手の力を利用して背負い投げ、巴投げなどの投げ技で倒す武術、武道が進化して、さらに西欧流のスポーツに融合して、発展した。

武道はあくまで、大から身を守る護身術から発展した「守備型」で、攻撃型ではない。『礼にはじまり、礼に終わる』のが基本。

西欧流の個人主義の上に築かれた個人対個人のぶつかり合い、格闘技の西欧流サッカーと、「チームプレイの集団結束守備型」「コンビネーション」「パス回して一瞬のスキをついて居合斬りで攻撃する」日本とはまるで違う異文化スポーツ衝突といえよう。

帰国した7月5日の記者会見で「西野監督は引退を表明、協会会長はすみやかに次期監督を決定する」と述べた。

次期サッカー日本代表監督、やはり日本人が適任といえる理由
https://diamond.jp/articles/-/174841

 

次の日本代表監督は一体誰なるのか、外国人監督か、日本人監督か、スポーツ紙で取りざたされている。

『日本サッカー協会』(JFA)は今大会の試合結果を徹底検証し、ワールドクラスの選手育成の長期プログラムを作成し、これまでの監督選びの連続失敗を繰り返してはならない、と思う。

ビッグデータ、AI(人工頭脳)を取り入れた科学的、合理的なフィジカルトレーニングを導入し、旧来の猛練習主義、根性主義の体質を切り替える必要があろう。

エンゼルスの大谷選手をはじめ、ヤンキースの田中選手などが高校野球での投げすぎによる肘の故障、ケガで「トミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)」を受けるケースが多い。スポーツ選手の科学的な肉体管理、とレーニングが欠かせない。

4年後のW杯も、日本代表は「心配無用」と言える理由

ようやく「日本らしい戦い」がわかった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56426?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(658)「古賀茂明はなぜ怒ったのか「腰抜け」古舘伊知郎に告ぐ!」○「それでもヒラリーが大統領になれない理由」

  日本メルダウン脱出法(658)   ●「やっぱり…「報ステ」に自民 …

no image
百歳学入門(36)『百歳長寿名言』-『憲政の神様・尾崎行雄(95)の『生来の虚弱体質が長寿の原因 。不幸は幸福の基である

百歳学入門(36)―『百歳長寿名言』   『憲政の神様・尾崎行雄(95 …

no image
湘南海山ぶらぶら日記ー「外国人観光客への鎌倉古寺一番おすすめは「妙法寺」ー京都の「苔寺」より上だよ」

 湘南海山ぶらぶら日記 「外国人観光客への鎌倉古寺の一番おすすめは「妙法寺」ー京 …

no image
速報(217)『脱原発世界会議』●『山本太郎氏の発言』★『中沢新一氏の新党「緑の日本」を宣言』

速報(217)『日本のメルトダウン』 『脱原発世界会議』   ●『山本 …

no image
速報(101)『日本のメルトダウン』『 海江田経産相から直接電話があった』『今後解放されることはないセシウム汚染』

 速報(101)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章動画 …

no image
日本メルトダウン(930)『1000年単位の歴史観を持てば未来の潮流が見えてくる』●『北朝鮮化し始めた中国の言動 孤立路線の行きつく先は?』●『経済対策の財政措置13兆円、事業規模28兆円超-安倍首相が表明』●『コラム:ロシアではうそが武器、ドーピング問題は氷山の一角』●『日本人女性寿命、世界一から転落』

日本メルトダウン(930) 1000年単位の歴史観を持てば未来の潮流が見えてくる …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(34)★ 歴史の復習記事再録ー 日清戦争敗北の原因「中国軍(清国軍)の驚くべき実態ーもらった「売命銭」分しか戦わない中国3千年の歴史は皇帝、支配者、共産党幹部の巨額汚職、腐敗政治で今の「習近平政権」も延々と続いている。

 日中北朝鮮150年戦争史(34)                        …

no image
正木ひろし弁護士の超闘伝⑧全告白・八海事件の真相ー真犯人良心のうずきから「偽証を告白」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い …

no image
野口恒のインターネット江戸学講義(15)諸国を遍歴、「生涯の大仕事」をした“歩くノマド”たち-51歳から地球一周した「伊能忠敬」(上)

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義(15)>   第7章 …

no image
日本リーダーパワー史(841)★☆(人気記事再録)『明治維新150年』★『日本人だけが忘れ去った世界的英雄/革命家としての西郷隆盛を再評価する』★『世界革命史に例のない<江戸城無血開城>を実現した西郷 隆盛、勝海舟の超リーダーシップを見よ』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、うち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』

 日本リーダーパワー史(841) ★☆(人気記事再録)『明治維新150年』 &n …