前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン(34)』『開戦2週間前の『ロシア・ノーヴォエ・プレーミャ』の報道」-『イギリスと米国に支援された日本とわが国の戦争が迫っている。日本はその過剰な人口を移住させるために朝鮮を必要としている。他の2国は商品を売るために満州と朝鮮の門戸開放を必要としている。

      2017/08/19

 『日本戦争外交史の研究』/

『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉞『開戦2週間前の

 1904(明治37)年1月13日,露暦1903年12月31

『ロシア・ノーヴォエ・プレーミャ』

『極東におけるロシアの任務はいかなる政策であるべきかー編集部への手紙』

 

新聞によって判断するなら,イギリスとアメリカ合衆国に支援された日本とわが国の戦争が迫っている。日本はその過剰な人口を移住させるために朝鮮を必要としている。他の2国は商品を売るために満州と朝鮮の門戸開放を必要としている。

だが,日本が中国と同盟を結んでもわれわれには恐るるに足らない。

中国は,∃一口ッパの指導員たちに訓練された軍隊をまだ創設していないからだ。しかし,旅順のわが国の艦隊を容易に封鎖してしまい,軍事行動に使えなくしてしまうこともできる第一級の海軍国と戦争になった場合,あるいは,そうした国が日本に物資の面だけでも援助した場合,事態は全く変わってくる。

そうなったら,そのような条件で戦争することがわが国の益となるのか,それがわれわれの手に負えるかどうか,考え込まないわけにはいかない。だから,当然次のような疑問が生じるのだ。

中国人匪賊の襲撃に対してわが国が何百万もの国家資金を投じた満州鉄道を守るということであれば,それが中国の手に余るような場合.わが国には当然そうするだけの権利と義務がある。だが,まだわれわれのものではない他国の一地方にロシアが選んだ商業政策を導入することが.公正かどうかは問わないまでも,はたして妥当なのだろうか。

ロシア本国だけを考えてみても.この政策は国家の生産力の発展と住民の幸福のための礎石として十分にその成果を上げたと考える根拠があるだろうか?

そして,またこの政策を自国で行うだけでなく,「私はここを絶対に動かぬ」というあのイギリスの原則に従って,われわれが確固とした足場を築こうとしている(しかもそれは将来のことなのだ)地域でも大胆に続けていくだけの十分な理由があるのだろうか。別に自由主義貿易論に与せずとも,このことには疑問を感じないわけにはいかない。

(中略)

かつてはロシアがヨーロッパの穀倉と考えられていた時代があったが,今では自国の農民たちさえ食うや食わずの状態だ。

つい最近まではわが国の皮,獣脂,その他の半加工製品なしでは,西欧諸国の大半は

ほとんど立ちいかなかったのだが,今では私たちがこうした品々を外国から毎年何百

万ルーブル分も取り寄せねばならない。

 

資本主義的な生産形態の発展をあまりにも熱烈に奨励した結果がこんな悲しいありさま

だとすれば,われわれは自分たちは誤っていないと確信して,荒涼とした満州にわが国の工業政策の旗を掲げ,この地を新しい生産に向けて目覚めさせることができるのだろうか。

 

 自由貿易のために満州に門戸を開くなら.われわれは同時にイギリス,アメリカ合衆国、ドイツ,そしてその他のすべての西欧諸国をわが国の本当の同盟諸国にする ことになる。ロシアが満州を占領したのは全ヨーロッパ文明の利益になることであって.ロシアは自らの文化的な使命を果たしたのだということを彼らははっきりと理解するだろう。

 

古代の野蛮人たちがヨーロッパ進攻によってもたらした厄災を再び引き起こしかねない黄色人種がヨーロッパを侵略しないように監視している国として,ロシアにはまさにこのような文化的使命が課されているのだから。

 

 われわれは,万事において盲目的に西欧を模倣することに慣れてしまっている。資

本主義国家にとっては新たな外国市場の開設はほとんど死活問題なのだ。だがわが国

にとってそれはよけいなぜいたくなのだ。

 

その重荷は全住民にのしかかり,ひと握りの資本家を支えるために,彼らはあらゆる

工業製品を高く買わねばならない。

わが国には,何百万という自国の農民の中にわが国に保証されたほとんど手つかずの巨大な市場があるというのに,こうした高くつく市場がわれわれに何になるというのか!われわれの緊急の課題は,わが国の住民たちの福祉を向上させることであり,そうすることによってわが国の産業の将来の発展のためのしっかりとした足場を築くことだ。

 

しかしながら.近く戦争が起こるかもしれないとなると(その恐ろしい幻影は日増しに強くなって近づいている),この偉大で責任重大な課題は,しばらくわきに置かれることに

 なるだろう。

商人たちの利益のために,ロシアは.豊かさ故にではなく貧しさ故になされた国民の蓄えを大量に浪費しなければならなくなるだけでなく,血も流さねばならなくなるだろう。

 

この商人とは,ことわざの中の,自分が食うのでもだれかにやるのでもない干し草の上に横たわっている犬を思い起こさせるような輩なのだ。

 

国際的通商のために満州の門戸開放がなされるなら,ロシアの満州占領を擁護することは外国列強の利益にもなる。なぜなら、ロシア以外だれも真の厄災である中国の匪賊からこの国を救ってやることができないからだ。

 

身体の安全と財産の安全が保証されないところでは,だれが通商を行おうと発展は期待できないのだ。われわれが構想したように駒を運ぶなら,現在の外交ゲームにおいて政治的紛糾を引き起こすことは日本以外のどの国にとっても利益にならなくなる。

 

それは,そうした紛糾が満州での通商に関与しているほとんどすべての工業国のこの地域での通商の発展を滞らせることになるからなのだ。

 

 競争者たちの力はこの点に関してはある程度までは互角なのだから,満州がそのうちの1国の経済的圧力を受けるようになるかもしれないなどと考える必要はない。

 

 こんなわけで,わが国の経済政策の旗印になるべきなのは,海外市場の追求ではなく,国内市場の追求なのだ。この政策は日本にとっては致命的だが,ロシアの将来にとっては,そしてヨーロッパの安全にとっても,非常に有益なものなのだ。

 

 わが国の著名な画家ヴェレシチャーギンは疑いもなく財政に破綻をもたらすロシア

と日本との戦争について警告して.数日前のノーヴォスチ紙上で,ロシアが満州占領

を断念し,鉄道とともに満州を中国に返還するという構想を述べた。

 

だがこのようなあまりにも短絡的な目下の政治的紛糾の打開策は.黄色人種の侵略に対してロシアの門戸ばかりかヨーロッパへの門戸をも開くことになりはしないだろうか。中国と日本を合わせた人口がほとんどヨーロッパ全体のそれに匹敵することを踏まえて考えれ

ば,今後はそうなり得ることも考えておかねばならない。

 

それらの国の軍事機構がヨーロッパ式に整備され.極度の人口過剰の状態になれば,東から西への民族の大移動が再びくり返されないとも限らない。われわれが満州鉄道を掌握しておくことを断念すれば,この鉄道を建設したことで全ヨーロッパ文明に「よけいなおせっかい」をすることになるだろう。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(48)ー東久邇稔彦(皇族・102歳)はギネスブックの首相ー自由奔放に生きたその最晩年

 百歳学入門(48)   東久邇稔彦元首相(皇族・102歳) …

no image
百歳学入門(60)「ミスター合理化、財界の荒法師、行革の鬼」といわれた土光敏夫(91歳)のモーレツ経営10訓

百歳学入門(60)   「ミスター合理化、財界の荒法師、行革の鬼」 と …

no image
[涙なくして読めない人物史』(12)人気記事再録/「昭和史決定的瞬間/名シーン』-『1941年(昭和16)12月3日の山本五十六連合艦隊司令長官の家族との最後の夕餉(ゆうげ、晩ご飯)』★『家族六人一緒の夕食で山本も家族も何もしゃべらず無言のまま』(日本ニュース『元帥国葬」動画付)

山本五十六の長男が回想する父との最後の夕餉(ゆうげ) 昭和十六年(1941年)1 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(12) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑤ 近代中国思想界の重鎮・梁啓超は『朝鮮亡国の原因は 李朝宮廷、政治、社会の三点にあり、朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身である」と。「朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス 暗殺事件〈1908年〉」

  日中北朝鮮150年戦争史(12)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読 …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか➈』-『トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」★『銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙(ひんしゅく)。この男に心はあるのか?』★『米副大統領、平昌五輪で北朝鮮と会談予定だった 北朝鮮がドタキャン』

トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」 前坂 俊之(ジャーナリスト) CNNは1月 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(4 )記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』④ 『明治維新後、世界に初船出した日本丸はどこを目ざすべきか』― 明治のトップリーダーの『インテリジェンス』 長期国家戦略「富国強兵」政策はビスマルクの忠告から決まった。

     2015/11/24日本リーダ …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(577)70年前の終戦最後の宰相ー鈴木貫太郎【78歳)の国難突破力が「戦後の日本を救った」-その国難突破力、土壇場力、晩年の超人力

   日本リーダーパワー史(577) 70年前の終戦最後の宰相ー鈴木貫 …

no image
日本リーダーパワー史(572)エピソード憲法史『ペニシリンから生まれた憲法』★『白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』など5本⑥

日本リーダーパワー史(572) 一連の「安全保障法制案」の本格的な 国会論戦が始 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉜『開戦2週間前の「英タイムズ」の報道/『開戦必至の情勢』―『ロシアが日本側の抑制した 要求をめない限り戦争は避けられない』

 『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉜『開戦2週 …

no image
百歳学入門(42) 『岩谷産業創業者・岩谷直治(102歳)』百歳「否凡」経営』と名言『岩谷精神12カ条』

百歳学入門(42)『岩谷産業創業者・岩谷直治(102歳)語録』   『 …