前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(152)元祖ス-ローライフの達人/「超俗の画家」熊谷守一(97歳)② ひどい窮乏生活の中で、3人のわが子を次々に失う。 しかし、病児を医者にかけるために絵を描き、 絵を売ることはできなかったのです。

      2016/07/20

 

百歳学入門(152)

 

元祖ス-ローライフの達人・「超俗の画家」の熊谷守一(97歳)②

 ひどい窮乏生活の中で、3人のわが子を次々に失った。
しかし、熊谷さんは病児を医者にかけるために絵を描き、
絵を売ることはとてもできなかったのです。

 

熊谷守一について – 熊谷守一つけち記念館

http://www.morikazu-museum-tsukechi.jp/biography/

 

村山 祐太郎 天童市名誉市民

http://www.city.tendo.yamagata.jp/tourism/kanko/murayama.html

村山祐太郎氏は、明治38年(1905年)、山形県天童町≪現、天童市)老野森の生まれ。 村山は東京京橋で自転車店で住込みで奉公し、大正12年(1922年)関東大地震発生の、2年後に小さな自転車店を開店し、事業家としてスタートした。

その後、鈴木金属工業株式会社を創設、日本では初めてとなるピアノ線の生産を始め、ピアノ線の国産化に成功,PC鋼線、ステンレス線など製品を生み出し産業人、経済人である。

絵が大好きで37歳のときに出会った熊谷守一画伯からは親しく指導を仰ぎ、画伯が亡くなるまで交友を深めて大きな影響を受けた。

平成2年9月、85歳で亡くなったが、天童市に熊谷守一画伯の作品24点の寄贈している。

その2人について書いた『天真のふたり・熊谷守一と村山祐太郎の世界-』田口 栄一著 星雲社発売、平成2年刊)という本がある。

村山さんからみた熊谷の実像がビビットにとらえられている。

------------------

『村山さんは、しばしば庭で写生中の熊谷さんの姿を見掛け、実に丹念にスケッチするのに目をみはった。

小さい池に鯉を飼っていて、毎日泳ぐ姿を観察しては克明に生態をとらえている。この池は、庭に防空壕を作ろうとして深く掘ったら、雨のあと水が湧いてきたもので、近くの石神井川で捕った小魚を入れて泳がせていたのが始まりだという。

また、庭にゴザを敷き、寝ころんで飽きずに蟻を観察し、蟻は左の二番目の足から動き出す、などということまで確かめていたというのである。

 

花でも鳥でも虫でも木でも水でも、もちろん人間や動物でも、実によく観察して、動いているのか、止まっているのか、どちらに行こうとしているのか、そのこまかい生態や心理まで、はっきりと描き出す。

写生のイロハを知らない村山さんも、その熱心さにはびっくりして、いつしか日々の苦労を忘れ、心の痛みも薄らぐ思いで見守っていた。

生涯を通じて、無欲さとか、童心のような純粋さとか、物や金に対する無関心さと言い、そうした話を聞くにつれ、神聖と言いたいくらいの思いであった』

『なにかの折に、村山さんは秀子夫人から昔話を聞いたことがある。「その頃、二科会におりましたが、会員の方にはお金にご不自由のない方が多うございましょう。

ですから主人は〝おれとは肌が合わぬ″とか申しまして、画壇の方々とのお付き合いはほとんどありませんでした。しいて言えば山下新太郎さん、有島生馬さんぐらいだったでしょうか。それもごくたまに会って語るくらいです」

見かねた二科会の画友たちが、二科の研究所の指導を委ねた。「研究所へ教えに行くようになってから、周囲の方々があんまりだとお思いになったのか、車代ということで月々三十円下さいました。そのお陰で家賃がやっと払えたのを覚えております』

 

『生まれた子らの体が弱く、ひどい窮乏生活の中で、昭和三年、次男陽さん(3歳)を、昭和七年、三女茜さん(1歳)を、戦後の昭和22年に長女高さん(22歳)を、次々に失ったのである。

生活の資を得る目的で絵を描けない熊谷さんは、また病児を医者にかけるために絵を描き、絵を売ることができなかった。それはあまりにも悲しいことだが、最も辛かったのは熊谷さん自身であったろう』

 

『昭和三年二月、次男陽さんが肺炎で急逝したとき、花に埋もれたわが子の遺体を夢中で描き続けた。能谷さんはそのときのことを多く語っていないので、本心はわからないが、悲嘆を紛らわすためにひたすら描くことに集中したのだと思う。

後に、「幼くして死んだあの子(陽さん)のことを考えると、四十年も過ぎた今になっても、胸のしめつけられる思いがします。このときは、まくら元で死んだ子供の顔を油でかきました」 (前出自伝) と語っている。

「しかも熊谷さんは、さらに二人の子供を亡くしている。三女で一番末の茜さんは、生まれて二十日日頃から熱を出しっ放しで一年半で肺炎で死に、長女高さんは、戦争中の学徒勤労動員で軍の工場で働いた過労がもとで胸を病み、三年ほど寝たきりで、昭和22年に22歳の若さで他界したのである。

「(高は)亡くなる少し前のある日、ちょっと起き上がったついでに、なにを思ったのか家にあった黒板のすみっこに、

ついと白墨で『南無阿弥陀仏』と書きました。この字はなんとなく消すに忍びず、今もそのままにしてあります」と自伝に記している」

能谷さんは過去のそうした出来事を、村山さんには多くを語らなかったが、自伝の中で次のようにふれている。

妻からは何べんも、「絵をかいて下さい」といわれました。たとえいいできでなくとも、作品さえできればなんとか金に代えられるというのです。

妻ばかりではない。まわりの人からもいろいろ責め立てられました。妻の姉なども、「熊谷さんは、あんなに子供をかわいがっているのに、どうして子供のために絵をかいて金をかせごうという気にならないのでしょう」といっていたそうです。

たしかに、それは言われる通りなのです。しかし、あのころはとても売る絵はかけなかったのです』

 

『戦中戦後の食糧難の時代も、食糧の買い出しなどはせず、「金がなくて食べるものが手に入らなければ、おなかを空かしていればよい」と構えていて、秀子夫人は「これでは皆んなが干乾しになってしまうわ」と嘆いていた。

これを見かねて、もともと歌人で画商をやっていた人が、絵と交換で米とかいろいろな品を届けたようである。村山さんもそれを聞くと黙ってはいられなかった。山形から米やみそ、しよう油などをかき集めて、こっそり届けたりした』

という2人の心からの交友は続いた。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(5)「愛人宮崎龍介との出会いー青春の力に恋の芽生え」(東京朝日)

  「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(5)   …

no image
日本新聞史<満州事変から太平洋戦争までの戦時期の日本の新聞>

1 =戦争と新聞を検証する= 1995年2月15日 前坂 俊之 静岡県立大学国際 …

ダウンロード
知的巨人たちの百歳学(128)国文学者・物集高量(106歳)の健康長寿・生涯現役/勉強法>「クヨクヨせずいつも恋をして、何かに好奇心を向けて自然の変化にさからわず。そうすれば誰でも百年ぐらいは生きられる」

 知的巨人たちの百歳学(128) <106歳 国文学者・物集高量の健康長寿・生涯 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

ダウンロード (1)
世界が尊敬した日本人ー欧州連合(EU)の生みの親の親は明治の日本女性、クーデンホーフ光子「戦争を防ぐためにできたEUが今,大量の難民流入とテロで危機にさらされている」

 『ユーロ難民問題,テロを考える日本の1視点』- 欧州連合(EU)の生みの親の親 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(104)再録<ネット時代の社説論説『本質に迫るための検証報道ーメディアは速報性のワナにはまるな①」

  終戦70年・日本敗戦史(104) 再録 <ネット時代の社説論説『本 …

no image
日本リーダーパワー史(513)明治のトップリーダーは超人、奇人、変人ぞろい <アル中で妻を切り殺した黒田清隆」

     日本リーダーパワー史(513) …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(76)『核のゴミ、米国も新たな最終処分計画を公表』 ◎『ボーイング787型機事故原因の究明』

池田龍夫のマスコミ時評(76)   ◎『核のゴミ、米国も新たな最終処分 …

no image
日本リーダーパワー史(177)『古島一雄の敗戦の弁』『大東亜戦争敗戦の原因である軍閥・官僚統制国家を改革できなかった』

        日本 …