前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中北朝鮮150年戦争史(12) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑤ 近代中国思想界の重鎮・梁啓超は『朝鮮亡国の原因は 李朝宮廷、政治、社会の三点にあり、朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身である」と。「朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス 暗殺事件〈1908年〉」

      2016/07/14

 

日中北朝鮮150年戦争史(12)

 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。

 日本最強の陸奥外交力⑤

 近代中国思想界の重鎮・梁啓超は『朝鮮亡国の原因は

李朝宮廷、政治、社会の三点にあり、、

朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身である」という。

朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス

暗殺事件〈1908年〉

 

明治維新以後、朝鮮、清国との外交にふりまわされて、『征韓論』、西郷隆盛と大久保利通の両雄の悲劇的な闘争に発展し、約30年後に日清戦争でやっと決着がついた。

当時の朝鮮、清国の政治、社会情勢はどのようなものであったのか。

清朝末期の戊戌(ぼじゅつ)維新(一八九八年)の主役で、近代中国政治、文学、思想界の重鎮でもある梁啓超(1873-1929)は、『朝鮮亡国史略』、『朝鮮滅亡の原因』、『日本併合朝鮮記』などを書いている。

梁啓超は『朝鮮亡国の原因について、李朝宮廷、政治、社会の三点にあると説き、朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身で、日本が原因ではないとし、朝鮮は滅ぼされたのではなく、自ら滅びたのだ』と次のように説いた。

「立憲君主制が確立されていない専制国家の運命は、すべて宮廷とつながっている。全国民はことごとく君主一族から毒害をこうむる。宮廷から見ると、君主専制国家、朝鮮の滅亡は、大院君と高宗二人の責任にある。大院君は酷薄(むごく薄情)、残虐、傲慢(えらぶる)にして猶疑心が強い。権謀術数のみ知って大礼を知らない。彼こそ亡国最大の元凶である。

高宗は惰弱にしてふるわず、優柔不断、讒言(讒言ざんげん)(人をおとし入れるため、事実を曲げる)を好み、事理にはくらい。側近は阿訣迎合(あゆげいごうーおべっかを使い、とり入る)の徒が多く、小さな恩恵を施し、小手先の策を好んでそれもまたすぐにばれてしまう。人に頼りすぎて自主が確立されない。虚飾を好み、実を努めない。政治を操る閔妃と高宗はじつに、悪女貢后

と愚君の西晋(せいしん)の恵帝(けいてい)そっくりである。このような君主が国を滅ぼさない例は、歴史上はほとんどなかった」(黄文雄『歪められた朝鮮総督府』(20P)

李朝社会の階級制度―両班が諸悪の根源。

『李朝社会とは、貴族と寒門(貧しい家)の階級が歴然と存在し、両班(ヤンパン、特権階級)は一切の権利を壟断(ろうだんーひとりじめ)する。国中で独立の人格と自由意志を持つ者は貴族のみで、しかしながら、彼らはすべて社会の諸悪の根源である。

彼らは仕官のみを志し、繁文縛礼(はんぶんばくれい、親則、礼法が細々してわずらわしい)。民衆に対しては禽獣畜生(きんじゅうちくしょうーけものや、どうぶつ)のごとく扱い、搾取略奪した財産を国庫に入れるのは三分の一にも満たない。徒党を組み、私腹を肥やして殺し合う。

彼らは政治とは何たるものかを知らず、世界の大勢も知らない事大主義(勢力の強大なほうになびく)で親日・親露・親中ところころ変わる。

帰国した留学生が千人近くいても、ほとんど猟官(官職にありつこうとして運動すること)に忙殺される以外には、社会のことをほとんど顧みない。学校;もつくらず、本一冊も書かない。翻訳一つでさえものにはならないありさまだ」(同上21P)

 梁啓超による朝鮮人の民族性、国民性

『(梁啓超によれば)、朝鮮人は空論を好み、激情にして怒りっぽく、ややもすれば命知らずですぐ立ち上がる。それなのに瞬く間に死んだ蛇のように!くらつっついても動かない姿に変わる。

朝鮮人は将来のことはほとんど考えない。庶民は腹1杯になれば、すぐ木陰で、終日清談に耽り、明日のことはすっかり忘れてしまう。高官も今日の権勢さえあれば、明日は亡国となってもほとんど気にしない』(同上)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス暗殺事件〈1908年〉

朝鮮の外交顧問であったドーハム・スティーブンスは一九〇八(明治41)年三月、解雇され、帰国してサンフランシスコに着いたとき、記者会見をして次のように述べた。

『朝鮮の王室と府は、腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財宝を略奪している。そのうえ、人民はあまりにも愚昧(おろか)である。

これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地にされるであろう。伊藤統監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人びとは反対していない」

このニュースを新聞で知ったサンフランシスコに居住する朝鮮人・張仁煥と田明雲の二人は激怒してオーランド駅でスティーブンスを暗殺したのである。

100年以上前のこの事件を知って、2015年3月におきたリッパート駐韓米大使襲撃事件との類似性に驚いた。「韓国、朝鮮の事実について批判される」と聞く耳を持たず、すぐ反発する国民性は根深いものがある。

 

リッパート駐韓大使襲撃事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E9%A7%90%E9%9F%93%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

2015年3月5日、ソウル市内の世宗文化会館で、韓国人、キム・ギジョン(金基宗)がマーク・リッパート駐韓米国大使を襲撃する事件。

当日、キム・ギジョン容疑者は招待状を持たないにもかかわらず、リッパート大使の朝食会に忍び込んだ。その日、韓国側の警備体制が手抜きされていた疑いがある。突然、キム容疑者はリッパート大使に突進し、隠し持っていた25cmの果物ナイフで、大使の右顔面を長さ11cm、深さ3cmにわたり切りつけ、大使は80針を縫う重傷を負った。

キム容疑者は、その場で取り押さえられた。大使は車で病院へ運ばれたが、幸いにも命に別条はなかった。だが、傷がもう少し深ければ、キムの凶刃によって生命を落としていたかもしれないーというもの。

この犯行の背景、韓国側の対応には100年前の民族性が今も根深く残っていることをうかがわせる。

http://net.keizaikai.co.jp/archives/16189

 

—————————————–

 中央日報

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(1)

http://japanese.joins.com/article/058/218058.html?servcode=100&sectcode=120

中央日報 latest news

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(2)

http://japanese.joins.com/article/059/218059.html

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(3)

http://japanese.joins.com/article/060/218060.html?servcode=100&sectcode=120

 

 

                           つづく

 - 健康長寿 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(38)―『『天才老人・本多静六(85)の70,80歳になっても元気で創造する秘訣―『加齢創造学』

百歳学入門(38)―『百歳長寿名言』   『天才老人・本多静六(85) …

no image
終戦70年・日本敗戦史(129)『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳』③

終戦70年・日本敗戦史(129) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
日本メルトダウン脱出法(826)「甘利経済再生相、首相の慰留を振り切り辞任 「何とか耐えて政策を進めて」と首相は慰留」●「甘利大臣“口利き問題”の背景にある 公務員制度改革の抜け穴」●「資源価格下落の利益が 企業の内部留保に吸収されている」●「逆オイルショックの衝撃は世界へ 日本経済が“真の勝ち組”となる条件は」

 日本メルトダウン脱出法(826) 甘利経済再生相、首相の慰留を振り切り辞任 「 …

no image
★5湘南海山ぶらぶら日記ー『外国人観光客への鎌倉絶景ポインガイドー8月中旬までは見ごろの鎌倉八幡宮の『蓮の花』万華鏡』●『モネの睡蓮』などより本物『鎌倉八幡宮の源氏池』の方が百倍も美しいよ』

 湘南海山ぶらぶら日記 ★5外国人観光客への鎌倉絶景ポインガイドー 8月中旬まで …

no image
知的巨人たちの百歳学(115)ブリヂストン創業者 ・石橋正二郎(87歳)の「楽しみを楽しむ」これがいちばんの健康法

  知的巨人たちの百歳学(115) 石橋正二郎(87歳)の ①子供の時の弱かった …

no image
百歳学入門(81)▼「長寿創造的経営者・大阪急グループ創業者の小林一三(84歳)の長寿経営健康十訓」

    百歳学入門(81)   ▼「長寿 …

no image
日本メルトダウン(957)『討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向』●『「日本のせいで巨額の金を失った」とトランプ氏、ヒラリー氏と初の直接対決で日米安保に言及』●『戦略なき日本の「お粗末」広報外交』●『安倍首相の呼びかけで自民議員が一斉に起立・拍手 「北朝鮮か中国」と小沢一郎氏が批判』●『東大、またアジア首位逃す 世界大学ランキング』

   日本メルトダウン(957)   討論初戦はヒラリー圧勝、それでも …

no image
百歳学入門(52)『めざせ!センテナリアン!鎌倉カヤック釣りバカ日記で、カワハギ大漁、地産地消!』

<百歳学入門(52)>  <めざせ!センテナリアン!ー <鎌倉カヤック …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(191)』『4億円を寄付した男の“危機感”(湯浅誠) ー中流層の崩壊を何としても食い止めなければなりません』●『渦中の都議会内田茂自民党幹事長、老舗電気工事業者、東光電気工事の監査役を兼務していたー都民も司直も舐められたものです。』●『(編集長コラム)五輪を迎える東京湾は死にかけている』●『ダイバーシティの現状、未来を見据えてこそ意味がある』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(191)』 『4億円を寄 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1050)>『無知の虚人』トランプの無免許、暴走運転で「大統領機(エアーフォースワン)」はダッチロールから、墜落急降下過程に入った。』●『トランプの「オウンゴール」の連続で「米国覇権」の終焉は近い。後釜をねらう「共産中国」もトランプ同様に国際協調主義ではなく、「中国の夢」(中国1国覇権主義)なので、いよいよ世界は『大混迷、視界ゼロ』の時代に入った。』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1050 …