前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中北朝鮮150年戦争史(12) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑤ 近代中国思想界の重鎮・梁啓超は『朝鮮亡国の原因は 李朝宮廷、政治、社会の三点にあり、朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身である」と。「朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス 暗殺事件〈1908年〉」

      2016/07/14

 

日中北朝鮮150年戦争史(12)

 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。

 日本最強の陸奥外交力⑤

 近代中国思想界の重鎮・梁啓超は『朝鮮亡国の原因は

李朝宮廷、政治、社会の三点にあり、、

朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身である」という。

朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス

暗殺事件〈1908年〉

 

明治維新以後、朝鮮、清国との外交にふりまわされて、『征韓論』、西郷隆盛と大久保利通の両雄の悲劇的な闘争に発展し、約30年後に日清戦争でやっと決着がついた。

当時の朝鮮、清国の政治、社会情勢はどのようなものであったのか。

清朝末期の戊戌(ぼじゅつ)維新(一八九八年)の主役で、近代中国政治、文学、思想界の重鎮でもある梁啓超(1873-1929)は、『朝鮮亡国史略』、『朝鮮滅亡の原因』、『日本併合朝鮮記』などを書いている。

梁啓超は『朝鮮亡国の原因について、李朝宮廷、政治、社会の三点にあると説き、朝鮮を滅ぼしたのほ朝鮮人自身で、日本が原因ではないとし、朝鮮は滅ぼされたのではなく、自ら滅びたのだ』と次のように説いた。

「立憲君主制が確立されていない専制国家の運命は、すべて宮廷とつながっている。全国民はことごとく君主一族から毒害をこうむる。宮廷から見ると、君主専制国家、朝鮮の滅亡は、大院君と高宗二人の責任にある。大院君は酷薄(むごく薄情)、残虐、傲慢(えらぶる)にして猶疑心が強い。権謀術数のみ知って大礼を知らない。彼こそ亡国最大の元凶である。

高宗は惰弱にしてふるわず、優柔不断、讒言(讒言ざんげん)(人をおとし入れるため、事実を曲げる)を好み、事理にはくらい。側近は阿訣迎合(あゆげいごうーおべっかを使い、とり入る)の徒が多く、小さな恩恵を施し、小手先の策を好んでそれもまたすぐにばれてしまう。人に頼りすぎて自主が確立されない。虚飾を好み、実を努めない。政治を操る閔妃と高宗はじつに、悪女貢后

と愚君の西晋(せいしん)の恵帝(けいてい)そっくりである。このような君主が国を滅ぼさない例は、歴史上はほとんどなかった」(黄文雄『歪められた朝鮮総督府』(20P)

李朝社会の階級制度―両班が諸悪の根源。

『李朝社会とは、貴族と寒門(貧しい家)の階級が歴然と存在し、両班(ヤンパン、特権階級)は一切の権利を壟断(ろうだんーひとりじめ)する。国中で独立の人格と自由意志を持つ者は貴族のみで、しかしながら、彼らはすべて社会の諸悪の根源である。

彼らは仕官のみを志し、繁文縛礼(はんぶんばくれい、親則、礼法が細々してわずらわしい)。民衆に対しては禽獣畜生(きんじゅうちくしょうーけものや、どうぶつ)のごとく扱い、搾取略奪した財産を国庫に入れるのは三分の一にも満たない。徒党を組み、私腹を肥やして殺し合う。

彼らは政治とは何たるものかを知らず、世界の大勢も知らない事大主義(勢力の強大なほうになびく)で親日・親露・親中ところころ変わる。

帰国した留学生が千人近くいても、ほとんど猟官(官職にありつこうとして運動すること)に忙殺される以外には、社会のことをほとんど顧みない。学校;もつくらず、本一冊も書かない。翻訳一つでさえものにはならないありさまだ」(同上21P)

 梁啓超による朝鮮人の民族性、国民性

『(梁啓超によれば)、朝鮮人は空論を好み、激情にして怒りっぽく、ややもすれば命知らずですぐ立ち上がる。それなのに瞬く間に死んだ蛇のように!くらつっついても動かない姿に変わる。

朝鮮人は将来のことはほとんど考えない。庶民は腹1杯になれば、すぐ木陰で、終日清談に耽り、明日のことはすっかり忘れてしまう。高官も今日の権勢さえあれば、明日は亡国となってもほとんど気にしない』(同上)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝鮮の外交顧問・ドーハム・スティーブンス暗殺事件〈1908年〉

朝鮮の外交顧問であったドーハム・スティーブンスは一九〇八(明治41)年三月、解雇され、帰国してサンフランシスコに着いたとき、記者会見をして次のように述べた。

『朝鮮の王室と府は、腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財宝を略奪している。そのうえ、人民はあまりにも愚昧(おろか)である。

これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地にされるであろう。伊藤統監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人びとは反対していない」

このニュースを新聞で知ったサンフランシスコに居住する朝鮮人・張仁煥と田明雲の二人は激怒してオーランド駅でスティーブンスを暗殺したのである。

100年以上前のこの事件を知って、2015年3月におきたリッパート駐韓米大使襲撃事件との類似性に驚いた。「韓国、朝鮮の事実について批判される」と聞く耳を持たず、すぐ反発する国民性は根深いものがある。

 

リッパート駐韓大使襲撃事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E9%A7%90%E9%9F%93%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

2015年3月5日、ソウル市内の世宗文化会館で、韓国人、キム・ギジョン(金基宗)がマーク・リッパート駐韓米国大使を襲撃する事件。

当日、キム・ギジョン容疑者は招待状を持たないにもかかわらず、リッパート大使の朝食会に忍び込んだ。その日、韓国側の警備体制が手抜きされていた疑いがある。突然、キム容疑者はリッパート大使に突進し、隠し持っていた25cmの果物ナイフで、大使の右顔面を長さ11cm、深さ3cmにわたり切りつけ、大使は80針を縫う重傷を負った。

キム容疑者は、その場で取り押さえられた。大使は車で病院へ運ばれたが、幸いにも命に別条はなかった。だが、傷がもう少し深ければ、キムの凶刃によって生命を落としていたかもしれないーというもの。

この犯行の背景、韓国側の対応には100年前の民族性が今も根深く残っていることをうかがわせる。

http://net.keizaikai.co.jp/archives/16189

 

—————————————–

 中央日報

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(1)

http://japanese.joins.com/article/058/218058.html?servcode=100&sectcode=120

中央日報 latest news

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(2)

http://japanese.joins.com/article/059/218059.html

<チャイナインサイト>中国にとって隣国は交渉ではなく管理の対象だ(3)

http://japanese.joins.com/article/060/218060.html?servcode=100&sectcode=120

 

 

                           つづく

 - 健康長寿 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(245)-『2018年/敬老の日、厚労省は100歳以上の高齢者数を6万7824人と発表した』★『百歳著名人500人リスト(93歳から118歳まで)2018年3月作成』

百歳学入門(245) 厚生労働省は15日、100歳以上の高齢者数を6万7824人 …

no image
現代史の復習問題/記事再録★『山本五十六海軍次官のリーダーシップー日独伊三国同盟とどう戦ったか』★『ヒトラーはバカにした日本人をうまく利用するためだけの三国同盟だったが、陸軍は見事にだまされ、国内は軍国主義を背景にしたナチドイツブーム、ヒトラー賛美の空気が満ち溢れていた。』

  2012/07/29 記事再録・日本リーダーパワー史(2 …

no image
人気記事再録/日本天才奇人伝③「国会開設、議会主義の理論 を紹介した日本最初の民主主義者・中江兆民―③<明治24年の第一回総選挙で当選したが、国会議 員のあきれ果てた惨状に「無血虫の陳列場」(国会)をすぐやめた>

  2012/12/02明治24の第一回総選挙で当選したが、あきれ果て …

no image
知的巨人の百歳学(139)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『渋沢栄一(91歳)こそ真の民主主義者、平和主義者』★『「社会事業は私の使命である」が最後までモットー。日米関係を打開するため米国へ老体を鞭打ってわたり、「次回ここに来るときは棺を一緒に乗せてくるかもしれない、それでも私は必要とあらば参ります」と断固たる決意を述べた。』

 2017年8月9日記事再録/『晩年長寿の達人/渋沢栄一(91歳)④』 …

no image
記事再録/2008年3月15日/『藤田嗣治とパリの女たち』①「最初の結婚は美術教師・鴇田登美子、2度目は「モンパルナスの大姉御」のフェルナンド・バレー、3度目は「ユキ」と名づけた美しく繊細な21歳のリュシー・バドゥ』★『夜は『エ・コールド・パリ』の仲間たちと乱ちきパーティーで「フーフー(お調子者)」といわれたほど奇行乱行をしながら、昼間は、毎日14時間以上もキャンバスと格闘していた

    2008年3月15日 藤田嗣治とパリの女たち     …

no image
知的巨人たちの百歳学(182)/記事再録/作家・野上弥生子(99)-『今日は昨日、明日は今日よりより善く生き、最後の瞬間まで努力する』★『『いっぺん満足のゆくものを書いて威張ってみたいのよ』』

    2015/09/25/百歳学入門(22) …

qqqq
最高に面白い人物史①人気記事再録★「日本人の知の限界値」「博覧強記」「奇想天外」「抱腹絶倒」―南方熊楠先生の書斎訪問記(酒井潔著)はめちゃ面白いよ①

    2015/04/29 &nbsp …

ダウンロード
知的巨人たちの百歳学(124)「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」・馬越恭平【88歳) 「健康10ヵ条」「四気の保持を忘れぬこと―元気、勇気、長生き(気長の意味) 、腹の落付き(沈静)の四つ」

知的巨人たちの百歳学(124) 「東洋のビール王」「大日本麦酒創業者」・馬越恭平 …

no image
 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネルー『国大慌て、「ノート7がここまで酷いとは!」-サムスンが落ちた「リコール10倍の陥穽」 』●『  シリコンバレーで起きている「食の異常事態」ー普通のレストランが消えつつある』●『人工知能の世界的権威が語る、テクノロジーがもたらす人類の未来』●『米グーグル、音声認識対応「Google Home」とWi-Fiルーター「Google WiFi」発表』●『「音声認識家電」は日本でもブレイクできるかー国内メーカーが揃い踏みしたが・・・』●『日本株、「暗黒の1987年」との共通点と相違点 ハンパない海外投資家の売り越しは終了?』

 世界、日本の最先端技術が『読める化』チャンネル   韓国大慌て、「ノート7がこ …

no image
★5『生涯現役/百歳学入門<161>』●「平均寿命」と「健康寿命」 その差が大きい日本の課題』●『「1日1万歩」は間違い? 5000人研究で判明! 「1日8000歩」と「20分の中強度運動」が運動の黄金律』●『なぜイギリスの老人は「貯金140万円」で楽しく生きていけるのか 日本人は定年後を心配しすぎ!?』●『カークダグラス100歳ー未来への道』●『 スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 幸福度世界1位「北欧の楽園」に学ぶ老いと死』

   生涯現役/百歳学入門<161>   「平均寿命」と「 …