前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『タイの新型コロナウイルス(COVID-19)の防止策(周辺国も含めて)についての最新レポート(4/18)公表』★『世界各地から危機感が薄いと言われている日本ですが、確かに海外から見ると、その様に見えます』★『マレーシアのLockdown、インドネシアの大規模行動制限が延長されました(4/25』

      2020/04/24

 タイの新型コロナウイルス(COVID-19)の防止策(周辺国も含めて)、について、4月18日、タイ在住の日本企業の友人から以下のレポートが送られてきましたので、掲載いたします。

前坂俊之(静岡県立大名誉教授)

  • 「タイの状況について」

タイは現在、全土でロックダウンを行っております。ただし、マレーシア等と比べるとまだ緩やかで、農業や工業の経済活動は継続しております。

「ロックダウン」の主な内容としては、

・レストラン、小売店(日常生活に必要な物以外)、アミューズメント施設(バー、マッサージ、映画館、競馬等のスタジアム等、公園の閉鎖。

・夜間の外出禁止。

・旅客機の発着禁止。

・県を越境した移動の禁止。

・高齢者、子どもの外出自粛勧告。

 

最初に、アミューズメント施設等の閉鎖が3/17に発令され、翌日3/18日から実施。

レストラン等の外食禁止、小売店の閉鎖は3/21に発令、翌3/22から実施。

と、日本では考えられないスピードで進められました。

 

旅行は当然のことながら、県を越境した移動の禁止(ただし、バンコク近郊の県では禁止されていません)により、3月18日以降、出稼ぎ労働者がタイの田舎に帰りましたが、現状、再びバンコクに戻る事ができなくなってます(飛行機、バスは動いておらず、車は検問により通過できず)。
ビル、工場、スーパーマーケット等への入場の際には、検温、マスク着用、手の消毒は必須で、37.5度以上あると、入場できません。感染者が発生した場合、ビルにより差はありますが、同じフロアは2週間以上の閉鎖。厳しいところは、ビル一棟が丸々閉鎖となっております。

病院では、申請すればPCR検査が可能です。検査費用は4~5千バーツ(学卒初任給が2万バーツ)の為、かなり高額です。検査結果が出るまで4~5日かかるようです。

タイではCOVID-19の感染者が増加し始めた2月頃、COVID19保険ができ、タイ人は一口200バーツで申し込みでき、もし感染した場合は50,000バーツ支払われるという保険です。数社で同様の保険を取扱いしたため、いくつもこの種の保険に申し込み、わざと新型肺炎に感染し保険料を受け取った猛者?が現れたため、この保険の申し込みはできなくなりました(現時点での申し込み可否は確認取れておりません)

タイ人は、COVID-19に対しとてもナーバスになっており、一緒に働くスタッフは、来客者を嫌がります。

オフィスの入るビルや、生活しているマンションのエレベーターでは、壁を向いて立つよう、エレベーターの床に指示が書かれてます(参考の写真を添付します。ネットで拾いました)。

また、市バスでは、片側2席の内、通路側の席は使用禁止で、窓側のみを座るようになってます(ネットで記事を見掛けましたが、参考となる写真は見付けられませんでした)。

 

タイ政府も後手後手と言われてましたが、このような対策の結果、ピーク時は日当たり100人以上の新規感染者発生が2週間ほど続きましたが、現在は落ち着いてきて、ここ10日余りは新規感染者が2桁で推移してます。

日本政府よりも強い権力を持っているようで(最悪の場合、軍隊を出動させ封鎖等も可能なので)、国民に有無を言わせず対策を推し進められるので、何とか収束するのでは?との期待も出てきました。それでも月内は今のロックダウンは継続されますし、場合によっては、来月以降も延長される可能性すらあります。

 世界各地から危機感が薄いと言われている日本ですが、確かに海外から見ると、その様に見えるのは理解できます。

赴任者及び家族についてですが、赴任者で日本に帰国した話は聞こえてきません。居るのかもしれませんが、聞こえてこないほど、少数だと思われます。1度、タイから出ると戻るのに苦労するためでもありますが、日本にいるよりもタイにいる方が安全であり、制限はあるものの、日常生活は問題無いという話を聞きます。

実際、生活で不便な面もありますが、野放し(に見える)な日本よりも、管理する意欲の強いタイの方が安全な気はします。

赴任者家族も同様で、あまり帰った話は聞きません。同じ会社で家族同伴者も、やはり帰国しておりません。

ただし、インドネシアでは、カーメーカーの駐在者の多くが日本に帰国しているようです(ある日系カーメーカーは、TOPの日本人社長のみを残し、全ての日本人が帰国しているとの事です)。

現状、タイ国民は落ち着いているように見えますが、先月半ばから強制閉鎖された店の従業員は収入が『0』となり、いつまでこの状態が続くのか不透明な事から、治安の悪化も懸念されております。

タイ政府は、COVID-19の感染対策として3/18以降、店の休業による失業者(社会保険未加入者のみ)への現金給付を決め、300万人分の予算を確保し、3/28から申請を開始しました。

インターネットでの申請ですが、余りに多くの申請が殺到したため、サーバーがダウンしたとか、フリーズしたような話も出ました。また、政府はあまりの申請者の多さに、受付枠を300万人→900万人に増やし、予算枠を拡大しました。

結果、全国民の40%にあたる約2,700万人が申請し、168万人は審査を通り、既に現金給付が始まってます。金額は5,000バーツ×3か月です。

政府見込みより申請者が多くなったのは、給付対象外の農家や社会保険加入者も申請をしたためで、既に不正受給者が出ており、SNSで発信の結果、逮捕者も出たとか。逮捕者は禁錮3年以下、6万バーツの罰金の両刑が科される為、61万人が申請を取り下げました。

  • 「近隣諸国(マレーシア、インドネシア、ミヤンマー、ラオス)の状況について」

4/13時点の情報がネットニュースで数字がまとめられてました。タイ保健省等の発表をまとめたものです。

・マレーシアは最も早くロックダウンを開始し既に1か月が経過しております。

ロックダウンの内容としてはタイよりも厳しく、生活に必須な物資以外の生産、販売が禁止されてます(私の勤める自動車関係についても工場は完全休止です)。

その割に、連日まだ数十人の感染者が出ており、人口比で見るとまだまだ多いと思われます。

そして、マレーシア、インドネシアはイスラム教徒が多く、4/24からラマダンが始まります。1か月後のラマダン明けは、通常1週間程度の休みとなり、パーティーや旅行、里帰りをしますので、この間でまた感染拡大が懸念されています。

 ・ミャンマー、ラオスは最も遅く、感染者が出ました。

これは、タイでのロックダウンにより、出稼ぎ労働者が一時帰国し、ウイルスを持ち込んだのでは?と、言われています。当初からそれは懸念されており、出稼ぎ労働者にたいする帰国反対の声も出ていたとの事です。

ASEAN諸国の中でも最も貧しいと言われるミャンマー、ラオスは医療レベルも他のASEAN諸国より劣るため、picture_pc_a17474590e972931ae505b232bfde434[1] (1)オーバーシュートした場合どうなってしまうのか?想像がつきません。

既に、シンガポール、インドネシア、ラオスも外国人の入国を禁止しております。

日本はその点でも、まだまだ緩く感じます。

当然、新型肺炎の感染だけでなく、経済面の心配もあります。治療薬もない中でいつまでこの状況が続くのか見えませんが、まずは感染者のコントロールができない事には、

日本も商店や工場休止等が始まり、経済活動も停滞し始めましたので、一つずつ対処するしかないのでは、と思われます。

 

 <4月25日の追伸です>

マレーシアのLockdown、インドネシアの大規模行動制限が延長されました。
これは、イスラム教のラマダンと、ハリダヤ(マレーシアのラマダン明けの連休)やレバラン(インドネシアのラマダン明けの連休)で、家族や親せき、友人での会食が増え、連休ではお祭り騒ぎとなり、実家に帰省や旅行等の移動が増える事による、COVID-19の蔓延を危惧しての措置と言われております。
 
そのため、最終的にはラマダン、ハリダヤが終わる来月いっぱいまではLockdownと大規模行動制限が延長される、と言うのが大方の見方です。
 
タイも今月いっぱいは規制されており、月末での開放を楽しみにしておりますが、恐らくそうは行かないだろうと考えてます。
タイ政府は、地域を3つに分類し、
1.COVID19の感染者が出ていない地域
2.感染者は出たが過去2週間の新規感染者が発生していない地域
3.それ以外
 
で順次、規制を緩くしていく事を検討中のようです。
 
また、規制対象の商業店舗にしても、適切な距離を確保できた上で、
外食施設等からOPENし、段階的に種類を増やし
バーやマッサージ店等は 、最後の最後に許可が出るのでは?
と言われております。
 
バーは良いのですが、体のあちこちが痛いので、タイマッサージに行きたく、早い店舗再開を強く望んでおります。

                以上です。

 - IT・マスコミ論, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(771)「東京湾のセシウム 河口部汚染は高止まり 千葉・花見川で最大878ベクレル」●「フランスに仕掛けられた「戦争」、日本も対策をーパリ同時多発テロの悲劇から世界が学ぶべき4つの教訓」

    日本メルトダウン脱出法(771)   東京湾のセシウム 河口部 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(107)英国、ロシアの侵攻で「日中韓」は「風前の灯火」に! 国家危機管理能力が「日本興隆」と「中韓亡国」を分けた②

終戦70年・日本敗戦史(107) <歴史とは現在への過去形である>70年前の太平 …

127705493054a53d8c77a253.34570736107367688
人気リクエスト再録『百歳学入門』(234) 『昭和の傑僧、山本玄峰(95歳)の一喝!②』★『無一物・無一文 ・無所有・一日不働・一日不食』★『力をもって立つものは、力によって亡ぶ。 金で立つものは、金に窮して滅び、ただ、 徳あるものは永遠に生きる』

  2012/09/11記事再録  百歳学入門(5 …

no image
日本メルトダウン脱出法(829)「米中関係:超大国の彫像(英エコノミスト誌)」●「朝日新聞、とうとう給与削減? 高すぎる人件費に経営は大丈夫か」●「日銀マイナス金利 効果はあるが“短期的な劇薬”」●「【アメリカから見たTPP(9)最終回】TPPは平和をもたらすか?」

 日本メルトダウン脱出法(829)   「米中関係:超大国の彫像(英エ …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑥-『朝鮮の各国との通商こそ,国土保全の所以である(上)』(1882/12)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
速報(429)『日本のメルトダウン』『アメリカで失墜する安倍首相の評判』『アホノミクス」が5つの悲劇を引き起こす! 浜矩子』

 速報(429)『日本のメルトダウン』   ●『アメリカで失 …

no image
☆☆世界一の授業を見にいく―●『ジャック・アタリの講演会(80分)をYoutubeで勉強しよう』

☆☆世界一の授業を見にいく。 『ジャック・アタリの講演会(80分)をYoutub …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2週間前の『申報』の報道ー『『東三省(満州)を放棄し.境界線を設けて中立とするは良策にあらざるを諭す』

 『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊱』/『開戦2 …

no image
片野勧の衝撃レポート(69)戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた」-「逆コース」へ方向転換(下)

片野勧の衝撃レポート(69) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(220)『スマホ、タブレットが高すぎるappleから低廉高品質のHuaweiに切り替わるのはもう時間の問題です』

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(211) > htt …