前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(133)『日本のメルトダウン』★『野田政権は東電破綻処理を急げー巨額賠償請求の餌食』 『新首相を待ち受けるハワイAPECの罠? 』

   

速報(133)『日本のメルトダウン』
 
★☆『野田政権は東電破綻処理を急げ――このままでは日本は中国や
ロシアからの巨額賠償請求の餌食になる』
『野田新首相を待ち受けるハワイAPECの罠とは? 』
                
 
  前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●『野田政権は東電破綻処理を急げ――このままでは日本は中国やロシア
からの巨額賠償請求の餌食になる』

 
<ダイヤモンドオンライン>
153回】 201192  博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]


 
●『野田新首相を待ち受けるハワイAPECの罠とは? 』
2011年08月31日(水)11時59分<ニューズ・ウイーク>
 
 
●『ザ・特集:「菅首相」なぜコケたか 同じ「市民運動出身」辻元衆院議員
が語る
毎日jp(毎日新聞)
 
 
F国際ビジネスマンのコメント)『毎日新聞は、この所 ニュースソース密着型で対象に語らせる具象型の、読ませる記事が多い様に思いますのは小生だけでしょうか?小沢と鳩山に、政界を引退しろ、と引導を渡しているのは 毎日くらいですか?
 
 辻元氏に語らせて、カン氏を裸にしていると思います。それにしても、カン氏の交友層の狭さはどうしたことでしょう。これでは、幅広い人間観は育ちません。
 市民運動家としてのカン氏は貴重です。市民参加型に厚みと深さを!日本の脆弱なデモクラシーは自民党長期政権のウラ返しです。
 
 福一問題は、戦後の自民党的遣り口の破綻例の最たるものです。政、官、業、学の自称イスタブリッシュメント達に、勝手な 振舞い、横暴をさせない為に、 真に自浄作用のあるデモクラシーを造る為にも、市民運動家をもっと増やす必要があると 小生は思っています。
 
 
●『太陽光発電の希望の星、ソリンドラが墜ちた理由
Venture Capital Dispatch―米ベンチャーキャピタル最新事情
2011 9 1 16:01 JST <ウオール・ストリート・ジャーナル>
.
 
 
●『エネルギー中国に敗れた米ソーラー業界Solar Panel
Company Abruptly Shuts Down』
鳴り物入りで始まったクリーンエネルギー・プログラムが、太陽光電池メーカーの相次ぐ倒産で窮地に
 
『ニューズウイーク』20110901日(木)1748
 
 
 
●『テクノロジージョブズは発明ではなく盗作の天才だった
Steve Jobs Resigns From Apple
 
アップル帝国を築いたカリスマ指導者の真の才能と独裁者としての裏の顔を振り返る
 
『ニューズウイーク』20110826日(金)1630
トーマス・ムチャ
 
 
●『電力を有効利用するスマートメーターに「ガラパゴス化」の危機』
2011年08月18日(木)16時44分<『ニューズウイーク』
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード (1)
日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(2)『ただ堪忍すべし』福沢諭吉(明治28年6月1日 時事新報〕

  日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)  …

no image
<資料>外国メディアが見たアジア三国志(日本、中国、朝鮮戦争史)、① 日清戦争について

外国メディアが見たアジア三国志(日本、中国、朝鮮戦争史)①   <18 …

no image
日本メルトダウン(956)黒田総裁の「いやいやながらのUターン」 これから政府と日銀の「総力戦」が始まる(池田信夫)●『 日本の不動産「爆買い」から撤退する中国人-富裕層は五輪を前にタワーマンションを早くも売却』●『北朝鮮は制御不能、米中のどちらが罪深いのか? 北朝鮮を「放置した」米国と「甘やかした」中国』●『英国の政治:一党支配国家と化す危険 (英エコノミスト誌)』●『中国の公式統計:迷信は答えにならない(英エコノミスト誌)』

  日本メルトダウン(956) 黒田総裁の「いやいやながらのUターン」 これから …

no image
速報(279)『日本のメルトダウン』☆仏独共同の国営放送局ARTE◎「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」(ビデオ)

速報(279)『日本のメルトダウン』   仏独共同の国営放送局ARTE …

no image
日本メルトダウン脱出法(709)歴史を浄化しながら、日本の大国化を目指す安倍首相【戦後70年】独紙「過去の処理、中韓が利用」 「英豪は歓迎、台湾・馬総統は「慰安婦」言及」

   日本メルトダウン脱出法(709)   歴史を浄化しながら、日本の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(90)記事再録/★『地球環境破壊、公害と戦った父・田中正造②ー 「辛酸入佳境」、孤立無援の中で、キリスト教に入信 『谷中村滅亡史』(1907年)の最後の日まで戦った。

2016年1月25日/世界が尊敬した日本人(54)記事再録 月刊「歴史読本」(2 …

no image
日本メルトダウン脱出法(802)「SEALDs」の限界は今の日本のリベラルの限界」●「「トテツモナイ・トリチウム」記事はなぜ、100万PVを突破したのか? ―エッセンシャル版・緊急特別講演会」●「なぜ、東京で白内障、心筋梗塞が激増するのか? ――エッセンシャル版・緊急特別講演会」

  日本メルトダウン脱出法(802)   「SEALDs」の限界は今の …

no image
★「コロナ騒ぎの外出自粛令で、自宅で閉じこもっている人のためにお勧めする<面白い人物伝>★<超高齢社会>創造力は老人となると衰えるのか<創造力は年齢に関係なし>『 ダビンチから音楽家、カントまで天才が傑作をモノにした年齢はいずれも晩年』★『 ラッセルは97歳まで活躍したぞ』

  <創造力は年齢に関係なし、世界の天才の年齢調べは> 前坂 俊之 ( …

41DboFLJGZL._AC_US300_QL65_
片野勧の衝撃レポート(82)原発と国家―封印された核の真実⑭(1997~2011) 核抑止力と脱原発 ■東海再処理工場で火災・爆発事故発生ー三谷太一郎氏 (政治学者、東大法学部長、 文化勲章受章者)の証言➀昭和20年6月の岡山大空襲を9歳で体験、 九死に一生を得た。『原発事故は近代日本の挫折である』

  片野勧の衝撃レポート(82) 原発と国家―― 封印された核の真実⑭(1997 …

no image
日本リーダーパワー史(387)本田選手の『個人力』こそ日本人に一番欠ける、グローバリゼーションで日本沈没の原因

 日本リーダーパワー史(387) ◎【Wカップ出場決定戦にみる日本の課 …