前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(135)『日本のメルトダウン』★『欧州の混乱で米国経済がマイナス成長転落は考えにくい』『海洋生物に迫る大量絶滅の危険性!』

   

速報(135)『日本のメルトダウン』
 
★☆『不安の種は欧州の混乱に尽きる米国経済の足踏みが長期化してもマイナス成長転落は考えにくいこれだけの理由』
★『海洋生物に迫る大量絶滅の危険性 科学者らが報告書』
               
                           前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●『不安の種は欧州の混乱に尽きる米国経済の足踏みが長期化してもマイナス成長転落は考えにくいこれだけの理由――ディーン・ベイカー経済政策研究センター所長』
<ダイヤモンドオンライン>第10回】 201191
 
 
 
 
●『国・地域間の経済的な相互影響、債務の持続可能性が懸念=IMF』<ロイター>2011 09 3 08:58 JST
 
 
●『.海洋生物に迫る大量絶滅の危険性 科学者らが報告書
CNN2011.06.22 Wed posted at: 17:30 JSThttp://www.cnn.co.jp/world/30003149.html
 
 
 
 
●『「文化的安全脅かす」、レディー・ガガなど100曲禁止 中国』
 
CNN2011.08.31 Wed posted at: 11:16 JST
 
 
 
 
 
●『91100倍も汚染が強いゴミもそこらに埋めてしまうしかないと言い出している小出裕章(MBS)』
2011年9月2日
 
 
2011年9月1日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
 
番組内容
 
2011年9月 1日【木】
野田政権は「勝政権」?
「勝政権」の勝というのは財務相事務次官の勝栄二郎氏のこと。かの勝海舟の曾孫だそうです。今回の野田新政権誕生で一番喜んでいるのは財務官僚だ、とよく言われます。増税論者で財政規律重視で・・・為替介入で何兆円ものお金を動かすとものすごい万能感を味わえるため、財務官僚は政治家を意のままに操るとも言われます。そこで今日は東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋さんが「野田新首相と財務省の切っても切れない関係」を語ります。京大・小出先生の原発事故解説も1週間ぶりに。
 
録音
20110901 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
 
 
内容書き起こし
 
 
——————————————————————————–

 - 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 『憲法第9条と昭和天皇』ー <憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか>

   憲法第9条と昭和天皇                      2006年 …

mq2
『オンライン/鎌倉ぶらぶら散歩』★『鎌倉八幡宮の蓮の花を見に行く』★『鎌倉材木座海岸に黄金色のサンセットを見に行く』★『鎌倉時代の面影が残る光明寺裏の内藤家墓地』のコースは楽しいよ

逗子市小坪/花の町をぶらり散歩(2020 /8/13pm1600 )-炎天下、ひ …

default
鎌倉/逗子≪マル特動画ニュース≫★『逗子マリーナ鎌倉側トンネル前で土砂崩れ事故で交通止め、国道134号への影響は被害は大丈夫か!

 ★5 鎌倉/逗子≪マル特動画ニュース≫ 『逗子マリーナ鎌倉側トンネル前で土砂崩 …

no image
日本リーダーパワー史(727)(クイズ)明治維新150年の中で、最も独創的、 戦闘的な経営者とは一体誰でしょうか <答え>『出光佐三』でしょう。 かれの国難突破力、逆境突破力、晩年長寿力 に及ぶ大経営者は他には見当たらない。

日本リーダーパワー史(727) ≪クイズ≫明治維新150年の中で、最も独創的、 …

no image
片野勧の衝撃レポート(36)太平洋戦争とフクシマ⑨原発難民<下>「花だいこんの花咲けど」

     片野勧の衝撃レポート(36) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(133)/記事再録★『大宰相・吉田茂首相と戦後憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない』★『1週間で戦後憲法を作った米国の超スピード主義』『憲法改正を70年間議論している超スローモーな日本沈没政治』

    2016/03/10 &nbsp …

no image
日本メルトダウン(947)『経済成長は実質賃金上昇で行ない、インフレ目標は放棄すべきだ』●『日本の超高齢化を「見える化」したらやはりトンデモなかった』●『中国は頓挫寸前のTPPを笑っていられるか』●『ヒラリーと中国の「黒い関係」に日本は警戒が必要だ』●『東大は2位!アジアの革新的大学ランキング 日本と韓国の大学が上位を独占している』

  日本メルトダウン(947) 経済成長は実質賃金上昇で行ない、インフレ目標は放 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊱「日本の国会に関する客の問に答える」『申報』1891(明治24)年2月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
日本メルトダウン脱出法(859)「日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこと 卓越性、多様性、流動性をつけたければ「逆」の排除を」)●「若者のフェイスブック離れが進む“SNS疲れ”の深層」●「中国のアジア戦略が失速、日本への態度も軟化? 強硬な戦略がもたらした「不都合な結果」とは(古森義久)」●「日本株式会社:よみがえった国家介入主義M&Aブームの陰に経産省あり(英FT紙)

日本メルトダウン脱出法(859) 日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこ …

no image
<まとめ>『日清戦争,日露戦争』の戦略を立案した参謀総長・川上操六の<最強のインテリジェンス>こそ明治躍進のカギ②

 <まとめ>川上操六について②   『日清戦争』『日露戦争』 …