前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

渡辺幸重の原発レポート⑥★☆ 『今こそ原発を全機停止し、総力で事故収束へ』

   

渡辺幸重の原発レポート⑥
『今こそ原発を全機停止し、総力で事故収束へ
     渡辺幸重(ジャーナリスト)
 
 
原発を全機停止し、総力を事故の収束へ
 
 福島第一原発事故直後は毎週大きく取り扱っていた週刊誌も、このごろでは原発事故の記事を取り上げることがめっきり減った。
 
しかし、最近になって原発をめぐる重大な情報が次々と明らかになっている。それもこんなにもずさんだったのか、と驚愕するほどのひどい内容だ。原発にとって致命的な技術や管理に関すること、そして表にも裏にも飛び交う金にまみれた日本社会の構造がわかってきた。
 
逆に今こそ大騒ぎしなければならないときだろう。原発推進の立場であっても「世界最高の安全」をめざすのであれば「安全管理ができていない原発はいますぐ全機停止」となるはずだ。
 
マニュアルもなかった
 
 「水素爆発予測せず」「ベント手順書なし」という見出しを見たのは8月17日のこと(毎日新聞)。事前に水素爆発を予測できた人はいなかったという証言が紹介されており、ベント(排気)についてはマニュアル(手順書)がなかったため設計図などを参考に作業手順などを検討したとあった。
 
一時中断していた非常用復水器(IC)が稼働していることを前提に対応していたことも判明。福島第一原発の吉田所長は「重要な情報を把握できず大きな失敗だった」と発言したという。
 
 さて、このことは何を意味しているだろうか。我々が「当然やっているだろう」と考えていることさえできていない。「まさか」と思うようなことばかりで、危機管理体制がなっていないということだ。ベントを行うということは、放射性物質を外部環境に放出するという禁じ手・封じ手をやるのだから、水素爆発を防ぐにはそれしかないというぎりぎりの判断がなければならない。
 
よほどの非常措置なのだ。水素爆発を予測しないでベントすることはありえないし、そのマニュアルがないということは、そもそも原発を運転する前提が崩れていることになるのではないだろうか。そして、ベントをやったにもかかわらず、水素爆発が起きてしまった。
 
危機に対するシステムを活用せず
 
 しかも動いていない複水器が動いていると思い込んで失敗を重ねている。準備だけでなく、起きてしまった危機に対応する組織体制もできていなかったことになる。9月3日毎日新聞朝刊によると、今回の原発事故に際して「緊急時対策支援システム(ERSS)」の解析結果を活用しなかったとある。
 
これは、事故の際に原子炉内の温度や圧力、水位などのデータを即時に入手して事故の進展や放射性物質の放出量を予測するシステムで、原子力安全・保安院が導入したものだが、解析結果は2,3号機については首相官邸に届けられたが活用されず、1号機については官邸にも届けられなかったという。
 
「緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク(SPEEDI)」の予測結果も公表されず、活用もされなかったこともわかっている。現場から指揮系統すべてにわたって危機対応体制が麻痺していた(なかった)のである。
 
天災にもケアレスミスにも弱い
 
 設備の面でも、原発が地震や津波に弱いことがはっきりしてきた。津波だけでなく、地震の揺れによっても破壊が起きていることは多方面から指摘されているが、1号機を冠水(水棺化)できなかったことからだけでもわかる。3月の地震では事故にまで至らなかった女川原発も4月11日の余震で一時全電源が停止状態になった。
 
また原発はケアレスミスにも弱い。福島民友新聞(6月17日付)によると、福島第一原発2号機では昨年6月にも原子炉冷却に必要なすべての電源を喪失するという事故があった。その原因は、不要となっていたのにそのままにしていた古い電源系統の切り替えスイッチに作業員が誤ってわずかに触れたことだった。
 
 原発は、設備面、システム面、運用面のどれをとってもきわめて危ういと言わざるを得ない。
 
全機停止して、安全チェックと福島への支援を
 
 飛行機事故が起きると、世界中のすべての同型機をチェックし、厳しい原因究明が行われると理解している。放射性物質汚染を伴う原発事故はさらに厳格な対応が必要であろう。
 
 
今回の事故では多くの問題点が浮き彫りになっている。ここは国内のすべての原発を停止して福島第一原発事故の原因究明と教訓を基にした今後の対応策を考えるのが常識であろう。
 
 そして、全国の原発にかけている力を結集し、福島第一原発の事故の収束に集中すべきだ。そうすれば作業員も全国から参加することができるし、フクシマの教訓を関連業界の多くの人たちが共有することができる。徹底した情報公開によってその経過を国民が知れば、原発政策の方向性を決める重要な材料になるだろう。
 
大震災にも原発マネーにも負けない社会を
 
 政府は泊原発の営業運転への移行を認めた。政治の世界は菅直人前首相の“脱原発依存”を無視して原発推進に舵を戻そうとしているようにみえる。国民の意思、世界の流れを無視した動きと言わざるを得ない。
8月1日、山口県上関町では中国電力の寄付金を原資に、町民1人当たり2万円の地域振興券が配られたという。原発マネーによる懐柔策が復活し、原子力マフィアが蠢いている。
 
福島第一原発事故というこれだけの犠牲を払っても私たちは原発社会から抜け出せないのだろうか。誰が首相になっても脱原発の流れに逆らえないほどの大きな潮流を作ることが、私たち一人ひとりに突きつけられた課題であろう。
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(149)-失明を克服し世界一の『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした漢学者/諸橋徹次(99歳)

『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした諸橋徹次(99歳) 諸橋轍次(もろ …

no image
『世界サッカー戦国史/ロシア大会決勝』⑩フランスが「4-2」クロアチア、20年ぶり2度目の優勝!ムバッペら躍動で4G奪い、粘るクロアチアの夢を打ち砕く/』★『準優勝も胸を張るクロアチア主将モドリッチ「誇りに思うよ。すべての人に感謝したい』★『 「日本は誰にとっても“2番目に贔屓”のチーム」米メディアがW杯出場32か国・最終格付けで特大の賛辞!』

 『世界サッカー戦国史』⑩ フランスが20年ぶり2度目の優勝!ムバッペ …

no image
★『2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題』-『西郷どん』の『読めるか化』チャンネル ➂<記事再録まとめ>◎『山県有朋から廃藩置県(史上最大の行政改革)の相談を受けた西郷隆盛は「結構です!」と一言の基に了承し、即実行した』◎『西郷の大決心を以て事に当たったからこそ 用意周到、思慮綿密なる大久保や木戸の危んだ 廃藩置県の一大事を断固として乗り切ることができた。 西郷こそは民主主義者である(福沢諭吉の言葉)』③

 ★『2018年(明治150年)の明治人の歴史復習問題』- 『西郷どん …

no image
日本メルトダウン脱出法(542)「福島第一の原発所員、命令違反し撤退、吉田調書で判明」「ブラジル、W杯の場外に厳しい試練」

       日本メ …

no image
速報(456)『日本のメルトダウン』 『規制改革の方針―岡素之議長 の会見動画』●『市場に広がるアベノミクス賞味期限切れの声』

   速報(456)『日本のメルトダウン』 &nb …

1234
「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国の敗戦地獄」の少年体験を語る(3/3)

「終戦70 年」歴史ジャーナリズム)ージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国 …

no image
<裁判員研修ノート②>全告白『八海事件の真相(中)』<昭和戦後最大の死刑冤罪事件はこうして生まれた>②

全告白『八海事件の真相』(中)   <死刑冤罪事件はこうして生まれた> …

no image
終戦70年・日本敗戦史(83)「空襲はない、疎開は卑怯者のすること」と頑迷な東條首相ー田中隆吉の証言➂

終戦70年・日本敗戦史(83) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横の実 …

no image
 世界も日本もメルトダウン(964)『東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際人の育て方 渋谷教育学園理事長 田村哲夫氏』●『やばいぞ内申書優等生、仕事がなくなるかもー またもやらかした文科省、改善のはずが改悪に』●『ドゥテルテ大統領の超法規的殺人に隠された真実』●『トランプは負けた。アメリカ民主主義も負けた。』●『  石原慎太郎、伸晃、宏高親子は「永田町で終わった人」』●『ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離』

   世界も日本もメルトダウン(964) 東大よりプリンストン 渋幕・渋渋、国際 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(197)『直近のNYTは大隅教授のノーベル賞受賞を多角的に報道(Yoshinori Ohsumi of Japan Wins Nobel Prize for Study of ‘Self-Eating’ Cells )日本の科学ジャーナリズムの貧困とは大違い』●『「社会がゆとりを持って基礎科学を見守って」大隅さんは会見で繰り返し訴えた』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(197)★ Yoshino …