前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(134)『日本のメルトダウン』 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』

   

速報(134)『日本のメルトダウン』
 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』
『社会科学者の時評■ 脱原発への通:正論提言』    
        
 
          前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●【原発】震災当日「溶融予測」も解析使われず…(09/03 11:51)
<テレビ朝日>
 
 
(F国際ビジネスマンのコメント)
『このニュースを流したTVは、今のところここだけです。新聞は、毎日の今朝の朝刊に久野華代名で、保安院を叱責しています。この発表は、内閣交代を待っていた訳です。 ERSS 緊急時対策支援システム と SPEEDI の活用は米欧では車の両輪です。
 
カン、エダノ、カイエダ、ホソノ、センゴクなど皆、これらがある事を知らなかったのです。 コサコ東大教授のボヤキ、「何も知らない連中だ」の指摘通りです。 不勉強の告発をしなければなりません。
 
 保安院、文科省の官僚としての不作為、告発しなければなりません。公式の懲罰は避けられません。 ルース大使が、事件発生後、即官邸に顧問を置かせろと言ってきたのは全てお見通しだったのです。 国会で、吊るし上げ、総括をするテーマです。 斯様な事を放置する様な風土は、過激な行動の温床になります。』

●『保安院、官邸に報告せず…放射性物質の拡散予測』
2011922305  読売新聞)

 

 
●『社会科学者の時評■脱原発への通:正論提言
 
 
 ◎ 原発に関する価値判断 ◎
 
 【5年先・10年先をみとおすエネルギー政策】
 
  ① 脱原発は不要とする必然的判断
 
 1) 吉田文和「環境技術経済学」
 本日〔2011年9月3日〕『朝日新聞』朝刊「〈私の視点〉脱原発 『なぜ』の徹底議論を」は,脱原発に向かうための思想的・論理的かつ現実的・実際的な議論をしている。原発の問題は,経済的利害がその根柢に控えている性格上,これを客観的に検討する見地に立つことをむずかしくする。しかし,そういう原発問題のとりあつかいはなによりもさきに,研究者による「特定の価値判断にはこだわらない,徹底的に詰めた考察」を要求する。
 
 
 吉田の最近作は『グリーン・エコノミー-脱原発と温暖化対策の経済学-』(中央公論新社,2011年6月)である。本書に記述されている基本的な視点は,以下に紹介するこの寄稿「〈私の視点〉脱原発 『なぜ』の徹底議論を」(ベルリン自由大学教授ミランダ・シュラーズとの共稿)に浸透している。
 
 
 
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン(926)『資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」』●『仲裁裁判所の裁定に反撃する中国の「情報戦」の中身 本格的灯台の設置で人工島の軍事基地化に拍車』●『沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点』●『「自動運転バブル」はこのまま崩壊の道を歩むのか?』●『 土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を 中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い(筆坂秀世)など8本』

   日本メルトダウン(926) 資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」 ht …

By: Tatsuo Yamashita
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(88)』日本マクドナルドの異物混入会見のお粗末

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(88)』 &n …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル」/国際物流総合展2018(9/12)-DAIFUKU の「スマートエアポート(未来の空港)」

日本の最先端技術「見える化」チャンネル」/ 国際物流総合展2018(9/12)- …

no image
日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル-●「目からウロコの日本農業革命論』★『vegetalia・小池聡社長の「IT農業、日本の農業革命」●『大前研一の特別講義「農協リビルド・胃袋省設置・自給率切捨で進める農業改革」●『「他国のマネでは成功しない。脱”兼業”・脱”コメ”で進める日本の農業改革」』●『「搾乳から花市場まで。世界の農業シェアを握るオランダの戦略」』

日本、世界の最先端技術『見える化』チャンネル   『次世代農業EXPO …

no image
百歳学入門(245)-『2018年/敬老の日、厚労省は100歳以上の高齢者数を6万7824人と発表した』★『百歳著名人500人リスト(93歳から118歳まで)2018年3月作成』

百歳学入門(245) 厚生労働省は15日、100歳以上の高齢者数を6万7824人 …

no image
速報(326)『日本のメルトダウン』<緊急座談会>(7月20日)『野田民主党は壊滅、解散?総選挙で橋下維新の会は大躍進か』

  速報(326)『日本のメルトダウン』   <緊急座談会> …

no image
日本メルトダウン(918)『扇動政治家の論調、実はファシズムと同じだ』●『英国EU離脱が示した「グローバル化の終わり」(池田信夫) 「世界が1つ」になる日は来ない』●『 愚かな英国と賢いドイツ、この差はどこで生じたか ブレグジット以降の成長戦略』●『中国が東シナ海で日本を威嚇する本当の理由』●『人工知能:機械の進化 (英エコノミスト誌)』

 日本メルトダウン(918)   扇動政治家の論調、実はファシズムと同 …

no image
速報(364)「日本の将来は明るい』『救世主は赤ちゃん』『CIA長官が不倫で辞任』『日中経済失速と戦前日本と中国の共通点』

速報(364)『日本のメルトダウン』   世界は変わる、日本も変わる。 …

no image
日本メルトダウン脱出法(859)「日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこと 卓越性、多様性、流動性をつけたければ「逆」の排除を」)●「若者のフェイスブック離れが進む“SNS疲れ”の深層」●「中国のアジア戦略が失速、日本への態度も軟化? 強硬な戦略がもたらした「不都合な結果」とは(古森義久)」●「日本株式会社:よみがえった国家介入主義M&Aブームの陰に経産省あり(英FT紙)

日本メルトダウン脱出法(859) 日本をもっと優秀な国にするために最初にすべきこ …

no image
速報「日本のメルトダウン」(496)「尖閣諸島巡る日中対立、解決の道遠く」「中国人の大半は、実は自国に失望している」

 速報「日本のメルトダウン」(496) <日中衝突の未来は?> &nb …