前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(134)『日本のメルトダウン』 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』

   

速報(134)『日本のメルトダウン』
 『保安院、文科省官僚の不作為を告発せよ!★原発・震災当日「溶融予測」も解析使われず』
『社会科学者の時評■ 脱原発への通:正論提言』    
        
 
          前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
●【原発】震災当日「溶融予測」も解析使われず…(09/03 11:51)
<テレビ朝日>
 
 
(F国際ビジネスマンのコメント)
『このニュースを流したTVは、今のところここだけです。新聞は、毎日の今朝の朝刊に久野華代名で、保安院を叱責しています。この発表は、内閣交代を待っていた訳です。 ERSS 緊急時対策支援システム と SPEEDI の活用は米欧では車の両輪です。
 
カン、エダノ、カイエダ、ホソノ、センゴクなど皆、これらがある事を知らなかったのです。 コサコ東大教授のボヤキ、「何も知らない連中だ」の指摘通りです。 不勉強の告発をしなければなりません。
 
 保安院、文科省の官僚としての不作為、告発しなければなりません。公式の懲罰は避けられません。 ルース大使が、事件発生後、即官邸に顧問を置かせろと言ってきたのは全てお見通しだったのです。 国会で、吊るし上げ、総括をするテーマです。 斯様な事を放置する様な風土は、過激な行動の温床になります。』

●『保安院、官邸に報告せず…放射性物質の拡散予測』
2011922305  読売新聞)

 

 
●『社会科学者の時評■脱原発への通:正論提言
 
 
 ◎ 原発に関する価値判断 ◎
 
 【5年先・10年先をみとおすエネルギー政策】
 
  ① 脱原発は不要とする必然的判断
 
 1) 吉田文和「環境技術経済学」
 本日〔2011年9月3日〕『朝日新聞』朝刊「〈私の視点〉脱原発 『なぜ』の徹底議論を」は,脱原発に向かうための思想的・論理的かつ現実的・実際的な議論をしている。原発の問題は,経済的利害がその根柢に控えている性格上,これを客観的に検討する見地に立つことをむずかしくする。しかし,そういう原発問題のとりあつかいはなによりもさきに,研究者による「特定の価値判断にはこだわらない,徹底的に詰めた考察」を要求する。
 
 
 吉田の最近作は『グリーン・エコノミー-脱原発と温暖化対策の経済学-』(中央公論新社,2011年6月)である。本書に記述されている基本的な視点は,以下に紹介するこの寄稿「〈私の視点〉脱原発 『なぜ』の徹底議論を」(ベルリン自由大学教授ミランダ・シュラーズとの共稿)に浸透している。
 
 
 
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート/太平洋戦争とフクシマ原発事故『悲劇はなぜ繰り返されるのか』<ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ>①

 片野勧の衝撃レポート   太平洋戦争とフクシマ原発事故 『 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本の外交力が試される時代を迎えた。日清戦争の旗をふった福沢諭吉の日清講和条約(下関条約)から3週間後の『外交の虚実』(『時事新報』明治28年5月8日付』を紹介する。この後の三国干渉(ロシア、ドイツ、フランス)の恫喝外交、強盗外交に弱国日本は屈した。

    記事再録2017/02/22 日本リーダー …

no image
石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服)の講演動画(120分)

石田勇治 東京大学大学院教授の「ドイツの戦後和解」(ナチズムの克服) の講演動画 …

no image
速報(230)『今の民主主義は経済危機を止められない』『中国ニューリーダーの誕生は日本に何をもたらすか』

速報(230)『日本のメルトダウン』   ●『今の民主主義では経済危機 …

no image
クイズ「坂の上の雲」(日露戦争の原因となった満州・韓国をめぐる外交衝突)

クイズ「坂の上の雲」(日露戦争の原因となった満州・韓国をめぐる外交衝突) &nb …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑫『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーロシアは戦う用意ができていること,そして,満州ですでに得ている地位から1インチたりとも退かないことだ。』★『「戦争になるのか,ならないのか,すべては日本にかかっている。日本は朝鮮において守らなければならない大きな利益を持っている』●『ロシアは,木材伐採権を口実に,満州と朝鮮との国境をなす鴨緑江の両岸を要求し,河口の朝鮮側にある竜岩浦の湾を要塞化しているが,朝鮮に対する侵略であり,日本に対する脅威だ。』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑫   1903(明治36) …

no image
日本リーダーパワー史(946)ー『日中関係150年史』★『日中関係は友好・対立・戦争・平和・友好・対立の2度目のサイクルにある』★『日中平和友好条約締結40周年を迎えて、近くて遠い隣人と交友を振り返る」★『辛亥革命百年の連載(31回)を再録する』②(8回から15回まで)

日本リーダーパワー史(66) 『日中関係150年史』★ 『日中関係は友好・対立・ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(137)』「VWの新会長人事に関して、痛烈に罵倒。ドイツ人の内奧の闇を見る思い、日本人はここまで悪にはなれないのでは?」(エコノミスト誌)

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(137)』   Can …

no image
日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④藩閥・派閥を超えた徹底した人材抜擢法とは

日本リーダーパワー史(48)名将・川上操六のインテリジェンス④   & …

no image
<裁判員研修ノート①>全告白『八海事件の真相』(上)<昭和戦後最大の死刑冤罪事件はこうして生まれた>①

  全告白『八海事件の真相』(上) <死刑冤罪事件はこうして生まれた> …