前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人の百歳学(133)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』⓷『九十歳になっても一向に衰えない元気の秘訣は「強烈な指圧と週一回のゴルフ」で目が悪いのも前立腺、心臓肥大、歯槽膿漏も自分で治したというから驚く』

   

 

 出光 佐三(1885―1981、95歳)は九十歳になっても一向に衰えない元気の秘訣は「指圧と週一回のゴルフ」。指圧は大家から直接指導を受け、前立腺肥大や心臓肥大も自分で治したというから驚く。また、ゴルフは当初毛嫌いしていたが、自分で実際にやってみてとりこになった」など健康について文芸春秋で語っている。

健康の元は指圧にあり

生れた時は育たないんじゃないかと言われたぐらいで、ずうっと弱くてね、目も悪かったし、ずいぶんいろんな健康法はやってみたもんです。四十三の時だったかな指圧の大家に「よくこれで仕事に耐えられるって。ちょうど首の後ろのところに大きなコアがあってね、それがよくない、神経の機能を止めているというんだ。

これを取りますという。しかも手術で取るんじゃ太い、指圧で。指でぎゅうぎゅう押すんです。ものすごく痛い。やってる先生の方が「よう辛抱するね」って感心しながらやってる。完全に取るのに二十年かかりました。それが六十の時でした。以来、丈夫すぎるほど丈夫になってね。

ぼくは歯槽膿漏なんかも、これで治しちまいました。あれは歯の根のうっ血が原因でしょう、じいっと押すと古い血が出る、指を放すと新しい血が入る、ちゃんと理にかなってるんだ。この指圧さえやってりやね、長生きは保証する。九十歳まで生きられる(笑)。

目の手術をしたのは八十八の時でした。米寿の祝いで、全国の支店回って昼は家族会をやり、夜も宴会でね、夜昼なしに二週間続けてたら、右の目が見えなくなった、いい方が。生れつきぼくの目ってのは悪くて、茶色のガラスつけて生れたようなもんで、色がわからなかった。

とうとう決心して慶応病院にいって手術を受けたんです。顕微鏡での難しい手術でしたけど二十分ぐらいで終った。そしたら目から碁石みたいな黒いものが出た。こっちからは茶色みたいなものが出た。先生もこういう例は初めてだ

。手術した直後に岸君(信介元総理)に会うたら、「どこまで見えるか」ちゅうから、「君の腹の黒いのがよく見えるよ」というたら大笑いになったことがありました。

財界最長老とか言われてますが、もう頭の方は大ボケケでね。でも毎日、会社に出てきても、仕事はもうさせてくれないですからね、新聞読んだり、店主からいじめられたり(笑)。

九十歳でもゴルフはできる、今でも過l度はゴルフ

今でも、週一度は必ず、ハーフ回ってますよ。コースに出ると、皆の励みになるらしい。 ハンデ? この老人にハンデ聞くものがあるか失敬なッ(笑)。若い頃は十二までいきましたよ。今は二十四、五でしょう。日本じゃ、九十にもなってゴルフやってるのは、ぼくぐらいでしょうね。

百歳までは・・

 

今、一生でいちばん生きがいを感じてますね。楽しくてしょうがない。この頃つくづく人間の幸福は老後にありということを思うんです。どんな苦しいことがあっても、ああ、いいことをしたと思えば、苦しい感じはない。運命学ではぼくは九十三歳で死ぬと言われてるんだ。それを越せば百歳までは生きるというんだがね。 どうなります・・・。

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(236)『百歳挑戦・鎌倉バカ仙人のカヤック釣り日記』(9/15) 人気動画再録「60,70はなたれ小僧、生涯現役、カヤック人生」★『定年なし、年齢差別なし、老人観の全く違う米国では65~74歳はベビーオールド(赤ちゃん老人)、75~84歳まではリトルオールド(小さい老人)、84~94歳はヤングオールド(若い年寄り)、95歳以上がリアルオールド(真の高齢者)』

 2014/09/15 記事の再録/百歳学入門(99) 『百歳挑戦・鎌 …

no image
 『百歳学入門』(167)いよいよやって来る「90代現役」時代–映画『手紙は憶えている』 が映す時代の趨勢(古森義久)』●『王貞治の師・86歳荒川博氏「週1~2回ステーキ、野菜は嫌い」』●『長寿県と短命県でこんなに違う!食事と生活習慣【男性編】』★『超高齢化社会が到来、ますます「稼ぐ力」が必要だ 高まるリスクと人生のリスクヘッジ』★『日本の「食事バランスガイド」に海外が熱視線「長寿の秘訣はコレだ」』●『100歳以上の人が300人も暮らすイタリアの町 長寿の秘訣は食事だった?』

 『百歳学入門』(167)   いよいよやって来る「90代現役」時代& …

no image
日本リーダーパワー史(209)ー太平洋戦争敗戦時の畑俊六陸相(A級戦犯)の「国民に詫びる」

日本リーダーパワー史(209)     <政治家・官僚・リー …

978-4-7593-1555-4
新刊出版『世界史を変えた「明治の奇跡」(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦)』★『150年前の明治維新で世界にデビューした極東アジアの<弱小貧乏島国国家・日本>はどのように西欧列強、中国/韓国と立ち向かい、「世界史の奇跡」』(日清・日露戦争勝利の方程式)を解いていったのか。』★『空前絶後の名将・川上操六の戦略を解明する!』

  世界史を変えた「明治の奇跡」 インテリジェンスの父・川上操六のスパ …

no image
日本リーダーパワー史(88) 経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済合一主義の経営哲学に学べ』

日本リーダーパワー史(88) 経済最高リーダー・渋沢栄一の『道徳経済合一主義の経 …

no image
日本リーダーパワー史(245)尾崎咢堂の「宰相の資格(6)『宰相に最も必要なのは徳義。智慧・分別・学問は徳で使われる」

 日本リーダーパワー史(245)   <日本議会政治の父・尾崎咢 …

no image
日本メルトダウン脱出法(792) 「ついに来た米国利上げ 、世界経済と為替への影響は?」●「軽減税率合意で消費税の矛盾はむしろ拡大した」●「バブル期の日本人と同じ? 「爆買い後」に中国人が向かう先」

  日本メルトダウン脱出法(792) ついに来た米国利上げ 、世界経済と為替への …

no image
速報(140))『日本のメルトダウン』『民主党は政治主導の公約を果たしていない』(ファイナンシャル・タイムズ』9/5』

速報(140)『日本のメルトダウン』   『 DPJ falls sh …

no image
『百歳学入門』(229)-『 ルノアールの愛弟子の洋画家・梅原龍三郎(97)の遺書』★『「葬式無用、弔問、供物いずれも固辞すること。生者は死者のために煩わされるべからず』

『百歳学入門』(229) 洋画家・梅原龍三郎 97歳(1888・3・9~1986 …

no image
百歳学入門(54) 玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食。食はねば、人間長生きする』

百歳学入門(54)    玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の健康長寿10 …